静岡エリアで集客効果の高い広告媒体をリサーチ

静岡エリアで集客効果の高い広告媒体をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

日本のほぼ中央にある静岡県は、日本のほぼ中央に位置しており、自然が豊かで、地産地消の多いエリアです。
静岡県民は物にこだわりをもつ人が多いともいわれています。

静岡県で事業を展開する際には静岡の特徴をしっかりと理解して、効果のある集客をしたいものです。

今回は、静岡県で集客効果の出る広告媒体を事例とともに紹介させていただきます。

参照:http://www.shizutetsu-taxi.co.jp/fun/not_compare.html

静岡で集客効果のあるオフライン広告を選ぶ

ローカルCM

ローカルCM
ローカルCMとは、ある特定のエリア内で放送されるコマーシャルのことです。

ご当地CMなどと呼ばれることもあります。費用には、制作費と放映1回にあたりにつき放映費がかかります。
静岡の地元放送局で応募することができます。

ローカルCMのメリット・デメリット

メリット

・CMの内容や起用タレントによりブームを起こすことができる
・音や映像の使用で、イメージに訴えかけ、記憶に残すことができる

デメリット

・費用が他媒体に比べて高い
・何回も見ないと記憶に残らない

静岡の集客目的で使われたローカルCM事例

コンコルド

 
コンコルド画像引用元:株式会社静鉄アドパートナーズ(http://www.shizutetsu-ad.co.jp/)
静岡では有名なローカルCMです。
コンコルド婦人・コンコルド夫婦など、種類も多数あり、多くの賞も獲得しています。

お弁当どんどん

お弁当画像引用元:株式会社どんどん(http://www.dondon.co.jp/)
お弁当チェーンである株式会社どんどんのCMも、静岡で有名なローカルCMのひとつです。印象的な音楽で記憶に残りやすい工夫がされており、多くの静岡県民に親しまれています。

ラジオ広告

ラジオ広告

ラジオをかけているときに、流れる広告のことです。
一見すると昔ながらの方法に見えてしまうこともありますが、イメージをいただかせやすい・コストが低いことなどから、根強く人気がある手法です。

ラジオ広告のメリット・デメリット

メリット
  • 広告を聞く人の聴覚に集中して訴えるので、イメージを抱かせやすい
  • テレビ広告より、低コストで抑えることができる

デメリット
  • ラジオの利用頻度が低下している
  • 細かい情報が伝わりにくい
  • 広告を聞く人は作業をしながら聞いている場合が多く、印象に残りづらい

参照:メディアレーダー(株式会社アイズ)

静岡の集客で使われたラジオ広告

K-mix

K-mix画像引用元:静岡エフエム放送株式会社(https://www.k-mix.co.jp/company)

K-mixは1983年から、静岡で放送されているラジオ番組です。
地域にフォースをあてたニュースや音楽、娯楽情報を提供し、地元民に親しまれています。

富士GOGOエフエム

富士GOGOエフエム画像引用元:株式会社エフエム御殿場(http://www.863.fm/)

静岡県御殿場市と小山町の一部を中心に配信されているラジオ番組です。
スポットCM・時報CM・インフォマーシャルの形態から選択して宣伝することができます。
料金は、放送1本につき3000円~5000円です。

交通広告

交通広告

交通広告とは、交通機関の車内、駅の構内に掲載する広告のことです。

例えば、バスや電車の車内に貼られている広告や動画広告、駅構内のポスターなどがあります。

交通広告のメリット・デメリット

メリット
  • 通行人・乗客の目につく回数が多い
  • 習慣的に見る
  • 集客したいエリアで広告露出ができる

デメリット
  • 掲載にあたって審査が厳しい
  • 他広告との差別化が難しい
  • 効果測定が難しい

参照:交通広告のポジショニングと広告効果(株式会社ジェイアール東日本企画)

集客に使える静岡の交通広告媒体

静岡鉄道株式会社

静鉄画像引用元:静岡鉄道株式会社(https://www.shizutetsu.co.jp/ad/ad_top.html)
静鉄では、電車やバス内の広告をはじめ、バスのラッピング広告や、駅の構内の広告も募集しています。

看板の種類も様々なものから選ぶことができ、ポスター・電照看板・デジタルサイネージなどがあります。
静岡鉄道に問い合わせた後、媒体によってデザイン審査を経て、申し込み、施工となります。

新聞広告

新聞広告

紙媒体の中でも、古くから人気があるのが新聞広告です。新聞内の枠を購入して、広告を掲載します。
紙面上の枠が大きいほど、価格が高くなります。

新聞広告のメリット・デメリット

メリット
  • 地域を選らんで出稿することが可能
  • 雑誌などと比べると費用が安い場合が多い
  • 比較的年齢が高く、知識欲がある層にアプローチできる

デメリット
  • モノトーンなので、雑誌などに比べ、ビジュアル面で劣る
  • 広告を出稿できる期間が限られている

参照:tree(ビックマック株式会社)

