レンタルジムフランチャイズを徹底比較!導入事例や費用、口コミ評判も紹介

レンタルジムフランチャイズを徹底比較!導入事例や費用、口コミ評判も紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

レンタルジムフランチャイズを利用するメリットや各社サービスの特徴を比較!

コロナ禍以降、他人との接触を避け、1人の空間で何かを始める方が増えてきました。フィットネスジムも例外ではありません。この記事では、プライベートな空間を提供するレンタルジム事業に挑戦したいと考えているオーナーのためにレンタルジムフランチャイズを紹介しています。

各社の特徴や費用、導入事例をはじめ、レンタルジムフランチャイズを利用するメリットやデメリットについても解説します。レンタルジムフランチャイズへの加盟を検討する際の参考にしてください。

【PR】人件費に加え、加盟金・
内装工事費用も徹底的に
抑えられるレンタルジムFCなら

レンタルジムフランチャイズ一覧表

ジム名 サービスの特徴
【PR】GYMGYM(じむじむ) コストを抑えて、とにかく始めやすいレンタルジムフランチャイズなら
・ 加盟金と内装工事費用は0円だから始めやすい
・トレーラーBOXだから物件取得が不要で移動も可能
・撮影スタジオやプロモーションイベントなど、無人ジム以外のサービス展開もできる
資料ダウンロードはこちら >>
ECOFIT24 IT×フィットネスの融合!レンタルジム運営が初めてでも安心
ハコジム 無人×低コスト経営で安定収益をサポート!副業でも経営可能
24/7ワークアウト 累計9万人が認めた高い集客力!業界大手の経営ノウハウを提供
ELEMENT 定額生によるストックがあった収益でビジネスの安定化をサポート
FASTGYM24 健康で快適な生活文化の提案と提供をモットーに107店舗を展開中!
triggerfitness24 FC本部サポートを受けながらオリジナリティの尊重も可能!
Miraito Gym 不要なサポートは一切なし!ジム開業×レンタルジムで安定収入を実現
メルメイク 圧倒的な集客力と高いリピート率で、収益の安定化をサポート
MIYAZAKI GYM 加盟金0円+低ロイヤリティで10年超の経営ノウハウを惜しみなく提供
セルフィット 最短3ヶ月で実家を実現するストック型安定収益モデルを提案
エニタイムフィットネス 店舗数トップクラス!世界中で成長し続けているフィットネスジム
ハコフィット 空き店舗・空き部屋をフル活用!無人&低コスト経営で利益追求
PREFIT24 ロイヤリティ不要の低コスト出店で安定収入&システム支援を提供
アシスト24 圧倒的低価格で空き物件の有効活用・新規事業をサポート

【PR】加盟金・内装工事0円!とにかく始めやすいレンタルジムフランチャイズなら

GYMGYM(じむじむ)

レンタルジムフランチャイズGYMGYM(じむじむ)の公式サイト画像
画像引用元:GYMGYM(じむじむ)公式サイト(https://www.gsp-gymgym.com/franchising)

\300店舗以上のFC展開実績!/

GYMGYM(じむじむ)はこんな経営者におすすめ

  • レンタルジムの開業資金をなるべく抑えたい
  • レンタルジム経営ははじめてなのでスタジオ確保ができるか心配
  • ジム以外にもスタジオ利用ができると嬉しい

GYMGYM(じむじむ)を選ぶべき理由

【理由1】加盟金と内装工事費用は0円だから始めやすい

レンタルジムは人件費が抑えやすいですが、内装やマシンの購入・設置に多額の費用が必要です。フランチャイズの場合は、さらに加盟金も支払わなければなりません。レンタルジムでの開業を検討しているものの、資金面で不安を感じている方もいるでしょう。

GYMGYMは、加盟金も内装工事費用も0円でレンタルジムを開業できるサービスです。トレーラーには、プロジェクションマッピングシステムやAI顔認証システム、エアコンなど、運営に必要な設備がすべて備えられています。目的地にトレーラーを置くだけですぐに運営開始できるので、オープンまでの時間も短縮できます。

