タイヤ店の集客方法・広告施策アイデア集 おすすめも紹介

タイヤ店の集客方法・広告施策アイデア集 おすすめも紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

タイヤ店の集客方法・広告施策を考える前に!ターゲットは明確にする!

集客方法を考える前に、重要なのはターゲットを明確にすることです。ターゲットを明確にすることで、ターゲットに最適な集客方法を検討することができます。

ターゲットが明確にならないまま集客方法を検討してしまうと、結果的に実施できる施策の効果が弱くなってしまいます。そこで、まずはじっくりとターゲットを明確にしましょう。ターゲットを明確にしたところで、実際にどのような施策を検討できるか見ていきましょう。

タイヤ店の宣伝集客方法のアイデア集

ダイレクトメール

顧客の住所情報を把握しているのであれば、自宅住所宛にダイレクトメールを送付するのはいかがでしょうか。タイヤを購入しようと検討するタイミングは状況によって変化します。確実に自宅ポストに届くプッシュ型メディアを活用し、タイミングキャッチを狙うと良いでしょう。

紹介(紹介カード)リピーター集客

紹介カードを活用して、リピーターを獲得していくのも効果的です。
紹介によってした側・された側双方に特典がある方法を採用できれば、既存顧客が新規顧客を連れてきてくれるというループを作ることができるだけでなく、既存顧客を継続的にリピーターとして呼び込むことが可能です。

新聞雑誌広告

タイヤが必要になる、すなわち車を持っている家庭を想定した際に、新聞を購読している家庭が多いと仮説を立てることができるのではないでしょうか。そこで新聞、もしくは近しい紙媒体で雑誌の広告を活用する手法も有効です。
紙面を活用して広告ができるため、必要な情報を豊富に盛り込むことができる点もポイントと言えるでしょう。

看板

車や徒歩での移動中に目に入るよう、看板で広告を出すのも効果的です。大きな文字で設置し置けば、いざタイヤが必要になったタイミングで「あそこにタイヤ店があった」と思い出してもらえるでしょう。

プレスリリース

出店のお知らせや新商品入荷のお知らせとして、プレスリリースを活用することも有効です。
記者の方に見つけてもらい、記事にしてもらって顧客に情報を届けるというパターンに加え、プレスリリースの内容自体がWeb検索で見つけてもらうこともできます。結果的に多くの人の目に留まりやすくできるでしょう。

地域の集客イベント

地元に密着した店舗なら、地域の集客イベントを活用するのも良いでしょう。地域限定のクーポンなども発行しやすく、近距離の顧客を獲得しやすい施策と言えます。

Webメディア

自社公式ホームページ

検索された際に情報を置いておく場所として、自社のホームページを持っておくことはマストと言えるでしょう。積極的な更新が必要になる情報ではなく、情報更新が少なくて済むベーシックな情報を更新することが望ましいと言えます。
ホームページ制作の相談はこちら

オウンドメディア、自社ブログ

自社の情報を積極的に発信するのであれば、オウンドメディアや自社ブログが効果的です。
SNSのように短文ではなく、長文で情報を掲載できるため、意図した内容をそのまま掲載できる点が大きなポイントでしょう。
全研本社の
オウンドメディア制作について

ポジショニングメディア(後述)

より自社の強みを明確に発信したいのであれば、ポジショニングメディアが有効です。
こちらについては後程詳しく説明します。

SNS・動画

Googleマイビジネス

多くの人が検索で利用するGoogleに情報をしっかり登録しておくという観点で、Googleマイビジネスへの登録は必須と言えます。料金も掛からず、登録の手間も掛からないことから登録必須のツールと言えます。

Facebookページ

定期的に情報発信を行うのであれば、自社のFacebookページを開設し情報発信を行っていきましょう。先のターゲット分析でFacebookユーザーが最も多いと判断した場合、有効な情報発信手段となります。

