スクール管理システム(レッスン予約システム)おすすめ13選比較!各システムの特徴や費用・料金、口コミ費用、導入事例を紹介

スクール管理システム(レッスン予約システム)おすすめ13選比較!各システムの特徴や費用・料金、口コミ費用、導入事例を紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

スポーツや塾を対象にしたスクール管理システムは、レッスンの予約や生徒の出欠管理、月謝の集金などを管理することができます。
導入することで、スクールの業務効率化を図ったり、顧客のデータを基に新規顧客への集客に活用することが可能です。

この記事では、各システムの機能や導入事例、料金プランなどを紹介しています。スクール管理システムの導入を検討している方は、自社にあったサービス選びにお役立てください。

スクール管理システムの比較早見表

スクール管理システムを提供している会社を紹介します。スクール管理システムを探している方はチェックしてみてください。

※画像をクリックすると、資料ダウンロードページに移動します。

システム名 システムの特徴 資料有無
スクール管理システム+バスキャッチ 専門スタッフが常時サポートしてくれるから、初めての導入でも安心!
・専用アプリで会員とのコミュニケーションを図れる
・膨大な書類管理も楽々管理可能
・初めての方でも安心できる充実したサポート体制
会費ペイ 月額費が0円!低コスト&スピーディに導入できる会員管理・決済システム
・スクール業務を効率化する機能を一つのシステムに集約
・会費制ビジネスに必要な機能を全て搭載、面倒な事務業務を効率化
・情報セキュリティ対策への取り組みも万全
wagaco 最短1分で簡単導入!習い事教室の管理者と保護者をつなぐアプリ

TechnoSMS ・スクール管理が専門領域のためノウハウを蓄積している
スクール管理システム ・システムを無償バージョンアップできるので常に快適な環境でシステムを利用できる
STORES予約 ・180以上の業種・13万以上の導入実績があり、予約管理に強みをもっている
サブスクペイforスクール ・月謝の集金と生徒管理を1つのシステムで利用可能
スク×スク ・管理者・保護者・指導者などそれぞれの負担を軽減する機能を標準搭載
ZIPヨガ運営システム ・ヨガスタジオ運営に特化したシステム、レッスン代行とも連携可能
SCHOOL MANAGER ・カスタマイズの相談可能
SELECTTYPE(セレクトタイプ) ・サンプルテンプレートを多数用意
ChoiceRESERVE ・最適なパッケージを提案
hacomono ・運動スクール運営に必要な機能がオールインワン

その他のスクール管理システムを紹介!

スクール管理システム+バスキャッチ

スクール管理システムのスクール管理システム+バスキャッチ公式サイト画像
画像引用元:スクール管理システム+バスキャッチ(https://www.buscatch.com/lesson/)

スクール管理システム+バスキャッチの特徴

スクール管理システム+バスキャッチは、スポーツクラブや習い事教室などのグループレッスンに対応したスクール管理システムです。業務の効率化・省力化を実現させ、スクール運営を理解した上で使いやすさと価格を追求しています。

豊富な機能が搭載され使いやすく、低価格であることが主な特長で、業務に関する困りごとを全て任せることができます。受付情報はシステム上で自動処理するため、手作業で行う業務がなくなり、その結果会員とのコミュニケーションの時間をとることが可能となります。

また有人でのサポート体制を完備しており、無償で提供していることも魅力。システムの使用方法で不安があっても、専門スタッフがしっかりとサポートしてくれます。

スクール管理システム+バスキャッチの料金プラン

  • スイミングスクール:月額12,000円(税不明)
  • テニススクール:月額16,000円(税不明)
  • 各種スポーツ教室:月額12,000円(税不明)
  • 塾・習い事教室:月額12,000円(税不明)

スクール管理システム+バスキャッチの運営会社概要

会社名 VISH株式会社
設立年 2004年
会社住所 愛知県名古屋市中区錦二丁目10番13号 SC錦ANNEX 5F
URL https://www.buscatch.com/lesson/

会費ペイ

 

スクール管理システムの会費ペイの公式サイト画像
画像引用元:会費ペイ公式サイト(https://kaihipay.jp/)