【理由2】トレーラーBOXだから物件取得が不要で、移動も可能

GYMGYMは、トレーラーハウスを活用して運営するレンタルジムで、空き地が駐車場1台分あればどこでも設置できます。敷金や礼金などの物件コストが不要なので、開業にかかる費用を低く抑えることができます。

さらに、トレーラーハウスであることから、移転の自由度も高く、立地による集客の影響を気にする必要がありません。原状回復のコストもかからないため、急な事業の変更にも柔軟に対応できます。

【理由3】ジム以外のサービス展開にも対応

トレーラーハウスで運営するGYMGYMは、プロジェクションマッピング技術を備えています。レンタルジムとして利用する場合はトレーニングプログラムを投影しますが、それ以外の映像を流すことも可能です。そのおかげで、撮影スタジオやライブ配信、シェアサロンなど、レンタルジムとは異なるサービスも提供できます。

さらに、デジタルアートを使ったプロモーションも可能なので、商品やサービスの宣伝にも活用できます。この高い柔軟性と利用方法の自在性も、GYMGYMのならではの強みです。

\初期費用が徹底的に抑えられる無人ジム!/

GYMGYM(じむじむ)の特徴

300店舗以上のフランチャイズ加盟店をサポートした実績を持つ株式会社GIANT SWING PRODUCTIONSは、トレーラーハウスを利用した新しいスタイルのレンタルジムビジネスを提案している会社です。本格的なレンタルジムビジネスのスタートはもちろん、副業としての加盟もOK。段階的に事業の拡大が目指せるので、はじめてレンタルジムビジネスに参入する方にも安心です。

GYMGYMが提案するレンタルジムビジネスは、減価償却を最短1年で可能にするよう導いてくれるため、経営者は迅速な投資回収が期待できます。また、プロジェクションマッピングやデジタルアートとジムのトレーニングプログラムの組み合わせは斬新性もあり、競合との差別化が図りやすい点もポイント。

ジムの予約・決済には、同社が提供するオリジナルアプリ「GIN」が利用できます。顔認証システムを盛り込んだアプリのため、セキュリティ管理も万全です。

使い勝手の良さにこだわった先進システムや演出が満載のレンタルジムフランチャイズは、加盟店にとっても顧客にとっても満足度の高いものになるはずです。

GYMGYM(じむじむ)の導入事例

導入事例に関する情報は見つかりませんでした。

GYMGYM(じむじむ)の初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。初期費用や月々の固定費はサービス資料をご確認ください。

\費用の内訳を見たい方はこちら/

GYMGYM(じむじむ)の運営会社概要

会社名 株式会社GIANT SWING PRODUCTIONS
会社所在地 東京都港区南青山5-13-1 第42荒井ビル8F
会社設立年 2011年
公式HP https://gspdn.com/

\トレーラーハウスを利用した先進ジムビジネス/

他にもある!レンタルジムフランチャイズの情報まとめ

ECOFIT24

レンタルジムフランチャイズ ECOFIT24の公式サイト画像)画像引用元: ECOFIT24公式サイト(https://fc.ecofit24.com/)

ECOFIT24の特徴

IT×フィットネスの融合!レンタルジム運営が初めてでも安心

国内のジム会費の相場が約10,000円前後に設定されている中、ECOFIT24は、月会費2,980円で利用できるリーズナブルさが魅力です。完全無人24時間型はもちろん、ジム特化型のシステムを導入しているため、他社店舗との差別化が可能です。

独自のマシンブランドやジム仕様のシステムが使用できるため、一般的には5,000万円から1億円かかる初期費用が、2,000万円から3,000万円後で実現。立地条件次第では、約2年の早期投資回収が可能です。また、ジム特化型のTRESUL(トレスル)利用料による安定した収益が期待できるので、システムの問題で会員継続率の心配をしたり、新たな投資を考えたりといった必要もありません。

事業開始後は、万全のバックアップ体制を用意。フランチャイズ本部のクリエイターチームがシステムのアップデートに注力しているため、常に最新のレンタルジムコンディションを維持できます。

ECOFIT24の導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

ECOFIT24の初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

ECOFIT24の運営会社概要

企業名 エーイーシー株式会社
設立年 2018年9月
所在地 愛知県名古屋市守山区中志段味下定納 80 GLP名古屋守山WEST2階
URL https://ecoleco-fitness.com/

※レンタルジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

ハコジム

レンタルジムフランチャイズ ハコジムの公式サイト画像)画像引用元: ハコジム公式サイト(https://hacogym.jp/fc/)

ハコジムの特徴

無人×低コスト経営で安定収益をサポート!副業でも経営可能

ハコジムは、24時間運営の完全レンタル個室ジムです。顧客対応は無用なので、オーナーやスタッフが常駐する必要はありません。副業でレンタルジム経営を考えているオーナーにも魅力的なシステムです。

開業資金は、一般的なジムの10分の1と低コストを実現。レンタルジムに使用するスタジオも、必要面積は20坪前後・ 2階以上でも可能と、厳しい条件はありません。また、フランチャイズ本部がウェブ広告により会員獲得を支援してくれるため、築年数の古い物件や雑居ビルの高層階でも路面店に引けを取らない集客が期待できます。

ジム開設後は、会員数の増加に伴い、複数店舗の出店をサポート。エリア分析により最適な出店地域を選定し、ビジネス拡大をバックアップしてもらえます。

ハコジムの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

ハコジムの初期費用・月額費用

初期投資:約650万円
加盟金: 150万円
※税不明

ハコジムの運営会社概要

企業名 株式会社ハコジム
設立年 2017年5月18日
所在地 広島県広島市南区松原町10-22 5F
URL https://hacogym.jp/

※レンタルジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

24/7ワークアウト

無人ジムフランチャイズ 24/7ワークアウトの公式サイト画像)画像引用元: 24/7ワークアウト公式サイト(https://247-workout.jp/franchise/)

24/7ワークアウトの特徴

累計9万人が認めた高い集客力!業界大手の経営ノウハウを提供

レンタルジム事業において、集客力はフランチャイズ本部を決める大きなポイントです。24/7ワークアウトは、会員数累計90,000人を突破した業界大手のパーソナルジムで、顧客にアピールできる十分なブランド力・知名度・実績を持っています。つまり、これから事業をスタートするオーナーの強力な武器になること間違いありません。

24/7ワークアウト六本木店を1号店としてオープンして以来、現在では85店舗に増加。急成長の裏には、しっかりとした経営ノウハウがあり、フランチャイズ加盟店には惜しみなく共有される点が魅力です。開業資金の融資や施工業者の相談ももちろんOK。レンタルジムの経営がはじめての方や、異業種からの参入も安心して取り組める環境が整っています。

フランチャイズ加盟後は、最短120日のスピード開業が可能。店舗となる物件探しや経営者としての手厚い研修も実施されるので、自信を持って運営や管理ができるようになると考えられます。

24/7ワークアウトの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

24/7ワークアウトの初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

24/7ワークアウトの運営会社概要

企業名 株式会社トゥエンティーフォーセブン
設立年 2007年12月28日
所在地 東京都港区愛宕2-5-1愛宕グリーンヒルズMORIタワー36F
URL https://247group.co.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

ELEMENT

無人ジムフランチャイズ ELEMENTの公式サイト画像)画像引用元: ELEMENT公式サイト(https://element-gym.com/element-top/gym/element-fc/)

ELEMENTの特徴

定額生によるストックがあった収益でビジネスの安定化をサポート

ELEMENTは、顧客が長期的に通えるパーソナルジムのため、ストック型の売り上げが期待できます。顧客の目的に合った指導方法や料金プランを用意しており、結果としてエレメント会員の平均継続月数は7ヶ月以上を維持しています。

ウェイトトレーニングとマシンピラティスを組み合わせたパーソナルプログラムを採用しているので、幅広いニーズを持つ顧客層へのアピールが可能。運動習慣作りを支えるレンタルジムとして、愛着を持って利用してもらえると考えられます。

ELEMENTの運営本部は、Webマーケティングを主軸とした企業であるため、SEO対策やホームページ制作、Google広告など幅広い集客方法によるサポートが期待できます。個人ではなかなか実現できないGoogle検索での上位表示も、ELEMENTフランチャイズ本部のスキルがあれば叶えられるかもしれません。

