実店舗・路面店舗の集客テクニック!ネットを活用した小売のマーケティング戦略とは

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

小売・販売店舗の集客ポイントとは?

店舗への集客にはオンライン施策が必須

検索する女性
実店舗への集客を行う際には、幾つかのポイントを押さえて集客を行う必要があります。

路面店への集客を考える場合に、店舗の目の前を歩く人への集客施策を実施したとしましょう。しかし実際のところ、店舗の目の前を歩く人が全てターゲットとは限らないため、実は効率が悪い手法と言えます。

「良さそうなお店だな」と思っていても、まずは検索をしてオンラインで情報収集を行うのが当たり前の時代です。

そのため、顧客がオンラインで情報収集をしやすくするという観点はもちろん、よりターゲットに見合った店舗集客を行うためにもオンライン施策は必須と言えます。

店舗への集客が可能なオンライン施策

店舗への集客が可能となるオンライン施策について、細かく見ていきます。

MEO対策を行う

Googlemap
Google上で「エリア名 店舗カテゴリー」などで検索すると、検索画面の最初のページにGoogleマップにマッピングされた店舗情報が表示されたことはありませんか?ここで上位に表示させる対策がMEO(Map Engine Optimization)です。

直訳すると「地図エンジンの最適化」となるこちらの手法は、エリアに密接した集客手法として非常に有効です。Googleマップ上で位置を簡単に把握できることから、ユーザーは現在地からの距離を簡単に掴みやすく、実際に足を運ぶ店舗を選定しやすくなります。

店舗名を知らない人へアプローチできる

自店舗がよほど有名でない限り、多くのユーザーはエリア名や店舗カテゴリーで検索するでしょう。MEOはローカルSEOという別名もあるほどに、エリアに特化した集客を効果的に実現できる点が特徴です。

登録は非常に簡単で、Googleマイビジネスに登録するとGoogleマップ上で表示が可能となります。そのため、オンライン施策に抵抗感がある方も気軽に実行できます。

自社(自店)のページには直接ユーザーがレビューを書き込めるため、第三者の評価を基準にお店選びをするユーザーに対しても有効な手段です。

販売店舗のホームページをつくる

MEOの遷移先として重要になるのが自店舗のホームページです。「ポータルサイトには掲載してるから必要ないのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、自店舗の強みに特化して明確に伝えられるという点で、ホームページは必須施策と言えます。

店舗情報はもちろん、メニューや料金、スタッフ紹介など、他のどのサイトよりも細かく情報を掲載しておくことがオススメです。

情報更新も適宜行いつつ、店舗運営で大切にしていることや、商品コンセプトやメッセージ等ユーザーに知っておいてほしい核となる情報を伝える場としても活用しましょう。

LPだけでも作成してみましょう

自店舗にホームページを運用できるほどのスキルがある人がいない場合や、費用的に難しい場合にはLPが1ページあるだけでも十分

MEOなどを行っても、結局検索画面上では情報が足りないため、店舗名などで検索するユーザーが多いことから、受け皿としてWebサイトやページを持っておくことは非常に重要です。

ポータルサイトへ掲載する

ポータルサイトへの掲載も店舗集客には非常に有効です。

自店舗だけでは難しいSEO対策なども既に細かく行われていることから、ホームページなどとは異なる集客を期待できます。また行きたい日付や場合によっては予約人数など、ユーザーのニーズを満たした検索条件が適用されることから、条件さえ合致すれば新たなユーザーを獲得しやすいと言えるでしょう。

掲載費がかかるというデメリットも

しかし、メリットだけではなくデメリットも生じます。ポータルサイト掲載の場合、どうしても掲載費用が発生してしまうことは考慮に入れておく必要があります。

月の発生経費と新規顧客獲得数を分析し、見合っているのかを都度確認する必要があります。

SNS

snsイメージ

Twitter

リアルタイムな情報発信として有効なのがTwitterです。予約状況やオープンやクローズの報告、著名人が来店した際は写真を投稿するなど、使い方は様々です。

「フォロワーがいないと効果がないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、フォローしなくても内容を確認できるため、フォロー数よりも投稿数やいいね!数などを見ていった方がいいでしょう。

また、ハッシュタグなどでエリア名を付けておくことで、検索で見つけて貰える可能性が高くなります。積極的な運用がポイントです。

Instagram

食事系の場合には料理の写真、エステなどの場合は施術後の写真など、具体例を提示した写真と相性が良いのがInstagramです。たくさんの写真はもちろん、動画などを掲載できることから、近年はホームページの情報と合わせてInstagramでの検索を行うユーザーが増えています。

30個までハッシュタグを付けることができるという特性を活かし、エリア名はもちろん、細かなメニュー名など幅広いハッシュタグを付けることが可能です。Twitterよりもハッシュタグ検索が盛んなことから、関連する様々なキーワードからの集客を期待できるでしょう。

ただしメジャーすぎるハッシュタグの場合は、投稿数も多いので、意外とニッチなハッシュタグも併せて使うのもテクニックです。

SNSの特別メニューも効果的

「SNSを見た人限定で〇%割引」など、特別キャンペーンを実施するのも効果的です。SNSを見る理由になるだけでなく、フォローしておく理由にもなることから定期的に実施することをオススメします。

