フランチャイズ加盟店の集客を行う方法はいくつか考えられますが、いったいどういった方法が効果的に集客することができるのでしょうか。近年ではweb広告やオフライン広告など多くの集客方法があるため、その方法を選択するのかが重要になっています。そこで、今回はフランチャイズ加盟店の集客を行う方法を確認していきつつ、どういったところに注目して集客を行うと効果的なのかを解説していきます。

フランチャイズ加盟店の集客のポイント

フランチャイズ加盟店の新規の集客を考えるうえで重要なこととして、ユーザーが店舗を選ぶための情報を正確に提供することがあります。フランチャイズ加盟店というのは、もともとの会社の暖簾を借りて経営することになるので、ユーザーは慎重に店舗を選択します。そのため、その会社の正確な情報や魅力をユーザーに伝え、自社をユーザーに選んでいただく必要があります。このように、フランチャイズ加盟店の集客には、ユーザーに会社の正確な情報と魅力を伝えることが重要です。

フランチャイズ加盟店を探すときの傾向から考える集客方法

ユーザーはフランチャイズをする会社を探すときに、自分の経営計画や条件にあった会社を探そうとします。基本的にはいくつもの会社の情報や条件を確認し、自分が求めている会社を選んで契約することとなります。そのときに会社を探す方法としては、webを利用して検索することがほとんどです。そのため、効率よくフランチャイズ加盟店の集客を行うには、webを利用して情報を発信する必要があります。

フランチャイズ加盟店を探すときに特定のキーワードでweb検索するユーザー

フランチャイズ加盟店を探しているユーザーの中には、webなどで特定のキーワードを検索して調査する人がいます。たとえば、ラーメン店でフランチャイズ経営したい人は「ラーメン フランチャイズ」などと検索します。すると、そのキーワードにあった会社の自社サイトやポータルサイトが表示されるので、検索結果として表示されたものの詳細を確認してフランチャイズ加盟店を選びます。このように、特定のキーワードで検索するユーザーは、すでにある程度どういった店舗を経営したいか決まっていることも多いです。そのため、その基準にあったキーワードで検索して会社を探し、自分の経営方針と合っているかなどを慎重に判断する傾向にあります。

フランチャイズ専門のポータルサイトで検索するユーザー

ユーザーの中には、フランチャイズ専門のポータルサイトなどで検索をして会社を決める人がいます。このような人は、まだ、どのような店舗を経営したいのか決まっていない段階の方もいます。実際に、ポータルサイトを見てみて、雰囲気を掴んでから、経営方針を固める人もいます。また、自分の経営方針は決まっている人はその基準に照らし合わせて検索します。フランチャイズ専門のポータルサイトにはフランチャイズネットをはじめとしてたくさんの種類がありますし、そのポータルサイトには数多くの会社が掲載しているため、ユーザーは悩むことも多々あるようです。ユーザーは複数のポータルサイトを見比べたりしつつ、慎重に検討し、フランチャイズ加盟店を選択する傾向にあります。

実際に店舗を見て決めたいユーザー

ユーザーの中には、フランチャイズ加盟店を選ぶときに、実際に店舗を見て決めたいユーザーがいます。その場合には、自分がめぼしをつけた店舗を実際に利用するという方法と、フランチャイズをしている会社が出店しているフランチャイズ展示会というものに参加するといった方法があります。フランチャイズ展示会とは、フランチャイズ加盟店の集客をしたい会社が、自社の店舗の魅力や内容などをPRする場所です。そのため、ユーザーからすると実際に担当者の方の話を伺ったり、会社の内容などを細かく知ることができるので、参加者数も多くなる傾向にあります。また、実際に店舗を再現したブースなどもあるため、イメージがしやすいという利点があるようです。

フランチャイズ加盟店の集客はターゲットに合わせた広告メディアを利用する

実際に店舗について話を聞きたいユーザーに有効!展示会への出店

ユーザーの中には、一定数実際に店舗を見たり、担当者の方の話を聞いてみたいという人がいます。そういうニーズに対応し、集客するためにも展示会への出店は効果的です。また、ユーザーは正確な情報や会社の魅力を知りたいと考えているため、そういった情報をユーザーに提供することでより選ばれやすくなります。さらに、展示会でユーザーから担当者にされた質問に的確に答えることで、魅力を伝えることができます。

