通販・ECシステム17サービスを徹底比較!費用や選定ポイントも紹介

通販・ECシステム17サービスを徹底比較!費用や選定ポイントも紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

システム開発の知識がない方や、知見がありカスタマイズを行いたい方など、企業によって通販システムに求める条件は異なるものです。
ここでは、通販・ECサイトの構築に欠かせない「通販・ECシステム」について紹介しています。

自社に合った通販・ECシステムを導入すると、通販サイト・ECサイト運用後の改修作業も楽になります。
様々な機能を搭載した通販システムを17サービス紹介しているので、ぜひ下記の情報を自社の通販システム選定にご活用ください。

通販・ECシステムの早見表を見る

通販・ECシステムとは

イメージ画像

通販システムとは、ECサイトの構築から商品登録、購入時の決済や在庫管理に至るまで、ECサイトでの販売に必要な機能を搭載したシステムのことです。

通販・ECシステムによって搭載している機能は若干異なり、BtoC向けやBtoB向け、大型店舗向けやオムニチャネル向けなど、業態によって導入すべきシステムは異なります。広告掲出している企業は、広告分析を行えるシステムを導入すると、広告費用の配分の目安になるでしょう。

画面遷移が少ないシステムなら、カゴ落ちを防げるようになり、新規顧客の獲得に繋がります。また、新規顧客が購入する際に、定期購入を促すリンクを表示させる機能を搭載していれば、定期購入率の増加や定期購入者への引き上げが容易に。

そのほか、LINE連携やステップメール機能を搭載している通販・ECシステムなら、顧客の状態に応じて購入の前後に呼びかけができるため、購入金額をアップさせたり、定期購入へと繋げることが可能で売上に貢献します。

通販・ECシステム比較17選

通販・ECシステムを17サービス紹介しています。機能や決済までのスピードは、通販・ECシステムによってまちまちで、要件を満たすシステムを導入する必要があります。通販システムを比較検討する際の判断材料としてお役立てください。

通販システム名 登録料・月額費用 サービスの特徴
W2 Repeat(旧:リピートPLUS) スタンダード
初期費用:49,800円
月額費用:49,800円
プロフェッショナル
初期費用:79,800円
月額費用:79,800円
・拡張機能が多い(合計950以上)
・LP一体型フォームに対応している
・10社以上の決済会社と連携
資料のダウンロードはこちら >>
楽々リピート 初期費用:ライト6万8,000円、スタンダード9万8,000円
エキスパート24万円、ゴールド60万円
ライト月額4万9,800円、スタンダード月額7万9,800円
エキスパート月額9万8,000円、ゴールド月額19万8,000円
97%以上の継続率
サブスクストア 初期費用:スタンダード 76,780円、プレミアム109,780円
スタンダード月額54,780円、プレミアム月額87,780円
セット売り、まとめ売りや頒布会など、多様な販売方法に対応
リピスト 初期費用:ライト29,800円、スタンダード69,800円
プレミアム98,000円、エキスパート398,000円
ライト14,800円、スタンダード39,800円
プレミアム69,800円、エキスパート148,000円
最短2日でサイトデザインの移行や受注などに対応
侍カート 初期費用:ASPプラン11万円、カスタマイズ16.5万円~
フルスクラッチ110万円~
ASPプラン7.7万円
カスタマイズ13.2万円~
フルスクラッチ33万円~
ニーズによって選べるプランを3種類提供している
カラーミーリピート 10,780円 カード決済導入の待ち時間が発生しない
BASE(ベイス) スタンダード0円、グロース月額5,980円(税不明) デザインパーツやテンプレートのラインアップが豊富
コマース21 スクラッチ開発に近いサービス内容で、大規模なICに特化
SI Web Shopping ライセンス体系がシンプル(1サイト1ライセンス)
eltexDC(エルテックス・ディーシー) IBM Cloudを利用した高度なインフラ
ecbeing スモール500万円~、ミドル1,000万円~、エンタープライズ3,000万円~
スモール月額20万円~、ミドル月額30万円~、エンタープライズ月額50万円~
サイト開発体制500名以上、運用支援部隊200名以上のサポート体制
EC Orange(イーシーオレンジ) フロントインターフェイスとバックエンドの完全分離による高いカスタマイズ性
HIT-MALL HIT-MALL パッケージ版280万円~、HIT-MALL BtoB パッケージ版380万円~ 物流代行まで代行してもらえる
ecforce(イーシーフォース) 注文管理から出荷指示、顧客対応などの業務を自動化することも可能
shopserve(ショップサーブ) セキュリティーエリアを除いてHTML、CSS、JSは自由に編集可
通販マーケッター LPマーケッターLight:99,800円〜
LPマーケッターStandard:199,800円〜
通販マーケッター『レンタル版』:9,600,000円〜
通販マーケッター『Ultra Master』:問い合わせ
ECマーケッター:問い合わせ
テレビ、DM、新聞、折込、アウトバウンド、WEB広告の情報が一元管理できる
Oracle commerce 外資系のため海外通販サイト向けの機能も豊富

W2 Repeat(旧:リピートPLUS)