会費ペイの特徴

 
株式会社メタップスペイメントが運営する会費ペイは、低コストで導入できるスクール管理システムです。システムの導入に際しては初期費用がかかるのが普通ですが、会費ペイは初期費0円、さらに月額費も0円となっています。

一方、費用が安くても、会費ペイの機能性は充実しています。入会受付・会員管理・請求管理・決済システムなど、会費制ビジネスに必要な機能を全て搭載しており、スクール業務の効率化が可能です。

決済情報の安全を保護するための国際基準に準拠するなど、セキュリティ対策も万全に行っているため、安心・安全なシステム運用ができます。

会費ペイは、「スクール業務を効率化したい」「本来の業務に集中したい」などの悩みや課題を、低コスト&安全に解決できるシステムです。

会費ペイの料金プラン

 

  • 初期費用/0円
  • 月額費用/0円
  • システム利用料1/3.5%
  • システム利用料2/100円

※システム利用料1は決済手数料込みの料金です。
※システム利用料2は決済が成功した請求1件につきかかります。

会費ペイの運営会社概要

会社名 株式会社メタップスペイメント
会社所在地 東京都港区港南二丁目16番5号 NBF品川タワー5階
会社設立 1999年3月19日
資本金 11億3,478万円
事業内容 決済事業、パッケージソリューション事業、トラスト事業
公式HP https://www.metaps-payment.com/

wagaco

スクール管理システムwagacoの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:wagaco(ワガコ)公式サイト(https://wagaco-ai.com/)

wagacoの特徴

wagacoは塾やスクール、習い事教室の「管理者」と保護者をつなぐスクール管理システムです。生徒管理や指導報告はもちろん、未収リスクを最小限に抑える「月謝カード決済+請求書機能」も揃っており、保護者の振込忘れを防ぎます。

保護者に嬉しい機能も満載で、入退室のリアルタイム通知や、生徒の成績推移をデータ化しお知らせするなど、「今の我が子の状況」が常にチェックできます。

生徒管理・指導報告・月謝納入情報までを一元管理

wagacoは、生徒管理や指導報告だけではなく、月謝の納入確認までを一元管理します。生徒管理や指導報告はスクール運営の主たる業務で月謝の納入確認は別業務として管理しがちですが、管理が複雑になるデメリットを回避するため、wagacoでは月謝の納入管理も一元化します。

wagacoの料金プラン

月額利用料金:4,980円(税不明)

wagacoの運営会社概要

会社名 株式会社プラヴィダ
設立年 2014年9月
会社住所 愛知県名古屋市中区栄5丁目28-12 名古屋若宮ビル3A
URL https://puravida-grp.com/

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

TechnoSMS

スクール管理システムTechnoSMSの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:TechnoSMS公式サイト(https://www.technosms.com/index.php)

TechnoSMSの特徴

スクール運営における利便性向上・効率化のための機能を豊富に搭載しているシステムです。

コース管理・月謝作成・口座引き落とし・メール配信・WEB申込フォーム連携と多彩な機能性から登録受講生数は85万人以上。塾やスクールだけではなく、様々な業態での利用を見越した管理システムとなっています。

自社開発したからこその対応力もポイント。多くの機能をカバーしたオールインワンシステムに加え、柔軟な拡張・カスタマイズ性も確保。パッケージシステムとスクラッチシステムを組み合わせることで、それぞれのメリットを生かしたシステムとなっています。

スクール専門業者だからこそのノウハウを蓄積

TECHNOPIANはTechnoSMSを主力とする、スクール管理を専門領域としている業者です。
スクール特化した業者だからこそ経験も豊富で、現場の声を踏まえたノウハウを蓄積。決して「システムありき」ではなく、あくまでも現場の効率化・改善のためのシステムとして開発されています。

また、スクールの利便性を求めたものなので、スクール運営における「あれば良いのに」「これがあると便利」といった声に応えるような機能が多数搭載されています。

TechnoSMSの料金プラン

1校舎展開・小規模塾の場合
初期費用88,000円(税込)、月額基本料金3,300円(税込)
上記は一例です。
ほかに、TechnoSMSの費用に関する具体的な記述は公式ホームページにありませんでした。

