電力監視システムを徹底比較!特徴や導入事例、費用まで解説します

電力監視システムを徹底比較!特徴や導入事例、費用まで解説します
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

電力監視システムは、工場やビルで使用している電気量を見える化し、省エネを推進したり、カーボンニュートラルやサプライチェーンの電力消費量の把握したりするために有効なシステム。無駄なエネルギーの消費を削減できるため、環境保全にもつながります。

本記事では、キャククル編集部が調査した電力監視システムを紹介します。それぞれのシステムの費用や事例も解説していますので、電力監視システムの導入を検討中の方は参考にしていただけると幸いです。

電力計測器メーカーが開発
システムもハードウェアも
まるっと相談可能な製品なら

電力監視システム一覧表

会社名 サービスの特徴
【PR】見分録クラウド 電力計測器メーカーが開発、システムもハードウェアもまるっと相談可能
・データのリアルタイム計測で生産性向上に寄与
・前年とのデータ比較機能や日々の集計機能も充実
・他社選品や運用中の機器と連携可能で導入がラクラク
特徴や事例を詳しく見る
Ecolyzer カスタマイズ機能があり、自社に合った活用ができる
PIsystem(パイシステム) DX化に寄与するデータインフラ基盤パッケージ
iXacs(アイザックス) 200社を超える導入実績がある
e-無線巡回 たくさんの機器を監視できる低価格のシステム
FLEXDOOR ワンストップでやりたいことを実現できるシステム
UIS デジタルエンジニアリングソリューション 「ものづくり」を、多方面や包括的にサポート

【PR】電力計測器メーカーが開発、システムもハードウェアもまるっと相談可能

見分録クラウド

電力監視システム見分録クラウドの公式サイト画像画像引用元:見分録クラウド公式サイト(https://www.watanabe-electric.co.jp/kc/index.html)

見分録クラウドの特徴を図解で見る(無料資料DL)

見分録クラウドの特徴

かゆいところに手が届く!計測器メーカーならではの電力監視システム

電力監視システムである見分録クラウドを提供している渡辺電機工業株式会社は、電力・デマンド・漏電計測器といった計測器を開発しているメーカー
電力計測器から電力監視システムまでワンストップで対応してくれます。

電力計測を知り尽くしたプロが開発した電力監視システムということもあり、本格的に省エネを推進したり、各拠点の電力の見える化に取り組みたい企業の導入実績が豊富です。

機能面については計測データをリアルタイムで一元管理しており、蓄積されたデータをもとに業務効率化や生産性向上の糸口を見つけることができます。
異常時にはメール通知によって、トラブルを迅速に検知することができます。

見分録クラウドを選ぶべき理由

【理由1】データのリアルタイム計測で生産性向上に寄与

従来サービスでは、多拠点のデマンドや工場の設備・機械の状態監視をクラウド側で管理していたため、異常を検知するのにタイムラグが発生してしまい、迅速な対応ができないことが課題でした。

しかし見分録クラウドでは計測機器側で異常をリアルタイムで判定できるため、迅速に異常を検知し、改善することが可能。

異常時にはメールで通知することもできます。

【理由2】前年とのデータ比較機能や日々の集計機能も充実

見分録クラウドは計測データをもとにした日報・月報帳票の作成が可能。

データ集計処理、データエクスポート(CSV出力)、データ比較、グラフ作成、デバイス管理など、電力監視に必要な機能が充実しています。

複数拠点のデマンド監視、電力監視、工場の設備・機械の状態を見分録クラウド一つで監視できるため、フランチャイズ展開のスーパー、コンビニ、総合病院、学校といった拠点が多い施設にもおすすめです。

【理由3】他社選品や運用中の機器と連携可能で導入がラクラク

見分録クラウドは他社製品や既存の計測器とシームレスに連携できる仕組みを提供。

さらに見分録クラウドを提供している渡辺電機工業社製のIoTゲートウェイや無線センサーノード、電力やエネルギー計測機器、リモートI/Oなどのモジュール製品と組み合わせることで、ワンストップでIoT遠隔監視システムを構築することができます。

見分録クラウドの特徴を図解で見る(無料資料DL)