通販・ECシステムのW2 Repeatサービスサイトの画像
画像引用元:W2 Repeatサービスサイト(https://www.w2solution.co.jp/w2_repeat/)

平均成長率354%!
W2 Repeatの資料をダウンロード

W2 Repeatの特徴

W2 Repeatは、定期通販・D2C・サブスクリプションタイプの事業に特化した通販システムです。

標準パッケージには、ランディングページに直接フォームが埋め込んでCV率を高める「フォーム一体型LP」機能や、手動で行うと40分かかる作業が1分で完了できる「自動ワークフロー」機能などが盛り込まれています。

他にもクーポン機能、広告管理SEO機能、口コミ機能などEC上で役に立つ機能が盛りだくさん。合計の機能数は950以上で、自社のニーズにあったECサイトの構築が可能です。

W2 Repeatは10社以上の決済会社と連携しており、クレジットカードはもちろん、Webコンビニ決済から後払い決済、携帯キャリア決済まで多くの支払い方法に対応しています。

また、システムはカスタマイズに優れており、カートシステムによるデザインの制限はありません。自社の業種やブランドに合わせて、ECサイトの見た目を自由に合わせられます。

平均成長率354%!
W2 Repeatの資料をダウンロード

こんな企業におすすめ

  • 定期通販のルーチン業務が煩雑になっている企業
  • 既存顧客の売上が伸び悩んでいる企業
  • 現在使っているシステムの機能性やデザインカスタマイズ性の不足を感じている企業

W2 Repeatを選ぶべき理由

【理由1】手間のかかる業務を自動化して時間が確保できる

定期通販で手間が発生しがちなのは、都度の受発注処理。いつも同じ内容で発注・受注にしているにも関わらず、手動だとデータのチェックに時間がかかってしまいます。

W2 Repeatでは、そういったルーチン業務を自動化してボタンのクリック一つで処理できます。40分かかっていた作業が1分で対応できるようになり、他の業務に使える時間を年間で234時間確保できます。

【理由2】LP一体型フォームの作成でカゴ落ちを防げる

通常のLP(ランディングページ)では、商品説明と申し込みフォームが別々のページになっています。フォームページへの遷移という小さなステップでも、見込み顧客の離脱・カゴ落ちが発生することが少なくありません。

W2 Repeatでは、申し込みフォームを直接LPに埋め込むことができます。離脱の可能性を徹底的に下げ、購入に繋がるページ訪問の数が増やせます。

【理由3】ステップメールを活かしてLTV向上が実現できる

通販事業で売上を上げるのに重要なのは、顧客1人1人の生涯価値(LTV)。定期通販でも、いつもの注文内容に加えての「もう1つの注文」が売上向上のカギとなります。

W2 Repeatには注文完了後のサンクスページでのアップセル機能や、顧客がセグメントできるステップメール配信機能が搭載されています。お客様の属性や特徴に合わせてシナリオを組み、注文数量が高められます。

平均成長率354%!
W2 Repeatの資料をダウンロード

W2 Repeatの口コミ・評判

フロントの画面などが自分たちでも触れるシステムのため、出したい時に出したいものが売れることで業務上のタイムラグがかなり解消できました。
また、ワークフロー機能を活用したり、自分たちでカスタマイズすることで今まで結構かかっていた作業がボタン一つで終わるようになり、1.5人分の作業は削れています。引用元:https://www.w2solution.co.jp/Product/repeatplus_new.html

入金業務をシステム切替前は2人で行っていましたが、切替後、1人で回せるようになりました。引用元:https://www.w2solution.co.jp/Product/repeatplus_new.html

平均成長率354%!
W2 Repeatの資料をダウンロード

W2 Repeatの概要

提供会社 W2株式会社
サービスサイト https://www.w2solution.co.jp/w2_repeat/
登録料 スタンダード49,800円、プロフェッショナル79,800円、エンタープライズ要問合せ
月額費用 スタンダード49,800円、プロフェッショナル79,800円、エンタープライズ要問合せ
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記は全て税表記不明です。

平均成長率354%!
W2 Repeatの資料をダウンロード

楽々リピート

通販・ECシステムの楽々リピート公式サイトの画像
画像引用元:楽々リピート公式サイト(https://raku2repeat.com/)

楽々リピートの特徴

  • サイト構築・店舗運営・分析・売上施策の機能が一つになっている
  • 購入完了前に定期購入を促し、リピート率を高める
  • フォーム一体型のランディングページの制作でカゴ落ちを防ぐ

楽々リピートは、ECサイト構築のために開発された通販・ECシステムです。定期機能がついており、指定のサイクルで受注データを自動生成し、定期コースの利用率を増加させます。アップセルにより、購入完了前に定期コースを表示させてお得感を演出するのです。そうして、初回利用者を定期購入へと促しています。

また、オプションで、フォーム一体型のランディングページを制作することも可能です。シームレスに購入ページへと遷移するので、画面遷移でカゴ落ちする利用者を防げるようになります。

ステップメール機能で段階に応じたメールを配信

楽々リピートは、ステップメール機能が搭載されており、顧客の段階に応じたメールを配信できます。定期購入が未契約の方を狙いうちできるため、定期購入者の増加に一役買います。

