不動産売却のポータルサイト・広告媒体について調査!【掲載検討の参考に】

不動産売却のポータルサイト・広告媒体について調査!【掲載検討の参考に】
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

広告媒体の不動産売却ポータルサイトとは何か?

不動産を売却する際には、やはり高値で売却できるようにしたいと誰もが思っているはずです。だからこそ、まずはWebで検索をしてみるという方は多いのではないしょうか?
こちらでは、不動産売却の際に大きな反響資源となる不動産売却ポータルサイトをご紹介します。

不動産売却ポータルサイトの契約や掲載料金は?

契約時のポイント

不動産売却ポータルサイトへ掲載するためには、まず契約をする必要があります。

主な契約方法は2種類あり、物件売却数に関わらず毎月もしくは期間を決めて費用を支払う「定額制」か、売却数に応じて事前に決めた割合を支払う「成果報酬型」が一般的です。
掲載を予定している物件数や価格を考慮し、どちらの方が損は無いか検討した上で契約することをオススメします。

掲載料金について

掲載だけなら無料というポータルサイトも存在します。しかし掲載できる情報が限定的な可能性があるほか、ユーザーはポータルサイトへ会員登録をしないと情報が閲覧できないなどの制約がある可能性があります。

目先の価格に捉われず、自社にとって効果を期待できる掲載方法を選びましょう。

掲載のメリットとデメリット

不動産売却ポータルサイトへ掲載するメリット

検索時に上位表示される可能性がある

不動産売却したい物件を、自社のホームページなどで公開しておくだけではユーザーの目に留まる確率は低いです。だからこそ、不動産ポータルサイトを活用することで、ポータルサイトが検索結果の上位に表示されていれば、必然的にユーザーの目に留まる可能性も高くなります。

ユーザーにとって閲覧しやすい導線がある

ポータルサイトの場合、掲載できる情報が既に決定している場合が多いため、掲載構成を考えずに気軽に掲載が可能です。これらは不動産会社に関わらず情報が統一されていることから、ユーザーも閲覧しやすく大きなメリットとなります。

不動産売却ポータルサイトへ出稿掲載するデメリット

コストが掛かる

不動産売却ポータルサイトへ掲載するとなると、コストが発生します。もちろん売却に結び付けば多少のコストは問題無いでしょうが、必ず売却できるという保証はありません。自社にとって適切な手法なのか、冷静に判断する必要があります。

不動産ポータルサイトは、地域や物件で強みが異なる

ポータルサイトの特徴は?

ポータルサイトごとに、エリアにおける強みがあります。都内近郊の地域でも、市や区といった単位で掲載数が異なるため注意が必要です。
まずは売却物件を決め、売りたい・買いたい人がいそうなエリアに強いポータルサイトを選ぶと良いでしょう。

マンションに強いのか、戸建てに強いのか?

ポータルサイトごとに強みを持つ物件の種類は異なります。戸建てに強いポータルサイトがあれば、マンションに強いものもあります。また間取りにも強みがあり、ワンルームの掲載数が多い場合や3LDK以上の家族で住むことに適している場合があるので事前に確認しておきましょう。

大手不動産ポータルサイト3選!それぞれの特徴を解説

SUUMO

https://suumo.jp/kanto/

賃貸で有名なSUUMOは、不動産売却のページも持っています。掲載にはSUUMO独自の審査に通過する必要があり、不動産売却の優良企業が多数掲載されています。

賃貸同様に全国エリアに対応しており、沿線検索も可能です。また売却のコラムが多数掲載されており、ユーザーが扱いやすいサイト構成になっています。

HOME’s

https://www.homes.co.jp/

マンションや戸建て、事業用の事務所など幅広く売買に対応しているHOME’s。エリアごとの検索はもちろん、「20階以上のタワーマンション」「子育て向け物件」のようにテーマごとに物件をまとめた検索が可能なため、理想のターゲットが物件検索をしてくれる可能性が高くなっています。

検索条件を複合的に絡ませる検索という点では非常に便利で、売買に対する条件が多いユーザーが利用しやすいサイト設計になっています。

at home

https://www.athome.co.jp/

幅広い物件を検索可能なat homeは、アプリのUIに力を入れており、Web上はもちろんスマートフォンからでも検索しやすい仕様になっています。一度売買を検討した経験がある人にとっては「あー分かる分かる」と言いたくなるような便利な検索項目が満載。

SNSの運用も盛んに行っているため、ユーザーの目に留まりやすいと言えます。

不動産売却一括査定ポータルサイトの特徴とは?

