ウォーターサーバー会社(宅配水業者)の集客&マーケティング

ウォーターサーバー会社(宅配水業者)の集客&マーケティング
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

ウォーターサーバー市場は成長率が鈍化してきているとは言われているものの、当面は穏やかな市場拡大が続いていくとみられています。(矢野経済研究所 https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2107)
一方で、プロモーションの良し悪し、モバイルサイトへの対応の早さなどで、市場シェアの入れ替わりが起こるなど、その競合状況、市場シェアの奪い合いはとても激しいようです。

以下では、ウォーターサーバー会社向けに、集客&WEBマーケティング施策について解説。まずユーザーのニーズについて掘り下げ、ユーザーがどのようにウォーターサーバーを選んでいるのか?などについて丁寧に考えてみました。

ウォーターサーバーの集客とは?

まずはユーザーのニーズを明確にする

そもそもウォーターサーバーを自宅に設置しようと考えるユーザーは、どのような理由があって検討をしているのでしょうか?これは単身世帯、配偶者がいる世帯、子供がいる世帯などで大きく異なるはずで、それぞれのニーズを明確にする必要があります。

ウォーターサーバーは、設置をすることが店頭で水を購入するよりも安いとは限りません。さらに一度契約をしてしまうと、解約するまでに条件があることは多くのユーザーが認知しているはずです。それでもウォーターサーバーを設置したいと考えるニーズをまず明確に理解する必要があります。

設置のメリットやデメリットとは?

ウォーターサーバーを設置するメリットとは?

最も多く挙げられる理由は、美味しい水がいつでも飲めるという点ではないでしょうか。

特に都市部に住んでいるユーザーは、ウォーターサーバーがなくても水道から出てきた水を直接飲むことは考えにくいでしょう。味やにおいはもちろん、衛生面でも心配が残ります。しかしウォーターサーバーの水は採水した水をろ過・加熱し殺菌が完了しているため、有害物質が含まれている心配はありません。そのため小さなお子さんがいる家庭でも安心して飲むことが可能です。

また、お湯がいつでも出てくるという点も忙しい家庭にぴったりです。サーバーをひねれば、温かいドリンクはもちろんカップラーメンなどをすぐに作れる温度のお湯が出てきます。時短になるだけでなく、お湯を沸かすことを考えると節約にもなります。

ウォーターサーバーを設置するデメリットとは?

最も懸念となる点は、コストがかさむということでしょう。重い思いをしなくて済むものの、飲めば飲むほどにコストが発生します。

実際にペットボトルで飲料水を購入するよりも、やや高くつく点が懸念でしょう。

ユーザーがウォーターサーバーを選ぶポイントとは?

契約期間はどのくらいか、水の種類は選べるかなど、ユーザーが気にするポイントは多数あります。中でもサーバーのデザインや大きさはもちろん、ボトルの交換方法も気になるところでしょう。

一般的には玄関先まで配送してくれることがほとんどですが、ボトルを必ず交換しなければならないなどの制約があったり、かえってコストがかさむ場合も考えられます。自身の生活スタイルを考慮してウォーターサーバーが本当に適しているのか判断できると安心ですね。

ウォーターサーバーに関するユーザーニーズを整理する

まずはユーザーのニーズを的確にとらえることが重要です。

近年災害が増えていることから、災害時にも機能することができるウォーターサーバーは注目を集めています。ウォーターサーバーは水があっても、電気がないと水を出せないというケースは少なくありません。そのためいつでも水が出せるという点は実は考慮すべきポイントです。

さらに電気代を節約できるのはどのようなウォーターサーバーなのか、卓上型だとどのような種類があるかなど、生活スタイルに置き換えて考えれば多様なニーズが見えてくるでしょう。

ユーザーの視点に立つことで、どのような点を自社の強みとして展開していくのが望ましいのか検討する必要があります。

同業他社を徹底的に調査

実際に他社はどのようなマーケティング施策を実施しているのかを把握することは重要です。競合会社を徹底的に分析することで、その施策にヒントを得ることがユーザー獲得の近道と言えるでしょう。

競合会社がユーザーに対してどのように自社の強みをアピールしているか?どのようなメディア上で伝えているか?を分析することで、自社に置き換えるとどう展開できるかを見極める必要があります。

自社のWEBサイトや比較サイト、SNSやDMなど、オンライン・オフライン問わず施策を見つけて分析を行うことで競合についての理解を深めることが可能です。これを繰り返していくことで、自社の強みを明確にしていくことが可能です。

ウォーターサーバー選びは難しい!だから提案したいWEB集客術

ウォーターサーバーはなんと現在50種類以上もの種類があります。色や形といった見た目で判断できる点はありますが、具体的な性能差を比較するのは時間や労力を伴う作業です。情報だけが溢れてしまっているために、検索に疲れて選べない人が増えています。

そこで効果的なのが、自社の強みを明確にしたバリュープロポジションを基点とするWEB戦略です。検索疲れで決定しきれない人が増えているということは、決定をするための情報を適切に伝えることができれば選ばれる可能性は高くなります。

全研本社では、バリュープロポジションに基づいたWEB戦略のノウハウを多数持っています。確実に成果を出すために、まずはプロに相談してみてはいかがでしょうか?

ページトップへ