【不動産会社比較サイト】掲載メリットや集客のコツを紹介

【不動産会社比較サイト】掲載メリットや集客のコツを紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

不動産会社の比較サイトは、物件の比較・売買の申し込みはもちろん、会員登録を行うことで買い手と売り手のマッチングや紹介が受けられるサービスが多くみられます。

業界大手の企業が運営している比較サイトは、購入の意思が強い顧客に出会える可能性が高く、掲載後スピーディなリード獲得につながる可能性もあります。

この記事では不動産会社の集客・反響獲得における比較サイトへの掲載について、そのメリットや成約につながる戦略のポイントを紹介。

また、より成約重視の集客を可能にする発展的な比較サイトとして、ポジショニングメディアもあわせて紹介します。

不動産会社が比較サイトに掲載するメリット

対面でなくても問い合わせの獲得が可能

比較サイトへの掲載で、顧客と対面をせず問い合わせや申し込みの獲得が可能となります。

コロナウイルスの蔓延によりWeb上で閲覧・マッチング(紹介)・申し込み・面談などのプロセスを完結させる動きが急速に広まったこともあり、比較サイトの活用は見込み客の獲得に有効です。

業界・業種を問わずWebサイトの活用頻度は増加しています。
不動産会社の比較サイトについても情報収集や比較検討に用いられる機会が増え、アクセス・閲覧・問い合わせの件数アップが期待できます。

交通費や移動労力の削減

これまでの営業活動は、直接顧客と対面して話し合いの機会を設けるケースが一般的でしたが、Webサイトやオンラインシステムの活用によって、時間・手間・コストがカットできるようになりました。

この削減効果により営業担当の負担が減り、時間効率の改善や成約までにかける工数の短縮も可能になります。

24時間365日Webでアピールが可能

比較サイトへの掲載は1ヶ月単位から半永久的に掲載可能なプランまで幅広く、掲載したい期間に応じて比較サイトを選ぶことができます。

比較サイトに共通するポイントとして、掲載中は24時間365日、サイトユーザーの目に触れるアピール力を持ちます。

顧客との出会いはもちろん、将来の見込み客にも自社の物件を強く訴求できるため、集客力の高い信頼できる比較サイトを選びましょう。

不動産比較サイトの注意点

不動産比較サイトの注意点

ここからは不動産会社比較サイトの注意点について、3つのポイントに絞って確認していきましょう。

事実や正しい数値に基づいた比較の徹底

比較サイトの中には、データが古いものや誤った情報が掲載されているものがみられます。

顧客は常に正しい情報をリアルタイムに求めていますから、正しいデータに基づいたサイトでなければ比較サイトそのものの信頼性が失われ、顧客離れを起こすおそれがあります。

正しいデータに基づいていないWebサイトは「優良誤認表示」に当たるリスクもあるため、しっかり更新を行っている信頼できる比較サイトに掲載をしましょう。

特にランキング形式で比較している場合は、その根拠が明確で納得できるものになっているかは注意する必要があります。

あわせて、自社の掲載情報に関しても、最新の状態を保つようにしてください。

顧客のニーズにばらつきがある可能性がある

比較サイトはスピーディな顧客との出会いが期待できますが、まだ売買の意思が固まっていない、成約までに時間がかかる顧客を引きつけることもあります。

同じ見込み客(リード)でも、情報収集目的か、すぐにでも申し込み・成約するという段階かなど、状況やニーズが異なります。

当然より成約に近い見込み客の獲得が理想。成約までの時間・工数などのコストが減り、利益も上げやすくなります。

競合過密のため自社アピールがうまくいかないことも

比較サイトには強力なライバル会社や顧客にとって魅力的な競合会社も物件を掲載しており、顧客の選択肢が豊富です。

また、価格・エリア・その他の特徴で比較されているとはいえ、基本的には競合と横並びでの掲載となります。

自社の物件や土地について、優先的に表示したり、差別化をすることが難しいために、自社ならではのアピールがうまくいかない可能性も考慮すべきです。
(※よりコストをかけて、比較サイト内の優良な広告枠を買う手段ももちろんあります)

またサイト自体が、アフィリエイト目的または自社サービスへの流入が真の目的である場合も。
検索上位に出てくるサイトに掲載したいと思っても、そもそも掲載できない・受け付けていないものもあります。

不動産会社比較サイトの傾向

不動産会社比較サイトの傾向

不動産会社比較サイトには、以下の特徴がみられます。

  • 物件・ピックアップから会社を検索できる
  • 会員登録によってマッチングや紹介が受けられる
  • 広告掲載を含めたポータルサイト
  • 運営者が個人の場合もある

検索サイト形式の比較サイトでは、平等に物件情報を掲載。検索機能も搭載しており、顧客の利便性を重視しています。

会員登録によって紹介が受けられるマッチングサイトやコンサルティングサービスも一般的で、買い手と売り手の双方をマッチングすることで、不動産売買や不動産投資を円滑化しています。

