ECパッケージを徹底比較!ツール費用や口コミ評判、導入事例も紹介

ECパッケージを徹底比較!ツール費用や口コミ評判、導入事例も紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

売上アップに繋がる通販システムの導入をご検討中の方へ

ECパッケージとは、ECサイト構築に必要な機能がパッケージングされた構築ツールのことを指します。クラウド上で構築サービスを利用するASPタイプとは異なりカスタマイズが自由に効く反面、導入に数百万かかることも一般的なのでしっかりと選ぶ必要があります。

この記事では、ECパッケージ導入を検討中の方に向けて、おすすめのサービスやそれぞれの特徴などを解説しています。ECサイト設立に役立つ資料もダウンロードできるので、ぜひチェックしてみてください。

ECパッケージ一覧表

画像をクリックすると、資料ダウンロードページに移動します。

会社名 ツールの特徴 価格・費用
【PR】W2 Repeat
(旧:リピートPLUS)
平均売上成長率354%!業界TOPクラスの1000以上の機能を搭載
・拡張機能が多い(合計950以上)
・LP一体型フォームに対応している
・10社以上の決済会社と連携
資料ダウンロードはこちら >>
・スタンダード
初期費用:49,800円
月額費用:49,800円
・プロフェッショナル
初期費用:79,800円
月額費用:79,800円
【PR】リピストX(クロス) 最適な購入動線!購入完了までのフローを短縮しCVを最大化
・買い物の自由度がアップする機能も充実
・満足度99.8%!サポート体制も万全
・定期購入の自由度が高い
資料ダウンロードはこちら >>
利用規模によって変動
futureshop 豊富な決済手段があり多数の外部サービスと連携 ・小規模/中規模ショップ
月額:29,000円~
初期費用:22,000円
・大規模ショップ
月額:158,000円~
初期費用:752,000円
・サブスク(定期)利用
月額:37,000円~
初期費用:25,500円
ebisumart EC事業をワンストップでサポート 初期構築費用300万円〜
ecbeing サイト開発体制500名以上、運用支援部隊200名以上のサポート体制 スモール500万円~、ミドル1,000万円~、エンタープライズ3,000万円~
スモール月額20万円~、ミドル月額30万円~、エンタープライズ月額50万円~
EC-ORANGE フロントインターフェイスとバックエンドの完全分離による高いカスタマイズ性
コマース21 事業形態に応じた通販・ECシステムを提供
SI Web Shopping 多様なサービスやシステムとの連携 利用規模によって変動
HIT-MALL 物流代行まで代行してもらえる HIT-MALL パッケージ版280万円~、HIT-MALL BtoB パッケージ版380万円~
ecforce 分析機能が充実、業務の自動化ができる
EC-CUBE カスタマイズ性が高い ・Liteプラン
月額:6,800円
初期費用:0円
・スタンダードプラン
月額:49,800円〜84,800円
初期費用:70,000円
サブスクストア 多様な販売方法に対応 ・スタンダード
初期費用:76,780円
月額:54,780円
・プレミアム
初期費用:109,780円
月額:87,780円
メルカート 集客や制作まで充実のサポート 初期費用19万円〜、月額5万円〜
AnyX 複数ECチャネル一元管理

【PR】平均売上成長率354%!業界TOPクラスの1000以上の機能を搭載

リピート通販事業に特化した通販システム「W2 Repeat」をご紹介します。

「W2 Repeat」はリピート通販向けのECカートシステムで、EC事業を始めたての企業から大規模ショップまで様々なビジネスニーズに対応。リピート通販のための基本的な性能を完備していて、1000以上の機能や多数の決済方法でECサイト運営をサポートします。

導入した企業で平均売上成長率354%という実績があり、ECサイトの設立時に多くの事業者から選ばれているサービスです。

W2 Repeat(旧:リピートPLUS)

ECパッケージのW2 Repeatサービスサイトの画像
画像引用元:W2 Repeatサービスサイト(https://www.w2solution.co.jp/w2_repeat/)

W2 Repeatの特徴

W2 Repeatは、D2C(Direct to Consumer)、定期購入、サブスクリプションモデルに特化したECシステムとして開発されています。

標準装備として、カゴ落ちやユーザー離脱を防ぐ「埋め込み式フォーム付きのランディングページ」や、負担になりがちな毎日のルーティンをわずか1分で完了させる「高速ワークフロー」などの便利な機能が組み込まれています。