TechnoSMSの運営会社概要

会社名 TECHNOPIAN株式会社
設立年 2004年11月
会社住所 東京都港区芝大門1-2-9 ポートビル3F
URL https://www.technosms.com/index.php

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

スクール管理システム

スクール管理システムスクール管理システムの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:スクール管理システム公式サイト(https://www.buscatch.com/solution/school/)

スクール管理システムの特徴

出席簿の印刷、クラス編成管理などのスクール管理機能・欠席や振替出席の受付・連絡による通知・体験入会の申込受付や会費管理・入退館のチェックインまで提供しているシステムです。

スクール運営者には効率的な運営を、スクールの会員・生徒には快適にスクールを利用できる環境を提供しています。VISH株式会社のスクール管理システムは、多くの施設に利用されています。その理由として挙げられるのが価格、品質、サポートが整備されているところ。

さらには簡単に操作できるシンプル性に加え、システムは無償でバージョンアップされるので、常に快適な環境が用意されているためです。

スクール管理システムがこのようなシステムを用意しているのは「現場の声」に耳を傾けているからこそです。これまで電話連絡や紙での管理といったアナログな作業がカットできるので、生徒にとってもスクール側にも嬉しいサービスです。

幅広いジャンルで利用されている

スクール管理システムは学習塾や予備校・語学スクール・カルチャースクールからスポーツクラブ・スクールまで多種多様な場面で利用されています。

スポーツスクールだけを見ても、サッカースクールからテニススクール・スキー教室・体育教室・ボクシングジムなどに利用された実績が多数。この豊富な利用実績が、スクール管理システムの利便性の高さを物語っています。

スクール管理システムの料金プラン

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:13,200円(税込)
  • 入退館管理:カードリーダー8,800円(税込)、オプション5,500円(税込)
  • 販売・在庫管理:5,500円(税込)

スクール管理システムの運営会社概要

会社名 VISH株式会社
設立年 2004年12月
会社住所 愛知県名古屋市中区錦二丁目10番13号SC錦ANNEX 5F
URL https://www.buscatch.com/solution/school/

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

STORES予約

スクール管理システムSTORES予約の公式サイトキャプチャ画像画像引用元:STORES予約公式サイト(https://stores.jp/)

STORES予約の特徴

STORES予約は、予約・決済以外にも、回数券・月謝、顧客管理を行えるシステムです。これまでに180以上の業種・13万以上の導入実績を誇るシステムの強みは「24時間予約に対応している」「会員がLINEから予約を行える」「アプリ上で管理できる」こと。オフィス以外の場所でも、最新の予約確認が行えます。

このような特徴を持つSTORES予約のシステムを活用することで、オンラインサービスを簡単にスタートできます。
また、ZOOMと連携すると参加URLを自動送信するので、配布忘れのミスを防止できて、生徒全員にオンラインでの授業を開始できます。

さらに、生徒の利用回数に応じてメール配信も可能。顧客情報を活用することでリピート率アップを目指せます。スクール系のコンテンツはもちろん、アイディア次第で様々な業種に活用できるシステムです。

STORES予約は無料登録後、予約タイプを選んでページを作成後、公開して予約を受け付けるのみのシンプルな構成となっています。

もちろんページはある程度テンプレートが用意されていますので、必要事項を用意するだけで予約のためのページを作成できるシステムとなっています。

実績の豊富な業者

STORESは予約システム以外にもネットショップやキャッシュレス決済、店舗アプリ作成、POSレジを手掛けています。これまでに多くのシステムを手掛けた実績が、STORES予約の安心感を高めています。

STORES予約の料金プラン

  • フリープラン:0円
  • ライトプラン:8,778円(税込)~
  • スタンダードプラン:26,378円(税込)~
  • プラチナプラン:66,000円(税込)~

STORES予約の運営会社概要

会社名 STORES株式会社
設立年 2012年3月
会社住所 東京都渋谷区東3丁目16番3号 エフ・ニッセイ恵比寿ビル4階
URL https://www.st.inc/

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

サブスクペイforスクール

スクール管理システムサブスクペイforスクールの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:サブスクペイforスクール公式サイト(https://www.robotpayment.co.jp/lan/subscpay/for_school/2203/)

