ローカルSEOとは?地域密着型のビジネスとの親和性にも注目しよう

ローカルSEOとは?地域密着型のビジネスとの親和性にも注目しよう
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

現在、Google検索では「地域情報」が検索結果に反映されます。ユーザーが検索している地域によって、表示順位が変動してくるのです。

そのため、Web集客を成功させたいのであれば「ローカルSEO」を理解することが必須です。特に地域密着型のビジネス(飲食店や美容院など)は、ローカルSEOなくして集客はできないと言っても過言ではありません。

そこで、当ページではローカルSEOの概要や対策方法について紹介していきます。

ローカルSEOとは?

ローカルSEOとは「地名+サービス名」や地域に関するキーワードで検索された際、特定の地域に基づいたローカル検索結果に上位表示されるよう最適化を行うことです。

ローカルSEOはMEO(マップエンジン最適化)とも呼ばれています。Google検索だけではなく、Googleマップの検索結果にも影響するためです。

ここでいう最適化とはGoogleからの評価を上げることです。評価項目は様々ですが、ユーザーに「正しい情報をわかりやすいよう提供すること」が最も重要です。

ローカル検索結果のタイプ

ローカル検索結果のタイプは今後も増える可能性がありますが、現状は「ローカルパック」および「ナレッジパネル」の2つがメインです。

ローカルパック

「ローカルパック」とは地域に関するキーワードで検索された際、マップ情報とともに表示されるローカル検索結果を指します。

ローカルパックに表示される候補は、ローカルSEOで上位3位以内に入った企業・店舗のみです。4位以下は詳細を開かないと確認できないため、3位と4位の間には大きな格差があります。

ここで表示される内容は社名、所在地、業種、口コミ評価、簡単な特徴といったシンプルなものです。さらに、他の企業・店舗も表示されるため、ユーザーから比較される可能性が高いと言えます。

ローカルパックは様々な情報をもとにGoogleが自動的に生成しますが、主にGoogleマイビジネスに登録された情報が参照されます。

ナレッジパネル

「ナレッジパネル」とは検索結果の画面右側に表示されるボックスを指します。

ローカルパックと異なり表示される候補は1つだけですが、その代わり情報のボリュームが多くなっています。社名や所在地はもちろん、口コミ内容、訪問数の多い時間帯など、より詳しい情報を掲載できるのです。

ローカルパックと同じくナレッジパネルの内容も様々な情報から自動的に生成されます。Googleマイビジネスの情報がメインとなる点も同様です。

ローカルSEOを対策する理由

ローカルSEOを対策することで、集客や売上に繋がるメリットを得ることができます。そのメリットを踏まえながら、対策の必要性について解説していきます。

ユーザーの視認性とアクセシビリティを高めやすい

ローカル検索結果は基本的に検索ボックスのすぐ下に表示されます。特にローカルパックはSEO1位のサイトより上部に表示されるため、ユーザーにとって視認性が非常に高くなっています。

つまり、ユーザーの注目が集まりやすいため、自社情報を掲載できれば自然と認知度も高まるのです。これにより集客や売上もアップするため、ローカルSEOから経営改善を実現することができます。

また、ローカル検索では「地名+カフェ」といったキーワードが多用されています。このように検索するユーザーは情報への欲求が高いため、気になる情報があればすぐアクセスしてくれます。

ローカル検索結果は表示位置の関係上、クリック・タッチしやすくアクセシビリティが高いため、意欲的なユーザーに対して効果的に訴求できるのです。

ローカルSEOに取り組んでいる競合が少ない

ローカルSEOの有効性が知れ渡ったのは比較的最近であるため、具体的な対策を実施している企業・店舗はまだまだ少なめです。競合他社がローカルSEOに取り組んでいる可能性が低いとも言えます。

このような状況でローカルSEOに取り組めば、それだけでもアドバンテージを得ることができます。ローカルSEOは通常のSEOに比べて競合が少ないため、お金や時間をかけずに対策できるだけではなく、上位表示を狙える可能性も高まるのです。

言い換えれば、ローカルSEOのスタートが遅れるほどアドバンテージも小さくなるため、できるだけ早めに取り掛かりましょう。

スマホユーザーへの対策となる

最近はスマートフォンの普及により、いつでもどこでもインターネットを使って検索できるようになりました。それに伴い、ローカル検索やGoogleマップ検索の利用率も急増しています。

そのため、スマートフォンからのアクセスを増やしたいのであれば、ローカルSEOが必要なのです。今はスマートフォンがインターネットの中心になっているため、スマホユーザーの獲得は必須と言っても過言ではありません。

また、ローカル検索結果に表示された情報から、マップのナビゲーションや問い合わせを行うことも可能です。つまり、スマホユーザーの行動をサポートできるため、来店や予約にも繋げやすくなるのです。

