不動産電子契約システム12選~各会社の特徴と費用相場をまとめました~

不動産電子契約システム12選~各会社の特徴と費用相場をまとめました~
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

不動産電子契約システムは2021年のデジタル法案改正を機に市場が拡大したシステムです。これまで不動産の契約に欠かせない重要事項説明書の発行や賃貸契約の締結は紙の書類で行うことが基本でした。

しかし、法改正に伴い、契約締結のオンライン化が可能に。それをきっかけに、不動産の契約を電子化する動きが加速しています。そんな時に活用されるのが不動産電子契約システムです。本記事では、不動産電子契約システムについて紹介します。

利用時の費用感や特徴について比較していますので、利用を検討している企業担当者様はぜひ、ご一読ください。

不動産電子契約システムとは

不動産イメージ画像
不動産電子契約システムとはこれまで対面で実施されていた重要事項説明や不動産取引の契約書作成をオンラインで完結できるシステム。2021年のデジタル改革関連法案の施行によりシステムの利用が増えています。

不動産電子契約システムは契約書自体の電子化や電子署名など契約の締結に必要なすべての手続きをオンライン化できるため、業務効率化の観点から注目されています。

不動産電子契約システムを導入するメリット

merit
ここでは不動産電子契約システムを導入するメリットについて紹介します。

業務効率化

不動産電子契約システムを導入すると大幅な業務を効率化することが可能です。電子化していない場合だと契約を交わす際に、契約内容を印刷したり、相手に送付するため、手間がかかります。

また、紙で契約する場合には記名や押印も必要。こうした手間を電子契約システム導入により省けます。これにより、注力すべき業務により多くの時間が割けるようになります。

コストを削減できる

書面での契約の場合、取引金額に応じて契約書に印紙を貼付する必要があります。印紙は契約書ごとに貼付しなければならないため、取引数が多い場合には多額のコスト負担になってしまいます。

また、書面での契約締結は印刷費や郵送費など様々な費用も発生します。電子契約システムを導入することで、契約書が印紙税法における非課税対象となり、印刷代も減るため大きなコスト削減を実現できるでしょう。

契約書の管理が容易になる

契約書が電子化されているもう1つのメリットとして、必要な書類をすぐに検索、確認できる点があります。契約書を紙で管理している場合には、書類の保管場所の確保や手動での書類探しなど管理が面倒になるケースがあります。

一方で契約書を電子化すると書類がサーバーやクラウド上にあるため、検索機能で欲しい書類を簡単に引き出すことが可能。また、保管場所の制限がないため、多くのデータを一括で管理しやすい点もメリットです。

不動産電子契約システムを導入するデメリット

demerit
上記では不動産契約システムを導入する際のメリットについてみてきました。不動産電子契約システムを導入する際にはメリットに加えてデメリットも押さえておく必要があります。
ここでは、そんな不動産電子契約システムを導入する際のデメリットについて紹介します。

高齢者など対応が難しい人もいる

不動産契約を電子化するデメリットの一つとして、パソコンやスマートフォン操作などのスキルが必要となる点があげられます。そのため、パソコンやスマートフォンの操作に不慣れな高齢者にとっては電子契約に対応できない可能性もあります。

電子契約の導入を検討する際には高齢者やパソコンに不慣れな人に対しても配慮し、電子契約と書面での契約を選べるようにする工夫が必要です。

ランニングコストがかかる

電子契約を導入すると、様々なコストがかかります。システムの導入における初期費用や導入後の維持費、社員への教育費がその一例。

電子契約システムにおいては上記でコスト削減をできると述べましたが、費用が掛かる場合もあるため、事前にコストシミュレーションをすることが大切です。

不動産電子契約の流れ

契約
ここでは実際の不動産電子契約の流れについて解説します。

1.IT重説(重要事項説明)

IT重説とは、従来対面で説明する重要事項説明をZoomなどのWeb会議ツールを用いて実施することです。宅地建物取引士が「宅地建物取引士証」を提示し説明します。

このIT重説ですが、必ずしも実施する必要はありません。また、重要事項の説明を対面で希望する場合もあるため、柔軟な対応が求められます。

2.重要事項説明書の電子化

重要事項説明の電子化は書面説明時にメールから重要事項説明書をダウンロードする方法のことを指します。宅地建物取引業法は重要事項説明書を必ず書面で交付するように定められており、対面での説明で重要事項説明書を手元に置いておくことが一般的です。

