予備校比較サイトの掲載メリットと注意点をチェック

予備校比較サイトの掲載メリットと注意点をチェック
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

予備校比較サイト掲載のメリット

予備校比較サイトへの掲載には、大きく分けて3つのメリットがあります。

  1. ネット上での営業活動が楽になる
  2. 経費の削減
  3. オンラインで宣伝ができる

Webサイトへの掲載には、オフライン広告にはない利点があります。それぞれ詳しくみていきましょう。

ネット上での営業活動が可能になる

比較サイトには大手予備校や注目度の高い予備校が名を連ねており、そこに掲載されることで認知度の向上が期待できます。

広告のみの掲出では宣伝効果が薄い可能性もありますが、比較サイトなら他社の知名度を借りて露出効果を高めることができるため、インターネット上での営業活動が容易になります。

経費の削減にも

屋外広告やTVCMはコストがかかるため、集客効果よりもコストのほうが上回ることがあります。広告の制作にも時間がかかるため、手間や時間もとられてしまいます。

一方、比較サイトの掲載は掲載料金やサイトへの登録料金のみですぐに宣伝活動がスタートでき、経費と工数の削減が可能となります。

常にオンラインで予備校の宣伝をすることができる

比較サイトは単なる比較だけにとどまらず、スクールごとの紹介も行っています。なかには動画や画像でわかりやすく紹介を行う比較サイトもあり、自社サイトだけで集客効果が得られていないスクールにとっては良い宣伝媒体となります。

一般のWeb広告は掲出期間が決められていますが、掲出期間を決めていない比較サイトなら365日24時間オンライン上で宣伝が行えます。

予備校比較サイトの傾向と注意点

予備校比較サイトの傾向と注意点

ここからは、予備校比較サイトの傾向と注意点についてみていきましょう。

予備校比較サイトの傾向

予備校比較サイトは、各サイトの比較基準に基づいてランク付けや比較が行われています。

全体的に大手や有名予備校がピックアップされる傾向にありますが、小規模なスクールや地域に根ざした予備校を取り上げているサイトも多く、サイトごとの掲載状況を見極めたうえで自社に合う比較サイトを選ぶ必要があります。

比較サイトを選ぶときは運営会社の信頼性や比較基準のほかに、メール・電話番号などの問い合わせ先が明記されているか、比較基準となるデータ(合格者数など)は最新かつ正確なデータに基づいていることを確認してください。

予備校比較サイトの注意点

予備校比較サイトの注意点として、確認しておきたいポイントは以下の通りです。

  • 個人または法人のどちらが運営しているか
  • 運営元の実績・信頼性
  • 比較サイトの基準・正確性

比較サイトといっても個人と法人のどちらが運営しているかによって方向性は異なり、アフィリエイト目的のサイトも含まれているため、掲載に適しているサイトであるかどうかを確認するようにしましょう。

予備校比較サイトの考察

ここからは、予備校比較サイトの紹介とそれぞれのサイトの比較基準を解説していきます。

四大予備校比較JP

四大予備校比較JPキャプチャ画像
引用元:四大予備校比較JP(https://yobikou-hikaku.jp/)

四大予備校比較JPは大手有名予備校を中心に特徴を紹介しながら、「予備校適性診断」と称したシミュレート機能も備えた比較サイト。コラムページでは、国公立・電農名繊など目指す大学に応じた予備校の紹介も行っています。

四大予備校の紹介がメインですが、それぞれの紹介が丁寧に行われており、これから大手の予備校に通いたいと考えている学生や保護者に広く選択肢を与えてくれるサイトです。

四大予備校比較JPの問い合わせ先

  • 運営会社:四大予備校事務局
  • サイト掲載に関するお問い合わせ先:https://yobikou-hikaku.jp/contact/

塾予備校比較ナビ

塾予備校比較ナビキャプチャ画像
引用元:塾予備校比較ナビ(https://shingaku.jdnet.jp/)