それに加え、クーポンや広告・SEO対策、ユーザーレビューなど、EC活動を強化するための950以上のツールや機能も装備。多彩な機能があるため、パッケージを検討している企業が望む「自社の営業スタイルや展開するサービスに応じたECサイト」の設計が実現可能です。

W2 Repeatは10以上の決済プロバイダーと連携していることも特徴で、クレジットカードだけではなく、Webコンビニ支払い、後払いや携帯キャリアを通じた決済など、多種多様な決済オプションが選べます。

カスタマイズ性が高いところも大きなメリットで、ASPタイプの構築ツールにありがちなカートデザインの制約は一切なし。企業のブランドイメージに合わせて、ECサイトのデザインを柔軟にアレンジできます。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

W2 Repeatを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ECパッケージW2 Repeatの
資料を無料ダウンロードする

こんな企業におすすめ

  • 業務効率と自由度の高いECパッケージを探している
  • 既存顧客の売上が伸び悩んでいる
  • 現在使っているシステムの機能性やデザインカスタマイズ性の不足を感じている

W2 Repeatを選ぶべき理由

【理由1】高速ワークフローで、毎日のルーティンから解放

定期購入システムを導入している場合、受注・発注管理作業のルーティンに多くの時間がかかりがちです。手動でデータを検証する作業は、毎日同じことをやっていたとしてもかなりの時間が消費されてしまいます。

W2 Repeatでは、ルーティン業務をワンクリックで効率的に処理をすることが可能な「高速ワークフロー」が利用できます。それまで40分かかっていた作業が導入後は1分で済み、年間にして約234時間の作業時間短縮が可能です。

【理由2】ページ遷移がない一体型LPでカゴ落ちを防げる

一般的なランディングページ(LP)の作りは、商品情報と注文フォームが別のページに配置されていることが多くなっています。注文フォームのためにページを移動する際に、見込み顧客が購入を中断してしまうケースも少なくないのです。

W2 Repeatでは、申込フォームをLP内に直接組み込むことが可能です。商品に興味を持ってもらってから購入に向かうまでの過程がスムーズに運べるため、顧客の離脱・カゴ落ちリスクを低減できます。

【理由3】顧客を狙い撃ちできるステップメール配信でLTV向上

ECサイトの売上拡大には、1顧客あたりの生涯価値(LTV)の最大化が欠かせません。定期購入をしてくれている顧客に対しても、さらにプラスワンの商品を買ってもらうことが重要になります。

W2 Repeatでは、W2 Repeatには注文完了後に表示されるサンクスページでのアップセル機能が搭載。顧客がセグメントできるステップメール配信機能も実装されていて、顧客の属性に基づいた段階的なメール配信が可能です。顧客の注文の頻度や数量を、狙い撃ちしたメール配信で効果的に増加させることができます。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

W2 Repeatを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ECパッケージW2 Repeatの
資料を無料ダウンロードする

W2 Repeatの口コミ・評判

フロントの画面などが自分たちでも触れるシステムのため、出したい時に出したいものが売れることで業務上のタイムラグがかなり解消できました。
また、ワークフロー機能を活用したり、自分たちでカスタマイズすることで今まで結構かかっていた作業がボタン一つで終わるようになり、1.5人分の作業は削れています。引用元:https://www.w2solution.co.jp/Product/repeatplus_new.html

入金業務をシステム切替前は2人で行っていましたが、切替後、1人で回せるようになりました。引用元:https://www.w2solution.co.jp/Product/repeatplus_new.html

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

W2 Repeatを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ECパッケージW2 Repeatの
資料を無料ダウンロードする

W2 Repeatの概要

提供会社 W2株式会社
サービスサイト https://www.w2solution.co.jp/w2_repeat/
登録料 スタンダード49,800円、プロフェッショナル79,800円、エンタープライズ要問合せ
月額費用 スタンダード49,800円、プロフェッショナル79,800円、エンタープライズ要問合せ
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記は全て税表記不明です。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

W2 Repeatを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ECパッケージW2 Repeatの
資料を無料ダウンロードする

