不動産業界におけるホームページ集客のコツ

不動産業界におけるホームページ集客のコツ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

インターネット環境が急速に普及している現代において、Webサイトを活用したうえで物件探しを行っているユーザーも多く見受けられます。そのため、不動産会社の経営を軌道に乗せるためには、自社ホームページからの集客方法を取り入れることが重要です。

今回は不動産業界におけるホームページ集客のコツやその他集客方法について解説していきます。

不動産ホームページでの集客はプラスαの情報提供が大切

不動産ホームページにて効率的な集客を実施するうえで、プラスαの情報提供が重要なポイントになってきます。

各種物件を検索しているユーザーは、より細かな物件情報を知るために何度も引っ越し先エリアの物件について検索を試みる傾向にあります。

そのためユーザーが訪れるWebサイトの具体例としては、大手不動産ポータルサイト【HOME’S、SUUMO 、athomeなど】をはじめ、自社サイト・競合他社サイトなど多岐にわたります。

ユーザーは自分にとって必要不可欠な情報を得るために、数多くのWebサイトにて、同様の物件情報を比較しながら探します。

では多くの不動産会社がWeb上で類似または同様の物件情報を掲載しているなか、果たして自社を選んでもらうためには、どのような工夫を取り入れる必要があるのでしょうか。

不動産業界にて競合他社に負けない集客を行うには、まず「情報の差別化」を取り入れることが重要です。

「情報の差別化」とは、他社のWebサイトには掲載されていない独自の情報を提供することを意味し、具体的コンテンツな一例は以下のとおりです。

  • 営業担当者目線からのコメント
  • 物件にまつわるメリット/デメリット
  • 周辺環境
  • 物件の画像
  • 周辺環境の画像
  • 物件の動画
  • パノラマ動画 など

これらプラスαの情報提供を意識したうえで、大きな成果を獲得できる集客の実現を目指しましょう。

不動産会社のホームページ集客に必要な施策

ホームページ開設・運用と合わせて取り入れたい集客方法とは

不動産業界において大幅な売り上げ向上を図るためには、果たしてどのようなホームページ集客の施策を取り入れればよいのでしょうか。

ここでは、不動産会社のホームページ集客に必要な施策について、具体的な種類をあげながら解説します。

SEO

SEOとは、自社ホームページをYahoo!やGoogleなどをはじめとした検索エンジンで、検索上位に表示されるよう取り組む施策のことを指します。また、SEO対策を取り入れたうえで自社ホームページの検索表示向上を目指すことは、さまざまなメリットを獲得することにつながります。

不動産会社のホームページでSEO対策を導入するメリットについては以下のとおりです。

  • 自社ホームページの集客力強化を図れる
    SEO対策に費やした時間や労力が、そのまま自社の強みとなる。
  • 長期間にわたる安定的な集客を実現できる
    SEO対策は、即効性よりも安定性に特化している。
  • ブランディング効果を期待できる
    「渋谷の賃貸不動産業者といえばここ!」や「梅田エリアのマンション探しならこの不動産会社」など、自社全体のブランディングを構築できる。
  • 見込みの高いユーザーをピンポイントにて集客できる
    地域名・物件名や不動産知識について検索したユーザーが集まりやすい

効果的なSEO対策を取り入れたうえで、自社ホームページからの集客率向上を図りましょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、各種検索エンジンで特定キーワードを検索した際に、上部および下部に表示される広告のことを指します。

また、リスティング広告は、「別名:検索連動型広告」と呼ばれることもあり、ターゲットユーザーがクリックすると同時に課金される仕組みとなっています。

リスティング広告は、不動産業界のWeb集客において欠かせない要素のひとつです。とくに、以下の理由から、多くの不動産会社が積極的にリスティング広告を取り入れている傾向にあります。

  • 安定したアクセス数の確保ができる
  • 業績の安定化につながる
  • 広告運用の自由性が高い
  • 効果の検証が容易にできる

業績の安定化やお問い合わせ件数の向上を図るためにも、リスティング広告の導入を検討しましょう。

SNS

SNS集客とは、TwitterやFacebookをはじめとしたSNSにて自社アカウントを作成した後、ユーザーにとって有益なコンテンツを定期的に発信する集客方法のことを指します。