集客に使える静岡の新聞広告媒体

静岡新聞

静岡新聞画像引用元:株式会社静岡新聞社(https://www.at-s.com/)

静岡新聞は地元のスポーツから、グルメ、イベント、観光まで、静岡の情報を網羅した新聞です。
64万部の販売部数があり、地方紙の中で部数は常に上位、という実績のある新聞です。

静岡で集客効果のあるオンライン広告媒体を選ぶ

静岡県の地元情報を発信しているwebサイトに掲載してもらう方法です。

どのサイトに掲載してもらうか選ぶ際に大切なのは、地元情報サイトのターゲットは誰か、
そのサイトがどのくらいの人に見られているか調べ

自社の集客にピッタリのサイトを選ぶようにしましょう。

地域メディア広告のメリット・デメリット

メリット
  • 自社にあったターゲットにアプローチできる
  • エリアを特定して集客できる
  • 効果測定がしやすい

デメリット
  • 広告スペースが限られている
  • 効果がでるサイトかどうか調べる必要がある

静岡県の地域メディア紹介

しずおか賢人

しずおか賢人画像引用元:株式会社デザインスタジオフェニックス(http://kenzine.jp/shizuoka/)

しずおか賢人は、静岡県の食・アート・伝統の特集や、イベント情報を提供しているwebマガジンです。

静岡県内の店舗特集も組まれており、自社のビジネスをアピールする場として活用できます。
広告掲載のと合わせは公式HPから行うことができます。

ペロリ

ペロリ画像引用元:株式会社ワード・ローブ(https://peloli.jp/)

静岡のグルメを徹底的に紹介したメディアです。

静岡のおいしい食べ物や、レストランについてを知ることができるだけでなく、サイトから直接取り寄せることも可能です。

Net de びぶれ(静岡新聞びぶれ)

Net de びぶれ(静岡新聞びぶれ)画像引用元:Net de びぶれ(静岡新聞びぶれ)(http://www.vivere.jp)

SBSコミュニケーションズ社が提供している、静岡県西武に特化をした生活情報紙「静岡新聞びぶれ」のWebサイトです。
フリーペーパーとWebメディアへの広告掲載を組み合わせたメディアミックスな集客を実現することが可能です。

ポジショニングメディア

自社の持っている強みと市場のニーズから、バリュープロポジション(顧客にささる自社の圧倒的な強み)を、明確にするためのメディアです。

情報量があふれかえっている現在、「狙うべきユーザーに、強みを打ち出し、選んでもらう」ことができるので、人気が出てきている手法の一つです。

現代のweb集客のポイントとなるバリュープロポジションとは

バリュープロポジションとは、「顧客が望んでいて、他社が提供できない、自社で提供可能な価値」です。

市場に物が溢れ、消費者は検索して情報収集をできる時代に大切なのは、
自社にしか提供できない強みを明確にして、検索しているユーザーに自社の強みを明確に伝えることです。

バリュープロポジション

ポジショニングメディアは、この自社の強みの分析から、それを伝える最適な表現を追求したメディアとして注目されています。

ポジショニングメディアについて
もっと知りたい方はコチラ

ポジショニングメディアのメリット・デメリット

メリット
  • 自社の強みを明確にユーザーに示すことができるので、
    知ってもらうだけでなく、選んでもらうことができる
  • 特定の地域に特化して情報提供することができる
  • 無駄な露出をせず、成果につながるユーザーに集中してアプローチすることで、成約につながりやすいチャネルを持てる

デメリット
  • 自社に合ったチャネルを作成する必要があり、効果を実感するまで半年~1年かかる

ポジショニングメディアによる集客実績

ポジショニンメディアを見たという声は確実にあります。
月に1~2本は契約になっていると思います。

客単価がだいたい80~120万、粗利が30~40%。運用費からみた利益率は抜群に高いです。
月額費固定が不安でしたが、だからこそ、費用対効果が出るんだと実感しています。

静岡エリアで集客効果の高い広告媒体をリサーチまとめ

今回は静岡県での効果的な集客に役立つ広告媒体を紹介してきました。

静岡県民にささる広告施策を行うために大切なのは、自社にぴったりの媒体を選ぶことです。

全研本社では7000件以上のWeb集客支援実績があり、地域や業界、ユーザーニーズ則した
独自性のあるメディアを作ってまいりました。

自社に合ったメディアがわからない、自社の強みをしっかり謡える広告施策を行いたい、今の集客に疑問を抱えているなどのお悩みがございましたら、
ぜひ一度お気軽にご相談ください。

集客のご相談はこちら

ページトップへ