リフォーム業がホームページ制作時に考えたい「集客」について

リフォーム業がホームページ制作時に考えたい「集客」について
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ホームセンターや家電メーカーの参入増加により、住宅リフォーム業界の競争はますます激しくなっています。この状況でリフォーム会社が生き残るためには、強力な集客ツールを手に入れることが大切です。そこで、今回は集客できるホームページの条件や作り方、注意点などを解説していきます。

リフォーム案件の集客を狙うならただホームページを制作するだけではNG

情報収集がインターネット中心で行われている現状、ホームページは集客ツールとして役立つ存在です。しかし、ただ単にホームページを作っただけ、持っているだけでは集客できません。ホームページに人を集めるだけでなく「問い合わせ」「資料請求」といった具体的な成果が出るかどうかが大切です。

住宅リフォームは施工内容にもよりますが、基本的に数十万~数百万円かかるサービスです。ユーザーにしてみれば高い買い物なので、当然ながら信頼できるリフォーム会社を選びたいと考えます。そこで、ユーザーは情報収集に奔走しますが、情報源として参照されやすいのが他でもないホームページです。

リフォーム会社は複数の候補から選ばれるケースが多いため、問い合わせを獲得したいなら、競合他社より優れたホームページを作る必要があります。

一体どんなホームページを作ればいいのか、集客の観点から解説するので、引き続き記事をお読みください。

集客できるホームページ制作の基本

リフォーム会社のホームページ制作にあたって、最も大切なのはユーザーにとって使いやすく、なおかつ魅力的なページを作ることです。流行りのデザインを導入することも大切ですが、視認性・操作性を高めたり、求められる情報を掲載したりするなど、基本ができていないとホームページからの集客は望めません。

また、競合他社より優れたホームページを作るためには、差別化を意識する必要があります。そして、差別化を図る上で、必ず覚えておきたい知識が「バリュープロポジション」です。

  1. ユーザーが望んでいて
  2. 競合他社は提供できない
  3. 自社だけが提供できる価値

このような考え方をバリュープロポジションと言います。リフォーム会社に合わせて言い換えれば「自社独自の強み(技術・サービスなど)を見出し、それを望んでいるユーザーに提供する」ということです。

バリュープロポジションがないと上手く差別化を図れないので、自社の魅力も伝わりにくくなってしまいます。特に住宅リフォーム業界は参入企業が多いため、しっかり魅力を伝えないと数ある選択肢の中に埋もれてしまいかねません。

よくあるホームページ制作会社の特徴として、立派なホームページは作れるが集客やクライアントのポジションに適したサイトになっていないということがあります。
せっかくよいホームページを作ったとしてもユーザーに見られもしなければ、ただの無駄になってしまいます。

このバリュープロポジションに基づいて、ホームページ制作の重要ポイントをまとめたので、こちらも合わせてご覧ください。

ペルソナ設定をする

ペルソナとは直訳すると“人格”という意味ですが、マーケティングの観点から言うと「商品・サービスを購入する顧客の中で、最も理想的な人物像」です。ペルソナ設定では、以下のような架空の人物像を作り上げます。

  • 山田一郎 世田谷区在住 40歳男性
  • 妻・長男・次男の4人暮らし
  • 7年ぶりに次男が生まれたばかり
  • 一戸建てに住んでいる
  • 世帯年収は800万円ほど
  • インターネットを多用する
  • 家族の増加に伴い、間取りを変えたいと考えている

ペルソナを設定する場合、過去の顧客データや業界動向をチェックすることが大切です。どんなユーザーがリフォームを依頼しているのか、特徴や共通点を見出すことによって、的確にペルソナを作成できます。

自社に合ったペルソナを設定することで、ホームページのデザインや導線設計の方向性が見えてきます。

コンテンツ視点でもそのペルソナが検索しそうなキーワードに沿って準備をすることが出来れば、より親近感の湧く内容にすることができます。

市場分析をする

集客できるホームページを作りたいなら、市場分析が大切です。自社の商圏内にリフォーム検討中のユーザーがどれだけいるのか把握できれば、やるべき戦略が見えてきます。特にリフォーム会社は地域名と合わせて検索されやすいため、エリアマーケティングを意識しながら制作したいところです。

また、どんなリフォーム依頼が多いのか、ニーズを把握することも重要になってきます。水回りや増改築など地域名以外のキーワードでも検索されるため、それに合わせた戦略をとれば効率よく集客することが可能です。

検索キーワードや検索ボリュームを調べたい場合、Googleのキーワードプランナーなど調査ツールが役立ちます。月間どれだけWeb上で検索をされているのかといった、大まかな数字もチェックできるので、ぜひ活用してみてください。

競合分析をする

ホームページ制作では、市場分析に加えて競合分析も重要となってきます。自社の強みを見出すためには、まず競合他社を知る必要があるからです。

競合他社は大きく分けると、直接競合と関節競合の2つがあります。わかりやすく説明すると前者は同業者、後者は同じようなメリットを提供する他業者(建設業・サービス業など)といったところです。直接競合はもちろん、インターネットの発展により間接競合も無視できない存在になってきています。

例えば、ポータルサイトや一括見積サイトは直接的な競合ではありません。
しかし、Web上では狙いたい市場に対してすでに参入されているのであれば、Web上での競合にはなります。

効率的に集客したいなら、2つの競合を徹底的にリサーチした上で、自社が勝てるジャンルを見極めることが大切です。
競合他社が参入しにくい独自のポジションを作れば、自社の強みも伝わりやすくなります。

取りたいリフォームジャンルごとのページを用意する

リフォーム会社のホームページを訪れるユーザーは、当然ながらリフォームに関する情報を欲しています。施工メニューや費用はあくまで基本的な情報なので、自社の魅力を伝えたいなら商品・サービスの紹介ページを作るのがオススメです。

リフォーム会社の場合、トイレやお風呂などジャンルごとに紹介ページを用意すれば、どんなリフォームができるのか明確に伝えることができます。また「トイレリフォーム 地域名」といった検索キーワードで上位表示を狙えるため、一石二鳥のアプローチです。

商品・サービスの紹介ページを作る際は、説明文や写真に加えて、実際の施工事例や口コミも掲載しましょう。リアルな内容を伝えることで、ユーザーから信頼を得やすくなります。

売れるホームページ制作・集客がしたいなら

リフォーム会社がホームページ集客を行う場合、バリュープロポジションに基づく差別化、および自社の魅力を伝えるコンテンツ提供が大切です。

全研本社では、ホームページ制作やその業界ならではの勝率の高い集客戦略をご提案しています。「マーケティングに強いホームページや集客方法があれば、もっと集客できるかも…」などお悩みでしたら、ぜひ一度ご相談ください。貴社の事業フェーズや競合状況を踏まえつつ、貴社が最も売れるマーケティングソリューションをご案内いたします。

ご相談者様限定!

Web集客経験7000社分のノウハウを活かした市場調査資料プレゼント中!
コンサルが勝てる市場競合情報をお伝えします。

無料相談はこちら

▼このページに関連したおすすめの記事:

ページトップへ