エアコンクリーニングの集客は差別化と認知度向上に注力

エアコンクリーニングの集客は差別化と認知度向上に注力
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オフラインでのエアコンクリーニング集客広告のポイント

エアコンクリーニングを行っている会社の商圏は、会社所在地近くであることがほとんどです。そのため、特定の地域に絞り集客できるチラシのポスティングなどは、令和の時代に入った今でも集客する効果はあります。

チラシの配布やポスティングを行うよいタイミングは、エアコンをよく利用することになる夏や冬などのオンシーズンです。

内部が汚れている状態でエアコンを稼働させると、

  • 異臭がする
  • アレルギー症状が出る

などがあり、これらの対策として、エアコンクリーニングを行う人が増加します。そのタイミングにエアコンクリーニングの集客をするのが効果的です。オンシーズンに集客する場合、お客様はエアコンをすぐに使いたと思うもの。

そのため、「すぐにできる」「土日もOK」など、スピード感を感じさせる案内を集客時にすると依頼確率がグッと上がります。

オフシーズンの場合の集客

春や秋はエアコンを稼働させなくても過ごせるので、オフシーズンです。オフシーズンでも、エアコンを稼働させる前のタイミングに綺麗にしたいと思うお客様から、エアコンクリーニングの依頼が増加します。

このタイミングで、「早期依頼割引」などのキャンペーンを銘打ち、競合が動く前に需要を刈り取ってしまうのもありです。

たとえば、「エアコンクリーニングをすれば快適な室内空間が保て、さらに電気代金が安くなる!」など、ただ綺麗になるだけではなく、綺麗になることによって起こるメリットなども伝えると、インパクトのあるフレーズになります。

エアコンの内部のクリーニングは年1回程度、お掃除機能付きエアコンや天井埋め込みタイプ(業務用)の内部だとクリーニングは2年に1回程度が目安。それほど頻繁に依頼するものではありません。
そのため、お客様が「依頼したい!」と思ったその瞬間を掴めるように、広告をうっていきましょう。

紹介も根強い

エアコンクリーニングの集客方法として、紹介というのもまだまだ影響力があります。

紹介というのは、基本的に信頼度の高い情報として受け取られます。特に、地域のコミュニティや関連性の強い地域では、人のつながりを大切にしているので、紹介は業者選びに強い影響力を持っています。

年齢に注目すると、高齢者は、紹介によりエアコンクリーニングを行っている会社を探すことが多いです。昔は、インターネット集客が存在せず、紹介による業者探しが一般的だったからです。

エアコンクリーニングは、知らない人が自宅に来るサービスなので、人柄のよさをアピールすることが大切です。作業時に、コミュニケーションに気を配ることはもちろんのこと、明るく気さくな対応、そして誠実な仕事ぶりを見せることで、紹介してもらいやすくなります。

オンラインでのエアコンクリーニング集客広告のポイント

Web集客イメージ
スマートフォン所持率はおおよそ8割なので、現在スマートフォンを利用してエアコンクリーニングをしている会社を探すのは年齢性別問わず、当たりまえといえるような状態です。そのためWebでのエアコンクリーニングの集客対策が特に重要だといえます。

特に、若い世代で一人暮らししている人は、スマートフォンに使い慣れていることに加えてご近所や地域とのかかわりがうすいため、自身でインターネットを利用して依頼先を探す場合が多いのが現状。

若い世代は、紹介されたとしても、そのまますぐ業者に依頼するということは少なく、一旦、ネット検索して評判を調べてよかったら依頼するというのが一般的です。これらのことがあるので、若い世代に対してはWeb集客対策は必須だといえます。

リスティング広告など検索連動広告

検索連動広告は、見込み客がインターネット検索した際の画面に、検索した内容に関連している広告を出して集客できるというものです。

メリットとしては、以下の様なことがあります。

  • 効果を測定することが可能(何人が予約した、何人がクリックした、何人が見たなどの確認ができ、対費用効果の見える化ができる)
  • 検索連動なので、エアコンクリーニングに興味がある人に対してアプローチすることが可能(この際に魅力的なキャッチを入れると依頼確率が上がる)
  • 比較的すぐに広告ができて停止も可能(クリーニングの需要や会社の都合などを考量して臨機応変に広告できる)

デメリットは、

  • 競合性が強い検索キーワードではコストがかかってしまう(基本的には、比較的少額で広告することができる)
  • 検索連動なので、エアコンクリーニングに興味がない人に対する集客が行えない(他の広告と組み合わせるといい)

マッチングサービスの利用

マッチングサービスとは、エアコンクリーニング業者と利用者を結ぶサービスを提供しているサイトです 。まだ社名などで認知がなくても、検索条件に合致すれば自社を見つけてもらいやすくなります。そのため、利用する価値はあるでしょう。

しかしながら、マッチングサイトでは、サイトならでは制約があるため他社との違いや優位点をアピールしにくいです。エアコンクリーニングのマッチングサイトはサイトにより集客力が異なる点にも注意が必要。自社のアピールがしやすく、かつ集客力が高いサイトを利用するのがいいでしょう。

マッチングサイトでは、依頼を受けるために、価格を下げて見込み客に対してアピールしてしまう、つまり価格競争に陥りがちです。赤字になるといけないので、希望する収益を確保するために必要となる価格設定を事前に特定しておきましょう。

ホームページの制作

インターネット社会の昨今、エアコンクリーニングを業者に対して依頼する人はホームページをまずは確認しようという人は多いです。あなたも、これから取引をしようとする会社のホームページを確認することが多いと思いますが、それと同じことです。

ホームページを制作しコンテンツを充実させると、認知度の向上や安心感・信頼感の醸成ができます。

ホームページのコンテンツはこんなことを大切にしよう!