また、広告別に分析ができる機能により、どの組み合せが費用対効果を得られるか、定期購入への引き上げ率が高いかが一目で把握可能です。効果的な施策を実施できるので、少額投資で定期購入者を増やせるようになります。

楽々リピートの概要

提供会社 株式会社ネットショップ支援室
公式サイト https://raku2repeat.com/
登録料 ライト初期費用6万8,000円、スタンダード9万8,000円、エキスパート24万円、ゴールド60万円
月額費用 ライト月額4万9,800円、スタンダード月額7万9,800円、エキスパート月額9万8,000円、ゴールド月額19万8,000円
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記はすべて税表示不明です。

サブスクストア

通販・ECシステムのサブスクストア公式サイトの画像
画像引用元:サブスクストア公式サイト(https://subscription-store.com/subsc-store)

サブスクストアの特徴

  • クラウド型の定期購入・カート一元管理システム
  • 大規模店舗・BtoB向け・サブスク化向けのプランも提供
  • LINEメッセージAPI連携機能で集客にも対応している

サブスクストアは、クラウド型の定期購入・カート一元管理通販システムです。大規模店舗向けのエキスパートプランを提供しているほか、BtoB向け・サブスク化向けのプランも別途取り揃えています。

注文や顧客管理に留まらず、キャンペーン施策の管理や出荷管理、決済機能・販促機能まで幅広く実装。オプションでLINEメッセージAPI連携機能を付けることができ、定期購入に向けたメッセージの配信もできます。メールと異なり、他のメッセージに埋もれる心配がなくなるのが利点です。

年間取引総額1,523億円を超えるツール

サブスクストアは、日本流通産業新聞社調べによると、市場シェア1位を獲得しているツールです。年間取引総額は1,523億円を超えており、アカウント数は1,000件以上に上っています。数多くの導入実績から企業に合わせたサービスを提供しています。

サブスクストアでECサイトの構築をサポートしているだけでなく、集客・EC運営・顧客対応・物流といったフェーズごとのサポートサービスも提供しており、一気通貫で支援することが可能です。

※2020年9月時点。導入アカウント数は、サブスクストアのほか、たまごリピート・ヒキアゲ―ル・サブスクストアB2Bの合計数を表記しています。

サブスクストアの概要

提供会社 テモナ株式会社
公式サイト https://subscription-store.com/subsc-store
登録料 スタンダード 54,780円、プレミアム109,780円、エキスパート要問合せ
月額費用 スタンダード月額54,780円、プレミアム月額87,780円、エキスパート要問合せ
販売(出荷)手数料 スタンダード25円/件、プレミアム20円/件
決済手数料 HPに記載がありませんでした

リピスト

通販・ECシステムのリピスト公式サイトの画像
画像引用元:リピスト公式サイト(https://rpst.jp/)

リピストの特徴

  • 広告代理店別の専用管理画面を発行できる
  • ADコードの生成で媒体別の広告効果を判定できる
  • LTV集計で適当な予算配分が行える

リピストは、広告代理店を利用する方向けの機能を搭載しており、広告掲載媒体者専用の管理画面を発行できます。広告掲出による受注数と、実際の受注数が一致するので、販売戦略に役立てられます。

また、出稿媒体ごとにADコードが生成できるため、媒体別に管理することが可能です。定期購読率・広告別のLTV集計も行えるので、広告や施策に適当な予算配分ができるように。アップセル機能付きで、購入者に定期購入を促せます。

サポート部が一から支援している

リピストは、初期設定から管理に関することまで、サポート部がしっかりと対応しています。平日は電話・メールで相談でき、内製化を目指すことが可能。オンラインマニュアルや動画マニュアルも用意しています。

また、定期開催のセミナーの受講により、社内にノウハウを蓄積することも可能です。

リピストの概要

提供会社 株式会社PRECS
公式サイト https://rpst.jp/
登録料 ライト29,800円、スタンダード69,800円、プレミアム98,000円、エキスパート398,000円
月額費用 ライト14,800円、スタンダード39,800円、プレミアム69,800円、エキスパート148,000円~
販売(受注)手数料 10円/件~
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記はすべて税表記不明です。

侍カート

通販・ECシステムの侍カート公式サイトの画像
画像引用元:侍カート公式サイト(https://marketing.f-i-d.jp/service02/)

侍カートの特徴

  • 単品購入・定期購入の両方に対応したオールインワンサービス
  • 引き上げ率・継続率の分析機能を搭載している
  • フォーム一体型LPでカゴ落ちを防

侍カートはECシステムパッケージで、単品購入・定期購入に必要な機能を詰め込んだ通販・ECシステムです。

定期購入への引き上げ率・継続率といった分析を行えるほか、アクセス解析や売上集計にも対応。アップセル機能に対応しているので、単品購入者に定期購入を促すことができます。決済前に定期購入を訴求することで、引き上げ率の向上が期待できます。

また、フォーム一体型LPを採用しており、購入までの遷移数を大幅に削減。手間をなくすことで、カゴ落ちを防いでいます

配送スパンを細かく設定できる

侍カートは、定期購入の配送スパンをユーザー希望・ショップ希望と、ショップの運営体系に合わせて選択できます。商品によって顧客が望む配送スパンが異なるので、1~3週間ごと、1~3カ月ごと・6カ月ごとと細かく配送日時を指定することが可能です。柔軟な対応により、顧客満足度の向上を図れます。

