Google広告は効果ない、意味ないと感じている方向け!見直したいポイントを解説

Google広告は効果ない、意味ないと感じている方向け!見直したいポイントを解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

Google広告を導入したが、費用対効果が悪いと感じている方は意外といるのではないのでしょうか。
業界の平均クリック率やコンバージョン率をもとにシミュレーションをしたが思いっきり下回っている…なんて状況は実はザラにあります。

この記事では、Google広告の効果がない原因やそもそも使うべきではない業種について説明。
しかし、Google広告を使わないとWeb集客が成り立たない…という方のために、

  • 自社商材を求める顧客が集客し、受注単価が2.5倍以上を実現
  • 情報収集ではなく、購買検討をしているユーザーが多くなり、リード獲得後から成約までのリードタイムが1/3に削減
  • Web集客で獲得した資料請求者との商談化率が8割超

などの実績のある狙った顧客に絞り購買意欲を促進させるWebメディア戦略についても紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

Google広告の効果がない原因

顔を覆う子供とハテナ
何も考えずにGoogle広告を出しても、成功は期待できません。Google広告に効果がないと感じる原因になりがちなことを3つ紹介します。

ターゲティングが適切でない

ターゲティングが適切でなければ、広告は効果を発揮しにくいです。特にターゲットを広げすぎることには注意が必要です。

たとえばダイエットのサプリメントの広告を出すとき、「どんな人のダイエットにも効果があります」と宣伝してしまうと、誰も「自分向けの商品だ」とは感じません。そのため広告を見ても注意を向けず、クリックもしないのです。

広告に注目してもらうためには「仕事が忙しくて生活が不規則になりがちな20代女性のためのサプリメントです」などと、ターゲットを絞ったうえで広告を出すことが大切です。

広告の目的に沿った配信ができていない

広告の目的がはっきりしていないと、Google広告で失敗してしまいます。たとえばブランドの認知を広めるのが広告の目的なのであれば、広告を見た人に良いイメージを持ってもらうことが大切です。

広告が商品の購入を強く促すものになってしまうと、見た人が「商品を売り込まれた」と、悪い印象を持ってしまうかもしれません。すると広告によって、ブランドのイメージが悪くなってしまう可能性もあります。

広告はあくまでも、目的を達成するための手段です。最初に広告の目的を明確にしたうえで、目的に沿った広告を作りましょう。

クリエイティブ(画像・文章)が魅力的でない

広告の素材である画像や文章のことをクリエイティブと呼びます。クリエイティブが魅力的でないと、Google広告で失敗する原因になります。魅力的でないクリエイティブでは、画面に表示されてもクリックしてもらえないからです。

広告がクリックされなければ、詳細な情報を見込み客に伝えることができず、商品が購入されることもありません。そのため広告の目的が達成できないままになり「Google広告を出しても意味がないな」と感じてしまうことになります。

クリエイティブは最初に作っただけで放置するのではなく、見込み客に魅力的だと感じてもらえるように、改善を繰り返しましょう

そもそもGoogle広告に向いていない?向いている業種と向いていない業種

goodorbad
Google広告は幅広い業種の事業者が活用できる広告ですが、活用するのが難しい業種もあります。Google広告に向いている業種と向いていない業種、それぞれについて順に解説します。

Google広告に向いている業種

まずはGoogle広告に向いている業種の特徴を紹介します。

競合が少ない

Google広告は、競合が少ない業種で特に有効です。競合が少なければ広告を上位表示させやすく、かかる費用も少なくて済むからです。

実際には競合が多いとしても、他社がGoogle広告を出していなければ大きなチャンスです。Googleで検索した見込み客は、表示された広告で自社のことを真っ先に知ることになるため、自社の顧客になある確率が高まります。

競合他社がGoogle広告を利用しているかは、試しにGoogleで検索してみることで、すぐに調べられます。他社の広告が見あたらなければ、自社だけGoogle広告を活用するチャンスです。

緊急性が高いサービスを提供している

緊急性が高いサービスを提供している業種には、Google広告が向いています。今すぐサービスが必要な見込み客は、様々なサービスをじっくり比較検討する時間がありません。そのため検索上位に表示された広告をクリックして、そのまま申し込みにつながりやすいのです。

たとえば自宅の水道管から水が漏れていれば、一刻も早く水漏れを止めたいと思うでしょう。そのため「水道管 修理」などのキーワードで広告を表示できれば、多数の申し込みが期待できます。

広告の効果を高めるには「今すぐ問題を解決したい人は、どんなキーワードで検索するだとうか」と考えることが大切です。検索されると予想したキーワードに、広告を出しましょう。

顕在ユーザーが多い(検索が多い)

Google広告は顕在ユーザーが多い業種と相性が良いです。顕在ユーザーとは、自分が欲しい商品やサービスを自覚している見込み客のことです。

たとえば「パーソナルジム」というキーワードで検索する人は、「体を鍛えたい」「痩せたい」といった目的を達成するためは、パーソナルジムに行けば良いとわかっています。

顕在ユーザーは適切なキーワードでGoogle検索をするので、広告も見込み客の悩みを解決するものが表示されます。そのため広告から申し込みにつながりやすいのです。

Google広告に向いていない業種

次にGoogle広告に向いていない業種の特徴を紹介します。

顕在ユーザーが少ない(検索数が少ない)