フランチャイズ店舗としてのパターンとしては、新規はもちろん開業済みのパーソナルジムやヨガスタジオ、フィットネスジムなども可能。整骨院からレンタルジムビジネスに参入した実例もあります。

ELEMENTの導入事例(口コミ)

厚生労働省からも「健康寿命の延伸」や「生活習慣病の予防」が強く呼びかけられている中で、ELEMENTの在り方は、社会的意義を感じる事業だと思いました。当時はフランチャイズ経営に興味があっために複数のフランチャイズを検討していましたが、こうしたELEMENTの在り方や、代表の鈴木さんの人柄に惹かれてELEMENTへの加盟を決断しました。引用元:ELEMENT
公式HP ELEMENT大塚店・板橋店・巣鴨店
(https://element-gym.com/interview-kobayashi/)

オープン後は店舗運営に対するサポートをメインに、研修担当や給与担当など多くの方にサポートいただいています。自由が丘店の経営は私一人で行っていますが、多方面からサポートいただいているためグループで経営している感覚です。引用元:ELEMENT公式HP ELEMENT自由が丘店
(https://element-gym.com/owner_yamazaki/)

僕の本業がサッカー選手であることは間違いありませんが、将来のことを考えた時にサッカー以外の自分が情熱を持てることにも挑戦しようと思い、ELEMENTに加盟しようと思いました。運動を習慣化するというビジョンはもちろん、代表の鈴木さんの人柄が一番の決め手です。今後は2店舗、3店舗と増店していくことが目標です!
引用元:ELEMENT公式HP ELEMENT中野店
(https://element-gym.com/kodama-suzuki-interview/)

ELEMENTの初期費用・月額費用

加盟金:165万円
ロイヤリティ:売り上げの10%、
マシン機材費:110万円〜
※税不明
※価格は一例です

ELEMENTの運営会社概要

企業名 株式会社MIGRIDS
設立年 2018年2月26日
所在地 山梨県南巨摩郡南部町楮根763番地の1
URL https://migrids.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

FASTGYM24

レンタルジムフランチャイズ FASTGYM24の公式サイト画像)画像引用元: FASTGYM24公式サイト(https://fastgym24.jp/franchise/)

FASTGYM24の特徴

健康で快適な生活文化の提案と提供をモットーに107店舗を展開中!

株式会社ティップネスは、2014年に24時間マシンジム特化型のFASTGYM24を立ち上げ、その後8年間で107店舗の直営店を展開しました。健康で快適な生活文化の提案と提供をモットーに、独自の経営ノウハウや運営システムを開発。フランチャイズ展開をスタートし、多くの店舗サポートを提供しています。

初期費用を抑えつつ、顧客満足度の高いシステムを導入。安定した利益構造を持つストック型ビジネスモデルは、短期的な投資回収だけでなく、将来的な安定性を保ちつつ経営の安定化が期待できるため、事業が浮き沈みする心配もありません。

フランチャイズ開業後は、専門スタッフによる店舗運営のアドバイスやサポートを提供。定期的な巡回や運営状況のチェックを通じて、店舗品質の向上が期待できます。さらに、月に1度の定例会議を通じて、FC本部とオーナーのコミュニケーションを密にし、良好な関係性を築ける点も魅力です。

FASTGYM24の導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

FASTGYM24の初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

FASTGYM24の運営会社概要

企業名 株式会社ティップネス
設立年 1986年10月
所在地 東京都千代田区四番町5番地6 日テレ四番町ビル1号館3階
URL https://www.tipness.co.jp/

※レンタルジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

triggerfitness24

レンタルジムフランチャイズ triggerfitness24の公式サイト画像)画像引用元: triggerfitness24公式サイト(https://triggerfitness24.com/franchise.html)

triggerfitness24の特徴

FC本部サポートを受けながらオリジナリティの尊重も可能!

triggerfitness24は、法人・個人に限定されず、顧客への高い訴求力が期待できる24時間フィットネスジムです。オーナーのニーズに合わせ、有人・無人のレンタルジム事業を展開。地域に応じた営業形態の提案も可能です。

