プログラミングスクール比較サイトの種類と掲載ポイント

プログラミングスクール比較サイトの種類と掲載ポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

プログラミングスクール比較サイト掲載のメリット

プログラミングスクールに特化した比較サイトに自社を掲載することは、比較対象として利用者の候補に挙がることはもちろん、自社のスクールの名前が知られ認知度の向上にも役立ちます。

集客につながる具体的なメリットとしては、「営業フローの短縮」「経費削減」の効果が見込めます。

ただし、比較の根拠があいまいであったり無理やりな訴求だとアクセスは稼げても、反響が取れなったり、成約せず、無駄な営業対応が増えてしまうデメリットもあります。

そこで、成約までも踏まえたポジショニングメディア施策も踏まえ、それぞれを詳しくみていきましょう。

営業フローの短縮

プログラミングスクール向け比較サイトに掲載することで、スクールの受講生となるユーザーの目に直接スクールの情報を届けることができるので、不特定多数のユーザーに対して広告を打ったり戦略を考えたりする手間が省けます。

営業フローにおけるターゲットのリストアップから広告配信(マーケティング)までの流れが短縮できる可能性が高く、スピーディに受講生を獲得できるチャンスがあります。

経費削減にもつながる

経費削減の観点においても、プログラミングスクール比較サイトへの掲載は効果的です。多くのプログラミングスクールでは自社でWebサイトを所有・運営しながら、他のWeb媒体や雑誌・情報誌などの紙媒体に広告を掲載しており、集客のためにコストをかけています。

しかし一括でプログラミングスクール情報を比較できるサイトなら、自社のスクールの魅力を打ち出すだけで入会を検討してもらえるため、広告費が削減できる可能性があります。

いつでも自社プロモーションが可能

プログラミングスクール比較サイトでは、時と場所を選ばずユーザーにスクールの情報をアピールできます。掲載期間が限定されている広告にお金をかける必要がなく、手軽に自社のプロモーションをかけられる点は大きなメリットといえるでしょう。

プログラミングスクール比較サイトの傾向と注意点

プログラミングスクール比較サイトの傾向と注意点
プログラミングスクール選びに役立つ比較サイトには、どのようなものがあるのでしょうか。傾向と注意点を確認していきましょう。

プログラミングスクール比較サイトの傾向

プログラミングスクール比較サイトの傾向として、以下のような点が挙げられます。

  • 大手のスクールを中心に掲載される傾向にある
  • プロモーション活動に熱心なスクールが多い
  • ランキングに裏付けがされていないケースも

掲載広告費がかけられる大手スクールや有名スクールのほかに、中小規模でもプロモーション活動に力を入れているプログラミングスクールが多くみられます。

ランキングの中には順位の裏付けがされていない、ランク付けのために参考にしたデータや情報を明示していないものも多いため、ユーザーにとっては情報の取捨選択がしづらい可能性も。

プログラミングスクール比較サイトの注意点

プログラミングスクールの比較サイトには、ランキング形式またはおすすめのスクールを選りすぐったWebサイトが多くみられます。

比較サイトへの参入や掲載そのものは簡単ですが、比較サイトに掲載されたとしてもSEO対策やPRが不十分であると、プログラミングスクールを必要としている人の元に情報が届かないため注意が必要です。

比較サイトの中には事実や正しいデータに基づいているか不明瞭なケースもあるため、ランキングや比較のベースとなっている根拠が明示されていなければ優良誤認になるおそれも。

現在の消費者庁の前身である公正取引委員会が定めている「比較広告に関する景品表示法の考え方」に則ったWebサイトであるかをチェックしたうえで、プログラミングスクール向け比較サイトへの掲載を検討するようにしてください。

プログラミングスクール比較サイトの考察

プログラミングスクール比較サイトの考察
プログラミングスクール比較サイトは、以下の2種類に分けることができます。

  • 個人で運営している比較サイト
  • 法人が運営するオウンドメディア

プログラミングスクール比較サイトのほとんどが個人または法人によって運営されており、個人の場合は主観的な判断が含まれている場合が多く、掲載の基準が明示されていないケースもみられます。

法人が運営するオウンドメディアは広告の代わりに掲載されているスクールが多く、大手や有名どころが主体となっているサイトもみられました。

プログラミングスクール比較サイト掲載のポイント

プログラミングスクール比較サイトを比較軸のパターンは以下の通りです。

  • 就職実績が豊富
  • 転職サポートがある
  • レッスン期間
  • 受講料がお得・無料
  • オンラインレッスン可能
  • 使用言語や進路の多さ

就職実績や受講料を掲載しているプログラミングスクールは、そのデータを比較軸としてサイト上に掲載されています。一方レッスンの受けやすさや使用言語の多さ、就職・転職サポートを実施しているといった各スクールの「強み」を中心に比較しているサイトもあります。

料金体系、丁寧なサポートなどはいずれもスクールの強みですから、自社の強みと比較軸が同じ比較サイトへの掲載が効果的。

たとえば比較軸が自社の強みと異なる場合(比較サイトは料金体系、自社は転職サポートが強み)は料金体系をメインにランク付けをするので、自社サイトはランキングの下位に押し下げられてしまう可能性があります。

しかし「転職サポート」「アフターフォロー」など受講生への対応を中心にランク付けしているプログラミングスクール比較サイトなら、自社の強みをアピールしつつランキングの上位に位置づけることができ、高い訴求効果を与えます。

自社の強みが活かせない比較サイトに名前を掲載してもランキング上位を目指すことは難しく、思うとおりの集客効果も望めないため、比較サイト選びには注意が必要です。

比較サイトを自社でつくることもできる

比較サイトを自社でつくることもできる
検索結果に表示されるプログラミングスクール比較サイトはいずれも他社のサービスです。掲載を依頼する場合、ランキングのどこに位置づけられるのか、そしてそのランキングが果たして受講生を集められるのかといった「費用対効果」の問題があります。

プログラミングスクール比較サイトへの掲載にコストをかけても理想通りに集客効果が得られるとは限らず、比較サイトの質や訪問率にも違いがあるため、自社で直接比較サイトを制作する方法もおすすめです。

ただし一般的な比較サイトは簡単な比較軸をもってランク付けするもので、自社のスクールの特徴や訴求ポイントをアピールするには少し物足りない印象もあり、場合によっては広告法規に触れてしまうケースもあります。

そこで市場調査を行って実際の数値をもとに競合プログラミングスクールにはない自社の強みを抽出し、その強みをWebメディア上で表現することであくまでも自社の強みに魅力を感じるユーザーを集客するポジショニングメディアという施策があります。

また、自社の強みに魅かれて集客できたユーザーは強みを明確に理解した上で反響に至っているため、成約率が大きく向上することが一般的な比較サイトと違う点です。

ほかにも客層がマッチすることによる成約率の向上だけでなく、客単価の向上や成約リードタイムの短縮にもつながるメリットがあります。

ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

費用対効果を高める方法で訴求する


Web上のプログラミングスクール比較サイトは、比較軸が曖昧だったり自社の強みに合致しない比較軸を持っていたりと、必ずしも集客につながるとは限らないデメリットがあります。

仮に比較サイトで間違った認識を持ったまま反響に至った場合、営業対応をいくら行っても成約に至るケースはほとんどないのが実情ですので、自社の特徴が伝わるような掲載ができるかが重要になります。

キャククル運営元の全研本社ではスクール業種をはじめ、120業種以上のWebマーケティング支援実績がございます。

もし、商圏内におけるブランディングや成約につながるWebマーケティングを行いたいのであればお気軽にご相談ください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