沖縄で集客効果の高い広告媒体をリサーチ

沖縄で集客効果の高い広告媒体をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

沖縄の集客にはどの広告媒体が適しているのか

沖縄といえば日本有数のリゾート地として有名ですね。沖縄料理、綺麗な海で体験するマリンスポーツ、歴史の深い文化体験など、沖縄の観光名所は国内外から高い評価を受けています。

しかし、コロナ禍の影響を受け観光客は激減しています(下記資料参考※1)そんな沖縄が優先すべき集客対策は、国内観光客の誘致や購買勧誘施策です。インバウンド需要がほぼ見込めなくなった今、しばらく広告予算を国内に集中する必要があります。

(※1)令和2年(2020)8月入域観光客数概況

例えばGoToキャンペーンの積極的利用も手段のひとつです。東京からの観光客は、喉から手が出るほどほしい状況でしたから、今しかできない東京向けの情報発信も重要になります。

いかにコロナ対策を万全にしているかなど、安心して沖縄の地を踏んでもらえるように各業態が協力し合って観光客を誘致しなければなりません。

本記事では、沖縄の集客に効果的な広告媒体をまとめてご紹介していきます。

スクリーン広告シネアド

画像引用元:ユナイテッド・シネマ株式会社公式サイト(https://www.unitedcinemas.jp/produce/)

映画館で流れる広告は、まるで作品の予告編のように臨場感があり記憶に残ります。映画鑑賞前、観客は情報を遮断する気持ちが弱まり、反対に上映前の高揚感から記憶に残りやすくなると言います。

シネアドは広告を放映する劇場、ターゲットがマッチする映画作品を選んで放映することが可能です。セグメントした宣伝戦略により、直前の広告から購買行動が生まれるリーセンシー効果(直前に見た広告が消費者の購買活動に影響を与えるという効果)が期待できます。

10月以降は大人気アニメ『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』や『劇場版ポケットモンスター ココ』など、家族で楽しめる話題作の上映も予定されているので、劇場のコロナ対策が万全にされているのであれば今よりも来場者数は増える期待が持てます。

スクリーン広告シネアド広告に関する問い合わせ先

スクリーン広告シネアドへの広告出稿に関しては、下記より直接お問い合わせください。

※劇場広告のご案内 スクリーン広告シネアド

沖縄で10万円からできるテレビCM

画像引用元:SkySeaS公式サイト(https://www.skyseas-tv.com/)

株式会社スカイシーズが提供するオリジナルの「小さく賢くはじめるスモールスタートプラン」というものであれば、月額10万円でテレビCMを放映することが可能です。

スカイスーズによると、テレビCMはメディアの中でも一つの情報を伝えるコスパがいちばん良く、ほぼ0.1円というコストで情報を届けられる媒体だと言います。ちなみに沖縄人口の約140万人に対してテレビで放映するコストは0.09円という資産が出ています。

【広報担当者様向け】《テレビCM》ローカルエリアでのテストマーケティング

株式会社スカイシーズ広告に関する問い合わせ先

沖縄で10万円からできるテレビCMに関しては、下記より直接株式会社スカイシーズにお問い合わせください。

※株式会社スカイシーズ問い合わせフォーム

YASAYASAアンテーナ

画像引用元:株式会社アオバ公式サイト(https://aoba-okinawa.com/advertisement/)

株式会社アオバ沖縄が運営する「YASAYASAアンテーナ」はエフエム ニライ 79.2MHZで放送されるラジオのことです。ラジオ媒体は地元のコアなファンがついているので、地元の集客には効果が見込める媒体と言るでしょう。

YASAYASAアンテーナについては、サイマルラジオシステムを採用しているため、どこにいてもスマホで24時間好きなときに聞けます。

ラジオ離れが進んでいると言われていますが、音声メディアはむしろ隙間時間を有効に使えると増加傾向にあります。さまざまなアプリも広まり、ラジオにも一定の利用層は確実に存在しています。

沖縄住民や長期滞在者に向けた情報を発信するのであれば、検討すべき広告媒体です。

YASAYASAアンテーナ広告に関する問い合わせ先

YASAYASAアンテーナへの広告出稿に関しては、下記より直接お問い合わせください。

※株式会社アオバ沖縄 広告媒体

週刊レキオ

画像引用元:(株)琉球新報社(http://www.lequio.co.jp/pc/)

(株)琉球新報社が発行している琉球新報の副読紙で、毎週木曜日に発刊されているフリーペーパーです。琉球新報とともに沖縄県の全域に配布されています。

ローカル情報誌らしく、沖縄に住む人たちへのお役立ち情報が詰まっており、地元民に愛されるフリーペーパーとして1985年4月1日創刊以降、発刊され続けています。長く歴史のある地元紙なので、沖縄在住の人々に愛着を抱いてもらいやすい媒体です。

しっかりと地域の幅広い層に根付かせたい、広めたいと思うのであればこのような地域紙も外せません。

週刊レキオ広告に関する問い合わせ先

週刊レキオへの広告出稿に関しては、下記より直接お問い合わせください。

※週刊レキオ広告のご案内

ANA MEDIA KIT

画像引用元:ANA(https://www.anahd.co.jp/ana-info/ana/mediadata/)

