病院やクリニックのSEO対策を知って集患効果を高めよう

病院やクリニックのSEO対策を知って集患効果を高めよう
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

SEO対策の概要と特徴

各種病院サイトを活用したWeb集客の取り入れを検討する際は、あらかじめSEO対策の基本となる知識について十分に理解・把握しておくことが大切です。

ここでは、SEO対策にまつわる具体的な概要と特徴について解説します。

SEOの意味と具体的な概要

SEOとは、「Search Engine Optimization」の頭文字から構成された言葉のことを指し、いわゆる「検索エンジン最適化」です。

また意味合いとしても「第三者がインターネットにて特定のキーワードを検索した際に、自社サイトが他サイトよりも上位に表示される状態にする」といった意味合いが含まれています。

つまり、SEOに準じた対策を取り入れることで、自社サイトまたは自社コンテンツが検索者の目に留まりやすい状態へと導くことが可能になります。

SEO対策を取り入れる目的とは

SEO対策を取り入れる目的とは、自社のWebサイトまたはWebコンテンツを上位化させたうえで、自社サイトへの検索流入を促すことにあります。

また、自社サイトの上位表示に加えて、自社が達成したい最終目標である予約の獲得やお問い合わせ、知名度の向上といった病院経営目標をクリアにするための支援につなげることが、SEO対策の本質的な目的といえるでしょう。

実際に多くの企業では、SEO対策導入の最終目標として、自社商品・サービスの購入および自社へのお問い合わせといったポイントを掲げています。

SEO対策に最適な記事のポイント

SEO対策に最適な記事やコンテンツを作成することは、自社サイトの上位表示を促すことにつながります。また、自社の市場にまつわる概要や特性を十分に理解したうえで、自社市場にマッチしたコンテンツや記事内容の作成を心がけることも重要です。

ここでは、SEO対策に最適な記事のポイントについて解説してゆきます。

オリジナルコンテンツ

オリジナリティー溢れる記事やコンテンツは、各種検索エンジン(主にGoogle)から高い評価を受けやすい傾向にあります。

そのため、独自調査の結果(実験またはアンケートなど)や自社の考え・経営理念など、自社だからこそ提供できるオリジナル情報を積極的に記事や各種コンテンツに反映してゆきましょう。

わかりやすい説明と構成

常に、オリジナルコンテンツを提供し続けることは、非常に難しい行為・施策だといえます。ただし、他人が執筆した記事であっても、工夫を取り入れながら引用を試みることで、文章の説明または構成をわかりやすく伝えることが可能です。

また、他サイトよりわかりやすい記事・コンテンツに仕上げることは、各種ユーザーに対して有益な情報を提供することにもつながります。その結果、自社サイトへのアクセス数増加や検索エンジンからの評価アップなどを見込むことが可能となるのです。

信憑性の高い情報の発信

SEO対策を取り入れるうえで、まずは、信憑性の高い情報の発信を心がけることが重要です。たとえば、嘘や根拠のない情報を発信することで、検索ユーザーが有益な情報として間違って受け取ってしまう危険性が潜んでいます。

また、信憑性に欠ける情報を発信し続けることは、自社サイトの検索表示位置を大幅ダウンさせることにもつながりかねません。

病院およびクリニックサイトに適したSEO対策とは

病院およびクリニックサイトに適したSEO対策とは

病院およびクリニックにてSEO対策の導入を検討する際は、あらかじめ病院関連市場に適したSEO対策の概要または特徴について入念にチェックしておくことが重要です。

ここでは、病院およびクリニックサイトに適したSEO対策の具体例について解説します。

ユーザーにとって優良なコンテンツを制作する

価値の高い情報またはコンテンツを提供するためには、ターゲットユーザーが求めている「役に立つ情報」「知りたいこと」「検索キーワード」「Webサイトの使いやすさ」など、まずはユーザー視点にて置き換えたうえで、あらゆる施策を考えることが大切です。

また、各種クリニックや病院においては、「差別化を目的としたコンテンツ」と「表現や内容で明確に差が出るコンテンツ」の2点を意識したうえで、サイト運用を継続してゆきましょう。

前述にて述べたポイントは、SEO対策に必要不可欠な要素となる一方で、「他院との差別化」や「病院・クリニックの信頼獲得または集患」などにも大きな効果を発揮します。

「差別化を目的としたコンテンツ」と「表現や内容で明確に差が出るコンテンツ」の具体例については以下のとおりです。

差別化を目的としたコンテンツ

  • 健康や医療に関する情報
  • 病気または治療法にまつわる具体的な説明
  • 受診可能な検査や専門外来の紹介
  • 季節性の病気に関する話題を取り扱った記事

など

表現や内容で明確に差が出るコンテンツ

  • 院長の挨拶 / スタッフの紹介
  • 診療方針の説明
  • 院長の略歴・経歴などの紹介
  • 各種設備または院内の紹介
  • 自院が掲げるコンセプト

など

「ロングテールSEO」を上手く活用する

ロングテールSEOとは、あらかじめ定めたキーワードのみで上位表示を狙うのではなく、関連するキーワードを上手く活用したうえで、自院サイトの表示位置向上を目指すSEO対策のことを指します。

また、ロングテールSEOを取り入れることは、より幅広い層のユーザー獲得を実現することにもつながります。

たとえば、「渋谷 産婦人科」といったキーワードにだけSEO対策を行うのではなく、「渋谷 産婦人科 妊娠検査」などのロングテールキーワードで検索された場合にも検索ランキングの上位に表示されるよう工夫することが重要になってきます。