【PR】最適な購入動線!購入完了までのフローを短縮しCVを最大化

リピストXは、カゴ落ち対策やアップセル・クロスセルを上手に展開し「商機を逃したくない」という方のための通販システムです。購入プロセスをシンプルにした一体型のLPに、チャットスタイルのフォームを採用しているため、顧客の購入途中での中断を減少させることができます。これまで累計で1500社の支援実績があり、その知見のもと、購入完了までのフローを極力そぎ落としCVRを向上させるノウハウを有しています。

リピストX(クロス)

ECシステムリピストX(クロス)公式サイト画像)画像引用元:リピストX(クロス)公式サイト(https://rpst.jp/xross/)

リピストXの特徴

リピストXの特徴は、購入プロセスを最大限にシンプルにした一体型のLPを作成できることです。フォームにチャットシステムを採用しているので、ユーザーの購入途中での離脱を減少させられます。

チャットはシナリオや見た目のカスタマイズができるので、自社のイメージやスタイルに合わせた設定で購入までのフローを展開できます。注文確認ページで追加商品や関連商品を紹介することもできるので、顧客を高価格帯の商品へと誘導するチャンスが増加する仕組みです。

定期購入の自由度が高いところもメリットで、ユーザーが好みに合わせて商品を選べる「よりどり購入」や、一度に単品と定期の商品をカートに追加できる「単品と定期コースの同時購入」、複数の定期商品をまとめて購入することもできる「定期コースの複数購入」も実装。商品の配送間隔もユーザー側がマイページで簡単に変更できるため、縛りが多いイメージの定期購入に対して購入ハードルを大幅に下げられます。

広告キャンペーンに独自のコードをつけることで、それぞれの成果を測定することも可能です。どの広告が最も効果的であるかを正確に評価し、広告戦略を最適化できます。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

リピストXを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ECパッケージリピストXの
資料を無料ダウンロードする

こんな企業におすすめ

  • カゴ落ちを減らし、アップセル・クロスセルで売上をアップしたい
  • ニーズに合った柔軟な定期コースを提供したい
  • 計測タグの設置や代理店ごとの管理を簡単に行いたい

リピストXを選ぶべき理由

【理由1】最適化された購入経路で効果的なコンバージョン向上

リピストXはチャットスタイルの注文フォームを採用しています。会話形式のフォームを進めることで抵抗感が軽減され、ユーザーの購入途中での離脱減少に繋がります。購入意向が高まったタイミングでチャットを開始して、購入までの道のりをシンプルかつ効率的に進める設計が施されているため、カゴ落ちやページ離脱を防ぐことが可能です。

「購入する」ボタンを選択するとチャットフォームが開始する仕組みで、ユーザーを効果的に購入確定へと誘導します。購入確認画面で関連商品や追加商品のおすすめができるので、効率的な商品アップセル・クロスセル戦略を行うことが可能です。

「購入する」ボタンのクリック時以外でもチャットを使用することができます。表示内容や順序もカスタマイズが可能なので、チャット自体をLPとして活用することもおすすめです。

また、お試し商品の申し込み後に定期購入の提案をすることもできます。お試し商品を選択した後に定期購入に変更した場合は元の選択が自動的にキャンセルされるので、購入者・販売者両方の手続きもストレスなし。ワンクリックで購入まで進める導線も作成可能です。

【理由2】買い物の自由度・柔軟性が高まる機能も実装

EC販売を成功させる基盤には、定期コースが欠かせません。定期コースを購入・検討してくれているユーザーに対してどのようなアプローチをして行くのかは、ECサイト作りにおいて重要視した方がいい要素でしょう。

リピストXは、定期コースと単品の同時選択や、複数の定期コースを一度に選ぶことが可能です。さらに、定期コースの内容をユーザー側でカスタマイズできる「よりどり機能」も搭載。

商品の配達周期もユーザーのニーズに合わせて調整可能です。ユーザーが自分で配送のタイミングを変更できるようになっているので、商品が余ることをリスクに感じてしまうユーザーの離脱を防げます。また、内容変更や定期購入のキャンセルも簡単に行えるので、ユーザー側で自由度の高い購入の仕方を選ぶことが可能です。

【理由3】万全のサポート体制で顧客満足度99.8%!

