北海道のテレビCM費用情報まとめ

北海道のテレビCM費用情報まとめ
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

本記事では、北海道でテレビCMを出すための情報やメリット・デメリットを紹介しています。

北海道のテレビCM放送の料金相場

北海道のテレビCM放送の料金相場

北海道のテレビCM放送の平均的な相場は以下のとおりです。

  • 15秒1本:40,000円~65,000円
  • 30秒1本:400,000円~500,000円

北海道は道内の人口が多く、九州や四国と比べると高めの料金相場です。それでも首都圏よりは費用相場が安く、製品やサービスの認知度をアップできる有効な手段となっています。

北海道には5つの放送局があり、15秒CMを1本放送した場合の料金相場はそれぞれ以下のとおりです。

  • 札幌テレビ放送(日本テレビ系列):45,000円~
  • 北海道放送(TBS系列):45,000円~
  • 北海道文化放送(フジテレビ系列):45,000円~
  • 北海道テレビ(テレビ朝日系列):45,000円~
  • テレビ北海道(テレビ東京系列):16,000円

上記のように4つの放送局では料金相場が横並びであり、テレビ東京系列のテレビ北海道はかなり安い料金設定です。

テレビCMの料金は放送時間の枠(タイム)の種類・CMの長さ・CMの流し方によって異なります。北海道でのCM放送を検討している方は、料金体系を把握しておいてください。

北海道の放送局には、以下4つの放送時間枠があります。

  • Aタイム:19:00~23:00に放送される番組内で流れるCM。ゴールデンタイムのため視聴率が最も高い。
  • 特Bタイム:Aタイム前後の時間と朝・昼、週末など。
  • Bタイム:24時~25時の深夜や平日の昼食時のため比較的料金が安め。
  • Cタイム:早朝から午前11時までと深夜26時台。

CMの長さは15秒CM・30秒CM・60秒CMの3種類で、CMが長くなるほど料金も比例して高くなるのが特徴です。

またCMの流し方にはスポットCMとタイムCMの2種類があります。

スポットCMは放送する番組にかかわらず、決まった時間に流すタイプのCMです。最小単位は15秒からであり、広告主が放送する期間を自由に設定できます

タイムCMは番組スポンサーとしてCMを放送できるのが特徴です。全国ネットのゴールデンタイムであれば、多くの消費者に視聴してもらえるでしょう

※CM放送に関する詳細は、各テレビ放送局にお問い合わせください。

テレビCMのメリット・デメリット

テレビCMのメリット・デメリット

テレビCMの放送にはメリットだけでなく、デメリットもあります。広告主になる前に、しっかり把握することが大切です。

まずテレビCMのメリットは年代や性別を問わず、多くの消費者に自社の製品やサービスの情報を届けられることです。近年はWeb広告の存在が大きくなっていますが、それでもテレビCMの信頼性は依然として維持されています。

これまで製品やサービスに興味を持っていなかった消費者に対して、認知度を上げられるのが魅力です。とにかく多くの方にCMを視聴してもらえるため、新規顧客の開拓につながるでしょう。

またインパクトのあるテレビCMを放送できれば、視聴者の印象に強く残ります。そのため、消費者の購買促進の向上も可能です。

しかし、テレビCMを放送するには広告料だけでなく、CMの制作費用もかかります。予算がネックとなり、希望通りのCMを放送できない可能性もあるでしょう。

CM放送は番組や時間帯をある程度は絞り込めますが、Web広告のように親和性の高いユーザーに対してダイレクトに訴求できるものではありません。

たくさんの視聴者に情報を届けられる反面、自社のターゲットに届いているかを判断できないのがデメリットです。

このように、テレビCMは多くの方に自社の製品やサービスを知ってもらうための有効な手段ですが、高い広告費やターゲティングの精度に問題も抱えています。

テレビCMを放送する効果は絶対的ではないと、理解しておかなければなりません。テレビCMの放送を希望する方は、メリット・デメリットについてしっかり検討しておきましょう。

ターゲットユーザーだけを狙うマーケティング戦略

ターゲットユーザーだけを狙うマーケティング戦略

テレビCMはいわゆるマス広告のため、多数のユーザーにアプローチはできるものの、そのユーザー属性は様々です。

また放映期間が定められており、長期的に効果を生むためには、コストもかかり続けてしまいます。

成約に近いターゲットユーザーを狙って、長期安定した集客をするなら、コンテンツマーケティングをはじめとした、Web集客を行うことをお勧めします。

自社でメディアを立ち上げたり、ホームページを活用することができれば、継続的な集客経路をつくることができ、コストも削減できます。

キャククルを運営する全研本社では、これまでにBtoB企業も含む120業種以上のWeb集客を支援して参りました。8,000件以上のWebサイト運用実績もあり、成約に繋がりやすいWeb集客を得意としています。

集客戦略の策定やその実行がうまく進んでいないという場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