手元においた書類を説明後に記名捺印します。しかし、重要事項説明書をオンラインで受け取った場合、モニターで見ている説明書が本物なのかを証明する必要があります。その重要事項説明書を電子化する際に「電子署名」をし、宅地建物取引業法にもとづく真正な書面であることを双方で確認します。

3.電子契約

重要事項説明書の電子化が終了したら、電子契約になります。電子契約は対面の場合、本人確認書類を確認しながら、記名捺印を進めていく流れとなっています。オンラインでの電子契約の締結はセキュリティや詐欺といった不正行為のリスクがあるため注意が必要です。

電子契約では当事者の記名捺印に代わる方法として「電子署名」が用いられます。この電子署名を終えると契約締結となります。電子署名の場合にも、本人確認書類をアップロードする場合があるため、事前に準備しておくとよいでしょう。

不動産電子契約システムの比較

不動産契約を電子化できる電子契約システムは現在、数多くあります。多くの製品があるため、どの製品を選べばいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ここではそんな不動産電子契約システムについて特徴や費用相場を用いて紹介します。
キャククル掲載バナー

レリーズ

レリーズ
画像引用元: レリーズ公式サイト(https://release.estate/)

GOGEN株式会社は不動産電子契約システム「レリーズ」を提供しています。レリーズは不動産売買に特化しています。国土交通省の「宅地建物取引業法施行規則」に即した設計となっているシステムです。

案件名や部屋番号、売買価格、決済日といった項目で契約管理ができます。また、システムは案件ごとに書類をまとめられる機能も付いており、データ管理に優れています。支店や営業チームなどプロジェクト単位での案件管理ができるため、契約の進捗を管理しやすい点も利点の1つです。

お客様側の画面では、マイページで契約内容や契約概要の確認をいつでも可能にするなどお客様がいつでも書類を見返しやすい設計となっています。

さらに、送信した契約書への不正アクセス防止としてユニークURLを都度発行する機能があります。その他にも、暗号化通信やIPアドレス制限といったセキュリティ強化にも優れています。

利用料金

  • 16,000円(税抜)~/月額

会社概要

  • 会社名:GOGEN株式会社
  • 所在地:東京都港区北青山2-14-4 the ARGYLE aoyama 6F
  • URL:https://gogen.jp/

いえらぶサイン

いえらぶサイン
画像引用元: いえらぶサイン公式サイト(https://ielove-cloud.jp/service/sign/)

不動産業界に特化した電子契約システム「いえらぶサイン」。家主や契約者間での契約や仲介会社を挟む契約など様々な契約フローに対応しています。

いえらぶサインではリーシング(商業用の不動産賃貸業務)・管理機能とデータを連携しているため、サービスごとのデータ受け渡しが容易にできます。そのため、電子契約作成時の物件データ入力が不要で、物件の契約ができます。

また、セキュリティ機能も強化しており、「GMOサイン」・「クラウドサイン」と連携。両社の最新セキュリティ技術を元に、データ管理をすることが可能です。いえらぶサインはさらに、毎月の契約更新や解約対応の自動化にも対応。契約更新時には自動で契約更新対象の案件がリストアップされ、契約更新書類を自動送付する機能があるため、定例業務の時間を省けます。

その他にも、複数の署名押印が必要となる場合には、メールを一度送信するだけで依頼が完了するなど業務効率化に向けた機能も充実しています。いえらぶサインを運営する株式会社いえらぶGROUPでは、業務支援システムとして仲介業務、管理業務支援システムを提供するなど不動産に特化した電子システムを提供している点が特徴です。

利用料金

  • 50,000円〜/月額

会社概要

  • 会社名:株式会社いえらぶGROUP
  • 所在地:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル24階
  • URL:https://ielove-cloud.jp/

電子契約くん

電子契約くん
画像引用元: 電子契約くん公式サイト(https://lp.itandibb.com/denshi-keiyaku/)