SNSは、数多くの人が利用するコンテンツであり、日常的にSNSを閲覧しているユーザーも珍しくありません。各種SNSでこまめな情報発信を意識することは、SNSユーザーの目に触れる機会を増やすことにつながります。

またSNS上で有益なコンテンツを発信し続けることで、自社の取り扱う物件に対して関心を持ってもらえる可能性を高めることも期待できます。

ただしSNSを活用した集客では、各種サービスによって利用しているユーザー層が大きく異なることに注意を払う必要性があります。

自社が求めるターゲットユーザー層が多いSNSを選んだうえで、対象となる顧客のニーズや悩みにマッチした情報を発信できるよう意識しましょう。

ポータルサイト

不動産向けに特化したポータルサイトとは、各種不動産会社が取り扱っている物件情報をポータルサイトへ掲載することにより、ユーザーへの物件紹介を仲介するWebサイトのことを指します。

また近年、インターネットを活用したうえで物件探しを進めるユーザーの多くは、不動産向けのポータルサイトを利用している傾向にあります。

ただし賃貸情報サイトやポータルサイトに掲載されている物件は多岐にわたるうえ、同様の物件を他の管理会社が仲介しているケースも珍しくありません。

そのため、不動産向けポータルサイトで各種ユーザーに自社を選んでもらうためには、他社が掲載している情報との差別化を図ることが必要不可欠です。

たとえば「360度カメラや高画質な物件画像・動画などにて物件の詳細を紹介する」や「周辺施設の情報や利便性などをわかりやすく解説する」など、さまざまな工夫の取り入れを検討してみましょう。
不動産のポータルサイト・広告媒体について比較調査!掲載時の参考に

ポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください
「広告コストに制限が設けられている」や「強力な競合が存在する」などのシチュエーションに該当する場合、ターゲットユーザー(見込み顧客)に向けてポジショニングメディアから情報発信することをおすすめします。

ポジショニングメディアとは、特定のジャンルや地域エリアに特化した複合型Webメディアのことを指します。ポジショニングメディアは、ポータルサイトと類似する要素が多いものの、自社の強みが伝わりやすい導線設計となっているため、自社独自の立ち位置を確立することが可能です。

またポジショニングの構築を成功させることにより、競合他社との明確な差別化を図ることができます。さらに競合他社との明確な差別化を図ることは、自社サイトへの流入増加を狙える一方、取り扱い物件への関心の向上や、各種お問い合わせにつながる可能性も高まります。

当社では、ポジショニングメディアをはじめとしたマーケティング戦略全般において、約120業種以上のWebコンサルティング実績に有しています。

「狙うべきポジションや自社の強みがわからない」といった悩みを抱えている経営者様や担当者様は、一度当社までご相談ください。

ポジショニングメディアとは?

不動産会社のホームページ集客成功に必要な要素は反響の質

ホームページ集客におけるポジショニングメディアの重要性

不動産業界では、やみくもな集客施策はあまり意味がありません。単に、やみくもな集客施策を実施するのではなく、数はたとえ少なくとも良質な反響の獲得につながる集客を徹底することが重要です。

また質の高い反響の獲得を目指すことは、商談率や成約率の大幅向上にもつながります。

なお良質な反響を得るためには、自社の強みや不動産業界の性質にマッチした集客施策を見出さなければなりません。そのため、まずは、各種集客施策の特性・効果・導入の目的・運用方法・他社の過去事例などについて理解を深めることを意識しましょう。

不動産業界におけるホームページ集客のコツ

不動産のホームページ集客では、オリジナリティを含めた情報の提供による競合他社との差別化を図ることが重要です。

キャククル運営元、全研本社では不動産業界をはじめ120業種以上のWebマーケティング実績がございます。
どうしても不動産業界だと物件ありきの集客手法がメインになりがちですが、この地域に詳しい不動産屋にイチから相談したいというコントロールの効く顧客創出が可能です。

もし、物件数ではない自社ならではの強みを活かしたマーケティング戦略の展開をお考えでしたらお気軽にご相談ください。

当社ではこれまでに、さまざまな業界・ジャンルで約7000件以上のWebコンサルティングを行って参りました。クライアント様に最適な集客方法を提案していますので、不動産業界の集客にお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