リピストXは、ユーザーからのお問い合わせに当日中に対応します。問い合わせに対しての迅速さはECサイト運営においてとても重要ですが、他のプラットフォームでは数日を要することも。

そのため、リピストXの即時対応は大きなメリットと言えるでしょう。専門知識を持ったスタッフが直接問い合わせに対応するためサポート評価が高く、99.8%の満足度を実現しています。(2022年自社アンケート調べ)

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

リピストXを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ECパッケージリピストXの
資料を無料ダウンロードする

リピストXの口コミ・評判

50年の実店舗販売からECへシフト!導入半年前に比べて前年比で大きく向上(美容化粧品)

これまで使用していたカートは、基幹システムと一緒になっていたため、SEOや流入経路の管理、広告の分析ができずに不便さを感じていました。特に流入経路は広告施策を打っていく中で重要だと考えたため、乗り換えを検討することになりました。リピストXに乗り換えて、約半年経過したころには、前年比で大きく向上。自社サイトの数値だけでも大幅に伸びました。分析ができて、流入経路が分かる点が特に良かったです。管理画面の受注の部分からも分かるのが便利でした。引用元:https://rpst.jp/cases/suisei/

カートシステム移行で日常作業20%削減に成功!カスタマーサポートは期待以上!(男性向け化粧品)

注文確認ページでの離脱率に課題がありました。3〜4割くらいが確認ページで離脱していたことから、離脱率を改善できるカートシステムへの移行を検討。サポートセンターの対応も含めてリピストXを導入することにしました。過去の注文データとの紐付けは大変でしたが、サポートセンターの方に随時確認を取りながら作業を進められたため、覚悟していたよりスムーズにできました。WMS連携を活用して、カスタマーサポートや出荷業務を削減。発送業務自体がなくなったため、日常業務の20%を削減できました。特にカスタマーサポートの対応は期待以上でした。引用元:https://rpst.jp/cases/tolux/

創業120年以上の企業が初めての通販!LP一体型フォームでCVR改善

定期通販に特化したECカートを比較検討したところ、「LP一体型のフォーム」「初期費用が安価ではじめやすい」「売上向上のための支援サービス展開」といった点が決め手となり、リピストXを導入しました。特に購入しやすさを重視すれば、LP一体型のフォームはマスト条件でした。導入後は、定期のお客様が増えて、EC事業の売上が大きく伸びました。LP一体型フォームのおかげでCVRが改善したことが理由のひとつだと考えています。また、サポート体制が良く、丁寧で迅速。ECマーケティングの知識があまりなくても問題ありません。引用元:https://rpst.jp/cases/nomura/

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

リピストXを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ECパッケージリピストXの
資料を無料ダウンロードする

リピストXの運営会社概要

会社名 株式会社PRECS(プレックス)
会社所在地 東京都千代田区外神田6-1-8思い出ビル5F
会社設立 公式サイトに記載なし
事業内容 インターネットを活用したEC構築システム
公式HPのURL https://rpst.jp/xross/

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

リピストXを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ECパッケージリピストXの
資料を無料ダウンロードする

こちらもおすすめ!ECパッケージ

ebisumart

ECパッケージのebisumart公式サイトの画像画像引用元:ebisumart公式サイト(https://www.ebisumart.com/)

ebisumartの特徴

  • EC事業をワンストップでサポート
  • 機能や提携サービスが豊富で柔軟にカスタマイズできる
  • サポート体制が手厚い

業界では老舗にあたるECプラットフォーム、ebisumart(エビスマート)。元々はECパッケージを展開していましたが、現在ではカスタマイズできるクラウド型のECというASPでもパッケージでもない独自のポジションでサービスを提供しています。

ECサイト立ち上げのための商品テンプレートを多数用意しており、スピーディに販売を開始することが可能。テンプレートもカスタマイズできるので、ブランドや商品のイメージを大切にしたデザインが可能です。

通常の送料設定はもちろん、特定の温度帯や商品の重さに応じた特殊な送料設定も可能で、商材の特性に合わせた細やかな配送設定ができます。多数の決済代行会社との連携ができるので、さまざまな決済方法に対応することも可能です。また、受注や出荷の際のメールを自動で送信してくれる機能により、ルーティン業務もスムーズに行えます。