電子契約くんはイタンジ 株式会社が提供する不動産電子契約システム。賃貸借契約、保証契約、駐車場契約といった多岐に渡る契約に対応しています。

電子契約くんは入居者希望者が申込時に入力した情報を、契約時にそのまま利用できるため、データ入力の手間を省けます。さらに、入居時の注意事項などの文章や動画をシステムにアップロードし、ユーザーに確認してもらう通知を送る機能も実装。オフラインでも過不足なく情報を伝えられる点が特徴です。

また、電子契約くんは一般財団法人日本データ通信協会が発行する「認定タイムスタンプ利用登録マーク」を取得。適切な電子契約要件のもとに開発されたシステムとなっています。

運営会社は系列システムとして内見予約受付やWeb入居の申込システムも提供しています。公式サイトには電子契約に関するコラムも多く掲載されているため、こちらも導入前に読んでみると良いでしょう。

利用料金

  • 問い合わせ

会社概要

  • 会社名:イタンジ株式会社
  • 所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー 40F
  • URL:https://www.itandi.co.jp/

スマート契約

スマート契約
画像引用元: スマート契約公式サイト(https://business.athome.jp/service/smart_keiyaku/)

スマート契約は不動産売買・賃貸事業を手掛けるアットホーム株式会社が提供している不動産電子契約システム。アドビ株式会社と連携し、高いセキュリティを有しているクラウド型のシステムです。

スマート契約は、世界のセキュリティ基準ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)に準拠。万が一のデータ紛失や汚損に備えてデータのバックアップも可能なため、リスクを抑えたデータ管理ができます。

また、システムは契約の進捗管理にも適しており、文書の閲覧や署名時には通知が送られてくるため、お客様の状況を把握しやすいのが特徴です。お客様側にも自動でリマインド通知が送信されるため、署名の漏れを防止できます。

これまでに、千葉県船橋市にある吉田不動産にシステムを導入し、解約手続きを7割電子化するなど数多くの導入実績があります。契約の他にも、賃貸管理システムや重説といった不動産向けにさまざまなシステムを提供しています。

利用料金

  • 問い合わせ

会社概要

  • 会社名:アットホーム株式会社
  • 所在地:東京都大田区西六郷4-34-12
  • URL:https://athome-inc.jp/

IMAoS

IMAoS
画像引用元: IMAoS公式サイト(https://www.imaos.jp/)

IMAoS(イマオス)は重要事項説明書や不動産賃貸契約書を電子書面交付、電子契約するために開発されたシステム。IMAoS(イマオス)では不動産賃貸業で利用される事の多い、ショートメールを活用し、署名の案内や契約書の確認をお客様に送付できるサービスを提供しています。

また、重要事項説明書等の電子交付やZoomミーティングの設定の自動化も可能。日程調整の手間を省けます。さらに、サポート体制も充実しており、有人式のヘルプデスクには宅建資格者を配置しているため、専門的な悩みにも即座に対応可能です。

公式サイトにはショートメールのデモもあるため、こちらも試してみると良いでしょう。

利用料金

ライト

  • 初期費用:50000円
  • 月額費用:25,000円
  • 利用料:250円

スタンダード

  • 初期費用:100000円
  • 月額費用:25,000円
  • 利用料:250円

エンタープライズ

  • 初期費用:150000円
  • 月額費用:35,000円
  • 利用料:250円
  • 電子証明書発行申請料:8000円

会社概要

  • 会社名:SB C&S株式会社
  • 所在地:東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー
  • URL:https://cas.softbank.jp/

不動産業界専用電子契約システム(日本情報クリエイト株式会社)

不動産業界専用電子契約システム
画像引用元: 不動産業界専用電子契約システム公式サイト(https://www.n-create.co.jp/pr/product/denshi_keiyaku/)

日本情報クリエイト株式会社は不動産業界に特化した電子契約システムを提供しています。「家主」「管理会社」「仲介会社」「契約者」と属性別に契約フローを設定できるのが特徴。そのため、現在の契約体系を変えることなく、電子契約の運用が可能です。