見分録クラウドの電力監視システムの導入事例

複数拠点のエネルギー監視

見分録クラウドでは、データをグルーピング化することができるため拠点が複数に分かれている場合でも導入できます。
エネルギー管理者用、各拠点担当者用といったアカウントごとの運用分けもできるので便利。
また比較・分析機能が豊富にあり、前日・前年度比較や製図ライン比較などが可能で、より実用的な比較分析を実施できます。
集計したデータを日報月報といった期間を指定できるほか、最大値表示などといった機能も充実。
電力データを原油換算することもでき、生産量から原単位の算出もできるようになりました。
引用元:見分録クラウドの導入事例
公式HP(https://www.watanabe-electric.co.jp/kc/index.html)

工場の設備状態の監視

見分録クラウドを導入することで、工場の設備状態を把握することができるように。
異常データの検知や状態通知ができるため、工場における設備監視に適しています。
異常発生までの推移をわかりやすく表示してくれるので、異常の傾向を把握できます。
また管理手法に合わせたグルーピング設定が自由にでき、アカウントごとにダッシュボード画面を設定し重要な情報を管理することが可能。
さらに、様々な計測要素に対応してくれるので、利便性の高いシステムとなっています。
電力や流量、温度と圧力などの複数要素の相関分析によって、設備状況を把握することができるようになりました。
引用元:見分録クラウドの導入事例
公式HP(https://www.watanabe-electric.co.jp/kc/index.html)

多拠点デマンド監視

拠点に設置したデマコンと見分録クラウドを活用することで、ハイブリッド型のデマンド監視を実現。
警報は拠点機器からリアルタイムで送信され、本システムで受信し、その情報を他拠点に共有することができます。
複数拠点の警報や付加状態を一元管理しているため、より逼迫度が高い拠点を割り出すことが可能。
また計測器を集中管理してくれるので、機器の死活や電波状態も管理でき、異常時にも迅速な対応ができるような仕組みです。
引用元:見分録クラウドの導入事例
公式HP(https://www.watanabe-electric.co.jp/kc/index.html)

見分録クラウドの特徴を図解で見る(無料資料DL)

見分録クラウドの費用プラン

仕様や既存設備によって異なるため、詳しくは資料をご確認ください。

見分録クラウドの主な機能

可視化・データ管理
  • データ収集・保存…ゲートウェイやIoTセンサーからデータを容易に送信可能。
  • データエクスポート(CSV出力)…本システムで管理されたデータをCSVでダウンロード可能。
  • レスポンシブデザイン…パソコンやスマートフォン、タブレットといった端末に合わせて画面を表示させることが可能。
  • 複数拠点の一括監視…複数拠点のデータや警報状況や履歴を1つの画面で一元管理可能。多くの拠点の管理が必要な場合に最適です。
  • データ集計処理…30分、1時間、1日、1ヶ月ごとに最大/最小/平均/瞬時データを集計可能。締めデータあ報告書作成時に役立ちます。
  • ダッシュボード…それぞれのアカウントごとに、任意の画面をまとめて表示可能。
監視・分析支援
  • データ比較…最大16データをグラフや帳票で比較することができるポイント比較と、最大4期間のデータを帳票で比較できる期間比較があります。
  • 計算ポイント登録…計測データに四則演算を行う、仮想ポイントを登録可能。データ按分、合算、原単位や負荷率などを登録し、グラフや帳票で管理できます。
  • 2軸相関グラフ…2つの要素を、2軸グラフとして表示可能。装置の仕事量と電力量の相関分析を実現させます。
  • しきい値判定…計測データは設定したしきい値との比較判定を実施。超過時には指定アドレスに警報メールを送信。
  • デマンド監視…リアルタイムでデマンドグラフを表示し、拠点デマンドを可視化。一元管理画面では、複数拠点のデマンドの逼迫度の管理ができます。
  • メール通知…デマンド異常、しきい値超過、デバイスの電池残量・電波が基準を超えた場合に指定アドレスに警報メールを送信可能。
  • 単位換算…別々の計測要素に対して単位換算を行い、同一単位での管理が可能。電気やガスを原油換算することができます。
運用サポート
  • デバイス管理…クラウド接続機器やその配下につながるセンサーまでクラウドで管理可能。現場機器のファームウェア更新も管理・実行できます。
  • API連携…本システムで獲得したデータを連携させるためにWeb APIを用意。(2024年度提供予定)
  • アカウント・権限…ログインアカウントごとに、閲覧や設定権限を付与。ダッシュボード機能もアカウントごとに設定が可能です。
  • スピード導入…センサーやゲートウェイなどの現場機器も本システムで設定・管理が可能。設置から運用開始まで最短1時間と短時間で運用開始できます。
  • マルチテナント(OEM)…本システムを自社が提供するサービスとして第3者への販売を可能としています。