独自のトレーニングマシンやエステマシンの搬入ルートを活用し、他社と異なるビジネスモデルを展開できるのも嬉しいポイント。差別化の実現が成功への近道となり、店舗展開の可能性を高めると考えられます。
集客支援体制も充実しており、本部からの店内ポップや広告提供が可能。フランチャイズ契約を結びながらも、店舗独自の特色を出すことができます。

さらに、開業前後のサポートも行き届いており、会場スケジュールや店舗デザイン・人材育成・集客に至るまで、万全のフルサポートが期待できます。

triggerfitness24の導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

triggerfitness24の初期費用・月額費用

保証金: 0円
加盟金: 220万円
システム利用料:165万円
開業サポート費用:165万円
マシン費用:550万円
※すべて税込価格です

triggerfitness24の運営会社概要

公式サイトに企業情報の記載がありませんでした。

※レンタルジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

Miraito Gym

無人ジムフランチャイズ Miraito Gymの公式サイト画像)画像引用元: Miraito Gym公式サイト(https://www.miraitogym.com/rentalgym-fc)

Miraito Gymの特徴

不要なサポートは一切なし!ジム開業×レンタルジムで安定収入を実現

パーソナルトレーニングのみのジム開業に不安を感じているオーナーも多いのではないでしょうか。Miraito Gymは、ジム開業×レンタルジムを支援するフランチャイズです。店舗をパーソナルトレーニングジムブランドとして運営しつつ、空き時間をレンタルジムとして使用するため、収益の安定化が可能。無駄のないジム運営を提案してくれます。

フランチャイズ加盟金には、物件調達や機材発注、内装施工などフルパッケージが含まれており、初めてのジム開業も安心です。また、必要な支援だけを選んで受けられるため、無駄なサポートは一切ありません。まさに、オーダーメイドのサポートが期待できます。

また、既にパーソナルジムを経営されているオーナーは、加盟料が半額になるプランも用意。支払った加盟料は半年以内に回収できた実績もあるので、安心してチャレンジできるはずです。

Miraito Gymの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

Miraito Gymの初期費用・月額費用

加盟料:100万円
※税不明

Miraito Gymの運営会社概要

企業名 ミライトジム株式会社
設立年 記載なし
所在地 東京都豊島区東池袋1-42-14-302
URL https://www.miraitogym.com/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

メルメイク

無人ジムフランチャイズ メルメイクの公式サイト画像)画像引用元: メルメイク公式サイト(https://www.miraitogym.com/rentalgym-fc)

メルメイクの特徴

圧倒的な集客力と高いリピート率で、収益の安定化をサポート

メルメイクは、ダイエット&ボディーメイクに特化したプライベートジムを運営している会社です。圧倒的な集客力を誇っており、現在までサポートした店舗の中で、初月から赤字を出した負の実績がありません。リピート率を増やすスキームも構築されているため、閑散期でも安定した収益が期待できます。

開業前は、物件選び・研修・機材設定・決済システムの導入等徹底したサポートを提供。開業後の集客や店舗展開などさまざまな側面からのフォローアップがあり、事業を拡大させたいと思っているオーナーにもおすすめです。

ロイヤリティは、売上に左右されない定率固定型。低リスクで経営できるのが大きなメリットです。また、運転資金や器具、購入費用等の資金調達サポートも充実しているので、コスト面に不安がある方も気軽に相談できます。

メルメイクの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

メルメイクの初期費用・月額費用

加盟金:30万円
研修サポート費用:0円(経験者)
物件取得費:50万円
トレーニング器具費用:100万円
備品:50万円
※税不明
※初期費用モデルの一例です

メルメイクの運営会社概要

企業名 株式会社メルメイク
設立年 記載なし
所在地 名古屋市中区錦2-13-31 VIVACE H-2(902号)
URL https://mermake.co.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

MIYAZAKI GYM

無人ジムフランチャイズ MIYAZAKI GYMの公式サイト画像)画像引用元: MIYAZAKI GYM公式サイト(https://www.miraitogym.com/rentalgym-fc)