サブスクペイforスクールの特徴

サブスクペイforスクールは、生徒や会員管理業務のための機能を備えた顧客会員管理ソリューションです。導入することで生徒や会員のデータベースを自社にて構築できます。

課金日・周期・回数・金額を細かく設定することで毎月の決済作業を自動で処理できるシステムは、決済手段も豊富に用意されています。クレジットカードだけではなく、口座振替やコンビニ決済、銀行振り込みにも対応。

決済フォームに会員の氏名・連絡先を記載できるので初回時に生徒情報の取得が可能です。月謝・会費の集金と会員管理を一つのシステムで行えるので、複数のシステムを導入する必要がありません。

学習塾やセミナーからスポーツ系のスクール、e-ラーニングやオンライン教室などに向いているスクール管理システムのです。

強固なセキュリティ

サブスクペイforスクールでは国際的なクレジットカードブランド5社が策定した国際的セキュリティ基準を満たした決済システムであるPCI DSS 3.2で、安心感をもてる管理体制を支援します。

ほかにも、3DセキュアやSSL技術・セキュリティコードの使用やプライバシーマークを取得するなど利用者・会員それぞれが安心して使用できる環境を整えています。

決済方法はクレジットカードだけではありませんので、クレジットカードを利用したくないというニーズにも対応。これにより、業務効率化を安全に行えることとなりました。

サブスクペイforスクールの料金プラン

公式ホームページに情報はありませんでした。

サブスクペイforスクールの運営会社概要

会社名 株式会社ROBOT PAYMENT
設立年 2000年10月
会社住所 東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル4F
URL https://www.robotpayment.co.jp/lan/subscpay/for_school/2203/

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

スク×スク

スクール管理システムスク×スクの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:スク×スク公式サイト(https://lp.tepsys.co.jp/sukusuku/index.html)

スク×スクの特徴

スク×スクは、スポーツや学校法人・カルチャースクール向けのスクール管理システムです。入会・体験の申込、出欠管理やお知らせ配信・請求管理など運営業務の効率化・簡素化に貢献する機能を標準搭載しています。

ほかにも、管理者側は申請の受付や年度更新、請求処理、指導者はスケジュール・出欠管理やお知らせ・生徒(受講者)管理・イベント管理が利用可能。
保護者には入会・体験の申し込みや出欠確認、支払管理など、使用者の用途に合わせた機能を搭載しています。

ベガルタ仙台、北海道コンサドーレ札幌、京都サンガF.C、神戸製鋼コベルコスティーラーズといったプロチームが導入している点からも、スポーツ系のスクール運営に役立つシステムであることを現しています。

スク×スクの強み

まず強みとなるのが費用です。スク×スクでは会員数に応じた月額料金となっていますので、スクールの規模に応じたシステム使用料となります。

また、導入時・導入後の有人サポートが無料です。マニュアルを自身で確認するだけではなく、有人によるサポートが用意されていますので、システムが不慣れな方も、いつでも問い合わせ可能な安心感があります。

東京電力グループの安心感

サービスを利用するにあたって、提供企業の信頼性も大切でと言えます。そんなスク×スクを提供している株式会社テプコシステムズは、東京電力グループの企業です。株式上場企業である東京電力グループに属しているとあって、コンプライアンスを遵守しています。

スク×スクの料金プラン

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:1会員90円(税不明)

スク×スクの運営会社概要

会社名 株式会社テプコシステムズ
設立年 1977年7月
会社住所 東京都江東区永代2丁目37番28号 澁澤シティプレイス永代
URL https://www.tepsys.co.jp/

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

ZIPヨガ運営システム

スクール管理システムZIPヨガ運営システムの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:ZIPヨガ運営システム公式サイト(https://zip-system.com/)

ZIPヨガ運営システムの特徴

ネーミングからも分かるように、ヨガスタジオ運営に必要な機能を搭載したスクール管理システムです。ですが、ヨガスタジオ以外のスクール運営にももちろん使用できるシステムとなっています。

ヨガスタジオ運営に必要な機能として、「ユーザー」「スタジオ」「オンライン」の3つをテーマに予約・登録・管理・決済を実装しています。各業務を会社ごとに依頼せずに済む、一気通貫型のサービスです。

