A8ネットのアフィリエイト広告出稿の流れや料金を調査!

A8ネットのアフィリエイト広告出稿の流れや料金を調査!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

A8ネットとは

A8ネットキャプチャ画像
引用元:A8ネット(https://www.a8.net/)

ASPサービスの最大手

A8ネットは、ASPサービスの最大手企業です。

ASPサービスとは、アプリケーションサービスプロバイダの略です。インターネット上で提供されるアプリケーションサービスの提供会社を指し、A8ネットはアプリケーションサービスプロバイダの最大手企業と言えるでしょう。

A8ネットを利用する流れ

一般的にASPサービスは、法人や個人といった広告配信主と、メディアを所有し広告をPRしたいユーザーの橋渡し役を担います。

広告効果を高めるために重要なのは、商品に見合ったターゲットが出現するメディアでPRしてもらうことです。また、何らかの収入を獲得したいと考えているユーザーにとってもターゲットに適した広告を見つけることが重要です。

互いに適切な広告配信となるように、双方の間でA8ネットのようなASPサービスが機能することで、アフィリエイト広告は成立します。

A8ネットでの出稿の流れ

最短5営業日程度が必要

まず、A8ネットによるヒアリングが行われます。

ヒアリングの際には、類似商品や企業のデータを確認しながら見積もりに必要な情報収集が行われます。後に検討された見積もりが送付されてきますが、実際に不安な点や疑問点があれば、この場で解決できるようにすると良いでしょう。

審査通過後は…

発酵された見積もりに納得することができたら、次のステップです。「思いのほか高い」「安い」と言った点があるかもしれませんが、どうしても不服な場合には再度問い合わせをしてみても良いでしょう。もしくは事前にアフィリエイト広告の相場を調べておくと、認識のズレが少なく良いかもしれません。

申込書を記載

その後、申込書を記載します。
記載された内容に沿って審査があり、審査を通過できなければ広告配信はできません。審査を通過した場合には所定の金額を支払い、配信準備を進めていきます。

配信素材を準備

無事に審査が通過した後に、広告配信をスムーズに行うための準備を行います。

画像やバナーといった閲覧者の目に入るものはもちろん、設置するタグやメッセージを考えていきます。

アフィリエイト広告の場合、広告までの動線はメディア運営者が準備してくれますが、その他の内容は広告配信主が準備する必要があることを覚えておきましょう。

いよいよ広告配信、承認作業へ

ここまでの準備を行うことができたら、いよいよ広告が配信されていきます。

配信されるメディアは広告配信主が承認をしなければ、配信が許可されることはありません。また、配信されたあとも、成果は広告配信主が承認する必要があることを覚えておきましょう。

A8ネットの広告配信料金

広告配信料金に関しては、公式サイトには記載がありません。
商品やサービス、企業によって異なるため、一概に料金表という形で出せないことが推測されます。

参考までに、独自でA8ネットの広告配信料金を掲載しているサイトを見ると、月額費用33,000円からで、ブログ記事型やクリック課金広告もあるとのことです。
※情報引用元:ネットショップへの集客方法 アフィリエイト広告│WEB広告ガイド(http://www.sem-guide.net/ad/media.html)

このように、月額3万円程度から利用できるという情報もありますが、最新の情報は資料請求や問い合わせをしてみてください。アフィリエイト広告は企業によって高い・安いが大きく異なる場合があるため、参考程度で認識すると良いでしょう。

アフィリエイトで成果を出すために広告主がやること

アフィリエイト広告は出稿しただけで、効果が出るとは限りません。決して効率的な手法とは言えないからこそ、効果が出るまで粘り強い姿勢が必要になります。

広告配信主とメディア運営者の協力体制が肝

アフィリエイト広告において、広告配信主とメディア運営者が実際に顔を合わせて話をすることはほぼないでしょう。しかい互いに補完関係にあることは間違いなく、どちらかの努力ではなく、どちらもの努力によってはじめて効果が出ることを忘れてはなりません。

LPのCVR向上を

LP自体のCVRを上げることができれば、商品やサービスそのものの認知度が向上していると言い換えることができるのではないでしょうか。すなわち、メディア内で広告を見つけた時にも、閲覧者がついクリックをしてしまう可能性が高くなるのです。

そのため、広告配信主はLPのCVRが上がるような工夫を心掛けるようにしましょう。

メディア運営者にメリットを

メディア運営者は、数多くの広告の中からどの広告を配信するかを選んでいます。したがって、メディア運営者にとってよりメリットの大きい広告の方が配信されやすいと言い換えることができるでしょう。

具体的には、報酬単価が高いものが良いでしょう。また、成果報酬獲得までの期間が短いとなお良いと言えます。

どのような内容に配慮すれば良いかを的確に捉え、判断しましょう。

とにかくスピーディーに

承認や成果報酬の確定作業はとにかくスピーディーに行いましょう。

メディア運営者のモチベーションは報酬です。だからこそ、この報酬をなるべく早く、たくさん稼げるようにすることに注力することが大切なのです。

アフィリエイト広告のメリット・デメリット

メリットを解説する男性

アフィリエイト広告のメリット

初期費用が安い

広告出稿はただ出稿する訳ではなく、バナーの作成費用など様々なお金が必要です。しかし、アフィリエイト広告の場合、もちろん多少の手間は必要なものの、通常の広告出稿と比較すると、はるかに安い金額で広告配信を実現できます。

また、メディア運営者にある意味運用を一任しているような形になるので、その後の運用面という点は負担軽減に繋げることができるでしょう。

アフィリエイト広告のデメリット

最終金額が読めない

嬉しい悲鳴にはなりますが、想像以上にコストがかさむ場合もあります。最終的なコストを広告配信主側でコントロールできないのは大きなデメリットでしょう。

承認作業に手間が掛かる

掲載サイトや成果報酬は、都度広告配信主が確定作業を行わなければなりません。「都度」という点が厄介で、成果を出すためにはこの作業がつきまとってくることに、どれほど耐えられるかが重要でしょう。

リスク管理が難しい

掲載サイトを承認する責任が広告配信主にあったとしても、丁寧にクロールできている配信主は決して多いとは言えません。ゆえに承認後に想定と異なるような表現が見つかったり、そもそも内容が芳しくないサイトだった…ということも十分に想定されるでしょう。

どこまでを許容範囲とするかにもよりますが、十分注意する必要があり、リスク管理の責任は広告配信主にあることを意識しましょう。

自社と相性の良いユーザーを集める広告戦略

集客や売上アップという成果を最大化するには、適切なユーザーに適切な広告(コンテンツ)を届ける必要があります。

アフィリエイトが広範囲なユーザーに届けられる広告だとすれば、
弊社が得意とするポジショニングメディアは、勝てる市場を一点突破する広告です。

ポジショニングメディア戦略は、クライアントだけが提供できる価値=バリュープロポジションを軸にした広告戦略です。

7000社以上の集客をサポートしてきた全研本社のノウハウを活かして、徹底的なユーザー分析と競合分析に基づき、集客や売上アップのストーリーをご提案させていただきます。

ポジショニングメディア戦略の
詳細はこちら

自社の商品・サービスのためだけのWeb広告戦略を考えたい、という方はぜひお気軽にご相談ください(ご相談は無料になります)。
お問合せはこちら

ページトップへ