害虫・害獣駆除の集客方法のポイント!広告媒体・マーケティング戦略を紹介

害虫・害獣駆除の集客方法のポイント!広告媒体・マーケティング戦略を紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

害虫・害獣駆除サービスの集客方法に関しては

  1. 必要になったときに自社の情報にたどつけるようになっているか
  2. 多くの競合業者の中から自社を選ぶ理由が明確になっているか

という2点がまず重要になってきます。

害虫・害獣駆除は緊急性が高く、お客様は比較や吟味をしている時間をあまり取れません。
そのためわかりやすい「価格の安さ」で選びがちです。

しかし価格だけが選ぶ基準になってしまうと、価格競争に陥ってしまいやがて事業は立ち行かなくなってしまいます。
価格以外に自社を選ぶ理由、自社ならではの強みを伝えることで、競合業者との差別化が可能となり、お客様も納得して依頼をしてくれる状態をつくりだすことができます。

害虫・害獣駆除サービス集客方法・広告媒体

Webを活用した集客方法

害虫・害獣駆除のWebを活用した集客

スマートフォン普及率が高まり、インターネットでの情報検索が当たり前になったいま、Webを活用した集客は必須レベルです。
自社認知の向上、競合他社との差別化などの段階によって、取り組むべき施策も変わってきます。

見積りサイト・ポータルサイトへの掲載

既存の見積りサイト・ポータルサイトは、すでに検索上位に表示されており、業者を探すお客様がまず目にする可能性が高いです。
自社の認知が高くない場合でも、依頼業者を比較検討する土俵に乗ることができます。

ただし、他の業者と並列的に表示されるため、差別化が難しくなる可能性もあります。
成約時の手数料などがかかりますので、掲載後も費用に見合う効果があるか慎重に見ていきましょう。

また見積りサイトの場合は、価格が選定基準となってしまいますので価格競争に陥らないように注意してください。

くらしのマーケット

くらしのマーケットキャプチャ画像
引用元:くらしのマーケット公式サイト(https://curama.jp/lp/shop/)

業者と利用者をつなぐマッチングサイトである「くらしのマーケット」。
清掃やクリーニング、引っ越しなど日々の生活に関わる様々なカテゴリで業者を検索することができます。
害虫駆除では933社、害獣駆除では285社の業者が掲載されています(2021年1月時点)。エリアやタイプで絞り込みができるため、掲載を検討する際は競合の情報もチェックしておきましょう。

生活110番

生活110番キャプチャ画像
引用元:生活110番公式サイト(https://www.seikatsu110.jp/keisai/)

「生活110番」では、生活トラブルに関しての業者検索はもちろん、24時間365日電話での業者探しサポートも対応しています。
豊富なジャンルを売りにしており、様々なトラブルに対して解決してくれる地域の業者の情報が集まっているポータルサイトです。
害虫駆除では1,077社、害獣駆除では1,327社の業者が掲載されています(2021年1月時点)。

ミツモア

ミツモアキャプチャ画像
引用元:ミツモア公式サイト(https://meetsmore.com/pro)

登録されている業者に対して、無料で一括見積ができる「ミツモア」。
業者ごとに口コミ・評判が掲載されていたり、強みがわかりやすく箇条書きになっているなど、くわしく情報を掲載できるのが特徴です。
害虫駆除・害獣駆除のジャンルでの登録社数はわかりませんでしたが、最初に郵便番号で地域をしぼって業者を検索するため、商圏内での集客により注力したい場合にはおすすめです。

  • 料金:初回メッセージの送信に165円~ ※その他、登録料や成約手数料などはなし
  • 業者登録の詳細についてはこちら→https://meetsmore.com/pro
一括見積比較コンシェルジュ

一括見積比較コンシェルジュキャプチャ画像
引用元:一括見積比較コンシェルジュ公式サイト(https://ikka2.com/shop/about.php)

1度に5つの業者に一括見積ができる「一括見積比較コンシェルジュ」。イラストや漫画をふんだんに使い、インパクトがあり分かりやすいサイトデザインになっています。
割引キャンペーンなども行い、サイトの利用を促進する取り組みも積極的に行っています。
対応エリアが関東と大阪に限られているようなので、掲載を検討する際はご注意ください。

  • 料金:据え置きの斡旋手数料のみ(550~6,600円※税込) ※その他、登録費や成約手数料などはなし
  • 業者登録の詳細についてはこちら→https://ikka2.com/shop/about.php