自動予約受付・開催・決算から生徒管理や宣伝まで行える機能が備わっており、「シンプルに使いたい」「細やかなに設定して業務を効率化させたい」など、ニーズに沿ったスタジオ運営を実現してくれます。
SNSとの連携機能も用意しているので、SNSからのシェアにてさらに情報を拡散し、集客率アップにも繋げられます。

Lesson Anywhereとの連携

ZIPヨガ運営システムは同じ会社からリリースされているLesson Anywhereとの連携が可能です。Lesson Anywhereとはオンラインのレッスン運営サポートシステムのこと。スタジオに代わりヨガのレクチャーやスケジュール作成・報酬支払などの運営を行ってくれます。万が一トラブルがあってレッスンを行えなくなったときの強い味方になってくれるところが利点です。

さらに、こちらは月額利用料0円となっており、使用した分の従量課金制となっているので固定費の削減を実現できます。

ZIPヨガ運営システムの料金プラン

  • 初期費用:110,000円(税込)
  • 月額費用:27,500円/1スタジオ(税込)

ZIPヨガ運営システムの運営会社概要

会社名 株式会社アクティビア
設立年 2009年12月
会社住所 東京都世田谷区太子堂2丁目12-1 ダイムタワー4F
URL https://zip-system.com/

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

SCHOOL MANAGER(スクールマネージャー)

スクール管理システムSCHOOL MANAGERの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:SCHOOL MANAGER公式サイト(https://schoolmanager.jp/)

SCHOOL MANAGERの特徴

スクールや塾・教室の生徒管理、予約・振替管理、入退出管理、集金代行、出欠管理、拠点管理、講師管理、勤怠管理など豊富な機能が用意されているスクール管理システムです。

業務効率化と非対面化をもたらすためのシステムは、独自の機能開発のカスタマイズの相談も可能。音楽教室から水泳教室、スポーツ系の教室、学習塾や幼稚園・保育園に適しています。

基本機能とオプションを用意

SCHOOL MANAGERでは基本機能だけではなく、オプション機能を用意しています。もちろんオプションは自由です。スクールサイト制作を用意しており、サイト構築から動画配信機能、保守やドメイン管理、サーバ管理などが含まれています。

これらが不要であれば基本機能のみで、必要であればオプションを申し込むなど自由度の高いスクール管理システムとなっています。

WEB上で完結するシステム

SCHOOL MANAGERは申し込みから利用までWEB上で完結します。申し込み後、SCHOOL MANAGERの担当者から連絡がきます。

その後、導入へと進むのですが基本的にはWEB上のみで完結するシステムとなっています。

そのため、SCHOOL MANAGERの公式ホームページには特定商取引法に基づく表記が用意されています。実際に足を運んだり運ばれたりが面倒な方も、スムーズな導入が実現します。

SCHOOL MANAGERの料金プラン

  • 基本機能:月額4,400円(税込)
  • スクールサイト制作:1サイト3,300円(税込)
  • 電子そろばん:1,100円(税込)

SCHOOL MANAGERの運営会社概要

会社名 株式会社VividWorks
設立年 記載はありませんでした
会社住所 東京都杉並区桃井1-13-8
URL https://schoolmanager.jp/

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

SELECTTYPE(セレクトタイプ)

スクール管理システムSELECTTYPEの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:SELECTTYPE公式サイト(https://select-type.com/lp/schoolReserveSystem/)

SELECTTYPEの特徴

スクール・教室向けの予約システムです。用意されているサンプルテンプレートから選ぶことで、簡単に予約フォームをセットアップできるシステムなので、定期的な授業から体験授業、1DAYのレッスンなど、様々なスタイルの授業・スクールに対応しています。

同じスクールでも教室が異なる場合、教室事に個別の予約フォームを作成可能。個別の予約フォームには担当者を設定し、管理もできます。

ユーザーフレンドリーな設計

SELECTTYPEは利用者目線を重視したシステムです。予約フォームではアンケートを取ることができるので、利用者のニーズをヒアリングできます。ちなみにアンケートはテキストや画像、文章入力から選べるのでスクールの生徒の特性に合わせたアンケートの設置が可能です。

