ホームズ(homes)の掲載料金や広告集客効果を調査

ホームズ(homes)の掲載料金や広告集客効果を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

ライフルホームズとは

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)は、およそ21,944店(2016年12月時点)もの不動産会社から提供される、数多くの不動産物件情報を配信している不動産ポータルサイトです。1997年にサービスを開始し、日本最大級の不動産・住宅ポジショニングメディアとして高い知名度を誇ります。

ライフルホームズの運営会社はというと、株式会社LIFULLです。こちらは2017年4月1日に株式会社ネクストから社名を変更しました。東証一部上場企業であるため、信頼性の高い会社と言えるでしょう。

ライフルホームズに掲載するメリット

総物件数No.1(2019年1月時点、産経広告社調べ)とアピールしているライフルホームズ。物件数の多さから集客を見込める点がメリットとして挙げられます。

物件の掲載先はライフルホームズだけではなく、楽天市場やMapion(マピオン)、@nifty(アット・ニフティ)などの多くのユーザーを抱える提携ポータルサイトにも自動で掲載されます。

またライフルホームズは、ユーザーの需要に応じた条件から物件を検索できる多数の専門ページも生成しています。SEO対策の施策としても有効で、これにより検索結果の上位表示を実現しています。

ネット社会である現在は、スマホユーザーも増加し、片手間で不動産探しをする人も増えています。そこで、ライフルホームズは空き時間等を利用して簡単に物件を検索できるスマホサイトやアプリの提供もしています。

このように掲載物件数の多さと、多数の提携サイトとの連携、多彩なサービスを提供しているライフルホームズは高い集客率を誇るのです。

売却査定を受けるシステムも導入

また、不動産売却を検討するユーザーから売却査定を受けるシステムも導入されています。その名も「不動産売却査定サービス」です。ユーザーの不動産売却に関する条件と不動産会社をマッチングさせ、査定を行います。

ただ、このサービスには「実名査定」と「匿名査定」の2種類の査定機能があり、匿名査定を使用するユーザーとしては、「余計な営業の問い合わせを受けたくない」という思いがあるようです。

しかし、査定した際に詳しい話を聞きたくなった場合には、その会社にユーザー自身から問い合わせることが可能となっているため、魅力的な査定を提案すると、多くのユーザーから売却依頼を受け取ることができるでしょう。

自社ホームページやスマホ向けサイトの作成、業務効率化のサポート、来店率を向上させるセミナーの開催など、不動産会社に向けてのサポート体制が整っていることもライフルホームズを利用するメリットです。

ライフルホームズの掲載料金

問い合わせ課金プラン

メールや電話による問い合わせ件数に合わせた課金システムになります。つまり、問い合わせの多い時は多くの広告料が発生し、逆に問い合わせが少ない場合は広告料の削減が可能になるプランです。

問い合わせ課金プランに登録した場合、月額15,000円で物件の掲載件数が無制限となります。

掲載課金プラン

物件の広告枠数によって掲載料が決定します。賃貸物件なら5件から。売買・投資物件なら1件から掲載できる契約プランがあります。

掲載課金プランを利用することで、広告にかかるコストを一定に保つことができるため、月々の広告費の予測や管理に大いに役立つ課金プランです。

掲載課金と反響課金

掲載課金とは、広告枠の数に応じてコストが発生する課金システムです。一方、反響課金とは、問い合わせの数によりコストが発生する課金システムです。

ライフルホームズでは、「問い合わせ課金プラン=反響課金」と「掲載課金プラン=掲載課金」の両方の課金システムを採用しています。

ライフルホームズの掲載までの流れ

物件を掲載するためには、まずライフルホームズへの入会申し込みをしなくてはいけません。そして入会申し込みより7営業日ほどの審査を経て、LIFULL HOME’Sに掲載することができます。

ライフルホームズへの掲載で集客効果はあるか

掲載物件数業界最大級を誇るライフルホームズ。都会エリアよりは地方エリアの不動産会社の取り扱いに特化しています。

物件数が多いため、その分自社の優位性を示す工夫が反響獲得のコツになりますが、ポータルサイトでの反響率を向上させる方法を知らない方も少なくありません。しかし、ライフルホームズでは、専任チームやサポートデスクによる反響を獲得するための支援を行っており、集客率アップが期待できます。

ただ、先に記述したとおり、反響課金(問い合わせ課金プラン)も採用しているため、問い合わせ件数によっては予算を大幅に超える可能性もあります。問い合わせに応じて、成約数も伸びれば問題はないのですが、ユーザーは必ずしも成約するとは言い切れません。

それでも、膨大な数の物件を掲載しているライフルホームズでは、自社所有物件が多くのユーザーの目に留まる可能性が大いにあります。そこでサポートデスクや専任チームの指導を受け、しっかりとした工夫を行った物件を紹介することで、多くの反響が期待できるでしょう。

また、ライフルホームズへの掲載だけでなく、

  • 他不動産関連に特化をしたポータルサイトへの掲載で認知度アップ
  • グーグルマイビジネスを活用した誌名検索対策
  • SEO対策で商圏内ユーザーへのアプローチ
  • ポジショニングメディアで受注に近いユーザーを創出、集客

など多角的且つ自重成長を見越したWebマーケティング戦略を取り入れることで、売上を安定的にあげられる体制を構築することが大切です。
全研本社では、不動産業界をはじめ7000以上のWeb集客実績を残してまいりました。

特に地域で不動産に関して相談するならこの会社であるというようなブランディング、商圏内シェアを広げて撰ばれ続けるWeb戦略にご興味があればお役立ちできます。

お気軽にご相談くださいませ。

集客のご相談はこちら

不動産ポータルサイト・広告媒体について調査!掲載時の比較検討の参考に

不動産・住宅関連ページ

ページトップへ