機能は全部で548種類を搭載しており、随時アップデートされています(2020年2月時点)。

侍カートの概要

提供会社 株式会社FID
公式サイト https://marketing.f-i-d.jp/service02/
登録料 ASPプラン11万円、カスタマイズ16.5万円~、フルスクラッチ110万円~
月額費用 ASPプラン7.7万円、カスタマイズ13.2万円~、フルスクラッチ33万円~
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記は全て税込み表記となっております。

カラーミーリピート

通販・ECシステムのカラーミーリピート公式サイトの画像
画像引用元:カラーミーリピート公式サイト(https://colorme-repeat.jp/)

カラーミーリピートの特徴

  • 最短10分で定期購入・単品購入用のWebページを制作できる
  • 既存のネットショップと連携ができ、リンクタグを埋め込むだけでOK
  • クレジットカード決済は、国内で主要な5種類の決済に対応

カラーミーリピートは、速く導入できる通販・ECシステムです。商品登録から販売開始までかかる時間は最短10分。ホームページやネットショップとの連携が図れるので、リンクタグを埋め込むだけでリピート通販ページを利用できます。

定期購入はこちらといったリンクを貼り付けるだけで、定期購入ページへと遷移させられるので、簡単に導入することが可能です。

決済方法が豊富にそろっていて、販売機会の損失を防げる

カラーミーリピートは、多彩な決済方法を取りそろえていて、販売機会の損失を防ぎます。国内で利用されている主要なクレジットカード決済に対応でき、JCB・VISA・Mastercard・American Express・Discoverの5種類をカバー。販売ページ公開までは月額使用料が発生しないので、使用感を確かめてから導入できます。

カラーミーリピートの概要

提供会社 GMOペパボ株式会社
公式サイト https://colorme-repeat.jp/
登録料 0円
月額費用 10,780円
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 3.4%+30円/件

BASE(ベイス)

通販・ECシステムのBASE(ベイス)公式サイトの画像
画像引用元:BASE(ベイス)公式サイト(https://thebase.in/)

BASE(ベイス)の特徴

  • スタンダードプランは売れた時の手数料のみで販売OK
  • 無料の素材の種類が豊富なので、ページ開設が楽々
  • ページ追加機能でQ&Aページの追加も簡単にできる

BASE(ベイス)は、売れた時の手数料のみが発生する通販・ECシステムです(スタンダードプランのみ)。直感的な操作でデザインができ、無料のテンプレートや素材を豊富に取り揃えています。デザインパーツを使用すれば、簡単にWebページを開設できます。

ページ追加Appを利用すれば、Q&Aや送料に関するページも簡単に用意することが可能。本格的なオリジナルデザインを採用したい場合には、HTML編集にも対応しています。

BASE(ベイス)負担のクーポンを定期的に配信

BASE(ベイス)は、BASE内で利用できるクーポンを定期的に配信しています。クーポンはBASEが負担しているため、ショップ側の負担なしで集客することが可能です。任意でアプリにも掲載できるので、幅広いターゲットに訴求できます。

拡張機能を利用すれば、英語表記にも対応が可能です。インバウンド需要を取り込めるようになります。テイクアウトや抽選販売にも対応できるため、販売形態に合わせて活用できます。

BASE(ベイス)の概要

提供会社 BASE株式会社
公式サイト https://thebase.in/
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 スタンダード0円、グロース月額5,980円(税不明)
販売手数料 スタンダードプラン3%
決済手数料 スタンダード3.6%+40円/件、グロース2.9%/件

コマース21

通販・ECシステムのコマース21公式サイトの画像
画像引用元:コマース21公式サイト(https://www.commerce21.co.jp/service/)

コマース21の特徴

  • 事業形態に応じた通販・ECシステムを提供
  • 大規模ECサイト構築のパッケージでは大量アクセスにも対応できる
  • 2層構造のフレームワークでコスト・保守面で効果を発揮

コマース21は、ECサイト構築・店舗事業・カタログ通販など、幅広い事業形態に対応できるデジタルコマースプラットフォームです。大規模ECサイト構築パッケージでは、2段階のキャッシュ領域を活用しており、大量アクセスにも対応できる環境を構築できます。

また、NoSQL(Redis)での一元管理に対応しており、サービスを停止させなくとも、フロントエンドのスケールアウト・インが可能になります。LINE配信など一時的なトラフィック増加にも対応が可能です。

フレームワークの採用で改修コストの削減・保守性の維持ができる

コマース21は、JavaテンプレートエンジンとJavaフレームワークの組み合せにより、UIの改修コストを削減しています。品質の劣化を防ぐ構造により、保守性を維持しやすくなります。また、APIの自動テストを実施しやすくなり、フロント側・アプリ側の改修を対応するスタッフの省人化が図れるでしょう。

コマース21の概要

提供会社 株式会社コマースニジュウイチ
公式サイト https://www.commerce21.co.jp/service/
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

