エネルギー業界の集客・マーケティング戦略のポイント

エネルギー業界の集客・マーケティング戦略のポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

2016年に電力自由化がはじまり、2017年には都市ガスの小売りが全面自由化となりました。最近では、より良い世界を目指すための国際目標「SDGs(持続可能な開発目標)」に取り組む流れから、世界的にもエネルギーに対する考えに大きな変化が起こっています。

競争がますます激しくなると予測されるエネルギー業界で生き残るためには、どのような戦略を打ち出していけば良いのでしょうか。

ここでは、エネルギー業界の集客に役立つマーケティング戦略の考え方や施策のポイントをまとめています。他社と価格で争わないマーケティング戦略についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

エネルギー業界の集客・マーケティング戦略のポイント

エネルギー業界の集客・マーケティング戦略のポイント

電力とガスの小売り自由化に端を発し、エネルギー業界の競争環境は激しくなりました。
競争激化が進む業界で、今後も事業を継続していくためには、他社との差別化を図り、顧客に「自社を理解してもらう」ことが大切です。

差別化による認知は顧客からの信頼を高め、「自社を選ぶ理由」につながります。
数あるエネルギー会社の中から顧客に「自社を選びたい」と思わせるためには、自社の何を・誰に・どのように伝えるかがポイントです。

今こそWeb集客に注力すべき

何らかの情報について知りたいときや疑問があるとき、今やほとんどの人がネット上で情報を集めています。
比較検討をしたい際にもネットを利用することが多いため、今後、ますますWeb集客やマーケティング施策の重要性は高まっていくでしょう。

また、国際的なSDGs(持続可能な開発目標)の流れを受け、「カーボンニュートラル」や「再生可能エネルギー」が注目され、導入を検討する企業も多くなりました。
新規顧客開拓のチャンスとなる今こそ、Webを活用した集客・マーケティング施策を素早く実施していきましょう。

従来からあるテレビや新聞、ラジオ・書籍などの媒体では、できるだけ大勢のターゲットの目に届く「マスマーケティング」が主流です。
そのため、広告によって知名度が上がれば顧客につながることが多く、大企業がひとり勝ち状態になるケースも多くありました。

対して、Web集客はよりターゲットを絞り込んだアプローチができるのが特徴。ユーザーのニーズにマッチさえすれば選んでくれる可能性が高まります。

効率的なマーケティング戦略を展開したいと検討しているのであれば、企業や事業の規模にかかわらず、Webによる集客を積極的に行うべきと分かります。

認知拡大と差別化の効果

認知拡大と差別化の効果

インターネットの登場によって、ユーザーは比較検討がしやすくなりました。
だからこそ、自社のことを広く認知してもらい、自社を選ぶべき理由となる「他社との差別化ポイント」が伝わるマーケティング施策が重要になります。

Web集客を行う際には、「自社ならではの強み」を明確化して、その強みが伝わりやすい広告媒体や施策を検討しましょう。
大きな差別化が難しい場合でも、しっかりと認知を高めていければ、比較検討の土俵に上がることができるようになります。

エネルギー業界の集客・マーケティング施策

エネルギー業界の集客・マーケティング施策

リスティング広告

ユーザーが検索エンジンを使って検索をかけた際、検索したキーワードに連動して検索エンジンに表示される広告のことです。検索結果一覧の上部と下部に広告が表示されます。

クリックされない限りは検索画面に表示されているだけで料金は発生せず、広告費用はかかりませんが、ユーザーがその広告をクリックするごとに広告を掲載した側に費用が発生します。

SEO対策をしていなくても検索結果画面の上位に表示できるので、広告としての効果は高いといえるでしょう。

ただし、BtoB向けの商材は専門性の高いものが多く、個人はあまり顧客になりません。
また、ニーズの遠いユーザーから無駄にクリックされて、必要以上に広告料がかからないよう、キーワードの選定には注意が必要です。

ポータルサイト・見積サイトへの掲載

ポータルサイトとは、ある特定のジャンルの情報のみに特化して紹介する網羅性のあるサイトです。
ポータルサイトに様々な企業などのページリンクを設置することで、それぞれのサイトの玄関口のような役割を果たします。

BtoB向けのポータルサイトは、業者同士がマッチングする機能を持っている場合もあります。
電力業者などのエネルギー業界であれば、複数の業者を比べて相見積もりが取れる「見積サイト」の立ち位置もポータルサイトの一種です。

ポータルサイトや見積サイトに登録すると、自社の情報を掲載でき、広告効果が期待できます。
マッチングサイトの場合、登録や紹介の前に審査が入るケースもありますが、審査をクリアすれば情報の信頼性が上がるので、サイトを通じての問い合わせにつながりやすくなります。

オウンドメディアの運用

オウンドメディアの運用

オウンドメディアとは、広義で言うと「自社で所有するメディア」の総称を指します。
そのため、会社ホームページや自社ブログなどもオウンドメディアの一部となりますが、Webマーケティングの世界では「ユーザーにとっての有益な情報配信をしつつ自社の魅力を発信するメディア」のことを言います。

比較検討中のユーザーが知りたい情報・役立つ情報を提供することで、自社に対する信頼度や親近感を高められる施策です。
また、購入にまでは至っていないものの、将来的には購入する可能性のある「潜在顧客」にアプローチできるメリットもあります。

自社に魅力を感じてくれる顧客を集めるマーケティング施策

リスティング広告やポータルサイトへの掲載は比較的安価ではじめやすく、広告施策としても有効な手段です。
しかし、多くのポータルサイトへ闇雲に会社情報を掲載するだけで集客できるとは限りませんし、ポータルサイトの規模やユーザー流入率によっても、効果が大きく異なってきます。

ユーザーに選ばれるようになるためには、他社との差別化ポイントを明確化し「自分が求めている会社はここだ!」と判断してもらわなくてはならないのです。

「競合にはない自社の強みや価値」を、届けたいユーザーにだけ示して集客を目指す施策に、ポジショニングメディア」があります。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアのイメージ画像詳細についてはお問い合わせください
ポジショニングメディアとは、「自社の特徴や強みを理解したユーザーを集客できるメディア」です。
自社の強みに魅力を感じ、且つその「強み」によってニーズや課題を解決したいと思っているユーザーにアプローチできるため、ユーザー自身が自然と「自分のニーズに合う会社はここだ」と選んでくれるようになります。

また、自社の強みや魅力を十分に理解した「親和性の高いユーザー」を集客できるため、問い合わせや反響の温度感が高く、契約や成約率も高い傾向にあります。

自社の価値を理解したユーザーは、問い合わせ時点ですでに自社商品・サービスを「価格」で選ぼうとしていません。
そのため、ポジショニングメディア導入後は競合との価格競争に巻き込まれず、「受注単価の高い成約を安定的に実現できている」という企業の声が多く聞かれています。
下記で詳しく解説しておりますので、ぜひご確認ください。

ポジショニングメディア
について詳しく

エネルギー業界での集客・マーケティング戦略でお悩みなら

エネルギー業界での集客・マーケティング戦略でお悩みなら

キャククルを運営する全研本社では、貴社の強みを徹底的に分析し、その強みに合わせた集客・マーケティング施策をご提案させていただきます。

これまでに120業種・8,000件を超えるクライアントを支援しており、様々な業界で効果的な施策を実施すること<が可能です。

  • これからWeb集客に力を入れていきたい
  • 競合に埋もれてしまい、中々自社を選んでもらえず困っている
  • 施策で反響はあるものの、成約にまで至らない

など、集客・マーケティングでのお悩みや課題がありましたら、下記よりお気軽にご相談ください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