塾予備校比較ナビは大学・高校受験に利用される塾や予備校の合格実績を比較基準とした比較サイトです。「合格実績ランキング」ページでは目指す大学別にランキングを紹介し、高校受験については進学塾別に合格実績を掲載。

中学受験については、模擬試験の受験者数と教材の利用者数でそれぞれランキング化しています。有名校を中心にランキング化していますが、合格実績を比較基準としており、各スクールの特徴も明記されています。掲載料金についてはサイト内の問い合わせフォームよりお問い合わせください。

塾予備校比較ナビの問い合わせ先

  • 運営会社:株式会社ジェイディーネット
  • サイト掲載に関するお問い合わせ先:https://jdnet.co.jp/contact/

塾ナビ

塾ナビキャプチャ画像
引用元:塾ナビ(https://www.jyukunavi.jp/)

塾ナビは年間2,350万人が利用する塾・予備校の検索サイトです。小学生から高校生までの学習塾について日本全国から検索でき、サイト内への広告掲載も可能。

人気塾ランキングは個別指導・集団・中学受験対応など細かく分かれており、資料請求数や電話での問い合わせ数によってランク付けがされています。掲載料金についてはサイト内の問い合わせフォームよりお問い合わせください。

塾予備校比較ナビの問い合わせ先

  • 運営会社:株式会社 イトクロ
  • サイト掲載に関するお問い合わせ先:https://www.jyukunavi.jp/support/publish/input/

予備校比較サイト掲載のポイント

予備校比較サイト掲載のポイント
予備校比較サイトには、大手を中心に紹介しているサイトから網羅系まで、さまざまな特徴をもっています。自社の予備校・スクールの強みに合致する比較基準であれば、上位表示や好意的な記述が期待できますが、自社の強みと合致しない場合はランクが下がった状態で掲載されてしまうおそれがあります。

自社の強みがアピールできなければ、集客効果が期待できずネガティブな印象を持たれてしまう可能性もあるため、比較サイト選びの前にサイトごとの特徴や方向性をチェックしなければなりません。

また比較サイトの中には、比較基準が示されていないものもあります。個人ブログのように、個人が運営している比較サイトは知名度や受講生の数など、個人の主観が含まれているものもあります。

事実や正確なデータに基づいていなければサイト自体の信頼性にも疑問が出てきてしまうため、予備校比較サイトに掲載する場合は、サイトの比較ポイント(比較基準)をチェックしましょう。

ユーザー重視の予備校比較サイトで欲しいターゲットを集客する

予備校比較サイトはそれぞれ運営方針やランキング・比較の基準が異なり、基準が明示されていないケースも少なくありません。すべてのサイトが正確なデータに基づいているとは限らず、不確実なサイトで自社をアピールしても思ったほど集客効果が得られない懸念もあります。
ユーザーとしても自分が比べたい基準で比べられないため、予備校を決めるための決定打としては欠ける点もあるでしょう。

そのため、比較サイトはあくまでも露出度を上げる目的で使用し、ユーザーが自分に合った予備校が選べる「ポジショニングメディア」を導入して、自社は欲しいターゲットを獲得するWebメディア戦略も検討してみてください。

ポジショニングメディアに興味を持ち、より詳しく知りたい方はポジショニングメディアについてまとめた資料も別途ご用意しています。ぜひダウンロードしてご活用ください。

競合との差別化で集客に繋げる

競合との差別化で集客に繋げる比較サイトは個人または法人が運営しており、信頼性の高い比較サイトに掲載できれば、大手の有名校と肩を並べながら認知度を高めることができます。

しかし比較サイトの比較基準に見合わなければ自社をアピールできず、集客効果も期待しにくいため、自社スクールの強み・特徴にマッチした比較サイトを選ばなければなりません。

キャククル運営元の全研本社では120業種以上のWebマーケティング支援実績があります。
現存のWebマーケティング状況において、集客はできるが成約ができない、欲しいターゲットが獲得できないというお悩みを抱えているケースがよくあり、そのようなクライアントさまから弊社施策は重宝されています。
もし少しでも心当たりをお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