大手航空会社のANAが提供する広告媒体です。飛ばす飛行機はもちろん、空港、会員にはメンバーズ専用の会報誌など、情報提供する場は数多くあります。沖縄への観光誘致に使える広告と言るでしょう。

告知できる年齢構成はANAの利用者で、約72パーセントが30~50代で年収1,000万円の方々が多いのが特徴。いわゆるビジネスエリートと言われる層への宣伝として活用したい媒体です。

コロナ禍の中、大変厳しい状況に立たされている業界ですが、利用者がゼロになったわけではありません。インバウト対策はできませんが、今は国内ユーザー向けに特化した媒体として活用しましょう。

ANA MEDIA KIT広告に関する問い合わせ先

ANA MEDIA KITへの広告出稿に関しては、下記より直接お問い合わせください。

※ANA MEDIA KIT

沖縄ガイドBOOkK YASA

 

画像引用元:株式会社アオバ公式サイト(https://aoba-okinawa.com/advertisement/)

株式会社アオバ沖縄が運営する、無料情報誌 沖縄ガイドBOOK YASA!は、沖縄のガイドブックとして観光客に宣伝できる広告媒体です。紙媒体だけでなくWEB、モバイル版にも対応しています。

年3回の更新で、年間発行部数は34万部。沖縄の那覇空港をはじめ、ホテル、レンタカーなど観光客の手に取ってもらえる確率の高い箇所に配置されています。

沖縄ガイドBOOkK YASAの広告に関する問い合わせ先

沖縄ガイドBOOkK YASAへの広告出稿に関しては、下記より直接お問い合わせください。

※アオバ沖縄 沖縄ガイドBOOK YASA

沖縄レンタカーマップ

画像引用元:株式会社アオバ公式サイト(https://aoba-okinawa.com/advertisement/)

こちらも株式会社アオバ沖縄が運営している情報誌で、主に外国人観光客をターゲットとした便利ツールとして作られています。マルチリンガルタッチシステムの導入によりWEBとスマホにも対応しています。

現在の状況では外国人観光客は沖縄を訪れることができませんが、国内在住の外国人向けには有効です。またこの先渡航が緩和されたときには活用されるメディアになる可能性があります。

沖縄を訪れる外国人観光客の大半が台湾、中国、韓国といったアジア諸国が多く、本誌のマルチリンガルタッチシステムは中国政府の承認を受けています。

沖縄レンタカーマップの広告に関する問い合わせ先

沖縄レンタカーマップへの広告出稿に関しては、下記より直接お問い合わせください。

※沖縄レンタカーマップ広告掲載のご案内

NEXCO西日本SAPAメディア

画像引用元:NEXCO西日本コミュニケーションズ株式会社(https://www.w-nexco-coms.co.jp/activity/advertising-media/data/)

NEXCO西日本が運営するSAPAメディアで、全188箇所にあるSA・PAに対して広告を発行することが可能です。沖縄内だと沖縄自動車道の伊芸SAや中城PAが対象になります。

コロナ対策で観光バスより、家族でレンタカーを選ぶ旅行客が増えています。したがってレンタカーを利用する観光客が、地元のSAやPAに立ち寄るケースも増えています。そのような観光客をターゲットにした広告をうつのも手です。

沖縄のような超人気観光地であれば、他の西日本地域に広告を出し沖縄へ誘致を促すという方法も使えます。

NEXCO西日本SAPAメディアの広告に関する問い合わせ先

NEXCO西日本SAPAメディアへの広告出稿に関しては、下記より直接お問い合わせください。

※NEXCO西日本SA・PAメディアの特性

沖縄で集客効果の高い広告媒体をリサーチまとめ

沖縄で集客効果の高い広告媒体をリサーチまとめ

オフライン媒体を中心に広告媒体を紹介してきましたが、オフラインだけでなくWEB広告戦略としてリスティング広告やポジショニングメディアなど、オンライン施策の見直しも図りたいところです。

冒頭申し上げたように、コロナ禍による沖縄の観光産業は危機的な状況を迎えています。そんな中でも「やっと沖縄に行ける!」と計画を立てている東京都民も大勢います。

都民向けの集客媒体は、なんといってもスマホ中心のオンライン広告やwebメディアです。オフラインもオンラインも使える広告媒体は積極的に活用し、沖縄の観光業界を再建させていきましょう。

東京都民向けの広告にはエリア対策がマスト

沖縄を訪れた都民がどのような行動をするか。事前に調べてきた情報に加え、「北谷 お得 ディナー」というように、宿泊ホテルの近くのエリア情報を検索します。

具体的な対策としてはGoogleマイビジネスへ登録し、検索されたときにそのエリアに店舗情報が表示されなければ、集客チャンスを逃してしまいます。

ローカル集客関連ページ

下記にローカル集客やエリア対策の参考になる記事をいくつかピックアップしておきました。ぜひ参考になさってください。





弊社、全研本社ではエリア対策のメディア戦略について、かなりの実績があります。日本でいちばんの激戦区である東京でweb戦略全般のノウハウを積み重ねてきているからです。

下記にいくつか問い合わせの可能性がある項目を挙げています。地元媒体以外の東京都民向け広告を検討しているのであれば、こちらから該当するものを選択して、弊社までお問い合わせください。

ページトップへ