また、既存の契約書を電子契約のひな形にできるため、新たに作成する手間がかかりません。日本情報クリエイト株式会社は専属システムアドバイザーや全国に29拠点サポート施設を持っているため、運用時のトラブルに即座に対応が可能。

2022年には不動産会社が導入したい電子契約システムNo.1(※)に選ばれるなど高い評価を受けています。

公式サイト内には電子契約に関するコラムもあるため、こちらも併せて読んでみてはいかがでしょうか。

利用料金

  • 問い合わせ

会社概要

  • 会社名:日本情報クリエイト株式会社
  • 所在地:宮崎県都城市上町13街区18号
  • URL:https://www.n-create.co.jp/

電子印鑑GMOサイン

GMOサイン
画像引用元: GMOサイン公式サイト(https://www.gmosign.com/price/realestate-dx/)

電子印鑑GMOサインは業種業界を問わず電子契約ができるサービス。自治体、企業を含めこれまでに140万社以上に導入した実績があります。

契約書ごとのフォルダ作成や、文章ごとのリマインド通知ができるなど、管理に特化した機能を有しています。また、文書の性質や契約印の種類別に相手に合わせた契約書の作成が可能。

その他にも、英語や中国といった計8カ国に対応しているため、外国人向けの契約にも活用できます。さらにワークフロー設定も可能。社内での契約承認フローをシステム化することもできます。

システム導入後のサポートも充実しており、電話やウェビナーといった様々な形態で支援を受けられます。

利用料金

  • 8,800円~月額

会社概要

  • 会社名:GMOグローバルサインホールディングス株式会社
  • 所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー10階
  • URL:https://www.gmogshd.com/

jinjerサイン

jinjerサイン
画像引用元: jinjerサイン公式サイト(https://e-signing.jp/)

jinjer株式会社は電子契約システムjinjerサインを提供しています。jinjerサインは使用頻度の高い契約書をテンプレート化して使用することが可能。簡単に契約書を作成できる点が特徴です。

また、導入前のサポート体制も充実しており、企業ごとの特性を把握した上で自社のニーズに合わせて導入できる点も特徴の1つです。さらに、国際的な電子商取引認証局監査プログラムWebTrustの認証を受けているため、セキュリティに強いサービスとなっています。

導入までには無料トライアルがあるため、トライアルをもとに検討をすると良いでしょう。

利用料金

ライト

  • 初期費用:50000円
  • 月額費用:10,000円
  • 電子署名:200円

ライトプラス

  • 初期費用:100000円
  • 月額費用:28,000円
  • 電子署名:200円

ベーシック

  • 初期費用:250000円
  • 月額費用:50,000円
  • 電子署名:200円

会社概要

  • 会社名:jinjer株式会社
  • 所在地:東京都新宿区西新宿 6-11-3 WeWork Dタワー西新宿
  • URL:https://jinjer.co.jp/

Musubell

Musubell
画像引用元: Musubell公式サイト(https://www.musubell.com/)

「Musubell」は株式会社デジタルガレージが提供する不動産電子契約システムです。Musubellは賃貸・仲介向け、新築向けと2つのサービスを展開しています。

Musubell for仲介では進行中の契約をダッシュボードで管理できる機能や書類確認のワークフローを明確化できるワークフロー機能などがあります。もう一方のMusubell for新築では、不動産売買に必要な覚書や受領書といった多くの書類の電子化ができます。

Musubellは複数人の電子契約にも対応しています。また、セキュリティも優れており2段階認証や契約ファイルのパスコード認証といった機能が充実しています。

利用料金

  • 問い合わせ

会社概要

  • 会社名:株式会社デジタルガレージ
  • 所在地:東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 デジタルゲートビル
  • URL:https://www.garage.co.jp/ja/

ドキュサイン

ドキュサイン
画像引用元: ドキュサイン公式サイト(https://www.docusign.jp/)

ドキュサインサインは180カ国以上の国で利用されている電子署名システム。スマートフォンやパソコンなど、マルチデバイスに対応しています。

また、この電子署名はインターネットがある場所からであればいつでもどこでも送信が可能。スマートフォンでの操作も対応しているため、簡単に署名ができます。苗字を元にし、捺印の陰影を自動生成するなど、署名の手間が省けます。さらに、対応している言語が44語と外国人向けの契約も可能です。