エアコンクリーニングを行っている会社がホームページで集客をする場合、

  • ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にすることにより、集客方法が特定できるので訴求力が高まります。

たとえば、「弊社は業務用エアコン(または一般家庭用)のクリーニングに特化しているプロ集団!」なんて集客時にアピールするといいでしょう。他にも、自社の対応範囲や得意としていることがあれば、どんどん掲載しましょう。

  • ユーザーの悩みに答える

ホームページにユーザーの悩みを掲載すると、見込み客から閲覧される確率がグッと高くなります。

たとえば、「エアコン掃除のテクニック」「臭いやカビの対処方法」なんていうキーワードに答えるコンテンツを用意するのがおすすめです。

依頼につなげるためには、解説しつつも、素人が対応する場合の難しさやリスクを取り入れて、業者に依頼するメリットを示し、だからプロに依頼するのがいいという流れを作りましょう。

  • よくある「選び方」に答えるコンテンツを用意する

エアコンクリーニングをプロに依頼する場合には、「業者の選び方」などの情報を参考に比較して決定します。そのため一般的な業者選びのポイントとされていることに応える情報も掲載しておくのがおすすめです。

たとえば、「費用や作業内容についてきちんと記載されている」「損害賠償保険に加入している」「電話対応や見積時の対応が丁寧」などのことを、エアコンクリーニングを依頼する人は気にするので、ホームページから集客する時には忘れずにそれらの情報を掲載しておきましょう。

  • 地域名のキーワードも意識し取り入れちりばめる

「エアコン清掃+地域名」など地名を入れたキーワードで、エアコン清掃業者をネット検索している人が多いです。そのため、対応エリアを入れたコンテンツをホームページに取り入れると、検索上位に表示されやすくなり依頼につながります。

  • 口コミを集めて掲載する

第3者からの声は信頼されます。そのため、ホームページ内で自社の実績や安心感を伝えられるような口コミに関するコンテンツを用意するのがおすすめです。方法の一つとして、Googleへの口コミ投稿をお願いするような形でもよいでしょう。

エアコンクリーニングの需要は高まっていく

エアコン清掃するスタッフ
「共働き世帯の増加」「健康志向の強まり」「高齢者だけの世帯の増加」などのことがあり、エアコンクリーニングの需要が高まると予想されています。需要の高まりに備えて、今のうちに集客体制を整えておくと、商圏での確固たるポジションを確立できる結果、ビジネスが楽になるでしょう。

エアコンクリーニングの効率のよい集客をするには、「競合を分析して自社の強みを見込み客に対して明確に伝える」ことが大切です。将来的に競合が増えれば、依頼を得る難易度は上がりますが、その時に、自社に強力な強みがあれば、他社は単なる競合ではなく、貴社が魅力ある会社だと明確に示すための存在に変わります。

集客時には、競合を探していた見込み客に対してアプローチし、自社に依頼してもらうように仕向けることも大切です。その方法として、自社の強みをとがらせ、競合と比較した場合、貴社に依頼するのが最良の選択だと思わせましょう。

エアコンクリーニングの需要は高まりますが、人口減少が叫ばれているので、今営業している商圏でシェアを拡大するという戦略も大切です。

バリュープロポジションを生かした集客の戦略はプロに相談

競合にはなく、ユーザーニーズに合致している、自社だけが提供できる価値のことをバリュープロポジションといいます。

自社だけが提供できる価値があれば、自社の差別化を図れ、見込み客が競合から貴社に依頼するという流れを作ることができます。インターネット社会の昨今、バリュープロポジションを意識したWeb集客を行うのがエアコンクリーニングの集客 では、非常に効果的。

バリュープロポジションを意識したWeb集客は、地域限定の比較サイトを作成する方法があります。

具体的にいうと、たとえば、「エアコンクリーニング+地域名」で検索した際に、検索結果の上位に出て来るサイトを作成します。サイト内では、競合と比較させながら貴社の優位性をアピールするという構成にすることで、貴社だけが提供できる価値を見込み客に伝えられます。

全研本社では、すでに7000を超えるサイトの制作実績があります。競合調査を通じた貴社のバリュープロポジションを発見でき、ユーザーニーズの分析をもとにした適切なキーワードを行ったインターネットでの集客対策をしたWebサイトの制作も可能です。

「マーケティングをしたうえでの、バリュープロポジション戦略による集客をしたい」「コンテンツマーケティングでのWeb集客を図りたい」と考えているエアコンクリーニング業者の方は、Web集客の実績が豊富で特化している弊社に一度ご相談ください。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

集客コンサルタントに無料相談する

ページトップへ