ローカル検索の3つの要素

ローカル検索結果に自社情報を表示させるためには、3つの要素を理解する必要があります。これらを適切に組み合わせることで、Googleからの評価も高まるのです。

検索クエリ

「検索クエリ」とは検索ボックスにユーザーが実際に入力したキーワードを指します。

検索クエリとキーワードは同じように思えますが、前者はユーザー側のニーズに由来しているのに対し、後者は企業側が伝えたいことに由来しています。

つまり、企業側がSEO対策として対策キーワードを選定する際は、自社に関する検索クエリを把握することが欠かせないのです。

これはローカルSEOにも言えることで、地域の影響を受ける検索クエリを抽出した上で、自社との関連性を分析する必要があります。

そうすることで、自社サイトの内容に地域情報を入れるなど、高評価に繋がる対策を立てることができるのです。

検索地点から自社までの距離

ローカルSEOでは、ユーザーが検索した地点から自社までの「距離」も重要な要素です。特にローカルパックに対して強い影響力を持っています。

例えば「地名+カフェ」と検査された場合、ユーザーの現在位置から店舗までの距離が近いほうが、検索結果に反映されやすいのです。

距離の問題については簡単に解決できるものではありませんが、交通機関や競合他社との距離関係を把握することにより、適切なターゲティングや対策を実行しやすくなります。

自社の認知度

自社が一般的にどれだけ知られているか、「認知度」の高さも評価ポイントになります。

自社の名前、住所、電話番語などが他のサイトに掲載される「サイテーション」の獲得、口コミやレビューの件数など、Web上における人気度が認知度として評価されるのです。

また、オフラインでの認知度も関連してくることを覚えておきましょう。

ローカルSEOの対策方法

ローカルSEOの対策方法は様々ですが、特に優先すべきものをピックアップして解説していきます。

Googleマイビジネスの運用

ローカルSEOに取り組むためには「Googleマイビジネス」への登録が必要不可欠です。

Googleマイビジネスはローカル検索やGoogleマップ検索の結果に表示される、自社情報を管理するためのツールです。社名、所在地、業種、電話番号、営業時間など自社に関する情報をまとめて掲載することができます。

さらに、口コミや写真を掲載する機能も備わっているため、単純にWeb集客ツールとしても非常に有用です。また、Googleマイビジネスは無料で登録・運用できますので、コストパフォーマンスにも優れています。

このGoogleマイビジネスの情報を充実させることで、ローカルSEOにおけるGoogleの評価も高くなります。何から始めるべきか迷うのであれば、まずはGoogleマイビジネスをオススメします。

ページ内のキーワード最適化

自社サイトのページ内に含まれるキーワードの最適化はSEO対策の基本ですが、ローカルSEOでは地域性もプラスして見直すことが重要です。

トップページや主要コンテンツ内、ページのタイトルに地域情報を含むキーワードを含めることで、評価が上がりやすくなります。

ただし、あまり地域名を入れすぎると逆に評価が下がってしまいます。集客したい地域をしっかり選定した上で、キーワードとして反映するようにしましょう。

口コミ獲得

自社に関する口コミの投稿数や内容、点数評価もローカルSEOに影響します。

口コミはユーザーの8割以上が参考にしているというデータもあるため、ローカルSEOだけではなくWeb集客全般において重要です。

「ユーザーに正確な情報を届ける」という目標を掲げるGoogleにとって、第三者の意見が反映される口コミほど役立つ情報はありません。

口コミに関する判断基準は明確にされていませんが、口コミの数が多く点数評価も高い企業・店舗は、実際にローカル検索結果でも上位表示されています。

口コミサイトはたくさんありますが、Googleが直接管理していることを踏まえると、まずはGoogleマイビジネス内の口コミを増やすのがベストです。

外部リンク獲得

ローカルSEOも通常のSEOと同じく、アンカーテキストによる「外部リンク(他のサイトから自社サイトへのリンク)」を受けていることが重要となります。

基本的に良質なサイトから外部リンクを受けるほど、自社サイトに対するGoogleの評価も高くなります。逆にスパムサイトなどからリンクされると評価が下がってしまうため、専用ツールを使ってリンクを削除するなど注意が必要です。

どのように外部リンクされるかは他のサイト次第ですが、アンカーテキストに地域情報を入れてもらうことでローカルSEOの効果が上がります。そのため、自社サイトでもページの内容やタイトルを工夫することがポイントです。

サイテーション獲得

「サイテーション」とはリンクの有無を問わず、自社に関する正確な情報が他のサイトに掲載されることを指します。

「サイテーションが多い= Web上でよく言及されている」ということになります。このようなサイトをGoogleは有用と判断するため、ローカルSEOの評価も高くなるのです。

サイテーションは自社サイトやSNS、Googleマイビジネスを活用することで獲得できます。

NAPの統一

NAPとはNAME(社名)、ADDRESS(所在地)、PHONE(電話番号)の頭文字をとったものです。

Googleマイビジネスやサイテーションなどサイト内外を問わず、NAPの表記を統一することにより、Googleからの評価が高くなります。基本中の基本とも言える対策ですが、ローカルSEOに限らずSEO全般に影響してくるため重要です。

逆にNAPが統一されていなければ、他の対策をしっかり取り組めていたとしても、正しく評価されない恐れが出てくるのです。

結果が出るローカルSEO対策なら全研本社へ

スマートフォンの爆発的な普及とともに、ローカルSEOの需要はますます高まることが予想されます。

ローカルSEOの評価を高めるためには、Googleマイビジネスの運用をはじめ、複数の対策を並行する必要があります。簡単な対策なら自分で取り組むこともできますが、迅速かつ確実に結果を出したいならプロに頼んだほうが効率的です。

全研本社ではローカルSEO対策だけではなく、差別化を意識したブランディングも得意としています。また、エリアポジショニングメディアによる地域ごとの集客戦略をご提案していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

集客のご相談はこちら

ページトップへ