また、スマートフォンに対応しているので、どこからでも予約を取ることができるだけではなく、電話・対面予約も一元管理できます。そのため、システムが苦手なユーザーの多いスクールにも対応できます。

顧客管理機能

SELECTTYPEは予約だけではなく、顧客管理システムが搭載されています。生徒の情報や予約時のフォローメール、その後のサンキューメールの配信を実践。直感的な管理画面なので分かりやすい操作性も特徴です。

SELECTTYPEの料金プラン

  • フリープラン:無料
  • ベーシックプラン:月額1,650円(税込)
  • プロフェッショナルプラン:月額3,300円(税込)
  • プレミアムプラン:月額11,000円(税込)

SELECTTYPEの運営会社概要

会社名 株式会社セレクトタイプ
設立年 2017年4月
会社住所 東京都豊島区南大塚3-36-7 南大塚T&Tビル506
URL https://select-type.com/

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)

スクール管理システムChoiceRESERVEの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:ChoiceRESERVE公式サイト(https://yoyaku-package.com/)

ChoiceRESERVEの特徴

クラウド型予約管理システムです。業界・業種を問わず、「予約」を管理するためのスクール管理システムで、スクール運営にも活用可能です。カレンダーを公開することで、閲覧者が直感的に予約できるシステムを既存のホームページに接続可能。

また、クレジットカード決済も可能なので予約と決済を同時に行うことができるシステムとなっています。さらに予約状況が一目で確認できるシンプル性に加え、アクセス解析ツールも搭載されています。

スマホ・タブレットに対応している点や複数店舗の管理も可能なことから、スクール運営にも役立てるシステムがパッケージングされています。

導入に関しては予約管理のノウハウを持った専門チームがサポート。さらには運用サポートも行うので予約管理の課題を解決するための運用を実践します。

導入実績4,000件以上

ChoiceRESERVEはこれまでに4,000件以上の導入実績を誇ります。JALやSUUMO、資生堂、ヤクルト、清水建設、softbankといった大手企業。さらには公共機関やスタートアップ機能まで幅広いジャンルの企業がChoiceRESERVEを活用しています。

セキュリティにも配慮

ChoiceRESERVEはクラウド型のシステムとあって国際規格ISO/IEC 27001:2013に基づくISMS認証、および国際規格ISO/IEC 27017:2015に基づくISMSクラウドセキュリティ認証を取得するなどセキュリティにも配慮しています。

ChoiceRESERVEの料金プラン

基本料金

  • 月額:22,000円(税込)
  • 初期費用:33,000円(税込)

ChoiceRESERVEの運営会社概要

会社名 株式会社リザーブリンク
設立年 2000年1月
会社住所 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル 東館 19F
URL https://yoyaku-package.com/

※スクール管理システムの比較表をもう一度チェックする

hacomono(ハコモノ)

スクール管理システムhacomonoの公式サイトキャプチャ画像画像引用元:hacomono公式サイト(https://school.hacomono.jp/)

hacomonoの特徴

hacomonoは、入会から決済、欠席連絡に振替がすべて行えるスクール管理システムです。業務の簡素化はスタッフの手間を最小限に抑制できます。オンラインで手軽に管理が行える点、スタッフ間で生徒の情報共有が簡単な点に加え、運動スクール運営に必要とされている機能が数多く搭載しています。

また、スクール運営のDXを前提としつつ、利用者にとっても使いやすいシステム設計となっています。そのため、業務効率化だけではなく、利用者に対しても、「次回予約がしやすい」「決済の手続きがラク」といったメリットをもたらします。スクール運営者・利用者双方にとって「利便性の高い店舗」を実現することができます。

hacomonoの料金プラン

  • 月額 35,000 円(税不明)〜

hacomonoの運営会社概要

会社名 株式会社 hacomono
設立年 2013年7月
会社住所 東京都渋谷区神宮前2丁目34番17号 住友不動産原宿ビル 5F
URL https://school.hacomono.jp/

スクール管理システムとは

スクール管理システムを利用するゴルフスクールのイメージ画像

スクール管理システムとは、スクール運営管理を簡素化・効率化するためのシステムです。アナログ作業で負担を強いられているスクール運営を、システム化することで効率的に管理することで、スクール運営をより良い方向へと導くためのものです。