簡単に検索し会社を選びたいユーザーに有効!ポータルサイトに登録する

ユーザーの中には多くある会社の中から、自分の求めている条件を満たす会社を探したいと思っている人がいます。そういった人に向けてポータルサイトを利用するのは効果的です。ポータルサイトでは、自社の情報や魅力を掲載することができます。また、ポータルサイトは利用者も多いのでより多くのユーザーに見てもらいたいという場合には有効な広告手段であるといえます。

フランチャイズ加盟店のターゲットにあわせた集客方法

フランチャイズ加盟店の集客を行うには、ユーザーの人に自社の情報や魅力を正確に伝える必要があります。また、なるべく多くの人に知ってもらえるような広告が必要になります。webでの情報提供やオフラインでの情報提供などなるべく多くの人の目に入るように工夫する必要があります。このように、ユーザーにとって必要な情報を提供できるかどうかが集客を成功できるかの鍵になります。

フランチャイズ加盟店のweb集客

フランチャイズ加盟店の集客方法の1つに、web集客があります。web集客にもさまざまな種類がありますが、自社のホームページの作成が一番最初にやるべきことです。そのあとに、ポータルサイトに掲載したり、比較サイトに掲載したりとなるべく多くの人に知ってもらえるようにするとよいです。それでは、ここからはweb集客について詳しくみていきます。

自社ホームページのマルチデバイス対応

web集客の方法として、自社ホームページでの情報を掲載するというものがあります。そのときに注意すべきこととしては、誰が見ても分かりやすく、ホームページへの訪問や問い合わせがしやすい状態にしておくということです。たとえば、パソコンからホームページを見ると正しく見ることができるが、スマートフォンから見るとホームページが一部分しか表示されなかったり、全て表示されなかったらユーザーからすると利用しにくいです。このような状態に対応するためにも、マルチデバイスに対応し、どんな媒体から見ても、誰が見ても分かりやすいホームページを作成する必要があります。

SEO検索エンジン対最適化

自社ホームページに情報をユーザーに見てもらうには、検索エンジンで上位に表示されるようにしなければいけません。そのために、SEO対策が必要になります。また、そのときにはキーワードに対して上位に表示されるだけではなく、ユーザーが調べた内容の結果に表示される必要があります。たとえば、ラーメンのフランチャイズ店を出したい人が、「ラーメン フランチャイズ」と検索したら上位に表示されたとします。でも、「ラーメン 経営」と検索したら表示されなかったら困ります。限られたキーワードだけ上位になっていても集客率が高まるとは限りませんし、キーワードによってアプローチ出来るユーザーが変わってきます。

アントレなどのポータルサイトへの掲示

web集客の1つとして、ポータルサイトへ掲載するというものがあります。ポータルサイトは、ユーザーの人が会社を探すときに必ずといっていいほど確認する媒体の1つです。実際、ポータルサイトはかなりの人が訪れており、広告としてはかなり効果的です。しかし、その分掲載するために広告費が必要となってきます。たとえば、アントレでは一番広告スペースが小さいもので4週間掲載されるものが、約30万円となっています。このように、ポータルサイトに掲載するには費用がかかりますが、その分、広告として効果的だといえます。ポータルサイトは数多くありますが、掲載数が多いポータルサイトは利用者も多いので集客には向いています。

リスティング広告

web集客の1つとして、リスティング広告があります。リスティング広告では、ユーザーが検索するであろうキーワードに対して広告を入れることができます。また、PPC広告といって1クリックあたりで費用が決まるので、予算を決めて広告を入れることができます。しかし、広告を入れても効果のない場所である場合や、ある程度知識がある人は広告だと知っているのでクリックしてくれないこともあります。しっかりユーザーが検索するであろう内容を把握したうえで、適材適所で利用することで効果が期待できる手法です。

オウンドメディアによる発信

web集客の1つにオウンドメディアによる発信があります。オウンドメディアは、自社が運営する情報サイトでユーザーの人が知りたいであろう情報を発信するメディアです。内容としては、たとえば、開業時の費用や必要な準備について解説したり、運営していくうえでのコツなどを紹介するなど、ユーザーが安心して開業できるような情報を提供すると効果的です。ユーザーが知りたいであろう情報をまとめて提供することで、自社のブランドで開業したいと思ってもらえるブランディングをすることができます。

