リビンマッチへ広告掲載?不動産会社が知っておくべきWEBマーケティング

リビンマッチへ広告掲載?不動産会社が知っておくべきWEBマーケティング
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら
リビンマッチ(旧:スマイスター)は、10年以上の運用実績を誇る国内最大級の不動産ポジショニングメディアです。不動産一括査定をはじめ、賃貸管理・土地活用・リノベーションなど、さまざまなサービスを提供しています。サイト自体の年間反響数もかなり多いため、集客の観点から見ても有用です。そこで今回は、リビンマッチの特徴や掲載料金、集客方法など解説していきます。

リビンマッチの特徴

リビンマッチへの広告掲載を考えているなら、まずはサイトの特徴や集客経路をしっかり把握しておきましょう。

年間90,000件の反響実績

サービスやコンテンツの充実化により、リビンマッチは1年あたり90,000件以上の反響実績を獲得しています。単に利用しているユーザーの数が多いだけではなく、意欲的なユーザーが集まっているため、広告を掲載すれば高い集客効果に期待できるサイトです。

集客をサポートする「管理画面ツール」を提供

優れた反響実績を出しているリビンマッチですが、その反響を送ったら終わりという味気ない対応はしていません。反響から最大限の集客効果が得られるよう、集客をサポートする「管理画面ツール」を提供しています。競合他社の状況確認や反響分析、一括メール機能など搭載しているため、非常に便利です。

イエウールの集客経路

リビンマッチに訪れたユーザーがアクションを起こすまでの導線をまとめると、以下のようになります。

  1. 検索エンジン・広告・SNSなどから当該サイトにアクセスする
  2. トップページから無料一括査定を申し込む
  3. 必要事項を入力して査定を依頼する
  4. リビンマッチからの返信を待つ

この集客経路に関して自社はあまり介入できないので、その他の部分から集客アプローチを仕掛ける必要があります。

リビンマッチの口コミ評判

リビンマッチに関する口コミ評判を集めたので、こちらもご覧ください。

売却したい不動産物件の価値を知るために幾つかの査定サイトを使ってみましたが、評価内容があいまいなのが不満でした。このサイトを知った当初もさほど期待していませんでしたが、評価内容を詳しく提示してくれるので納得して確認出来たのが良いと思えた点です。複数の会社の査定結果を容易に比較出来るのも便利でしたが、売却先が短期間で見つかったのはとても驚きました。
主人の海外赴任が急に決まり、家を売ることになりました。一度に査定依頼ができる不動産売却サイトを探す中で、口コミで好評価が多かったリビンマッチを利用することにしました。時間があまりなく焦っていましたが、対応が早かったおかげで1週間で売却が決まりホッとしました。築25年の古い家でしたが、ほぼ希望通りの価格で売却することができて満足しています。

引用元: https://minhyo.jp/lvnmatch

リビンマッチの掲載料金・掲載方法

リビンマッチの案内ページによると、掲載費用0円の従量課金制となっています。いわゆる成功報酬型なので、何らかの成果が出ない限り、一切コストはかかりません。掲載料金・掲載方法の詳しい内容については公開されていないので、リビンマッチまで直接お問い合わせください。

リビンマッチにおける集客方法

ここまでの内容を踏まえつつ、リビンマッチの集客方法について解説していきます。

サポートをフル活用する

リビンマッチでは管理画面ツールをはじめ、不動産会社に向けたサポートが充実しています。担当スタッフも常時ついてくれるため、サポートをフル活用することが集客への近道です。

実はこんな手段が!不動産売買会社のWEBマーケティング戦略

バリュープロポジション

リビンマッチは反響実績が多いため、コストをかけるほど集客できる可能性も高まります。その一方、登録している不動産会社の数も多く、ユーザーが選択に悩みやすいため、なかなか成約につながらないかもしれません。

効率的に集客したいなら、バリュープロポジション(ユーザーが望んでいる自社独自の価値)を意識することが大切です。全研本社では、バリュープロポジションに基づくWEBマーケティング戦略を提案しているので、ぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