治療院がホームページで集客する方法

治療院がホームページで集客する方法
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

治療院の業界では、ホームページなどWEBを使った集客が当たり前のものになっています。WEBを使うのは当然で、他院よりも効果的に行うことで、はじめて集客につながる、という状況です。

では、他院に顧客を奪われることなく、新規顧客をホームページで獲得するには何が必要なのでしょうか。

治療院のホームページで集客する方法

まずは、ホームページを見た見込み客の反響を得て、予約や来院につなげるためのポイントを押さえておきましょう。

まず商圏の確認と自院の強みを理解する

まずは、あなたの治療院の商圏を確認することから始めましょう。商圏とは、来院する患者さんの住んでいるエリアのこと。どれくらいの距離の住人を対象に自院をアピールするのか、把握することが大切です。

同時に、自院の強みが何か、どんなことをアピールして来院の動機にしてもらうのかを明確にしておきましょう。ただ「治療院がここにあります」「こんなメニューがあります」ということを掲載しても、それだけでは来院の動機にはなりません。

「こんな治療が得意です」「通いやすい立地・営業時間です」「これだけの実績があります」など、他院との違うポイントを見つけて、それが刺さるターゲットに情報が届くようにすることが大切なのです。

既存の顧客に強みを訊いてみる

いま来院している患者さんに、なぜ自院を選んだのか、アンケートをとってみたり質問してみたりするのも一つの方法です。顧客が治療院を選ぶ理由は、そのままその院の強みだったりするのです。

商圏と自院の強みがわかると、どのエリアの、どんな見込み客にアピールすればいいのか、というホームページ作成の方針が定まります。

治療院の集客における、インターネットのユーザー導線

ただホームページに自院の強みを掲載するだけでは、来院につながりにくいのも事実。インターネットでの集客には、ユーザー導線を意識することも大切です。見込み客がホームページを見て、どんな治療院なのかを知り、フォームやメール、あるいは電話で予約するところまで誘導できるようなサイト作りが肝要です。

自分でWEBサイトの設計をすることもできますが、治療院の集客サイトを専門にしているコンサルタントやWEBデザイナーに依頼するのも有効な方法です。

治療院ホームページに必要な内容

では、ホームページには具体的にどのような情報が必要なのでしょうか。最低限必要なものとして、以下のものが挙げられます。

施術メニューと料金を整理

来院することで、どんな施術を、どれくらいの料金で受けられるのか分かりやすく示します。コースやプラン、所要時間など、具体的な内容を書いた方が伝わりやすくなります。

なお、追加料金が発生する可能性があれば、それも予め示しておきましょう。追加料金の有無がわからなければ、見込み客の不安を煽ることになります。不確定な情報があれば、それだけ見込み客は離脱しやすくなります。

施術の内容については、写真を交えながら紹介することで、施術のイメージがしやすくなります。カウンセリングや受付の様子など、施術の前後も含めた流れの説明があればより効果的です。

治療院の動画による集客も活用しよう

また、施術内容を動画で紹介するのも効果的です。写真よりもよりイメージがしやすくなり、安心感を持たせることができます。

もちろん施術内容だけでなく、院内の雰囲気や、スタッフ・院長のインタビュー、自己紹介動画などもよいでしょう。

web集客には欠かせない、治療院のお客様の声(口コミ)

いまや治療院や美容院など、さまざまなサービスで口コミを参考にしてお店を決めることが多くなりました。治療院のweb集客でも、口コミや評判の声は重要です。ホームページでアピールしている自院の強みが、患者目線でも感じられるということを証明する効果的な方法です。

逆に、口コミやお客様の声がないと、安心して治療が受けられる治療院なのかわからず、来院をためらってしまうケースがあります。 既存の患者さんからアンケートを取ったり、インタビューをしたりして、お客様の声を集めたコンテンツを掲載しましょう。

施術者と院長のプロフィールを載せる

院長や施術者の顔が見えることは、治療院選びでチェックされることが多いポイント。丁寧さや誠実さ、優しさなどを、プロフィールや写真でアピールできるチャンスでもあります。

堅いプロフィールだけではなく、プライベートな部分や家族のこと、スタッフとの親しい雰囲気などもあれば、より柔らかい雰囲気が伝わります。 また、女性の見込み客にとっては女性スタッフがいるかどうかも気になるポイント。もし女性スタッフが在籍していれば、それもわかるようにしておくとよいでしょう。

予約の仕方とアクセスマップを載せる

施術内容やスタッフ、料金などが良いと感じても、予約の仕方や行き方が分からなくては見込み客は離脱してしまいがち。「ここに行ってみようかな」と感じた見込み客が、スムーズに予約や問い合わせができるような設計が大切です。

必ず用意しておきたいのは、予約・問い合わせフォーム。24時間いつでも予約や問い合わせができるので、日中の連絡が難しい方でも気軽に予約ができます。どのページからでも予約フォームにアクセスできるように、バナーやボタンを設けるとよいでしょう。

もちろん電話予約を好む客層も存在するので、電話番号や受付時間、定休日も分かりやすく書いておきましょう。

SEO対策でネット集客を加速

優れた内容のホームページがあっても、見込み客がそのページにたどり着かなくては意味がありません。検索した見込み客の目に触れるように、検索結果の上位にホームページが表示されるための、SEO対策が必要なのです。

ホームページがあっても上位表示しなければ意味がない

SEO対策は、特定のキーワードで検索したときに自サイトが上位に表示されるような対策のこと。アピールしたいターゲットを定め、どんなキーワードで検索されるのかを分析・予想し、そのキーワードを効果的に使ったホームページを作ることで、上位表示されやすくなります。

Googleのキーワードプランナーというサービスを使えば、どんなキーワードが多く検索されているのか分かります。これを使って、狙うキーワードの選定をするのもよいでしょう。

ホームページ+ポジショニングメディアで集客を最大化

自院だけでなく、地域やサービスのポータルサイト・ポジショニングメディアを活用することも大切です。

例えば、FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSを使った情報発信はより見込み客の目に留まりやすくなります。顧客による情報のシェアも期待できます。

また、エキテンなどの地域のポータルサイトに情報を掲載することで、特定の地域で治療院を探している見込み客へアピールすることもできます。

ホームページだけでなく、他サイトやサービスとの連携も上手に活用しましょう。

ページトップへ