比較サイトによる発信

web集客の1つに比較サイトによる発信があります。比較サイトでは、フランチャイズに関連する基本情報を載せつつ、競合他社よりも優れている点をピックアップして詳しく記載することで勝てるポイントをアピールできる集客方法です。数値や図を使って詳しい内容まで分かりやすく記載することができるため、PR内容により説得力を持たせることができます。また、ユーザーにとって利益になる情報を提供することで効果的にPRすることができます。また、展示会出展後等には本当にそのフランチャイズに参画すべきかどうかを再検索するユーザーが多いため、そこで他社との違い、決定打を作ることが出来れば、成約率も高くなります。

フランチャイズ加盟店のオフラインによる集客

集客方法としては、オフラインでの方法があります。オフラインでの集客方法としては、折り込みチラシや店先広告、電車の中吊り、看板広告などさまざまな方法が存在しています。web上で見る必要がないので、人を選ばずに宣伝することができるというメリットがあります。

折込チラシやポスティング・チラシ

フランチャイズ加盟店の集客の折り込みチラシやポスティングを配るときには、地域を絞って配ると効果的です。大規模にフランチャイズ加盟店を集客しているのであれば、広範囲にポスティングするとよいかもしれませんが、地域限定で集客している場合は、その地域に限って配ることで募集者が集まりやすく、費用も限定的で済みます。また、ユーザーが知りたがっている情報を記載することでユーザーの目を引くことができます。たとえば、フランチャイズ店舗を運営するうえでの費用や手順などユーザーが知りたい情報を記載することが重要です。少しチラシの作成費用などがかかってしまいますが、ユーザーにフランチャイズ加盟店の魅力を伝えることができます。

看板広告

フランチャイズ加盟店の集客には看板広告も効果的です。看板広告であれば、その地域の多くの人の目に入ります。それによってフランチャイズ加盟店の運営に興味を持つユーザーが生まれるということです。また、web上で広告した場合にはwebをあまり利用しない人には宣伝効果がありません。しかし、看板広告では、webを利用しない人でも宣伝効果を見込めます。また、自社が求める集客率に合わせて看板の配置場所を工夫することで集客率を高めることができます。たとえば、多く集客したければ、人通りの多い大通りに配置するなど工夫ができます。

中吊り広告

フランチャイズ加盟店の集客には中吊り広告も効果的です。中吊り広告は、電車の中吊りにある広告ですが、ここに配置することで自然と目に入る位置で宣伝することができます。また、電車などに設置しているので、大量に広告を準備する必要がありませんし、多数の人の目に入ります。このことからも、中吊り広告は、低コストのわりに効率よく集客することができるというメリットがあります。

店先広告

フランチャイズ加盟店の集客には店先広告が効果的です。店先での広告は他の広告と違い、実際の店舗内で行う宣伝になります。そのため、店舗を利用した人が見ることになるので、ユーザーへの宣伝効果も高まります。また、店舗についてのPRや良さなどを紹介することで、興味を持っていただける可能性があります。このように、店先広告は、ユーザーが知りたい情報を掲載しつつ、店舗の良さをユーザーに伝えることができる募集方法です。

フランチャイズ展示会への出店

フランチャイズ加盟店の集客にはフランチャイズ展示会への出店という手段があります。フランチャイズ展示会では、実際の店舗を模したブースがあったり、実際にサービスを提供している様子を見ることができる催しを行うことも可能です。他の広告のように文章で魅力を伝えるのではなく、実際にブースを見たり、担当者の方に詳しい話を聞くことで魅力を伝えることができる集客方法です。また、ユーザーが担当者に疑問に思ったことを質問することもできるので、ユーザーの知りたい情報を提供することができる集客方法といえます。

フランチャイズ加盟店の募集にはターゲットに合わせたブランディングが重要

フランチャイズ加盟店の集客を成功させ、ユーザーに選んでもらうためにはユーザーに合わせたブランディングが重要です。今回はweb広告からオフライン広告まで幅広い宣伝方法を紹介しました。オウンドメディアを作成し、情報サイトを運営することで自社の魅力をユーザーに伝え、フランチャイズ加盟店の運営をやってみたいと思っていただけるようになります。このように、ユーザーに選ばれるにはユーザー目線に立ち、ユーザーが知りたい情報を提供できるようなプランディングが重要であるといえます。

全研本社ではエリアマーケティングに特化した専用集客サイトを始め、5500サイト制作運営してきました。地域内や業界内でトップを目指す施策を模索しているのであればお問合せ下さい。1社様毎の勝たせ方のご提案もさせて頂きます。