見分録クラウドの機能や仕組みを
図解で見る(無料資料DL)

見分録クラウドの運営会社概要

会社名  渡辺電機工業株式会社
会社所在地 東京都渋谷区神宮前6丁目16番19号
創立年  1940年
公式HP URL https://www.watanabe-electric.co.jp/

見分録クラウドの特徴を図解で見る(無料資料DL)

他にもまだある!電力監視システム

Ecolyzer

電力監視システムEcolyzerの公式サイト画像画像引用元:Ecolyzer公式サイト(https://www.jnovel.co.jp/service/ecolyzer/)

Ecolyzerの特徴

カスタマイズ機能があり、自社に合った活用ができる

Ecolyzerは、エネルギー使用量や産業廃棄物の処理量などのデータ集計作業の効率化をボタン一つで図れるシステムです。獲得したデータはグラフ化し、拠点別・部署別にあらゆる視点で参照することが可能。タイムリーな環境データの動向を、全社員で共有することができます。

カスタマイズ機能があり、訂版管理や環境報告書追加作成など自社に必要な機能を追加することができることが特徴です。作業をもっと効率化でき、スタッフの負担を軽減させることが可能です。

Ecolyzerの費用プラン

公式HPに記載がありませんでした。

Ecolyzerの電力監視システムの導入事例

毎月133拠点のデータを識別していた手間がなくなりました。

集計作業は全て手作業で行う必要がありました。入力されたデータは統一IDを持たずに入カ順にエクセルデータとして出力されていたため、毎月入力されたデータを管理側で一つずつ識別し、ソートをかけ整理するなどの膨大な作業を必要としていました。これまでは毎月これらの作業に5日間ほどかかっていましたが、EcoLyzer導入によりその手間もなくなりました。以前は作業量が膨大だったため、毎月データの整理作業を行わなければ処理しきれない恐れがありましたが、EcoLyzer導入後は未入力拠点のチェックだけで良くなり、後からまとめて確認することも可能となりました。引用元:Ecolyzer公式HP導入事例
公式HP(https://www.jnovel.co.jp/service/ecolyzer/)

Ecolyzerの運営会社概要

会社名 日本ノーベル株式会社
会社所在地 東京都北区王子2-30-2
創立年 1980年
公式HP URL https://www.jnovel.co.jp/service/ecolyzer/

※電力監視システム一覧表をもう一度チェックする

PIsystem(パイシステム)

電力監視システムPIsystem(パイシステム) の公式サイト画像画像引用元:PIsystem(パイシステム) 公式サイト(https://www.uis-inf.co.jp/iot/pi/)

PIsystem(パイシステム) の特徴

DX化に寄与するデータインフラ基盤パッケージ

データインフラ基盤パッケージである、PIsystem(パイシステム) 。DX化を進めていきたいという企業にとって、強力なサポートとなるシステムです。

現場の短周期・長期間の稼働状況をデータ化し、圧縮して保存します。そしてLAN/WANを通じ、工場の管理層のスタッフに共有しています。生産管理・経営層では、リアルタイムのデータを監視できます。