SI Web Shopping

通販・ECシステムのSI Web Shopping公式サイトの画像
画像引用元:SI Web Shopping公式サイト(https://products.sint.co.jp/siws)

SI Web Shoppingの特徴

  • 中~大規模事業者向けのECサイト構築パッケージ
  • 1,100サイト以上を構築した実績あり
  • オープンソースの活用に対応している

「SI Web Shopping」は、中規模から大規模事業者向けのECサイト構築パッケージです。1,100サイト以上を構築した実績を持ち、事業形態に合わせて柔軟にカスタマイズできます。HTML構造をプログラムから切り離し、コンテンツ変更の自由度を高めています。

また、コマース機能をAPI化しているので、SNSやブランドサイト、ブログなど様々なチャネルと連携することが可能です。

Javaに対応しており、オープンソースを活用できる

「SI Web Shopping」は、Javaの開発言語に対応しているパッケージで、独自のフレームワークを指定していないため、オープンソースを活用して開発できます。もちろん、開発の手間を削減するテンプレートも豊富に取り揃えています。

既存のテンプレートを活用すれば、ECサイトの構築を低コストで実現。ライセンス体系を採用しており、1サイトにつき1ライセンスで運用することが可能です。サーバー管理台数・CPU数に影響を受けないため、費用対効果が損なわれる心配がありません。

SI Web Shoppingの概要

提供会社 株式会社システムインテグレータ
公式サイト https://products.sint.co.jp/siws
登録料 公式HPの資料ダウンロードで確認できます
月額費用 公式HPの資料ダウンロードで確認できます
販売手数料 公式HPの資料ダウンロードで確認できます
決済手数料 公式HPの資料ダウンロードで確認できます

eltexDC(エルテックス・ディーシー)

通販・ECシステムのeltexDC(エルテックス・ディーシー)公式サイトの画像
画像引用元:eltexDC(エルテックス・ディーシー)公式サイト(https://www.eltex.co.jp/service/commerce/)

eltexDC(エルテックス・ディーシー)の特徴

  • EC・通販に対応した統合パッケージ
  • オムニチャネルに対応でき、EC・コンタクトセンターの受注機能を実装
  • BtoC・BtoBの両方のサイト構築に対応している

eltexDC(エルテックス・ディーシー)は、EC・通販統合パッケージで、オムニチャネル通販に対応しています。EC・通販に必要な機能を詰め込んだオールインワンのパッケージで、受注機能から在庫管理、出荷管理や顧客管理に至るまで1つのシステムで対応できます。

EC機能・コンタクトセンターの受注機能を標準装備しており、一元管理が可能です。複数システムを使用する必要がなく、情報を一元化できるので顧客の購買行動を分析しやすくなります。

BtoBのサイト構築にも対応している

eltexDC(エルテックス・ディーシー)は、BtoCだけでなく、BtoBのサイト構築にも対応できます。要望に合わせてカスタマイズができて、受注に必要な機能を実装可能です。戦略・プロモーション面の支援にも携わっていて、PDCAサイクルの改善に向けた支援も行っています。

また、定期注文にも対応しており、発送日の変更から別商品の同梱設定にいたるまで、柔軟に対応できます。

eltexDC(エルテックス・ディーシー)の概要

提供会社 株式会社エルテックス
公式サイト https://www.eltex.co.jp/service/commerce/
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

ecbeing

通販・ECシステムのecbeing公式サイトの画像
画像引用元:ecbeing公式サイトhttps://www.ecbeing.net/)

ecbeingの特徴

  • 中堅・大手向けのECプラットフォームを構築
  • 開発部隊・マーケティング支援部隊がサポート
  • 導入実績が1,500社以上で、売上アップ施策の提案もOK

「ecbeing」は、中堅から大手企業向けのECプラットフォームです。中小企業向けに「メルカート」、BtoB向けに「BtoB」のECプラットフォームも提供しています。ECサイトの開発部隊は500名以上、マーケティング支援部隊は200名以上在籍しており、構築から集客、分析に至るまで細やかなフォローを行っています。

これまで導入した企業は1,500社を超えており、蓄積してきたノウハウをもとに企業に合った施策を提案可能です。売上アップ施策やトレンドに応じたツールの利用に至るまで、総合的な提案を行っています。

EC周辺のサービスも一貫して提供

「ecbeing」は、ECサイト構築に留まらず、集客・分析・顧客管理といったフェーズごとのサポ―トを行っています。新規顧客の獲得からリピーターの引き上げまで、事業継続に向けた施策の実行を支援。EC周辺サービスを豊富に取り揃えているので、Instagramやレビューの活用、検索エンジンの対応まで一気通貫でサポートを受けられます。

ecbeingの概要

提供会社 株式会社ecbeing
公式サイト https://www.ecbeing.net/
登録料 スモール500万円~、ミドル1,000万円~、エンタープライズ3,000万円~
月額費用 スモール月額20万円~、ミドル月額30万円~、エンタープライズ月額50万円~
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

※上記は全て税表記不明です。

EC Orange(イーシーオレンジ)

通販・ECシステムのEC Orange(イーシーオレンジ)公式サイトの画像
画像引用元:EC Orange(イーシーオレンジ)公式サイト(https://EC-orange.jp/)