サポート体制も万全で、専任の担当者がユーザーのささいな悩みから追加の開発に至るまで一貫して相談に乗ってくれます。導入前から導入後のフォローアップまで、充実したサポートを受けたい方におすすめです。

ebisumartの概要

提供会社 株式会社インターファクトリー
公式サイト https://www.ebisumart.com/
登録料 初期構築費用300万円〜
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記はすべて税表示不明です。

ecbeing

ECパッケージのecbeing公式サイトの画像画像引用元:ecbeing公式サイト(https://www.ecbeing.net/)

ecbeingの特徴

  • 中堅・大手向けのECプラットフォームを構築
  • 開発部隊・マーケティング支援部隊がサポート
  • 導入実績が1,500社以上で、売上アップ施策の提案もOK

「ecbeing」は、中堅から大手企業向けのECパッケージです。BtoCやBtoB向けなどそれぞれにECプラットフォームを提供しています。ECサイトの開発部隊は500名以上、マーケティング支援部隊は200名以上在籍しており、構築から集客、分析に至るまで細やかなフォローを行っています。

これまで導入した企業は1500社以上で、これまでのノウハウをもとに企業に合ったプランニングが可能です。ECサイト構築に留まらず、集客・分析・顧客管理といったフェーズごとのサポ―トを行っています。新規顧客の獲得からリピーターの引き上げまで、事業継続に向けた施策の実行を支援。EC周辺サービスを豊富に取り揃えているので、Instagramやレビューの活用、検索エンジンの対応まで一気通貫でサポートを受けられます。

ecbeingの概要

提供会社 株式会社ecbeing
公式サイト https://www.ecbeing.net/
登録料 スモール500万円~、ミドル1,000万円~、エンタープライズ3,000万円~
月額費用 スモール月額20万円~、ミドル月額30万円~、エンタープライズ月額50万円~
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記は全て税表記不明です。

EC Orange(イーシーオレンジ)

ECパッケージのEC Orange(イーシーオレンジ)公式サイトの画像
画像引用元:EC Orange(イーシーオレンジ)公式サイト(https://EC-orange.jp/)

EC Orange(イーシーオレンジ)の特徴

  • ソースコード開示で開発しやすい環境を提供
  • ニーズ別のパッケージで複数店舗・企業間取引・ユーザー属性の設定に対応
  • 大量アクセス・大量受注にも対応できるプラットフォーム

EC Orangeは、拡張ができるECウェブサイト構築パッケージを提供するサービスです。それぞれのニーズに応じたソリューションを展開しており、多数の店舗やブランドを管理するためのパッケージ、企業間取引(B2B)に対応するパッケージ、そしてユーザー属性に基づいてアクセスを制御できるクローズドサイト向けパッケージなどを提供しています。

大量のアクセスやオーダーも安定して対応可能で、規模の大きなECウェブサイト開発も得意としています。ソースコードが明示されるため、開発進行もスムーズです。

外部システムと連携して、REST APIの利用により在庫や販売管理・決済システムなどをスムーズに実行できます。フロントエンドとバックエンドが独立しているため、並行して開発を進めてもOK。また、サイトの運用開始後も、必要に応じて機能を追加拡張することが可能です。

EC Orange(イーシーオレンジ)の概要

提供会社 株式会社エスキュービズム
公式サイト https://EC-orange.jp/
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

コマース21

ECパッケージのコマース21公式サイトの画像画像引用元:コマース21公式サイト(https://www.commerce21.co.jp/)

コマース21の特徴

  • 事業形態に応じた通販・ECシステムを提供
  • 大規模ECサイト構築のパッケージでは大量アクセスにも対応できる
  • 2層構造のフレームワークでコスト・保守面で効果を発揮

コマース21は、ECサイトの設計・物理店舗のビジネス・カタログベースの通信販売など多岐にわたる事業形式に適応可能なデジタルコマースプラットフォームです。大規模なECサイトの構築パッケージでは二層のキャッシュ領域を利用し、大量アクセスにも安定した対応できる環境を提供しています。

NoSQL(Redis)を利用した一元管理ができるので、サービスを一時停止することなく、フロントエンドのスケールアウトおよびスケールインを実現することができます。LINE配信などの一時的なトラフィックの増加にも対応可能です。