様々な接点を持っていることが特徴であり、図面・ドキュメント、データ分析システムなどあらゆる媒体に情報を共有することが可能です。

また、導入コンサルティングを行っています。データインフラ導入時の課題に対して、解決から導入後の利活用まで、一貫したサポートを提供し、自社のDX化に寄与します。

要望のセキュリティレベルに応じた制御情報系のセキュリティ構築を提案しており、自社に合ったサポートをしてくれる会社です。

PIsystem(パイシステム) の費用プラン

公式HPに記載がありませんでした。

PIsystem(パイシステム)の電力監視システムの導入事例

公式HPに記載がありませんでした。

PIsystem(パイシステム) の運営会社概要

会社名 株式会社宇部情報システム
会社所在地 山口県宇部市相生町8番1号 宇部興産ビル
創立年 1983年
公式HP URL https://www.uis-inf.co.jp/iot/pi/

※電力監視システム一覧表をもう一度チェックする

iXacs(アイザックス)

電力監視システムiXacs(アイザックス)の公式サイト画像画像引用元:iXacs(アイザックス)公式サイト(https://www.istc.co.jp/service/ixacs)

iXacs(アイザックス)の特徴

200社を超える導入実績を保有している

iXacs(アイザックス)は、現場で働いている人が簡単に使えることを目指したシステムです。今まで見えていなかったり、手作業で記録したりしていた製造ラインの状況を可視化できます。

自動で取得できるデータは生産個数・停止時間・サイクルタイムの3つで、自社の設備にセンサーを取り付けるだけで運用を開始できることが特徴です。これまで200社を超える導入実績があり、多くの現場の業務改善に寄与しています。

また、可視化できたデータについて話し合う企業風土を醸成できるため、社内の雰囲気を良くさせることにもつなげられます。

iXacs(アイザックス)の費用プラン

公式HPに記載がありませんでした。

iXacs(アイザックス)の電力監視システムの導入事例

株式会社タニタハウジングウェア

システムを導入したことがきっかけで、1台あたり12.0分の生産効率化を図れました。またスタッフが改善を意識して、普段の生産業務にあたることが増えてきており、必然的に問題意識を持って取り組んでくれるようになりました。またデータの結果を熟練スタッフと若手スタッフとが話し合う機会があることで、お互いの距離を縮めることにつながった。引用元:iXacs(アイザックス)公式HP導入事例
公式HP(https://www.istc.co.jp/service/ixacs)

iXacs(アイザックス)の運営会社概要

会社名 i Smart Technologies株式会社
会社所在地 愛知県碧南市中山町7丁目26番地
創立年 公式HPに記載がありませんでした。
公式HP URL https://www.istc.co.jp/service/ixacs

※電力監視システム一覧表をもう一度チェックする

e-無線巡回

電力監視システムe-無線巡回の公式サイト画像画像引用元:e-無線巡回公式サイト(https://www.sakurai.co.jp/landing/e-musen/

e-無線巡回の特徴

たくさんの機器を監視できる低価格のシステム

e-無線巡回は、設備の可視化を容易にすることができます。パソコンやLANケーブルなどがあれば、自社設備の状態を監視し、把握することができます。

経験豊富な担当者が業務中に行っていた聴診や触診をデジタル化するというコンセプトで開発しており、設備の異常を発見しトラブルを未然に防ぐことができることが特徴です。そのため、経験豊富なスタッフが少なくなってもトラブル発生を心配することがありません。

また温度と振動加速度の傾向の可視化を専門としているため、約40万円からの金額で導入できることが大きな魅力。そして、デモ機を用意しているため、設備の状況を見たい機器の状況を簡単に可視化することができます。

e-無線巡回の費用プラン

約40万円〜(税不明)

e-無線巡回の電力監視システムの導入事例

日本製紙 白老事業所

工場のモーターポンプの見守り(パトロール)に時間がかかることが、課題としてありました。導入後トレンドグラフを活用することで、不具合を事前に察知することができるようになりました。そしてパトロール頻度が導入前に10,000件/年だったのが、導入後には2,000件/年にまで下がったことと、作業頻度が80パーセント削減することができました。引用元:e-無線巡回公式HP導入事例
公式HP(https://www.sakurai.co.jp/landing/e-musen/)

e-無線巡回の運営会社概要

会社名 日本製紙株式会社 白老工場
会社所在地 北海道白老郡白老町北吉原181
創立年 公式HPに記載がありませんでした
公式HP URL https://www.sakurai.co.jp/landing/e-musen/