これまでのスクール運営はアナログな形で運営されているケースが多く、負担や手間がかかっているとは思っていても他の手段がないことから、大きな負担と向き合いながら手間をかけつつスクールを運営してきた方も多いことでしょう。

しかしスクール管理システムでは、システムによってスクール運営に関するデータを管理。また、特別なスキルを必要とする難しいシステムではなく、直感的に利用できる簡素なシステムも特徴です。

実際にスクール管理システムを導入したスクールから高い評価を得ていることから、業界内で注目を集めるに至りました。

特にこれまで時間をかけていた会員の管理、把握するためには大きな手間を必要としていた会員情報が、システムによって簡単に管理できることで、効率性だけではなく利益率を高めることにも一役買っています。

ただし、スクール管理システムはお伝えしたように様々なタイプが登場しています。コストがかからないもの、豊富な機能が搭載されているものなど、強みが多々異なります。

決して「どれも似たようなもの」ではなく、それぞれ特徴が異なるので、それぞれのニーズに合ったスクール管理システムを選ぶことが大切です。

無料のスクール管理システム(アプリ)

スクール管理システムの中には無料で使用できるシステムやアプリもあります。また、一部のプランや機能が無料で、コストを抑えてシステムを使うことも可能です。
下記では完全無料のシステムと、一部無料のシステムを紹介しています。

  • tol(トル)
  • FreeLesson
  • SELECTTYPE
  • STORES

スクール管理システムの主な機能

スクール管理システムの主な機能イメージ画像

HPへの予約フォーム作成

公式ホームページに予約フォームを作成します。結果、スクールに興味を持っている見込み客が気軽に申し込めるようになる予約フォームを作成し、見込み客との「接点」を創出する際に役立ちます。

スケジュール管理(出欠の確認)

出欠確認など、スケジュール管理機能は多くのスクール管理システムに搭載されています。システム化されているのでアナログでの作業・確認が不要で、スタッフ間での情報共有も可能です。

体験プランの入会管理

体験プランを利用してくれたお客が入会するのかを管理できます。スクールの多くが、体験プラン後の入会に特典を用意していますが、その対象となるのかや、体験後に入会してくれたのかをシステムによって管理するので、スクール運営にも役立ちます。

メール配信

スクールから配信するメールを管理する機能です。メールの作成だけではなく、いつ送るのか、全員に送るのか、一部の会員のみに送るのか、誰が作成して送信するのかまで選べるものもあります。

月謝管理

スクール運営の肝となる月謝の管理機能です。会員が月謝を支払ったのか、未納なのかを把握するだけではなく、月謝の合計額を算出することもできるので、会計業務の効率化をもたらします。

顧客管理

会員(顧客)の特徴を管理する機能です。出席するスクールの管理だけではなく、得手不得手や成績の推移、出席頻度等、パーソナルな部分まで管理できるものもあるので、顧客の成長促進に繋がります。

スクール管理システム導入に関するQ&A

はてなマークの画像

Q1.スクール管理システムとはどのようなサービスですか?

スクール管理システムとは、スクールの会員やスタッフを管理するためのシステムで、それまでアナログだったがために手間がかかっていた点をシステムによって効率化することで、業務・運営効率化をもたらします。

Q2.スクール管理システムにはどんな機能が備わっているのですか?

スクール管理システムは「管理」がメインではありますが、具体的な機能は各システムによって異なります。本記事で紹介したように、様々なスクール管理システムが登場しているので、それぞれの違いを把握することが大切です。

システム導入をご検討中の方は、導入可能なさまざまなシステムをまとめた「スクール管理システム早見表」をご覧ください。

スクール管理システムのまとめ

スクール管理システムは多数登場していることが分かっていただけたのではないでしょうか。スクール運営をサポートし、運営負担軽減を得られる一方で、それぞれ特徴や強みが異なります。

そのためスクール管理システムの導入を考えている方は、管理システムそれぞれの特徴を把握し、自社の環境・ニーズにマッチした管理システムを選ぶことで、より効率的なスクール運営をもたらします。

業務効率化のためには、まずはスクール管理システムそれぞれの特徴を把握することが大切なので本記事を是非ご活用ください。

ページトップへ