コマース21は、JavaテンプレートエンジンとJavaフレームワークの融合によって、ユーザーインターフェースの修正コストを軽減できます。また、APIの自動テストを簡単に行うことができるので、フロントエンドとアプリケーションサイドの修正に対応する人的コストも削減可能です。

コマース21の概要

提供会社 株式会社コマースニジュウイチ
公式サイト https://www.commerce21.co.jp/service/
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

SI Web Shopping

ECパッケージのSI Web Shopping公式サイトの画像画像引用元:SI Web Shopping公式サイト(https://products.sint.co.jp/siws)

SI Web Shoppingの特徴

  • 多様なサービスやシステムとの連携
  • 柔軟なカスタマイズ性
  • 大規模ECサイトに対応できる

SI Web Shoppingは、25年以上の経験と実績を持つECサイト構築パッケージです。柔軟なカスタマイズ性があり、業種や業態を問わず大規模なECサイトにも対応しています。一般的なASPに限界を感じているという大規模ショップにもおすすめです。

一般的なオープンソースのソフトウェアより堅牢性の高いパッケージを、ブラックボックス化(ソースコードなどの中身がわからなくなること)の心配なく利用できます。マーケティング面でのサポートも充実していて、専門的なマーケティングツールと連携した緻密なマーケティング戦略が可能になります。

SI Web Shoppingの概要

提供会社 株式会社システムインテグレータ
公式サイト https://products.sint.co.jp/siws
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

HIT-MALL

ECパッケージのHIT-MALL公式サイトの画像画像引用元:HIT-MALL公式サイト(https://www.hit-mall.jp/)

HIT-MALLの特徴

  • クラウド型・パッケージ版の2種類を提供
  • ECサイトの立ち上げから運用に関わる業務を代行
  • 国際基準のISO27001を取得した堅牢なセキュリティ

HIT-MALLは、通販・ECシステムの構築・運用サービスです。BtoB・BtoCの両方に対応しており、百貨店や商材向けのECサイトなどビジネスモデルに合わせたサイト構築を支援しています。

提供しているのはクラウド型とパッケージ版の2種類です。クラウド版でECサイトを立ち上げて、売上が増加した時点でパッケージ版に移行することも可能になっています。

その他、ECサイトの運用に必要な商品登録・在庫管理・受注管理などは、一貫して代行が可能です。アクセス解析やサーバー運用、物流業務やサイト制作、Webプロモーションの代行も行っています。必要な業務を一気通貫でサポートしているため、人手不足の企業でも安心です。

HIT-MALLは、情報セキュリティマネジメントシステムを完備しており、国際基準である「ISO27001」を取得しています。プライバシーマークも取得しており、個人情報保護のためのセキュリティ対策も万全です。堅牢なネットワーク監視体制を整えているので、個人情報を扱うECサイトの立ち上げも心配が少ないでしょう。

HIT-MALLの概要

提供会社 アイテック阪急阪神株式会社
公式サイト https://www.hit-mall.jp/
登録料 HPに記載がありませんでした。※年間保守費用は初期費用の10%
月額費用 HPに記載がありませんでした。※ライセンス費用目安:HIT-MALL パッケージ版280万円~、HIT-MALL BtoB パッケージ版380万円~
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

ecforce(イーシーフォース)

ECパッケージのecforce(イーシーフォース)公式サイトの画像画像引用元:ecforce(イーシーフォース)公式サイト(https://EC-force.com/product/ecforce)

ecforce(イーシーフォース)の特徴

  • D2Cに必要な機能を搭載している
  • 運用までの1on1のサポートで内製化を目指せる
  • 定期購入やリピーターに引上げできる機能を搭載

ecforceはD2C向けのECカートサービスです。ECサイトの設立からカートの活用まで専門家との1on1のサポートを提供し、内製化を図ることができます。商品の設定、ユーザー管理、広告の分析、CRMの運用など、ビジネスの各段階でのサポートに対応しているところが特徴です。

これまでの成功事例や新しいアイディアを共有する専用メディアを持っていて、ECサイト設立における相談もあらゆるジャンルで受けてもらえます。

また、ユーザーが途中で購入を断念することを防ぐための機能が多数搭載されているところも特徴です。確認画面を飛ばして購入をスピーディーに完了できる機能や、無制限の会員ランク、クーポンやポイントを提供する機能などが代表的です。サンクスオファーの機能を使って、定期的な購入や再購入を促すこともできます。