顧客にとってシステムの利用が直観的な操作で済むため、デジタルシステムに疎い方でも簡単に署名してもらえます。無料のデモもあるため、製品の比較検討に役立てると良いでしょう。

利用料金

  • 問い合わせ

会社概要

  • 会社名:ドキュサイン株式会社
  • 所在地:記載なし
  • URL:https://www.docusign.jp/

 

ContractS CLM

ContractS CLM
画像引用元: ContractS CLM公式サイト(https://www.contracts.co.jp/)

ContractS CLMは電子契約と紙での契約の双方に対応している不動産電子契約システム。電子と紙の書面両方に対応しているため、用途に応じた利用が可能です。

契約書作成からレビュー(契約締結)・ドキュメント管理まで一貫したサービスとなっています。また、紙での契約書をスキャンし、クラウドで保存できるなど、すべての契約書を電子化できる点が特徴。

契約ステータスや契約進捗のリマインドといった進捗管理の機能も豊富に有しています。Slackや他社のサービスとの連携も容易にできるため、自社にあった形で利用可能です。

利用料金

  • 問い合わせ

会社概要

  • 会社名:ContractS株式会社
  • 所在地
    東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6階 Inspired Lab内
  • URL:https://www.contracts.co.jp/

e契約

e契約
画像引用元: e契約公式サイト(https://bitrech.co.jp/e-contruct/)

株式会社BitRechは不動産業界に特化した電子契約システムe契約を提供しています。e契約は、Word・Excelで作成した契約書をアップロードするだけで契約確認の依頼が可能。

システムは不動産業に特化しており、不動産売買、賃貸、駐車場といった様々な契約書を作成できます。メールやSNSの自動承認依頼もあるため、契約更新時にリマインドの手間を省けます。

また、セキュリティ対策も強化しており、タイムスタンプや暗号化通信、契約内容証明機能を有しています。契約の締結はスマートフォンでもできるため、時間と場所を選ばずにできる点が特徴です。

利用料金

  • 問い合わせ

会社概要

  • 会社名:株式会社BitRech
  • 所在地:大阪市北区兎我野町5-12 梅田グリーンビル207号室
  • URL:https://bitrech.co.jp/

不動産電子契約を選ぶ際のポイント

ポイント
ここまで、不動産電子契約システムについてみてきました。不動産電子契約システムを選ぶ際には「業務効率化を図りたい」「システムを活用し、契約をスムーズに進めたい」など導入目的を明確にすることが大切です。

導入においては以下のような比較軸を用いてサービスを検討してみてください。

  • 契約形態(賃貸、駐車場どこまで対応できるのか)
  • カスタマイズ性(自社システムと連携できるのか等)
  • 操作性(操作は誰でもできるのか)
  • サポート体制(バージョンアップ時のアップデート等)
  • 料金体系(初期費用や月額費用はどの程度かかるのか)

このほかにも、選ぶ際の比較軸は数多くあります。目的を明確にし、サービス導入に求める条件を明確化した上で自社にあった不動産電子契約システムを選ぶようにしてみてください。

不動産電子契約システムと併せてWebでの施策を

不動産イメージ画像
不動産電子契約システムを導入することで、手間となる契約をよりスムーズに進められます。また、書類の管理が楽になることで業務の効率が上がり、印刷代などのコストが削減できる点もメリットです。

不動産電子契約システムの導入に加えてWebでの施策を講じておくことで、集客力を高めることも可能。Webでの問い合わせページと併せて電子契約システムを導入するなど施策を講じてみてはいかがでしょうか。

当メディアキャククルを運営する全研本社では、コンテンツマーケティングを中心としたWeb集客施策を得意としています。これまでに120以上の業種でクライアントのWebマーケティングを支援してまいりました。また8,000件以上のWebサイト運用実績もあり、ユーザーや競合の分析、戦略策定といった部分から、コンテンツ制作やWebメディア制作やその運用もワンストップで対応可能です。

今回ご紹介したような不動産業界についての集客ノウハウもあります。多角的な集客戦略を打ち出し自社に合った顧客を効率よく集めたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
Web集客の相談をする

ページトップへ