自社ホームページ・オウンドメディアの制作

害虫・害獣駆除のホームページ・オウンドメディアでの集客

緊急性が高いとはいえ、慎重なお客様や、若い世代のお客様はホームページなどの情報もしっかりと検索します。

ホームページでは、自社の強みがしっかりと伝わるように意識して、何を目立たせるか考えながら情報を掲載してください。

また料金についてもトラブルになる事例が多いですので、明朗になっていることで自社への信頼感も高まります。

加えて掲載しておくとよいのが口コミ・評判です。アンケートをお客様にお願いするなど、自社の対応に対する満足度などを明示しておきましょう。
めったに頼む機会がない害虫・害獣駆除だからこそ、第三者による客観的な意見があることの安心感は大きいです。

見込み顧客を獲得するために

まだ自社を知らないお客様に認知してもらうために、ホームページでブログを更新したり、ホームページとは別にオウンドメディア(Webサイト)を立ち上げる方法も有効です。

プロの視点から、個人でできる害虫・害獣駆除の方法を解説したり、トラブル事例に対する注意喚起をするなど、有益な情報を発信することで自社への信頼感を醸成できます。

それらのコンテンツによってあらかじめ接点をつくることができれば、いざ業者に依頼しようとなったときの第一候補としてお客様に想起されやすくなります。

また近隣が商圏になりやすい害虫・害獣駆除においては、「〇〇駆除+地域名」といった検索キーワードでも表示されるようにしておくと効果的です。

しかしお客様に情報を届けるためには、検索上位に表示されるためのSEO対策やWebマーケテイングのノウハウも必要になるため、これらの方法で顧客拡大に本格的に取り組む場合は、プロへの相談をおすすめします。

ポジショニングメディアの制作

住宅業界のポジショニングメディアポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

ポジショニングメディアは、競合業者と比較をしながら、自社の強みを魅力に感じてくれるお客様を集められるマーケティング戦略です。

ポジショニングとあるように、多くの競合業者がいる商圏内で自社の立ち位置を示す点が特徴的なWebメディアであり、
あるニーズや課題に対しては業者Aが良いが、別のニーズや課題に対しては自社がベストというようにお客様に提案することで、
お客様が自身のニーズに合う業者を納得して選ぶことができるため、依頼に対する意欲の高いお客様を集めることができます。

ポジショニングメディアはバリュープロポジションという考え方をベースにしています。
バリュープロポジションについて、またポジショニングメディア戦略については、ぜひ以下のページもご確認ください。

【漫画で解説!】
バリュープロポジションとは
ポジショニングメディア戦略の
詳細はこちら

オフラインでの集客方法

害虫・害獣駆除のチラシ集客

地域に根付いて集客をする場合は、Webを使わないオフラインでの集客方法もまだまだ有効です。
代表的なものとしては、チラシや新聞広告、地域に特化したフリーペーパーへの広告掲載などが考えられます。

中でもチラシ・ポスティングは、費用対効果を考えると実施しやすいでしょう。

チラシのポイントは、いかに捨てられないかがポイント。これはいざという時に取っておこうと思わせられるかです。

害虫・害獣駆除でいうと例えば、

  • 害虫・害獣がいるサインのチェックリスト
  • トラブル事例の注意喚起
  • 近隣であった害虫・害獣被害の共有

などが考えられます。

こんなサインがあったらねずみがいるかも知れませんよ。
近隣ではこんな被害がありましたが大丈夫ですか?
害虫・害獣駆除では金額のトラブルがよくあるので注意ください!

こういった問いかけや、「うちは大丈夫かしら…」とお客様の自分事にさせるような内容にしておくことで、チラシを読んでいただける・保管していただきやすくなります。そうすれば、いざというときに依頼をする業者として選ばれる可能性も高まります。

害虫・害獣駆除の集客・広告のまとめ

害虫・害獣駆除の集客をするには生活トラブルに関する業者を検索できるポータルサイトや見積もりサイトへの登録は、まず必須レベルになります。
使える広告は基本的には固定費用がかからないサイトがほとんどですので、気軽に始めて様子を見てみるのがいいでしょう。

またチラシ・ポスティングにおいては、お客様視点に立ち、読んでみよう・取っておこうと思わせる工夫が必要になります。

害虫・害獣駆除の集客がうまくできない理由

ですが、上記のような方法をとっても集客ができない、また費用対効果があわないということも起こり得ます。
その場合は、自社の強みが伝わっていない、自社を選ぶ理由が明確になっていない可能性が高いです。

自社の強みを活かして事業を継続的に大きくしていくためには、自社独自の集客方法を持っておく必要があります。

全研本社では、貴社の強みを軸に貴社と相性の良いお客様を集める、集客・マーケティング戦略を得意としています。
いままで7,000件以上のクライアントの集客をサポートしてきた実績をもとに、貴社の強みの分析と集客戦略をご提案させていただきます。

集客ができずに困っている、さらなる事業拡大を目指して集客していきたい、そんな悩みや課題がありましたらぜひご相談ください。

集客戦略について
全研本社に相談してみる

ページトップへ