スーパーマーケットの経営戦略事例4選

スーパーマーケットの経営戦略事例4選
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

経営戦略とは何か?

経営戦略というものを、ここでは「強みを活かして戦う」と定義して解説していきます。

  • 自社の強みを顧客の価値に変え顧客に伝える
  • 顧客の価値を実現するために自社の強みを活かし育てる

このことを前提に経営戦略の成功事例をご紹介していきます。

スーパーマーケットの経営戦略成功事例

京北スーパー 千葉 8 店舗 食と健康を考える

元々、価値のある商品を売ることを徹底的に考えている創業昭和38年の老舗スーパーマーケット。「高級」ではなく「高質」なスーパーマーケットを目指し、高品質なプライベートブランド商品への取り組みと楽しくて変化のある売り場づくりを戦略として取り組む。

主な経営戦略

・高い単価
高質スーパーとして、価格に見合った商品を展開し信頼を得ている

・高付加のプライベートブランド商品
安い商品ではなくこだわりの高単価商品

・楽しくて変化のある売り場づくり
毎回来るたびに変化があり、新しい商品があるかと思わせる

このような戦略を展開し自店の固定ファンを創出。そして、自店商品の魅力を知った人がまた別の人を紹介し盤石な集客基盤を作った。

ベニースーパー 東京 2 店舗 地域密着スーパーマーケット

ベニースーパーな2店舗のみで、今回の事例の中では一番小規模なスーパーマーケット。一般的にみると小規模な店舗は経営資源も限られるため、できることも制限されてしまうが、独自のアイデアとフットワークの軽さを活かした戦略を展開し取り組む。特筆すべき点は差別化商品の仕入れと地域コミュニティとのつながりです。

主な経営戦略

・地元金融機関の協力を得て巣鴨の老舗の商品を仕入れる 
高齢者顧客の心をつかむ

・多様な主体を取り入れ地域を盛り上げる
子ども店長プログラム、縁日・運動会を企画実施

子ども店長プログラムは、ベニースーパーの認知度を上げるためでもあるが、子どもにもプログラムを通じて働いて報酬をもらう喜びを感じてもらえ、社会的貢献度も大きい。ベニースーパーほどの店舗ではこのような企画イベントを行うことは本来難しいところ、積極的に展開している。

サニーマート 高知 27店舗 地域密着クオリティスーパー

サニーマートも地域に密着したスーパーで、前述したベニースーパーとは違い高知県内に27店舗をかまえる大きなスーパーマーケットで、地域住民にインタビューやと調査を行った際にはほとんどの住民が認知しているほど、地域に浸透した店舗。さらに、地域の生産者や食品メーカーから見たサニーマートは是非取り引きをしたいと目標に掲げるほどのスーパーマーケットになっている。

主な経営戦略

・徹底したCR(地域交流)活動
40年以上前から始まった親子の水泳教室、きっかけは水難事故の多かった地元に貢献したいということから。CRとは本来カスタマーリレーションの意味、顧客との信頼関係をつくる際に使う言葉ですが、サニーマートは顧客=地域全体と捉えて活動している。

・県内全域から集められた美味しいもの、こだわりの仕入れ
他店では扱っていない商品「地元の人には人気だが全国レベルではない」そんな○○村の△△のような商品を扱い、自店にしかない強みをつくっている。

地域に密着した大型スーパーマーケットは、長い努力の積み重ねで地元地域からのあこがれの店舗へと拡大しました。特に仕入れ業者とは単なる取引先ではなく「パートナー」として接しているからこそ、根強い信頼関係を構築している事例です。

サンヨネ 愛知 5 店舗 豊かな家庭は、明るい食卓から

サンヨネは拡大よりも自分たちの目の届く範囲への意識を強く持ち、顧客満足度と従業員満足度の高いスーパーマーケットを目指している店舗です。顧客の立場にたって作り出す商品力の強さと従業員の屋やる気を引き出す人間力の強さも持ち、顧客の中には「ヨネラー」と呼ばれる熱心なリピーターを創出するほど、高い支持を受けている。

主な経営戦略

・契約農家と共同で作る良質で豊富なオリジナル商品
大学の協力も得ながら農家の生産性があがる取り組みについても考え、互いにWin-Winとなれる関係を構築している。

・良質な商品を作り出す
良質とは美味しい、健康に良い商品で自分が食べたいと思えるもの。オリジナル商品とはいえ、生産は自社で行うのではく地元の信頼できる生産者やメーカーと共同開発している。

・人間力の強さ パートナー(従業員)第一主義
家族同然のつながり、社員総会として6カ月に一回は全員が集まる時間を作り、チームごとにも集まる時間を設ける社風でコミュニケーションをとる環境が整っている。

「ヨネラー」と呼ばれる人がいるほど、地域から愛されたスーパーマーケットとなりえたのは地域の全て(生産者・顧客・従業員ふくめ関わる人たち)とのつながりを大切にして実践した結果。商品だけではなく人の持つ魅力も最大限に伸ばし、他にはできない雰囲気を作っている。

参考資料

当ページは下記資料を簡潔にまとめて紹介したものです。参考元の資料ではより具体的に各スーパーマーケットの経営戦略事例が掲載されています。スーパーマーケットの経営戦略立案にお役立てください。

【参考資料】中小地場スーパーの生き残りをかけた取り組み~地域の「要」として愛され続ける中小企業の経営戦略とは~(日本公庫総研レポート No.20185-5)
スーパーマーケットの集客戦略まとめ

スーパーマーケットの関連記事

ページトップへ