※電力監視システム一覧表をもう一度チェックする

FLEXDOOR

電力監視システムFLEXDOORの公式サイト画像画像引用元:FLEXDOOR公式サイト(https://flexdoor.mtl.jp/)

FLEXDOORの特徴

ワンストップでやりたいことを実現できるシステム

FLEXDOORは、やりたいことがワンストップでできる電力監視システムです。顧客の規模に合わせて機能を追加したり、スケールアップしたりできます。テスト導入では小規模スタートからでも可能なので、自社に最適な形でシステムを活用できます。

シリアル通信接続を可能としているため、マスタ・スレーブ方式で最大30台までの機器を接続でき、遠隔地からの数値の把握を実現させます。リモート制御機能もあり、遠隔地からの制御を簡単にすることができます。

またコストパフォーマンスに優れており、ソフトウェアやハードウェアに汎用性を持たせています。

FLEXDOORの費用プラン

公式HPに記載がありませんでした。

FLEXDOORの電力監視システムの導入事例

一定以上の使用量を超えると予測した空調機や冷蔵冷凍ケースなどを自動制御

食品スーパーでデマンド監視装置を導入し節電に取り組んできましたが手動で機器を入り切りするのが大変だった。また、さらなる削減効果を狙い冷蔵冷凍ケースの制御もチャレンジしたいと考え導入。その結果30分毎の消費電力を計測し、一定以上の使用量を超えると予測した空調機や冷蔵冷凍ケースなどを自動制御。制御時は、設定した温度幅を守りますので暑すぎ冷えすぎにならなくなりました。引用元:FLEXDOOR公式HP導入事例
公式HP(https://flexdoor.mtl.jp/)

FLEXDOORの運営会社概要

会社名 株式会社MTL
会社所在地 名古屋市南区堤町2丁目45番地
創立年 2016年
公式HP URL https://flexdoor.mtl.jp/

※電力監視システム一覧表をもう一度チェックする

UIS デジタルエンジニアリングソリューション

電力監視システムUIS デジタルエンジニアリングソリューションの公式サイト画像画像引用元:UIS デジタルエンジニアリングソリューション公式サイト(https://www.uis-inf.co.jp/des/)

UIS デジタルエンジニアリングソリューションの特徴

「ものづくり」を、多方面や包括的にサポート

UIS デジタルエンジニアリングソリューションは、検討手法や検討分野、ソリューションでの知見を融合して開発されたソリューション体系です。顧客の「ものづくり」を、多方面や包括的にサポートすることに努めています。

CAEソリューションをはじめとした、豊富なサービスを提供しています。工学分野の問題を理論に基づいた改善検討を重ね、操業データを収集・活用し、インフラを構築させます。

収集したデータを利活用することで、寿命を予測したり故障を予知したりできることも本システムの特徴です。

UIS デジタルエンジニアリングソリューションの費用プラン

公式HPに記載がありませんでした。

UIS デジタルエンジニアリングソリューションの電力監視システムの導入事例

正確かつ業務改善まで提案してくれるシステム

販売管理機能、生産管理機能があるので、1つのシステムで管理ができるようになりました。全拠点、システムを統一したので、全社での情報共有が可能になり、どこでも全体の作業状況が把握できるようになりました。当然、二重入力、三重入力はなくなりました。引用元:UIS デジタルエンジニアリングソリューション公式HP導入事例
公式HP(https://www.uis-inf.co.jp/des/)

UIS デジタルエンジニアリングソリューションの運営会社概要

会社名 株式会社宇部情報システム
会社所在地 山口県宇部市相生町8番1号 宇部興産ビル
創立年 1983年
公式HP URL https://www.uis-inf.co.jp/des/

※電力監視システム一覧表をもう一度チェックする

電力監視システムとは

電力監視システムとは、製造業をはじめとした生産現場の季節別・時間別・設備別などの消費電力を計測し、可視化できるツールのことです。しかし電力監視システムを導入したからといって、省エネが実現できるわけではないのが現状です。

