不動産屋の比較サイトの集客効果について解説

不動産屋の比較サイトの集客効果について解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

不動産屋の比較サイトとは、不動産情報に特化したポータルサイトのことで、不動産情報に関する検索や比較を行えます。不動産会社の経営者やマーケティング担当者の中には、この比較サイトを集客施策として利用したいと検討されている方も多いでしょう。

実際、比較サイトの利用には多くのメリットがあります。比較サイト自体に集客力があり、広告を出稿することにより手軽に知名度を高められることや、ニーズをもったユーザーの集客、集客を元にしたデータ収集、比較サイトを通じて自社サイトへの訪問につなげることも可能です。

しかし、比較サイトにはさまざまな目的や種類があり、どこを利用しても同じというわけではなく、メリットばかりを享受できるとも限りません。比較サイトの利用を検討するときは、どのようなタイプの比較サイトがあるかをチェックし、自社の特徴に合ったサイトを選ぶ必要があります。

不動産屋の比較サイトの種類と注意点

不動産屋の比較サイトにはさまざまな種類があり、サイトごとに特徴や目的が異なります。当然ながら、自社の強みをいかせるサイトでなければ、十分な集客効果を得ることはできません。

ここでは、不動産屋探しの比較サイトが持つ特徴の内、特に気をつけておきたいポイントについて解説していますので、参考にしてください。

ユーザーが検索軸を選べないタイプ

不動産屋の比較サイトに見られる特徴の一つとしては、検索結果を見ても分かるとおり、「おすすめランキングTOP〇〇!」や「不動産会社おすすめ〇〇社を紹介!」といったような、いわゆるランキング形式おすすめ系の比較サイトが少なくないということです。

上記のような比較サイトでは、ユーザーが自ら検索軸を選んで探すことはできず、基本的にはサイト側の基準で選ばれた情報コンテンツを閲覧するのみとなります。よって、ランキング上位への表示ができない場合、同サイトで集客することは難しくなります。

また、ランキング形式の比較サイトで行われる比較が、事実や正しい数値に基づくものでなかった場合、優良誤認扱いされることもあります。その場合は情報コンテンツに対する信頼性が損なわれ、そのサイトに広告を掲載している企業の信頼性への悪影響やイメージダウンに繋がってしまいます。

アフィリエイトが目的の比較サイト

不動産屋の比較サイトの中で注意が必要なのは、アフィリエイト目的の比較サイトです。アフィリエイトとは「成果報酬型広告」と呼ばれるもので、要するに、「広告バナーがクリックされた」「商品が売れた」「契約に至った」など、広告活動でなんらかの成果があった場合にのみ、広告主から運営者へ報酬が支払われる仕組みのビジネスモデルのことです。

アフィリエイト目的の比較サイトで注意すべきなのは、根拠のない情報やクチコミの掲載や誇大広告、ステマ行為をなどです。このような悪質行為をする比較サイトへの広告掲載は、自社へのイメージを損なうだけでなく、それら違法行為に関して広告主側が責任を取らされる可能性もあるなど、潜在的なリスクを抱えています。

アフィリエイト目的の比較サイトが全て悪ではありませんが、少なからず危険性の高いサイトがあることは知っておいたほうがいいでしょう。

検索上位への表示が難しいサイト

比較サイトを利用して集客施策を行う場合、検索上位への表示ができなければ、高い効果を得ることはできません。そのため、広告主はしのぎを削って様々な施策を行い、検索上位への表示を目指しますが、現実には、お金を払っても検索上位への掲載が難しいという比較サイトが少なくありません。

そもそも無料では掲載すらできないサイトもありますが、有料プランを選んだとしても、検索結果の上位への表示が保証されているわけではないのです。この点、広告にかける費用に見合った効果が得られるか、費用対効果について考えてみる必要があるでしょう。

比較サイトを利用するなら事前にリスク確認を!