LINE公式アカウント

ビジネス版のLINEとして活用できるのが「LINE公式アカウント」です。LINE IDが登録されているユーザーに対し、メールで言うBccの感覚でLINEを一斉送信することが可能です。

通常のLINEと異なり、運営側は複数人が同じアカウントで運営することができます。またスタンプカード機能など、店舗運営にはぴったりの機能が多数搭載されており、店舗集客には必要不可欠なアイテムと言えるでしょう。

クーポン配布などが可能

LINE公式アカウントの場合、通常のLINEを送る感覚でクーポン配布などができます。

「当日限定!」などの文言を用いて、急に空いたキャンセル枠を埋めるなどし、店舗の稼働率向上に繋げることが可能です。また、定期的に情報配信ができることから、ユーザーとのコミュニケーション機会の創出にも有効です。

友人紹介にも活用できる

口コミの中で最も信頼度が高いのは、信頼できる友人からの紹介では無いでしょうか?LINE公式アカウントの場合、気軽に友人紹介を促すことができます。

LINEIDを友人に直接教えてもらうことはもちろん、LINEさえ繋がれば店舗スタッフが直接連絡を取ることも可能です。また、紙のカードで渡されるシーンと異なり友人にも簡単に紹介できるのではないでしょうか。

このようなリファラル(紹介)ツールとしても非常に有効です。

ポジショニングメディアを活用する

webサイトイメージ
ポジショニングメディアとは、他店舗との差別化を図りつつ、自店舗だけの強みを明確に打ち出すWebメディアです。ホームページと異なり、競合との関係や市場環境の中での独自の強みを伝え、その強みを魅力に感じるユーザーを集めるためのコンテンツを充実させることで、購買意欲の高いユーザーを集めます。

ホームページに比べて、差別化しつつ集客を強化したいという場合には非常に有効です。

打ち出したい強みを打ち出せる

ポータルサイトなどでも自店舗の強みを打ち出すことはできますが、既に決められた枠組みの中に記載していく必要があり、本当に伝えたい情報を明確に伝えることができない可能性があります。

しかし自店舗独自で構築するポジショニングメディアの場合、自社が推したいポイントを前面に出すことができるのです。

ユーザーに対して、店舗やサービスの選び方における新たな価値観や考え方なども伝えることができるため、これまでの集客では手応えがなかった店舗にオススメの施策です。

小売・販売店舗への集客が可能なオフライン施策

オンライン施策を実施した場合でも、余裕がある場合にはオフライン施策を併用して実施すると良いでしょう。

チラシを配って宣伝する

路面店の集客は大手企業でないと難しいことがあります。もし、これから店舗を構えるという場合は、自分で集客をしなければいけません。

ちなみに最もポピュラーな集客方法といえば、チラシ配り。昔からチラシを使った宣伝方法は用いられています。

近隣に住む方や行動圏になっているユーザーに対して、自分の店舗をアピールし認知してもらうためにはチラシ配りも引き続き有効です。

新規開店直後や、空き時間などがあればチラシ配りも積極的に行ってもよいでしょう。

路面店舗の看板でアピール

店舗を構えても、この店舗が何を販売している店舗なのか、どういう人に合った店舗なのかなどを明確に宣伝していないと、上手く集客することができません。

どのような店舗かを知ってもらうためには、看板やのぼりを活用する必要があります。

カフェやレストランであれば、のぼりのデザインを自信作やおすすめの飲み物、食べ物に換えて宣伝するという方法があります。

そうすることで、店舗の近くを通る人達の目に何度も留まり、覚えてもらいやすくなります。

看板やのぼりは集客では重要なものなので、できるだけ目に留まりやすいようなデザインにしましょう。

店舗前での呼び込みなどでも、アピールしたい商品やキャンペーンなどをPR。まずは「ん?なんだろう?」と思ってもらえなくては始まりません。

バリュープロポジションを駆使した店舗集客戦略を

バリュープロポジションとは?

バリュープロポジションとは、ユーザーが求めているけれど、他店舗にはない、自店舗だけが提供できる独自の価値を指します。バリュープロポジションが自店舗で明確になっており、かつユーザーがきちんと認知していれば、まさに「戦わずして勝つ」という戦略が可能です。

バリュープロポジションのイメージ図

バリュープロポジション分析を得意とする、全研本社へご相談ください

バリュープロポジションを掴む上では、ユーザー分析、市場分析、競合分析が重要となります。その分析でわかった強みはオフライン広告でも活かすことができ、チラシデザイン等へ反映することも可能です。

全研本社ではこれらのユーザー分析や市場分析を得意としており、その分析に基づいたポジショニングメディアで集客をサポートしています。

集客のためのサイト制作実績は6,000件を超え、戦略提案からサイト制作、公開後の運用までをワンストップ対応できる体制を整えています。

集客やコンテンツマーケティングについて課題がある方や、競合とは違う戦略を探している方は、ぜひご相談ください!

お問合せはこちら

ページトップへ