Twitter

より定期的に情報を発信したい場合、Twitterの運用が効果的です。ただし毎日のように更新しなければあまり意味を持ち合わせないため、計画的に更新するようにしましょう。

Instagram

写真情報を多く掲載できる場合、Instagramの利用も効果的です。ただし結果的にテキストのみの発信になってしまうようでは不向きとなるSNSツールです。利用は慎重に判断しましょう。

LINE@

個人間のコミュニケーションを重要視したい場合、LINE@を利用し友人のようなコミュニケーションを取るのも良いでしょう。しかしターゲットによっては抵抗感を示す人が多い手法となるため注意が必要です。

YouTube

動画発信が効果的だと判断する場合、YouTubeを活用してみてはいかがでしょうか。編集などの手間は掛かるものの、顧客目線に立てば情報を獲得しやすい手法です。

エキテン

公式ホームページを開設するとパワーが足りないと思われる場合、エキテンのようなサイトを活用するのが効果的です。ページとして必要な情報を埋めるだけで、公式ホームページのような役割を果たしてくれます。
エキテンの集客・掲載効果や料金を解説!地域ビジネスで使いたいポータルサイト

リスティング広告

自社をまだ知らない人を集客したい場合、検索ワードなどと連動させて集客できるリスティング広告が有効です。新たな顧客発掘には非常に効果的な手法と言えます。

タイヤ店が特に検討したい広告宣伝方法はこれ

既存顧客の紹介以外に、新規の顧客に見つけてもらうためにはWeb上での戦略が非常に重要です。オフライン施策だけでは、新規顧客を見つけることはほぼ不可能です。

更新不要な最低限の必要情報を置いておく場所として公式ホームページは必須ですが、無料で登録できるGoogleマイビジネスへの登録は必須です。検索時にGoogleマイビジネスに登録している情報から、公式ホームページへ誘導できるケースは少なくありません。結果的にこのような導線を作っておくことが、新規顧客に繋げることができるのです。

しかし、このような施策を実施しても、顧客から見ればタイヤ店は全て同じに見えてしまうでしょう。何かに特化していることが分かりやすく明示されていない限り、顧客自身で違いを見つけることは非常に困難です。
これまではWeb上の情報だけで顧客へ認知を促すことができていましたが、業界全体の水準向上によりWebの差別化には戦略が必須となっています。

そこでこのように他社との差別化が必要な場合、もしくは他社との競争が激しい場合には、次に紹介するポジショニングメディアという手法が有効です。

集客宣伝の前にもっと大切なのは、ポジショニング

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください
ポジショニングメディアとは、顧客のニーズを元にして導き出した、競合他社が持ち合わせていない自社独自の強み「バリュープロポジション」を用いたメディアを指します。

顧客のニーズを元にしていることから、顧客との親和性が高いだけでなく、自社の独自性が高い強みのため、他社はすぐに真似しようと思ってもできません。そのため差別化としては非常に有効な施策なのです。

制作時には競合調査や市場を調査し、市場内で有効なバリュープロポジションを抽出します。そして、バリュープロポジションに沿ったポジショニングメディアを作成することで、それを見たターゲットとなるユーザーを集客できるのです。

7000件の実績を基に抽出していくため、非常に高い精度のバリュープロポジション抽出を期待できます。
ポジショニングメディアについて詳しく知る

タイヤ店の集客方法・広告施策アイデア集おすすめも紹介まとめ

今すぐにでもできるタイヤ店での集客方法・広告施策を紹介してきました。
実際に集客をする際にはどの施策が自社や自社の置かれている市場環境と相性が良いのかを確認しながら適切な集客方法や広告施策を選ぶ必要があります。

全研本社ではメディア戦略を軸に対象商圏内で選ばれるWebエリアマーケティングを得意としております。
自社の強みがわからない、どんなWeb戦略をとるべきか迷っている方はお気軽にご相談ください。

集客のご相談はこちら

ページトップへ