複数の不動産仲介会社に、一括で物件の査定を依頼することができます。査定依頼の際には、売却物件のさて額に基づき、売り出す不動産仲介会社を選ぶためにも有効です。
一部ポータルサイトはこの役割を担うことがありますが、手間が掛かってしまいます。そのため不動産売却に特化した一括査定サイトが利用される場合が多いです。

一括査定のメリット

どの不動産会社が良い分からない…という人にとって、情報をまとめて抽出できる一括査定は手間が掛からず便利です。無料かつ短時間で情報を把握できるという点で、活用するユーザーが増えています。

一括査定のデメリット

執拗な電話連絡やメール連絡が行われる可能性があり、都度対応する手間が発生するかもしれません。楽をしようと一括査定をしたのに、結果対応に追われてしまうという場合があります。

一括査定ができるポータルサイト

HOME4U

公式サイトURL:https://www.home4u.jp/
提携会社数:要問合せ
同時依頼社数:要問合せ
特徴:あらゆるコンテンツが凝縮されており、売買初心者であっても知名度が高くたどり着きやすい

LIFULL HOME’S

公式サイトURL:https://lifullhomes-index.jp/?_ga=2.170167528.978747460.1587702060-2061630047.1587103510
提携会社数:要問合せ
同時依頼社数:要問合せ
特徴:専属アドバイザーに電話もしくはLINEで相談可能。土日祝も対応。

イエウール

公式サイトURL:https://ieul.jp/
提携会社数:1,600社以上
同時依頼社数:最大6社
特徴:悪徳業者を排除し、ユーザーにとって価値ある業者のみを厳選。

すまいvalue

公式サイトURL:https://sumai-value.jp/
提携会社数:870店舗以上
同時依頼社数:最大6社
特徴:年間11万件を超える高い成約率を誇り、ユーザーからは安心感があると定評がある。

イエイ

公式サイトURL:https://sell.yeay.jp/
提携会社数:1,700社以上
同時依頼社数:最大6社
特徴:最短60秒で査定完了。一括査定サイトの中では最多となる登録者数を誇る。

リビンマッチ

公式サイトURL:https://www.lvnmatch.com/sell/
提携会社数:1,400社以上
同時依頼社数:最大6社
特徴:掲載会社数の状況をリアルタイムでトップページに記載。

Re Guide

公式サイトURL:https://www.re-guide.jp/
提携会社数:要問合せ
同時依頼社数:要問合せ
特徴:初期登録なく、簡単に検索画面から一括査定可能。

おうちダイレクト

公式サイトURL:https://realestate.yahoo.co.jp/direct
提携会社数:要問合せ
同時依頼社数:要問合せ
特徴:AIを活用した効率化で売却仲介料0円を実現。

実はこんな手段が!不動産売買会社のWEBマーケティング戦略

ポータルサイトでは、お金をかけるほど集客できる仕組みになっています。しかし競合する企業が多いため、制約に結び付きにくいという難点があります。その背景には、ユーザーが不動産売買会社が多いために、情報選択ができていないという現状があります。

そこで効果的なのが自社の強みを最大限発揮した上でポジションを構築できる、バリュープロポジションを基点としたWEB戦略です。お金をかけるのではなく戦略的にマーケティングをするために、バリュープロポジションのプロである全研本社に相談してみてはいかがでしょうか?

▼このページに関連したおすすめの記事:

ページトップへ