EC Orange(イーシーオレンジ)の特徴

  • ソースコード開示で開発しやすい環境を提供
  • ニーズ別のパッケージで複数店舗・企業間取引・ユーザー属性の設定に対応
  • 大量アクセス・大量受注にも対応できるプラットフォーム

EC Orange(イーシーオレンジ)は、拡張ができるECサイト構築パッケージです。ソースコードを開示しており、スムーズに開発できます。

ニーズ別にソリューションを提供しており、複数店舗・ブランドの管理に向いたパッケージ、企業間取引に対応できるパッケージ、ユーザー属性を設定できるクローズドサイト向けのパッケージを提供。多様なビジネスモデルに対応できます。大量アクセスや大量受注にも安定的に対応でき、大規模なECサイトの構築にも向いています。

API連携で外部システムと連携が図れる

EC Orange(イーシーオレンジ)は、REST APIの活用により、在庫管理・販売管理・決済システムなどと連携が図れます。フロントとバックエンドを切り離しているので、開発を同時進行することも可能。開発期間の短縮に繋がるほか、改修作業も容易になります。

サイト運用を開始してからも、必要に応じて機能を拡張できるため、利便性の向上を目指せるでしょう。

EC Orange(イーシーオレンジ)の概要

提供会社 株式会社エスキュービズム
公式サイト https://EC-orange.jp/
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

HIT-MALL

通販・ECシステムのHIT-MALL公式サイトの画像
画像引用元:HIT-MALL公式サイト(https://www.hit-mall.jp/)

HIT-MALLの特徴

  • クラウド型・パッケージ版の2種類を提供
  • ECサイトの立ち上げから運用に関わる業務を代行
  • 国際基準のISO27001を取得した堅牢なセキュリティ

HIT-MALLは、通販・ECシステムの構築・運用サービスです。BtoB・BtoCの両方に対応しており、百貨店や商材向けのECサイトなどビジネスモデルに合わせたサイト構築を支援しています。
提供しているのはクラウド型・パッケージ版の2種類です。ECサイトの立ち上げから暫く経ち、売上が増加した時点でパッケージ版に移行すると、カスタマイズができECサイトの改修が楽になります。

その他、ECサイトの運用に必要な商品登録・在庫管理・受注管理などは、一貫して代行することが可能です。アクセス解析やサーバー運用、物流業務やサイト制作、Webプロモーションの代行も行っています。ECサイトの立ち上げから運用後に必要な業務を一気通貫でサポートしているため、人手不足の企業も難なくオンラインショップを運用できるでしょう。

国際基準のISO27001を取得した堅牢なセキュリティ

HIT-MALLは、情報セキュリティマネジメントシステムを完備しており、国際基準である「ISO27001」を取得しています。プライバシーマークも取得しており、個人情報保護のためのセキュリティ対策も万全です。堅牢なネットワーク監視体制を整えているので、個人情報を扱うECサイトの立ち上げも心配が少ないでしょう。

また、ポイント付与やクーポン配布、送料無料といったキャンペーン施策を講じられる機能が搭載しており、Web集客を実施しやすくなっています。

HIT-MALLの概要

提供会社 アイテック阪急阪神株式会社
公式サイト https://www.hit-mall.jp/
登録料 HPに記載がありませんでした。※年間保守費用は初期費用の10%
月額費用 HPに記載がありませんでした。※ライセンス費用目安:HIT-MALL パッケージ版280万円~、HIT-MALL BtoB パッケージ版380万円~
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

ecforce(イーシーフォース)

通販・ECシステムのecforce(イーシーフォース)公式サイトの画像
画像引用元:ecforce(イーシーフォース)公式サイト(https://EC-force.com/product/ecforce)

ecforce(イーシーフォース)の特徴

  • D2Cに必要な機能を搭載している
  • 運用までの1on1のサポートで内製化を目指せる
  • 定期購入やリピーターに引上げできる機能を搭載

ecforce(イーシーフォース)は、D2Cに必要な機能を搭載したECカートサービスです。

ECサイトの立ち上げからカートシステムの運用までは1on1でサポートしており、内製化を図ることができます。ショップ構築・商品管理・顧客管理・広告分析・CRM管理と、あらゆるフェーズの支援に対応。ショップ構築の成功例や失敗例、アイデアを配信する加盟店メディアを運営しているので、運用後も定期的な改修を実施できるでしょう。

目的に応じたバックオフィスの支援も行っており、ECサイトの立ち上げに関わる総合的な相談が可能です。

カゴ落ちを防ぐための機能が充実している

ecforce(イーシーフォース)は、カゴ落ちを防ぐための確認画面スキップ機能や、無制限の会員ランク機能、クーポンやポイント付与機能を搭載しています。確認画面スキップ機能は購入フォームから1回の遷移で購入を完了できる機能で、顧客の離脱を防げるように。また、購入者に対してサンクスオファーを送ることができるため、定期購入率やリピート率の向上が図れます。

プランは3つ用意されており、共有Webサーバー・専用Webサーバーの利用、あるいは他社システムからの切り替えといった具合に、ニーズに応じたプランを選択できます。

ecforce(イーシーフォース)の概要

提供会社 株式会社SUPER STUDIO
公式サイト https://EC-force.com/product/ecforce
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

shopserve(ショップサーブ)