理由としては、「渋谷 産婦人科」は多くの人が様々なニーズを持って検索する検索回数が多いキーワードであるため、どの産婦人科も集患やブランディングのために上位表示させておきたい競合性が高いキーワードです。

それに対し、「渋谷 産婦人科 妊娠検査」となると妊娠検査をしたいユーザーのみが検索するキーワードなので、検索回数が少なく、そのキーワードを狙う競合数が少なくなる傾向があるため、上位表示がさせやすいという特徴があります。

また、自院の強みやユーザーに選ばれる診療科目に合わせたロングテールSEOを行うことで、欲しい患者に絞った集患が可能です。

「ローカルSEO」の導入を図る

ローカルSEOとは、特定地域にまつわる検索結果において、自院サイトを上位表示へと導く対策のことを指します。

「地域名+キーワード」といった組み合わせにてヒットする内容がローカル検索結果であり、各地域・エリアと直接結びつく重要な要素でもあります。

たとえば、「病院+鳥取」で検索した場合、鳥取周辺エリアの情報が上位表示されます。同様に「産婦人科 島根」といった検索キーワードに関しても、島根周辺産婦人科が検索結果に表示されます。

このようにローカルSEOの取り入れることは、地域密着型ビジネスの集客施策としては欠かすことのできない要素です。

また、ローカルSEOは県域レベルだけでなく、駅レベルや町村レベルでも可能です。ローカルSEOの対象とする領域は、現状の患者が来院してくれる現実的な距離を考慮すると集患に直結しやすくなります。

もし広域的にやるのであれば、高難易度におけるSEO対策リソースの準備及び広域内で上位表示した際に遠方でもなぜ自院に来るべきかという強い理由付けを準備しておく必要があります。

病院やクリニックがSEO対策を取り入れるメリット

病院やクリニックがSEO対策を取り入れるメリット
病院やクリニックがSEO対策を取り入れることは、さまざまなメリットを得ることにつながります。

集患率の向上

病院やクリニックが運営するWebサイトに売上に直結するキーワードを目標としたSEO対策を取り入れることで、集患率の向上を図ることが可能です。

また治療目的で検索をしてすぐに予約や問い合わせにつながってくれるユーザーもいれば、病院をまだまだ探している段階だが視野に入れておきたい病院をピックアップしておきたいというすぐに予約にはつながらない未来の見込み顧客へのアプローチが可能になります。

優れた費用対効果

病院やクリニックがSEO対策を取り入れるメリットのひとつに、「優れた費用対効果を得られる」といったポイントがあげられます。

たとえば、テレビコマーシャルや看板広告、ポスティングなどにて集客を行う場合、多額の広告宣伝コストを負担する必要性があります。また、これらの媒体にて継続的に広告宣伝を行うには、高額な追加費用を継続的に支払い続けることが求められるのです。

金額面だけで見るとリスティング広告も集患視野には入りますが、クリックされた分だけしっかりお金を払い続けなければなりません。

しかしSEO対策の場合は上位表示をしてしまえば、いくらクリックをされてもクリック課金はかかりません。

また、しっかりと上位表示をしてしまえば、自院と関連する新しいコンテンツを追加した際に上位表示されやすくなる傾向があります。

患者からの信頼を確保しやすい

特定のキーワードにて検索した際に上位表示されるWebサイトは、Googleから高い評価を受けた安心できるWebサイトといった暗黙の了解が存在します。そのため、常に上位表示されるWebサイトは、各種ユーザーにとって「信頼できるWebサイト」になりやすい傾向にあります。

また、特定のジャンルにてユーザーからの信頼を得ることは、大きなブランディング効果を生み出すことにもつながります。自院ブランドをしっかりと確立させたうえで、効果的な集患を目指しましょう。

資産として残せる

たとえば、テレビコマーシャルや看板広告、リスティング広告など、一定額の資金を支払ったうえで広告を出稿させる方法は、広告掲載の更新をし続けない限り、広告による継続的なメリットや効果を得ることはできません。

対して、SEO対策にて作成・構築されたコンテンツに関しては、自分たちの手で削除しない限り、永遠と自院サイトに掲載されたままとなります。結果、有益なコンテンツがストックされていき、最終的には自院の資産として残り続けるのです。

病院やクリニックにおけるSEO対策の取り入れなら全研本社へ

病院やクリニックにおけるSEO対策の取り入れなら全研へ
病院のSEO対策で売上という成果を出すには、自院を取り巻くマーケティング環境を整理したうえで、どんなSEO対策施すべきかが重要になってきます。

上位表示ができなかったというケースはもちろん、上位表示をしたのにも関わらず売上につながらず結局Webからは集客ができないと諦められてしまうケースが多くあります。

集患を目的とするならばSEO対策で上位に上げきればよいのですが、自院でSEO対策をする場合も業者に依頼をする場合もこの病院にお願いをするという意思決定をするのは患者様ということを肝に銘じておきましょう。

弊社では、クライアントが抱える悩みや目標などを踏まえたうえで、様々なマーケティング戦略をご案内させていただきます。
現状課題を解決する上では、クライアント様の強みや市場環境次第ではSEO対策だけが最適解でないケースもあるためです。

もし、経営を改善していくためのマーケティング戦略をお探しでしたら、お気軽にご相談ください。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