MIYAZAKI GYMの特徴

加盟金0円+低ロイヤリティで10年超の経営ノウハウを惜しみなく提供

MIYAZAKI GYMは、2014年から運営してきた直営店の経営ノウハウをフランチャイズ加盟店に惜しみなく提供している会社です。加盟金0円・ロイヤリティも10万円の低価格で運営。フランチャイズ加盟店は、売り上げが伸びれば伸びるほど割安なロイヤリティになるのがメリットです。

徹底したコストカットと、フィットネスジムの遊休時間を同行トレーナーにレンタルする事業も並行して運営。赤字になりにくいだけでなく、固定費以上にまかなえる可能性も高まると考えられます。
また、顧客の利用料金もリーズナブルに設定しているため、10年以上継続しているリピーターも存在。平均して5年から6年の継続が期待できる上、新規利用者増加の可能性もあるので、毎月の売り上げにハラハラする心配はありません。

MIYAZAKI GYMの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

MIYAZAKI GYMの初期費用・月額費用

加盟金:0円、
ロイヤリティー:10万円
トレーニング器具一式:約150万円
その他備品一式:約50万円 など、
※すべて税込価格です
※加盟金・ロイヤリティー以外の金額は一例です

MIYAZAKI GYMの運営会社概要

企業名 株式会社リーブル
設立年 2014年4月
所在地 東京都渋谷区渋谷1-1-10ニューハイツ青山1003
URL https://miyazaki-gym.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

セルフィット

レンタルジムフランチャイズ セルフィットの公式サイト画像)画像引用元: セルフィット公式サイト(https://selfit-gymsharing.com/fc/)

セルフィットの特徴

最短3ヶ月で実家を実現するストック型安定収益モデルを提案

セルフィットは、安定した収益をもたらすストック型ビジネスモデルを持つフランチャイズです。最短3ヶ月で黒字化し、2年で早期投資回収が目指せるため、安定した資金獲得が可能。新たな投資や事業を拡大に資金を振り分けるなど、事業の成長・展開が期待できます。

独自の登録トレーナー制度を取り入れ、完全レンタル業態でありながら、パーソナルトレーニングが受けられる完全個室の24時間ジムを展開。さらに、遠隔施錠システムを導入し、顧客ニーズに合わせた柔軟なサービス提供により、安定した顧客継続率を実現が可能であると考えられます。

ジム内には、ウェイトトレーニングの他にも、ランニングマシン・スミスマシン・バイクなどの有酸素マシンも充実。さらに、Wi-FiやBluetoothスピーカーなどの設備が整っており、快適なプライベート空間を提供し、高い顧客満足度の獲得が期待できます。

セルフィットの導入事例(口コミ)

私自身もセルフィットさんのジムに通っていて、システムや設備とかもすごい良いですし、今の時代にあったシステムだったので、興味を持って問い合わせをしてみました。個室なので人目を気にせずに自分の好きな時間で予約をして使えるっていうのが一番良い点かなと思います。特に女性やトレーニング初心者の方々だと人目が気になる方が多いですし、すごく向いてる仕組みなんじゃないかと思いました。引用元:セルフィット公式HP(https://selfit-gymsharing.com/fc/)

セルフィットの初期費用・月額費用

加盟金:50万円
内装工事費:105万円程度
事務機材:300万円程度 など
※全て税別価格です
※価格は一例です

セルフィットの運営会社概要

企業名 株式会社セルフィット
設立年 記載なし
所在地 東京都品川区東五反田5-28-11 クレール五反田 508号室
URL https://selfit-gymsharing.com/

※レンタルジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

エニタイムフィットネス

レンタルジムフランチャイズ エニタイムフィットネスの公式サイト画像)画像引用元: エニタイムフィットネス公式サイト(https://www.anytimefitness.co.jp/franchise/)

エニタイムフィットネスの特徴

店舗数トップクラス!世界中で成長し続けているフィットネスジム

エニタイムフィットネスは、2002年にアメリカ・ミネアポリスで生まれた新しい形のフィットネスクラブです。革新的な入館管理・セキュリティシステムを採用し、夜間のレンタル化営業を導入しました。これにより、運営コストを大幅に削減し、同時に顧客の安全を最優先に考えた体制を整えています。