プランは3種類用意されており、共有サーバーや専用サーバーの利用、または他のプラットフォームからの移行など、ニーズに応じて選択可能です。

ecforce(イーシーフォース)の概要

提供会社 株式会社SUPER STUDIO
公式サイト https://EC-force.com/product/ecforce
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

EC-CUBE

ECパッケージのEC-CUBE公式サイトの画像画像引用元:EC-CUBE公式サイト(https://www.ec-cube.net/)

EC-CUBEの特徴

  • カスタマイズ性が高い
  • コストを抑えて構築・運営できる
  • 独自性の高いECサイトを構築可能

EC-CUBEは、ECサイト構築のためのオープンソースパッケージとして、小規模なショップから大規模なプラットフォームまで幅広いニーズに対応しています。

標準でECサイトに必要な基本機能がほぼ揃っていて無料でインストールできるので、コストを抑えた上でのサイト構築や運営が可能です。また、日本製のパッケージのため信頼性も高く、利用者のためのコミュニティも充実しています。

サイトデザインの自由度も高く、追加の機能プラグインも豊富に提供。ショップのニーズや要望に合わせてカスタマイズしやすく、他のシステムとの連携や機能の編集も簡単です。テンプレートを活用することで、自分だけのオリジナルデザインのECサイトを自由に構築できます。

EC-CUBEの概要

提供会社 株式会社イーシーキューブ
公式サイト https://www.ec-cube.net/
登録料 Liteプラン初期費用:0円、スタンダードプラン初期費用:70,000円
月額費用 Liteプラン6,800円、スタンダードプラン49,800円〜84,800円
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記はすべて税表示不明です。

サブスクストア

ECパッケージのサブスクストア公式サイトの画像画像引用元:サブスクストア公式サイト(https://subscription-store.com/subsc-store)

サブスクストアの特徴

  • 多様な販売方法に対応
  • 大規模店舗・BtoB向け・サブスク化向けのプランも提供
  • LINEメッセージAPI連携機能で集客にも対応している

サブスクストアは、定期購入・カート一元のクラウド型ECシステムです。大手ビジネス向けのエキスパートプランや、BtoBやサブスクモデル向けのオプションも展開しています。

注文やユーザーの管理だけではなく、キャンペーンや出荷の管理、さまざまな決済や販促機能まで提供しています。さらに、オプションでLINEメッセージのAPIとの統合ができて、定期的な購入を促すメッセージ配信も可能です。通常のメールとは異なり、他のメッセージに埋もれることがないのがメリットと言えます。

サブスクストアの年間取引額は1,523億円以上に上り、アカウントの数も1,000件を越えています。導入事例を多数持っているので、各企業のニーズに応じたサービスを提供することが可能です。ECサイトの立ち上げだけでなく、集客、EC運用、ユーザー対応、物流という一元サポートを行なっています。

サブスクストアの概要

提供会社 テモナ株式会社
公式サイト https://subscription-store.com/subsc-store
登録料 スタンダード 54,780円、プレミアム109,780円、エキスパート要問合せ
月額費用 スタンダード月額54,780円、プレミアム月額87,780円、エキスパート要問合せ
販売(出荷)手数料 スタンダード25円/件、プレミアム20円/件
決済手数料 HPに記載がありませんでした
ECパッケージのメルカート公式サイトの画像画像引用元:メルカート公式サイト(https://mercart.jp/)

メルカートの特徴

  • 集客や制作まで充実のサポート
  • オプションでサポート体制が選べる
  • ECサイト初心者におすすめ

メルカートは、初心者でもEC事業の経験者でも使いやすいネットショップ作成サービスです。特に、初めてECサイトを立ち上げる人やEC事業に不慣れな人向けに、構築からオープン後の運用までサポートする体制が整っています。

基本料金に加えて、集客・制作支援のプランも選ぶことができます。ECサイトのリニューアルはもちろん、現在のECサイトに限界を感じているショップに対して、集客から接客まで一貫したサポートが可能です。