通販・ECシステムのshopserve(ショップサーブ)公式サイトの画像
画像引用元:shopserve(ショップサーブ)公式サイト(https://shopserve.estore.jp/)

shopserve(ショップサーブ)の特徴

  • CRMに注力したECシステム
  • 大型店舗やオムニチャネルにも対応できる
  • 送料計算・配送指定・休業設定などの機能が充実

shopserve(ショップサーブ)は、ロイヤルカスタマーを育むためのCRMに注力したECシステムです。大型店舗にも対応できるECシステムで、オムニチャネルまで対応します。API連携により既存システムとの連携が可能です。

また、決済処理漏れ通知機能を搭載しており、受注から10日以上にわたり決済処理が行われない受注を通知することで、処理漏れを防げるようになっています。各種メールテンプレートも完備しているため、入金連絡や注文キャンセルメールなどを速やかに送付できます。

三温度帯に応じた送料計算に対応

shopserve(ショップサーブ)は、三温度帯に応じた送料計算が設定できるので、送料計算の手間が省けます。また、配送方法はメール便と通常配送を選択できるため、顧客や商品に合わせて最適な配送方法を取ることが可能です。

出荷業務の休業設定もでき、長期休暇やショップの休業日など出荷停止をする日付を自動で計算してくれます。顧客満足度を向上させるための機能が充実しているのが特徴です。

shopserve(ショップサーブ)の概要

提供会社 株式会社Eストアー
公式サイト https://shopserve.estore.jp/
登録料 HPに記載がありませんでした
月額費用 HPに記載がありませんでした
販売手数料 HPに記載がありませんでした
決済手数料 HPに記載がありませんでした

通販マーケッター

通販・ECシステム通販マーケッター公式サイトの画像
画像引用元:通販マーケッター公式サイト(https://www.totsumedia.co.jp/lp/tsuhan-marketer/)

通販マーケッターの特徴

  • 複数のツールと連携可能
  • 用途に応じた3つのプラン
  • データを一元管理できる

通販マーケッターはリピート通販向け通販基幹システム。通販ノウハウのない企業やリピートに悩まされている企業におすすめのシステムです。

定期顧客を増やすための機能を数多く有しており、「1世帯1個限り」など詳細な購入制限が可能。顧客管理データを元に、より的確なアプローチができます。

通販マーケッターはランディングページ(申し込みフォーム)とECカートの連携が可能。データベースは1つになっているため、ECサイトをはじめとした複数チャネルからの購買情報を1つに集約することができます。

さらに、通販マーケッターは柔軟にカスタマイズができ、外部通販システムや販促支援、宅配サービスなど複数のツールと連携を容易に行えます。

目的に応じ3つプランを提供

通販マーケッターは、目的に応じ3つプランを提供しています。LPフォームが必要ならば「LPマーケッター」、売上アップを目指すなら「通販マーケッターProfessinal」「通販マーケッターUltra Master」と用途に応じて利用できます。

また、1億を目指すスモールスタート向けに「通販マーケッター 『レンタル版』」も提供。初期費用・ランニングコストを抑えた導入も可能です。

通販マーケッターの概要

提供会社 株式会社東通メディア
公式サイト https://www.totsumedia.co.jp/lp/tsuhan-marketer/
初期導入費用 LPマーケッターLight:99,800円〜
LPマーケッターStandard:199,800円〜
通販マーケッター『レンタル版』:9,600,000円〜
通販マーケッター『Ultra Master』:問い合わせ
ECマーケッター:問い合わせ
月額費用 LPマーケッターLight:99,800円〜
LPマーケッターStandard:175,000円〜
通販マーケッター『レンタル版』:148,000円〜
通販マーケッター『Ultra Master』:問い合わせ
ECマーケッター:問い合わせ
販売(出荷)手数料 要問合せ
決済手数料 要問合せ

Oracle Commerce

通販・ECシステムOracle commerce公式サイトの画像
画像引用元:Oracle commerce公式サイト(https://www.oracle.com/jp/cx/ecommerce/)

Oracle commerceの特徴

  • 自社でも構築できる環境
  • さまざまな外部サービスと連携可能
  • 自由度の高いシステム

Oracle commerceは単品、BtoB、BtoC向けの通販システムです。カタログや商品管理、モバイル対応など必要機能を取り揃えています。

Oracle commerceは自社にシステムに詳しい人がいない場合にも簡単にECサイトの構築が可能。クラウド上で簡単にECサイトを立ち上げられます。

また、様々な外部サービスとの連携を容易にできる点もメリット。在庫管理、決済代行、多言語化など欲しい機能を追加し、より使いやすいシステムが設計できます。

Oracle commerceはB2B向けとBtoC向けに2つのサービスを提供。使用用途に応じた利用が可能です。

Oracle commerceは海外企業が開発している通販システムのため、海外通販サイト向けの機能も提供。海外ECサイトに出品を検討している企業にとってもおすすめです。