顕在ユーザが少ない業種は、Google広告には向いていません。自分がほしい商品やサービスが何かわかっていない見込み客は、Googleで適切なキーワードで検索できないからです。

たとえば自社が「ハイパー鬼指導ジム」という独自のサービスを提供していて、「ジムでとにかく厳しく指導してもらいたい」と思っている人が見込み客だとします。でもターゲットとなる見込み客がそもそも「ハイパー鬼指導ジム」を知らなければ、そのキーワードで検索できません。

この場合、見込み客が検索できない「ハイパー鬼指導ジム」のキーワードに広告を出しても、広告が見られることはないため意味がないでしょう。

Web上でCVを設定できない

CVとは「コンバージョン」の略で、商品の購入や申し込みといった、見込み客の行動のことです。Web上でCVの数が計測できない業種は、Google広告には向いていません。

Google広告の大きなメリットは、CVの数をほぼリアルタイムで確認しながら、広告の改善を繰り返せることです。もし申し込み方法が電話だったりすると、CVの数が正確にわからなくなり、広告の改善に生かせない場合があります。

Web上でCVの数が計測できないと、Google広告のメリットを生かしにくいため、相性が悪いのです。

客単価と利益率が低い

客単価と利益率が低い業種は、Google広告に向いていません。かけた広告費を上回る利益を得るのが難しいからです。

たとえば客単価と利益率が低く、顧客一人あたりの利益が500円だとします。顧客を一人獲得するためにかかった広告費が1000円だとすれば、500円の赤字になってしまいます。顧客が繰り返し購入してくれる可能性があるため、広告で損をしているとは限りませんが、一人あたりの利益が大きいビジネスに比べれば広告の効率は悪いです。

客単価と利益率が低いビジネスでは、Google広告に限らず、あらゆる広告が活用しにくいです。

競合が多い

Google広告を活用する競合他社が多い業種では、Google広告で大きな成果を出すのは難しいでしょう。Googleでどの広告が表示されるかは入札で決まり、広告の1クリックあたりに高い金額を払う企業の広告が、優先して表示されます。そのため競合が多いと、1クリックに必要な費用が高額になり、広告費が膨らんでしまうのです。

Google広告によって集客数が増えたとしても、広告費が高額になり過ぎれば、利益は伸ばせません。むしろ広告を出せば出すほど、損失になる可能性もあります。競合が多い場合は「あえてGoogle広告を出さない」という判断も必要です。

Google広告以外の集客方法

お店と紙飛行機
Google広告は万能というわけではなく、利用しない方が良い場合もあります。
ユーザーに認知をさせる点としてはGoogle広告は有効なのですが、購買や資料請求に至らせるという点では力不足な点もあります。

もし、認知度を上げたとしても買ってもらえない状況が続けば広告費だけが日々無くなり、経営活動に悪影響を与えることでしょう。もし買ってもらえたとしても、商品力に納得して買った場合でなければ、簡単に競合商材へ乗り換えることはザラにあります。

しかし、買ってもらうべきユーザーに認知しなぜ自社商材がよいのかを理解させることができれば、購買率や資料請求率が高くなるだけでなく、その顧客を満足させる可能性が高くなります。
満足度が高くなれば、継続的な購入や他商材を買ってもらえたり、友人に紹介をしてもらいさらなる購買機会を設けることができるでしょう。このループを作ることができれば多少広告費がかかったとしても、連鎖的に商材が売れるようになるなら、大きな売上増が期待できます。

ここからはユーザーに認知をさせながら、なぜこの商品を買うべきか情報提供と理解させることができるWeb施策を紹介します。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは自社がどんな強みや魅力があるのかをはじめ、ポジションであるかを明確にし自社商材を買うべきユーザーに適切な情報提供ができる専門メディアです。

自社商材に適し、競合他社ではなく自社商材を買うべきだと理解したユーザーは、購買意欲が高いだけではありません。
購買を決断するためのリードタイムが短かく、価格ではなくその商材の魅力を求めているため、客単価が高くなる傾向があります。
実際に購買リードタイムが1/3、客単価が2.5〜5倍したケースもあり、集客品質に驚かれることがほとんどです。
詳しくは下記ページにて紹介していますので、ご覧ください。

ポジショニングメディア
について詳しく

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で運営するブログなどのメディアのことです。ポジショニングメディアとは違い、何かに特化する必要はなく、見込み客の役に立つ情報を継続して発信します

たとえば自社がプログラミングスクールを運営しているなら、プログラミング学習に役立つ情報を、記事にまとめて公開すると良いでしょう。プログラミングを学習する人に「このブログは役に立つ」と思ってもらえれば、定期的にブログをチェックしてもらえるようになります。

するとブログの読者は「このブログを運営している会社は信頼できる」と感じるため、プログラミングスクールにも申し込んでくれやすくなるのです。

Google広告が効果がないと感じたら広告運用を見直して効果的な集客を!

電球・アイディア
Google広告に効果がないと感じる原因や、業種による違いを紹介しました。Google広告に向いていない業種では、広告の改善にいくら力を入れても、成果につながりにくいです。ポジショニングメディアやオウンドメディアなど、他の集客方法の導入を検討しましょう。

キャククルを運営する全研本社では、120業種以上のWebマーケティング支援ノウハウをもとにポジショニングメディアやオウンドメディアを運営するサポートをしています。どうぞお気軽にご相談ください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