上記のとおり、不動産屋の比較サイトには様々なタイプがあり、注意すべき特徴やポイントが多くあります。どこを選んでも同じではないばかりか、デメリットの多いサイトや自社の特徴に合わないサイトに広告を掲載すれば、不利益を被る可能性があります。

こうした点を踏まえ、集客施策として比較サイトを利用する場合は、必ず事前に比較サイトごとの特徴、目的、リスクについてチェックしておくことをおすすめします。

既存の比較サイトで集客が難しそうと感じた場合、ポジショニングメディアなど他のWebサイト・メディア施策も検討してみてください。

集客力が高い比較サイトを選ぶには?

比較サイトを利用した集客施策では、自社の強みと合致する比較軸が用いられている比較サイトへ掲載することによって、高い効果を得ることが可能です。ただし、選ばれている比較軸はサイトによってさまざま。掲載を決める前に慎重に検討する必要があります。

不動産屋の比較サイトで実際にどのような比較軸が用いられているのか、いくつかのパターンを事例として紹介します。

物件数&対応エリア

不動産屋を選ぶ比較軸として、取扱い物件数の多さや対応エリアの広さが用いられるケースは少なくありません。いずれの要素も、該当不動産会社のネットワーク力や対応力を示すバロメーターとなっており、不動産屋としての実力をシンプルに測る基準として分かりやすいからです。

当然ながらこのような比較サイトでは、物件数や対応エリアの広さに自信のある不動産会社にとって、集客がしやすい環境にあるといえます。逆に物件数と対応エリアで他社に劣る会社は、高い集客効果を上げるのは難しいかもしれません。

会社の規模

大手か中小か?といった、会社の規模が比較軸として用いられる不動産屋比較サイトもあります。資本金や従業員数、事業所の数、株式の時価総額など会社の規模を示すデータを比較することによって、より信頼できる不動産屋を選ぶというパターンです。

このような比較サイトでは、運営歴が長く資本力の高い会社にとっては集客がしやすい反面、設立されたばかりの会社や資本力の低い会社にとっては、自社の優位性を示しにくい状況にあります。

サポート力

会社の規模や物件数もさることながら、比較サイトによっては「サポート力」が比較軸として重視されるところもあります。物件探しにおける情報提供や提案、アパート経営における各種業務の代行やトラブル対応など、サポート力の高さを基準に信頼できる不動産屋を選ぶというパターンです。

会社の規模は小さくても、サービスの質向上やサポート力強化に力を入れている不動産会社は少なくありません。そのような会社にとって上記のような比較サイトは、差別化を図りやすい広告メディアといえるでしょう。

担当営業マンの質

ある比較サイトでは、不動産会社全体ではなく、担当営業マンの質を比較軸にして選ぶところもあります。営業マンの人柄や印象はもちろん、質問や相談に対する答え方、説明の丁寧さ、対応するときの姿勢など、担当営業マンの能力と態度を見て、不動産屋を選ぶというパターンです。

このような比較サイトでは、会社の規模が大きくても営業マンに対するイメージが悪い会社は、選ばれにくい可能性があります。逆に、資本力は低くても営業マンの評判が良い会社は、自社の強みと独自性を示しながら優位に集客を進められます。

自社の強みが活かせない比較サイトはNG

以上のように、不動産屋の比較サイトにはさまざまなタイプがありますが、それと同じくらい、サイト内で用いられている比較軸もさまざまです。自社の強みが活かせる比較軸があるサイトでなければ、高い集客効果を望むことはできませんので、掲載先を検討するときは、必ず各サイトの比較軸についても考慮しましょう。

自社の特徴や目的に合致する比較サイトであれば、広告掲載による集客効果を得ることは十分可能でしょう。既存サイトで自社に合っているものがない場合は、メディアを新規で立ち上げてしまうという選択肢もあります。そのための施策の一つは、ポジショニングメディアです。

ポジショニングメディアでは徹底的な市場・競合調査のもとに制作される集客用のWebサイトです。自社独自の強みや価値を軸として、市場内での競合他社との差別化ポイントを明確にしていきます。意図した通りの情報提供ができるだけでなく、特定のニーズを持つユーザーから「こんな会社を探していたんだ!」と納得して選んでもらうことも可能になります。詳しく知りたい方は、下記のページをご覧ください。

ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

ページトップへ