豊富な検索機能

Oracle commerceは顧客が購入したい商品を常に表示させる機能を実装。顧客が購入しようとしている製品を検索しやすい仕組みにしています。

また、検索結果を強調したり隠したりすることが可能。ユーザーにとって最適な検索結果を見せることができます。

そのほか、検索キーワード予測や検索されたキーワード管理を容易にできる機能を有しています。

Oracle commerce概要

提供会社 日本オラクル
公式サイト https://www.oracle.com/jp/cx/ecommerce/#rc30p1
登録料 問い合わせ
月額費用 要問合せ
販売(出荷)手数料 要問合せ
決済手数料 要問合せ

通販・ECシステム導入にあたっての選定ポイント

通販・ECシステムのポイントイメージ画像
通販・ECシステムを導入する際は、国内の主要な決済方法に対応しているシステムを選びましょう。クレジットカード決済・交通系IC決済・スマホ決済・電子マネー決済・コンビニ決済・後払い決済・銀行振込など、商品やジャンルに応じた決済方法を取り入れてください。また、料金体系にも着目し、1件あたりの決済手数料・販売手数料・出荷手数料や、月額利用費(年間利用費)や登録料などを考慮し、予算と用途に合った通販システムを選定することが大切です。

顧客が決済した後の入金スピードも重要で、翌営業日までの入金など素早い処理を行っている通販・ECシステムを選ぶと安心感が得られます。

さらに、システムの操作性や安全性も考慮して選ぶと、通販システムの導入後に失敗するリスクの低減が可能です。特に、ECサイト構築のノウハウがない企業はカスタマイズ性の高いシステムよりも、ある程度決められた枠組みから選定できるシステムを選ぶと、サイト構築期間の短縮を目指せます。

通販・ECシステム徹底比較まとめ

まとめ
通販システムは機能・操作性など、各システムの違いが一見わかりにくいものです。
通販システムを選ぶ際には自社の課題と目的を把握しておき、それらに合致したものを選択するようにしましょう。
その際は、ぜひこの記事をお役立てください。

気になったサービスをもう一度見たい方は、下記のリスト内のサービス名をクリックしてください(そのサービスの紹介部分に飛びます)。

通販システム名 登録料・月額費用 サービスの特徴
W2 Repeat(旧:リピートPLUS) スタンダード
初期費用:49,800円
月額費用:49,800円
プロフェッショナル
初期費用:79,800円
月額費用:79,800円
・拡張機能が多い(合計950以上)
・LP一体型フォームに対応している
・10社以上の決済会社と連携
資料のダウンロードはこちら >>
楽々リピート 初期費用:ライト6万8,000円、スタンダード9万8,000円
エキスパート24万円、ゴールド60万円
ライト月額4万9,800円、スタンダード月額7万9,800円
エキスパート月額9万8,000円、ゴールド月額19万8,000円
97%以上の継続率
サブスクストア 初期費用:スタンダード 76,780円、プレミアム109,780円
スタンダード月額54,780円、プレミアム月額87,780円
セット売り、まとめ売りや頒布会など、多様な販売方法に対応
リピスト 初期費用:ライト29,800円、スタンダード69,800円
プレミアム98,000円、エキスパート398,000円
ライト14,800円、スタンダード39,800円
プレミアム69,800円、エキスパート148,000円
最短2日でサイトデザインの移行や受注などに対応
侍カート 初期費用:ASPプラン11万円、カスタマイズ16.5万円~
フルスクラッチ110万円~
ASPプラン7.7万円
カスタマイズ13.2万円~
フルスクラッチ33万円~
ニーズによって選べるプランを3種類提供している
カラーミーリピート 10,780円 カード決済導入の待ち時間が発生しない
BASE(ベイス) スタンダード0円、グロース月額5,980円(税不明) デザインパーツやテンプレートのラインアップが豊富
コマース21 スクラッチ開発に近いサービス内容で、大規模なICに特化
SI Web Shopping ライセンス体系がシンプル(1サイト1ライセンス)
eltexDC(エルテックス・ディーシー) IBM Cloudを利用した高度なインフラ
ecbeing スモール500万円~、ミドル1,000万円~、エンタープライズ3,000万円~
スモール月額20万円~、ミドル月額30万円~、エンタープライズ月額50万円~
サイト開発体制500名以上、運用支援部隊200名以上のサポート体制
EC Orange(イーシーオレンジ) フロントインターフェイスとバックエンドの完全分離による高いカスタマイズ性
HIT-MALL HIT-MALL パッケージ版280万円~、HIT-MALL BtoB パッケージ版380万円~ 物流代行まで代行してもらえる
ecforce(イーシーフォース) 注文管理から出荷指示、顧客対応などの業務を自動化することも可能
shopserve(ショップサーブ) セキュリティーエリアを除いてHTML、CSS、JSは自由に編集可
通販マーケッター LPマーケッターLight:99,800円〜
LPマーケッターStandard:199,800円〜
通販マーケッター『レンタル版』:9,600,000円〜
通販マーケッター『Ultra Master』:問い合わせ
ECマーケッター:問い合わせ
テレビ、DM、新聞、折込、アウトバウンド、WEB広告の情報が一元管理できる
Oracle commerce 外資系のため海外通販サイト向けの機能も豊富
ページトップへ