ECサイト公開後もオプションとして選択可能なサポートが多数あります。WEB広告の運用における支援や、コンテンツの制作においての情報の整理からデザイナーやプログラマーの指揮まで提供可能です。

メルカートの概要

提供会社 株式会社エートゥジェイ
公式サイト https://mercart.jp/
登録料 初期費用19万円~
月額費用 5万円~
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記はすべて税表示不明です。

AnyX

ECパッケージのAnyX公式サイトの画像画像引用元:AnyX公式サイト(https://anymindgroup.com/ja/products/anyx/)

AnyXの特徴

  • 複数ECチャネル一元管理
  • 越境ECのローカライズ
  • 自社ECサイト構築・運営・最適化

AnyXは、複数のECチャネルを一元管理できるEC管理プラットフォームです。自社ECサイト構築からマーケティングまで幅広くサポートしてくれます。

ECモールや自社ECサイトなど複数の販売チャネルのデータを一箇所で管理し、収益や注文情報のクロス分析・商品マスタ管理も一括更新が可能。Amazon、楽天、Shopee、Lazadaなどの各ECモールへの出店手続きから、ページ作成もサポートします。ページ・広告配信の最適化など、ECモール運営をトータルでサポート可能です。

各国・地域に拠点があり、現地メンバーが現地の文化や商習慣に合った言語翻訳などを支援。現地向けのバナー作成や広告配信を実施し、現地事情に合う越境EC展開が実現できます。

AnyXの概要

提供会社 AnyMind Group株式会社
公式サイト https://anymindgroup.com/ja/products/anyx/
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記はすべて税表示不明です。

ECパッケージの選び方

ECサイトを開設する際、どんな方法でショップ作成するのか、どんなシステムを利用するのかがとても重要です。どのようなサービスを利用するかによって、ECサイトの成長と展開が大きく左右されるでしょう。ここでは、ECパッケージの基礎的な知識や、選び方のポイントをご紹介します。

ECパッケージとは?

ECパッケージは、開発会社が提供するECサイト構築のためのパターンやシステムです。ECサイトを作成する際のコストや価格帯は、パッケージを用いることで100万円〜程度が相場となりますが、カスタマイズによっては数百万円を超えることもあります。

パッケージを利点するメリットとしては、カスタマイズがしやすいことや、大規模なECサイトでも使用可能であること、そして初めての運営でも必要な機能が網羅されていることなどが挙げられます。最初から必要な要素が揃っていて、使いたい用途に応じて柔軟にカスタマイズできるところがECパッケージの利点です。

ECパッケージ導入時の注意点

ECパッケージを導入する際に必要な確認事項として、注意して見ておきたいポイントを紹介します。

料金がどれくらいかかるか

ECパッケージは基本的に、無料(オープンソース)と有料のものに分かれます。オープンソースは無料でダウンロードできるものの、技術的なサポートが不足していることがある点がデメリットです。一方で、有料のパッケージは数百万の予算が必要ですが、カスタマイズやサポートを提供会社に依頼できるためトラブルも起こりにくくなります。

カスタマイズが可能か

ビジネスが成長するにつれて、使用しているECサイトに新しい機能が必要になることがあります。他のツールとの連携で機能を補完できる場合もありますが、データベースが異なると追加費用が発生することも。自社の運営スタイルにあわせてカスタマイズがどれだけできるのかを、事前に確認しておきましょう。

使いたい機能が搭載されているか

ネットショップの運営を始めるにあたって、どのようなサイトにしたいか明確なイメージを持つことはとても大切です。リアルタイムでの在庫情報の共有、ECサイトとオウンドメディアの並行運営、多様な決済方法の提供など、運営していくにあたって使いたい機能が実装されているかを確認しておくと安心です。また、管理画面の操作性がどのようなものかも、実際にチェックしておきましょう。

ECパッケージ徹底比較まとめ

この記事では、ECパッケージを提供しているおすすめの企業やサービス、ECパッケージを選ぶ時のポイントなどをご紹介しました。

どのようなサービスを利用するのかは、ECサイトを立ち上げるにあたって非常に重要なポイントです。運営したいECサイトに搭載したい機能がきちんと実装されているか、サポート体制は万全かなど、自社のこだわりポイントを抑えたサービス会社を選びましょう。

【免責事項】
本記事は、2023年10月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