カーセンサーの広告掲載の流れや料金・口コミをリサーチ

カーセンサーの広告掲載の流れや料金・口コミをリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

中古車販売ポータルサイト、カーセンサーへ広告掲載する際の料金をリサーチしました。カーセンサーの特徴や広告掲載におけるメリット、実際に利用している人の口コミ・評判もまとめています。

カーセンサーの特徴

カーセンサーキャプチャ画像
画像引用元:カーセンサー公式サイト(https://www.carsensor.net/)

カーセンサーは、リクルートが運営している中古車情報ポータルサイトです。リクルートならではの情報ネットワークを生かし、全国各地の中古車情報を掲載しています。

国産車・輸入車共に車種やメーカーを問わず、豊富な情報を提供しているのが特徴です。2020年12月11日現在で491,420台の中古車情報を掲載しています。

中古車情報・車種別の人気ランキングコンテンツも充実。中古車市場のニーズや情報をキャッチしやすい構成も、カーセンサーの特徴ともいえるでしょう。Webメディアだけでなく雑誌でも情報発信しているため、ユーザー認知度も期待できそうです。

”一人ひとりが自分らしい1台と出会えるように”をコンセプトにしたサービスを展開。1984年に中古車情報誌を創刊して以来、たくさんの利用者に愛されています。

2015年からは、直売カーセンサーサービスもスタート。時代に合わせて市場ニーズをキャッチし、多くのユーザーにアプローチできるような運営をしているのも、カーセンサーの特徴と言えるでしょう。

カーセンサーの広告掲載料金

カーセンサーの広告掲載料金は、公式サイト上で確認できませんでした。

カーセンサーの口コミ・評判

カーセンサーへの広告掲載に関する口コミは見つかりませんでした。

カーセンサーに広告掲載するメリット

カーセンサーは現在流通している車から生産中止された情報まで、幅広く掲載されているため、多くのユーザーが利用しています。

カーセンサーから流れる見込み顧客の獲得に期待できる点は、メリットと言えるでしょう。中古車販売情報だけでなく販売店の口コミも多く掲載されているため、信頼度も期待できます。

中古車に興味があるユーザーが、幅広く利用しているため、広告掲載をすれば、より多くのユーザーにリーチできそうです。

記事コンテンツをはじめ、車カタログが充実しているのも魅力的ではないでしょうか?リクルートならではの戦略・スキル・ノウハウを生かして、広告掲載と共に見込み顧客獲得までのプロセスを明確化しながらリーチできるのも、メリットとしてあげられそうです。

カーセンサーを利用するユーザーは若者からファミリー層はもちろん、シニア世代など幅広いのも魅力的。想定しているペルソナ像だけでなく、違う世代の見込み顧客の獲得にもリーチできそうだなと感じました。

カーセンサーの広告掲載までの流れ

カーセンサーnetに広告掲載をする場合、HPの問い合わせフォームから、担当者に連絡をします。

  • 店名
  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 広告掲載種類

広告掲載には古物商免許が必要なので、許可証の番号も伝えられるように準備しましょう。問い合わせフォームから連絡をすると、カーネットの担当者から連絡が来ます。掲載料や広告料なども含めて、気になる点を事前に伝えておくと良いでしょう。

よりたくさんのユーザーに利用されるための取り組み

カーセンサーでは、より多くのユーザーに愛されるように、3つの取り組みを重視しています。

  • あらゆる人のクルマ探しをサポート
  • ユーザーが安心する誠実なサービス
  • ワクワクするカーライフの提案

中古車市場では人気車種から生産終了したモデルやビンテージ物の車など、とにかく多くの車が流通しています。

一般的な車カタログ以上に多種多様なモデルが存在しているため、利用ユーザーが”これだ!”と思える車選びのサポートにこだわっているのだとか。新車と違い1台ずつコンディションが違うため、ユーザーが信頼を持って利用できるサービス・情報にも力を入れています。

ユーザー目線に立ったコンテンツ制作やサービスの展開は、カーセンサーならではかもしれません。

日常生活において必要な中古車情報を掲載するだけでなく、”ワクワクするしながら選ぶ”に注目。ライフスタイルをより豊かに、生活の幅を広げられるようなコンテンツも提供しています。

中古車販売店とユーザーのニーズに踏まえたサービスを展開しているからこそ、利用者数・広告掲載企業が増え続けているのかもしれません。

他の集客施策を織り交ぜたWebマーケティングをしよう

カーネットをはじめ、各種情報ポータルサイトへの広告掲載は、見込み客の獲得や認知度アップに有効な集客戦略と言えます。

しかし、ただ広告掲載するだけでは、認知度は上がりません。ここで注目したいのは、ユーザーの情報検索心理を考慮した戦略を立てることです。
「このサイトは本当に良いのか?」「他にもいいところはないのか?」など、ユーザーの検索心理・比較心理を生かせるのかがポイント。

  • 中古車情報に特化した他のポータルサイトへ掲載し認知度をさらに向上させる
  • Googleマイビジネスと活用した指名検索対策
  • SEO施策で商圏内ユーザーへのアプローチ方法
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーの創出

様々な広告やマーケティング戦略を併用しながら、多角的なユーザーアプローチをしていきましょう。
下記の記事では、中古車買取業者の様々なマーケティング施策について解説しています。興味があればぜひご参考ください。

ページトップへ