農業機械の広告・マーケティング戦略とは

農業機械の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

「農業機械の市場の動向が分からない」、「集客施策を講じるべきタイミングが計れない」、とマーケティング戦略に課題を抱えていませんか。

この記事では、農業機械市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

農業機械の市場について

農業機械の市場について

2020年はコロナ禍で経済が落ち込んだことで、農業機械の買い控えが起こり、販売台数は減少する傾向にありました。

経済産業省が公表している「農業用機械器具の生産金額」によると、2019年は約4,469億円の生産額だったのが、2020年には約3,871億円に減少しています。

ただ、少子高齢化に伴い、農業業界では省人化に向けた機械の導入が進んでいるため、2021年には再び上昇に転じる見通しです。

参照元:経済産業省HP「統計表一覧(経済産業省生産動態統計)」(https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/08_seidou.html)

2021年1~3月の生産額から、持ち直していると分かる

2021年1~3月の農業機械の国内生産額は4%減で、まだコロナ禍による影響が続いています。しかし、輸出額に関しては、前年同期に比べて20.2%増加しており、回復の兆しが出ています。

国内・国外のトータルで見ると、6.4%持ち直していることからも、需要はどんどん高まっていくと考えられるでしょう。

参照元:日経テレコン「農業機械・農具」(https://www.nikkei.com/telecom/industry_s/0171)

2025年までには1,130億米ドルに達する見通し

農業業界の省人化、IT化が進められているのは日本だけではありません。世界的に機械化が推進されていて、農業機械の市場規模は2025年までに1,130億米ドルに達する見通しとなっています。

コロナ禍の影響が出ることを懸念し、米国政府では既に農業事業者を救済する施策を打ちだしています。農業機械のニーズが増大するのは必至なので、自社に誘導するための施策を今からでも実施するのが望ましいでしょう。

参照元:JAcom「2025年に1130億米ドル到達を予測 農業機械の市場規模調査」(https://www.jacom.or.jp/shizai/news/2020/11/201116-47746.php)

農業機械の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

農業機械の大手企業では、広告・マーケティング戦略に既に力を入れ始めています。これから広報活動に力を入れたいと考えている企業は、まずは「STP分析」と「バリュープロポジション」について抑えておくといいでしょう。

STP分析とは?

広告・マーケティング施策を打つ際には、自社の立ち位置と狙い目の市場を明確にできる「STP分析」を行うのがおすすめです。セグメンテーション・ターゲティング・ポジションニングの3つの切り口から、自社が攻めるべき市場を分析します。

セグメンテーション

セグメンテーションは市場を細分化する方法で、顧客データから同じ性質(ニーズ)を持つ人をグループ分けしていきます。不特定多数の人に向けて、漠然とマーケティング施策を実施するよりも、攻めるべき市場を決めたほうが反響が期待できるためです。

ターゲティング

ターゲティングは、セグメンテーションで分けた市場の中から、自社が攻めるべき市場を見つけ出す方法です。自社製品の強みや価格帯を考慮して、自社が勝てる市場に狙いを絞ります。

ターゲットを選定すると、マーケティング施策・商品開発の方向性が見えてくるため、投資に失敗するリスクを低減させられます。

ポジショニング

ポジショニングは、自社と競合他社の製品が、市場でどの位置づけなのかを明らかにする方法です。競合他社とは異なる価値、市場での優位性を確保するために、広報活動をどう行っていくかを検討していきます。

バリュープロポジションとは?


バリュープロポジションによる戦略は、他社との差別化を図るためのもの。
顧客のニーズを満たす製品やサービスで、かつ競合他社にはないもの、自社独自の提供価値を軸にした手法のことです。

バリュープロポジションを明確にすることは、他社にはない強みを明確にすることであり、差別化やブランディングにもつながります。

ターゲットユーザーに自社のバリュープロポジションが伝わることを念頭にマーケティング施策を行うことで、ユーザー側に「なぜ自社を選ぶべきか」という理由が示すことができ、ユーザー自身が納得して自社を選んでくれるようになります。

【漫画で解説!】
バリュープロポジションとは

農業機械の売上増加を図るWebマーケティング施策

農業機械の販売数を増やすなら、顧客に魅力を伝えられるホームページの制作から着手しましょう。広告掲載を見た後で、企業のホームページをチェックする人は多く、コンテンツを増やしておけば集客力アップが期待できるでしょう。

特定の製品の販売数を増やしたいなら、その製品の特徴・強みだけを取り上げたランディングページを制作するのも一つの手です。

また、確実に成約に繋げたいという場合は、市場に合わせたSEO対策やリスティング広告の出稿をするのもおすすめです。

  • ホームページの制作
  • ランディングページの制作
  • SEO対策
  • リスティング広告の出稿

まとめ

農業機械の生産は、2025年まで需要は増え続けると予測されており、早い段階からマーケティング施策を実施するのがおすすめです。マーケティング施策を講じるなら、STP分析の実施とバリュープロポジションの明確化を行い、市場における自社の位置づけを確認してみましょう。

分析をしても自社が狙うべき市場がはっきりしない、マーケティング戦略に悩んでいるという場合はぜひ全研本社までご相談ください。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら
製造業の集客・
広告戦略まとめ

ページトップへ