「儲かる行政書士」の経営戦略に必要なこととは

「儲かる行政書士」の経営戦略に必要なこととは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

行政書士が設けるために必要な経営戦略

行政書士が対応できる業務の需要は高いですが、行政書士の数がそもそも多く、また、弁護士・税理士・司法書士などの士業の数も多いため、儲からない場合も多々あるのが現状です。儲けることは悪いことではなく、儲からないと家族を支えることもできません。

食える行政書士になるためには、やるべきことを堅実にやることが求められます。以下、儲かるためにはどうすべきかを紹介します。この記事を見るのと見ないとでは大違い。10年後の事務所経営に大きな影響を与えるかもしれませんよ。賢い人なら戦略的に動くのがいいというのは分かっているはずです。

支出を抑えて毎月の売り上げに振り回されない

許認可業務や相続・遺言業務など行政書士の業務内容は、スポット的なものが多いです。儲かる月は売上100万円以上のときもありますが、儲からない月は売上20万円以下なんてことも。

月々の売上の浮き沈みが激しい、行政書士事務所の経営を成功させるためには、支出を抑えることがポイントです。

  • 賃料が高すぎる賃貸物件を利用しない
  • 売上が低いときや独立したての頃は自宅開業を選ぶ
  • 不必要な従業員を雇わない
  • 特別控除を受けられることもある家族に働いてもらう
  • 高額なリース商品は中古品にする、たとえばリース料が高いコピー機を中古品にかえる

などの対策があります。

行政書士事務所の運営を安定させるには広告費をケチらない

仕事の依頼を受けるには、広告が大切なのはいうまでもないでしょう。儲かっている企業で広告を全くしていないところはないはずです。宣伝費用が馬鹿馬鹿しいと考えているのは行政書士事務所が儲からない理由になりえます。

インターネット社会で注目されている集客方法が、ネット広告です。ネット広告では、ホームページやWEBページを上位に表示させるテクニックであるSEO対策が必要。効率よく集客するためには、狙ったキーワードの上位3位に入る必要があります。

検索上位に入るには、ユーザーの利便性を最優先にしているホームページやWEBページだとグーグルに評価される必要があり、「検索上位になる行政書士事務所は信頼できる」と多く人が理解しています。

行政書士業界の現況

現在の行政書士業界は、需要より供給の方が多い傾向があって、「報酬単価の低下」「事務所間の競争の激化」が起きており、それに対応するため、各行政書士事務所はさまざまな対策を行っています。

行政書士が取れる対策は、たとえば儲かる分野に先んじて精通し独自の得意分野を持つことが挙げられます。ちょっと昔ならドローン許可申請に先んじて対応できるようにした先生もいます。他には、競合事務所にはないオプションを付けて差別化を図るという対策をした人も。

差別化でいうと、他の資格、たとえば司法書士・社労士・宅建・FPなどの資格を取り、一般的な行政書士より業務範囲より広げるという方法もあります。

行政書士業界では食える行政書士と食えない行政書士がいる

平均年収は600万円程度といわれているのが、行政書士です。組織化して規模を多くしたり、効率的な集客をしたりして、年収2,000万円以上の先生もいますが、副業的に働いたり高齢で活動を控えたりしている場合は年収100万円以下ということもあります。

行政書士の収入格差が、今後、改善されることはあまり期待できません。それはスポーツ業界や芸能界と同じように実力主義の世界だから。他の士業と比較して、参入障壁が低いため、新しい人がどんどん業界に参入するので競争が激しいです。

会社勤めのように、優秀な人が稼いだ分を回してもらうことは期待できません。行政書士事務所の経営を安定させるには、スキルを磨くことはもちろん他の専門家に頼ることも大切です。

儲かる行政書士の特徴と儲からない行政書士の特徴

儲かる行政書士になるには、

  • 儲かっている行政書士を真似る
  • 社会人としてのマナーを守る
  • 営業する(飛び込み営業やネット営業)
  • 人脈をつくる(行政書士会の勉強会・異業種交流会・地域の行事など)

などが必要です。成功者の真似をするのは成功への近道だというのは、行政書士業界だけではなくどの業界でも同じことがいえます。

お客さんが行政書士に支払う費用は決して安くはありません。専門家には高額費用がかかるのが当然、とばかりにふるまっていては、そもそもお客さんを増やすこと自体が厳しくなります。
行政書士事務所が儲からない理由は、儲けるために最低限必要なことができていないからである、と言い換えることもできます。

あるいはご自身の商圏に「どうひっくり返っても勝てないライバル事務所がある」というケースもあるでしょう。だからといって諦めていては、いつまで待っても儲かる事務所にはなりません。競合に勝てる要素をつくるか、事務所を移転して商圏を変えるしかありません。

「儲かる行政書士」の経営戦略まとめ

行政書士事務所の経営を安定させるには、ご自身が得意としている分野や比較的報酬がいい分野に特化するなど、まず事務所のブランディングを優先すべきです。併せて、集客力を上げるために、SEO対策を行ったホームページを整備、リスティング広告のためのLP制作やwebメディアへの掲載など、打ち手はたくさんあります。

ただ行政書士としての業務の合間に、集客に時間を割くことはなかなか難しいものです。したがって経営が軌道に乗るまでは、集客のプロ、マーケティングのプロと連携することをおすすめします。

バリュープロポジションを活かしたweb戦略

自社にしかない強みや競合に勝てる優位性のことを「バリュープロポジション」といいますが、この強みを活かした「ポジショニングメディア」という施策を弊社では推奨しています。

地域名や業務内容などのキーワードでのSEOを意識したポジショニングメディアを活用すると、特定したエリアで行政書士を探しているユーザーにアプローチができます。

このポジショニングメディアに関してあっという間に読める簡単な資料にまとめてありますので、ご興味があるかたはどうぞご覧ください。

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアの紹介資料

WEBマーケティング戦略のひとつである、バリュープロポジションと弊社のWEBサービス「ポジショニングメディア」について、わかりやすい資料にまとめました。すでにポジショニングメディアを導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

ポジショニングメディア資料

さらに行政書士のweb集客に関して掘り下げているページもあります。下記よりどうぞ。

行政書士の集客アップ・売上アップの戦略を詳しく知りたい方はこちら!

ページトップへ