コラム・相談・売却査定などさまざまな機能やコラムをコンテンツに盛り込んでいるポータルサイトは、広告掲載を含めて集客に力を入れているところが多くみられます。

ただし運営者は必ずしも大手企業とは限らず、個人で運営しているサイトもあります。個人・法人問わず信頼性の高い比較サイトを選びましょう。

不動産会社比較サイトの考察

不動産会社比較サイトの考察

不動産会社比較サイトについて、サイトの比較軸や活用のポイントについてみていきましょう。

不動産会社比較サイト掲載のポイント

不動産会社比較サイトでは、以下のような比較軸に基づいて不動産会社を掲載しています。

  • 取扱物件の件数
  • 対応エリア
  • 仲介手数料
  • サービスの質
  • 実際の口コミや評判
  • 特徴・ポイント

不動産会社ごとの特徴やサービスの違い、数字で現れる部分を比較軸に、多角的に検討が行えるように比較されています。

一例として、以下のように自社ならではの特徴を差別化ポイントとして取り上げてくれる比較サイトは、自社の強みと相性が良いため成約に近い見込み客の獲得が期待できます。

  • 日本全国に展開しトップクラスの店舗数を持っている(実店舗で相談できる)
  • 英語や中国語に対応(日本人以外の顧客にも対応している)
  • おとり物件を扱っていないため顧客が安心して物件を探せる

取扱物件数のように目に見えるデータで比較する方法だけではなく、顧客が本当に望んでいる「差別化ポイント」まで挙げている比較サイトに掲載を行いたいところです。

たとえば自社の強みが「仲介手数料の安さ」であった場合、仲介手数料で不動産会社を比較している比較サイトでは、他社よりも優位に立てる可能性があります。

サイトを訪れた顧客は仲介手数料の安い企業に自然に目が向くため、結果として自社が選ばれやすくなるのです。

反対に、強みが活かせない(比較軸が異なる)比較サイトでは他社が有利になりやすく、自社の特徴を活かしたプロモーションを実施しにくい一面があります。

費用対効果を高めるには比較サイトごとの方針・方向性と比較軸をチェックし、集客効果が望めることを確認したうえで掲載を申し込みましょう。

個人や中小の法人が運営している比較サイトの傾向としては、ブログサイトのようにトップページでランキングを紹介しているケースがみられます。

ランキングの1位から順番に下位の会社へと紹介していく形式のサイトは上位の会社がチェックされやすく、自社の紹介やランク付けが下位に来てしまうと顧客の目に留まりにくくなります。

比較サイトの特徴のひとつである「並列的な訴求」ではなく、下位が見逃されやすいランキング形式の比較サイトについては、上位にランクインできなければ別のサイトへの掲載も検討しましょう。

自社の紹介ページが掲載できる比較サイトの多くは掲載費用がかかりますが、閲覧・アクセス数が多ければ多いほど自社専用ページで訴求するメリットは大きくなります。

比較サイト自体の宣伝効果やコストだけではなく、比較サイトを経由することによる費用対効果を検討しましょう。

成約までの時間を短縮する不動産会社の比較サイト戦略

比較サイトを自社でつくることも視野に

そもそも比較サイトの掲載する最終目的とは、成約そして売り上げの獲得のはずです。

反響の獲得は手段であり、いくらお問い合わせ数などが多くても、成約につながらなければ対応コストがかかるだけになってしまいます。

何度も商談や打ち合わせをして時間がかけたり、なんとか成約を取るために不本意な値下げをしたり、ということを繰り返していては利益が出にくく、事業の安定・拡大も難しくなるでしょう。

ではより成約までに近い見込み客を獲得するためにはどうするのか。

それは、問い合わせなどのb反響をいただく段階で、自社ならではの特徴・強み、つまりは競合に対しての優位性・差別化ポイントがユーザーに伝わっている状態をつくることです。

価格を重視しているユーザーに対しては、価格を比較軸とした比較サイトの訴求力が最も高くなります。

ということは、自社の強みを比較軸とする比較サイトがあれば、自社の優位性・差別化ポイントを示せるだけでなく、その強みを求める(ニーズを持つ)ユーザーを狙って集客が可能です。

ただし当然ですが、その自社の強みがユーザーニーズと合致している必要があります。
誰も求めていない強みで比較したサイトがあったとしても、誰にも訴求できず集客効果は期待できません。

自社に最適化された比較を実現するポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、上述したような自社の強みを比較軸とする、自社に最適化された比較を実現するメディアです。

比較軸を決定するためには、まず自社のバリュープロポジションを徹底分析します。

そうすることで、ユーザーは「〇〇を求めるならこの会社がベストだ」と納得して決定することができ、成約への温度感が高まった状態で問い合わせをしてくれるのです。
ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

当サイト「キャククル」を運営する全研本社では、このポジショニングメディアの制作をもっとも得意としています。

バリュープロポジションをはじめとした各種分析から、Webメディアの制作・運用までワンストップで対応が可能です。

現在までに120業種を超えるクライアント企業の、集客・マーケティングを支援してまいりました。

成約率を改善したい、反響はあるものの成約に時間がかかっている、集客そのものがうまくいっていない…、そのような課題やお悩みがあればぜひお気軽にご相談ください。

ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る
Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