サテライトサイトの制作を外注したい時のチェックポイント

サテライトサイトの制作を外注したい時のチェックポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

サテライトサイトとは

サテライトサイトとは、本サイトへのSEO対策や集客のために立ち上げた別サイトを指します。本来の「衛星」という意味のままに、衛星サイトと称されることもあります。

サテライトサイトをつくることで、メインとなる本サイトへの経由地を増やすことができ、結果として本サイトへのアクセス流入をつくることができるのです。

サテライトサイトの特徴

サテライトサイトは、本サイトとは異なるドメインで作られます。また、本サイトとの明確に関連性を示さないことが一般的であり、閲覧ユーザーから見れば全くの別物でしょう。

あくまでも本サイトへの流入は密かに行うのがセオリーであり、関連性がはっきりと分かるサイトはサテライトサイトとは呼びません。

サテライトサイトのメリット

被リンクを増やすことができる

SEOで上位表示させるポイントのひとつに、被リンクを多く獲得するという点が挙げられます。被リンク、すなわち外部サイトから自サイトへのリンクです。

現在のSEO対策ではアクセス数と言った数の指標はもちろんですが、コンテンツの質が重視されるようになっています。質の精度を見極めるために被リンクが多い、すなわち他のサイトに参照されている回数が多いということが重要になるのです。

サテライトサイトをつくることにより、被リンクを意図的に増やすことができます。これによって本サイトのSEO対策を効果的に行うことができるのです。

ニーズ潜在層へアプローチ可能

通常、本サイトに掲載される情報は顕在層へ向けたものになります。すでにニーズや商品名が顕在化しているからこそ、ユーザー自身がキーワードを入力するなどし、検索してサイト流入する場合がほとんどです。

本サイトはこのように、正しい情報を掲載することで役割を果たします。

一方、この場合にはすでにニーズが顕在化している層しかたどり着くことができません。そのため、潜在層を獲得するために有効なのがサテライトサイトです。本サイトよりもニーズを広く取るなどの工夫を加えることで、「何が必要か分からないけど〇〇には困っている」という層へのアプローチが可能です。

サテライトサイトの活用例

ではここで、サテライトサイトを有効活用している例を見ていきましょう。

マイナビの場合

マイナビは、人材会社というイメージがある方は多いのではないでしょうか?実際に、新卒や中途といった枠を超えて、ナビ採用や人材紹介など幅広い手法で人材事業を展開しています。

しかし他にも、ターゲットを限定した転職サイト「看護学生」「介護職」や、「ウェディング」「住まい」など事業領域は多岐に渡ります。

初めて接触したユーザーが学生だったとしても、その後接触を継続していきサービスを提供していきたいというねらいがあります。ゆえに人生の節目ともとれる場面で必要なサービスが展開されているのです。

それぞれの事業でドメインが異なる

同じ「マイナビ」というブランドでありながら、事業ごとにドメインを分けているという特徴を持っています。総合求人サイトである「マイナビ」が本サイトの役割を果たしながら、他の事業はサテライトサイトのような役割を果たしているのです。

事業別にサービスを分ける際に、ドメインを分けることで各専門領域を限定的にできます。これによってそれぞれの事業の専門性を高めることができ、情報を細かく蓄積していくことができるのです。

サテライトサイトであっても、コンテンツの質は非常に重要です。したがって専門性が高いサテライトサイトを増やすことができれば、必然的にコンテンツの質を上げることができるでしょう。

指名検索のユーザーの温度感を上げることも可能

通常ユーザーは、購買意欲が高まった際には、指名検索と呼ばれる商品やサービス名を限定した検索を行います。

「◯◯ 評判」や「○○ 口コミ」というように、指名検索をするほどに温度感が高いからこそ、多くの情報を求めていると言えるでしょう。しかし本サイトしか設定がない場合には、細かな情報を掲載しにくくなっています。

マイナビの戦略は、このような課題にも有効に作用し、事業として展開するそれぞれのキーワードにおいて、多くの情報を提供することに成功しています。

このように、指名検索を行うユーザーに対策したサテライトサイトを作成することで、温度感の高いであるでマンズ層を逃さず集めることが可能です。

こんなシーンでもサテライトサイトは有効

悪評対策にも

サテライトサイトは悪評などのネガティブな要素対策にも有効です。サテライトサイトは本サイトと比較し細かな内容を設定できるため、「〇〇 評判」などのようにキーワードを絞って対策することが可能です。

広告のターゲットを増やす

Web広告の手法のひとつに、リターゲティング広告と呼ばれるものがあります。本サイトに訪れたターゲットを離脱後も継続して広告表示できるもので、従来は本サイトへアクセスしたユーザーがターゲットとなります。

サテライトサイトを有効活用すると、リターゲティング広告のターゲットを増やすことができることから、多くの顕在層・潜在層のユーザーを獲得できるでしょう。

利用方法は幅広い

このように、一言にサテライトサイトと言っても利用方法は幅広いと言えます。自社に見合った方法を見つけることで、有効にサテライトサイトを活用することができ、結果として本サイトへの流入を増やすことができるでしょう。

サテライトサイトの外注会社の選び方

選択する男性

Webの知識は大丈夫?

サテライトサイト制作の外注会社を選ぶためには、Webサイトの制作ノウハウや実績があるかという点は基本的に必須です。制作に関わる記事作成やデザインなどをワンストップで対応している会社であれば、短納期を期待できるでしょう。

また、Webマーケティングに精通しているかは非常に重要です。マーケット全体を見て、サイトを作ることを大前提とし、きちんとSEOで上位表示される会社を選びましょう。サテライトサイトだけしか制作実績がない会社は注意が必要です。

コンテンツ力も重要

サテライトサイトはコンテンツ力が大切です。集めたいターゲットが興味のあるコンテンツを作れるかはもちろん、コンテンツ作成も対応、提案してくれるかを見極めましょう。

本サイトへの流入を増やすためには、ユーザーニーズを意識した質の高い記事コンテンツでなければなりません。

これらを網羅した外注会社へ依頼することが、サテライトサイトの効果を最大限活用するためには重要です。

Webを活用した集客や指名検索対策は全研本社へ

全研本社では7000以上のWeb集客実績のノウハウにもとづく、SEO対策やワンストップでのWebメディア制作体制で、多くのお客様の集客をサポートしています。

徹底したニーズ分析と競合企業の調査を行い、御社が勝てるマーケット、御社と相性の良いユーザーに向けたメディアの構築が可能です。

サテライトサイト設置に興味がある場合には、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

ページトップへ