省エネに向けて策を講じるためには、まず現在消費している電力を知ることから始めなければいけません。消費電力を把握することで、具体的な省エネ対策を考案することができるからです。電力監視システムで消費電力を可視化して、次に省エネ対策を考えていく必要があります。

そのため、導入するシステムを検討する場合には、消費電力を消費後に省エネに向けての改善案を打ち手を講じられるシステムを選択することが重要となります。

また、機械設備とシステムを連動させることによって、節電に向けて充実した機能を搭載している電力監視システムもあります。自社にはどのシステムが最適なのかを検討しつつ、導入するものを選択していくことが大切です。

電力監視システムの使用用途

電力監視システムは主に工場やビル、受電発電設備などのあらゆる場所で使用電力を監視し、制御を行っています。例えば、オフィスビルで電力監視システムを導入することで、フロアごとの電力を可視化することができます。

フロアごとに電力を把握できることで、どこのフロアが効率の悪い電力の使い方をしているかが一目瞭然です。その効率の悪い電力使用箇所を割り出し、空調や照明に使用している電力を管理した上で、省エネを実現させることができます。

また工場で使用する場合には、生産ラインごとに電力監視を行うことで、設備の稼働状況と電力使用量を監視できます。生産設備の省エネ対策を講じることで効率化を図れるだけでなく、設備異常を発見できる効果があります。

さらに、クラウド型の電力監視システムであれば、現場で計測した電力データをオンライン上にてスムーズに共有することが可能。現場での作業が不要で、遠くにある現場の電力使用状況を把握できます。

電力監視システム導入のメリット

電力監視システムを導入することによって、得られるメリットは以下の2点です。

  • 電力量を可視化させ、改善策を講じることが可能
  • リアルタイムで電力監視ができる

電力監視システムでは、過去数ヶ月分の電力使用状況をグラフで確認できます。その結果電力の無駄が生じているポイントや傾向を把握でき、それを改善する策を考案することが可能です。また稼働状況や異常状態を認識できるシステムを導入すると、大規模の工場やビルでもあらゆる方面で省エネを実現させられます。

さらにこれまで電力使用状況を1ヶ月間ごとに計測していることが多かったですが、電力監視システムを導入することによって、リアルタイムでの計測を実現できます。

あらかじめセンサーを取り付けておき、ある域地を超えた際にアラームが発動する仕組みを構築できるアラート機能を搭載しているシステムもあります。あらゆる対策によって、余計な電力を使用することを防ぐことができます。

電力監視システム導入に関するよくある質問

Q1.電力監視システムの導入することのメリットは何ですか?

これまで消費電力の測定は、一定期間に区切って計測することが当たり前でした。しかし電力監視システムを導入することで、リアルタイムでの計測を実現。現在稼働している機器の電力をそのまま把握することができるため、無駄な電力消費があればすぐに省エネ対策を講じることが可能です。

また過去数ヶ月分の使用状況をグラフ化し、無駄な電力を消費しているポイントや傾向を見極めることができます。あらかじめ傾向やポイントを把握できることで、状況に応じた対策を考えることも可能です。

Q2.電力監視システムは具体的にどのような使用用途があるんですか?

電力監視システムでは、受電発電設備や工場、ビルなどの場所で使用電力を可視化し、制御を行うことができます。ビルではフロアごとの電力監視を行い、効率が悪い電力の使用をしている箇所を抽出し、電力を管理することが可能。その結果、省エネルギー化を実現させます。

また工場においては、生産ラインごとの電力計測を実施します。生産ラインの稼働状況と電力使用量の関係を一括して監視することで、工場の省エネルギー化を実現させるだけでなく、効率向上に繋げ設備異常の発見に繋げることができます。

依頼先を考えている方は、本ページに掲載している「電力監視システムの早見表」をご覧ください。

電力監視システムまとめ

電力監視システムを導入することで、省エネを実現させることができます。

しかしあくまで電力監視システムは消費電力の計測ツールであるため、実際に省エネを実現したい場合には計測した後に自社で対策を講じるか、改善に向けての対策を提示してくれるシステム導入を検討することをおすすめします。

【免責事項】
本記事は、2023年12月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。

ページトップへ