世界トップクラスの店舗数を誇り、顧客は世界全店舗の利用が可能。高品質なトレーニングマシンを採用しており、プールやスタジオを持たない代わりに固定費・突発修繕・クレームトラブルを排除し、ストレスの少ない運営を実現しています。

エニタイムフィットネスでは、開業を検討するオーナーに対して個別の事業説明会を開催し、ビジネスモデルや事業計画を丁寧に解説。開業までの手順が丁寧に解説してもらえるため、レンタルジム事業が初めてのオーナーでも安心です。

エニタイムフィットネスの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

エニタイムフィットネスの初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

エニタイムフィットネスの運営会社概要

企業名 株式会社Fast Fitness Japan
設立年 2010年5月21日
所在地 東京都新宿区西新宿6-12-1 パークウエスト 6F
URL https://fastfitnessjapan.jp/

※レンタルジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

ハコフィット

レンタルジムフランチャイズ ハコフィットの公式サイト画像)画像引用元: ハコフィット公式サイト(https://www.box-fit.space/fc.html)

ハコフィットの特徴

空き店舗・空き部屋をフル活用!無人&低コスト経営で利益追求

ハコフィットは、レンタルジムのすべてを専用アプリで自動管理する完全無人運営を提案している会社です。「個人」「セルフ」「365日運営」「パーソナルトレーナー」のキーワードをコンセプトとし、自分だけの空間でボディメイクできるレンタルジムを提供。顧客の運動意識を高める支援をしています。

スタジオは、必要面積9坪前後でOK。2階以上でも開業可能で、賃貸ワンルームマンションや店舗、事務所なども利用可能です。立地条件に関係なく本部の集客スキルにより会員の獲得をサポートするため、「場所が悪い」といった不満を抱く心配がありません。

初期投資は、一般的なジムの10分の1程度。少額のフランチャイズ加盟金と毎月の人件費0円で、ランニングコストを大幅に削減。複数店舗展開を望むオーナーにも積極的にサポートを提供しており、ハコフィットならではの成功に導くビジネスモデルが用意されています。

ハコフィットの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

ハコフィットの初期費用・月額費用

加入金:150万円、
初期投資:約300万円〜400万円
※税不明

ハコフィットの運営会社概要

企業名 株式会社Sawa
設立年 記載なし
所在地 鹿児島市下荒田2丁目25-1-1F
URL https://www.box-fit.space/

※レンタルジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

PREFIT24

レンタルジムフランチャイズ PREFIT24の公式サイト画像)画像引用元: PREFIT24公式サイト(https://prefit-24.jp/owner/)

PREFIT24の特徴

ロイヤリティ不要の低コスト出店で安定収入&システム支援を提供

PREFIT24は、オーナーのニーズに適したビジネスプランを提案している会社です。フランチャイズ契約に必須であるロイヤリティがなく、低コストでの出店が可能。迅速、かつ安定した収入を目指すオーナーにとっては、頼りになるパートナーといえます。

スタジオは、狭小スペースからスタッフが常駐するような大規模スタジオまでと、広さに制限はありません。多種多様な出店形態に対応可能であるため、オーナーのニーズに沿った事業展開が可能です。

さらに、経験の有無に関わらず安心して事業を始められるよう、丁寧かつ手厚いサポートを提供。フランチャイズ本部は、オーナーとのパートナーシップの構築に努めてくれるため、ビジネスを成功に導く心強いサポーターとなってくれるはずです。

PREFIT24の導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

PREFIT24の初期費用・月額費用

初期費用:100万円〜
※税不明

PREFIT24の運営会社概要

企業名 株式会社サップス
設立年 2002年9月
所在地 兵庫県西宮市甲子園高潮町3-30 ホテルヒューイット甲子園5F
URL https://sa-ps.jp/

※レンタルジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

アシスト24

レンタルジムフランチャイズ アシスト24の公式サイト画像)画像引用元: アシスト24公式サイト(https://fc.アシスト24.com/)

アシスト24の特徴

圧倒的低価格で空き物件の有効活用・新規事業をサポート

空きビルや空き物件の活用法がわからず、放置したままになっていませんか。アシスト24は、空き物件の有効活用をしたいと考えているオーナーに寄り添い、圧倒的低価格+スピーディーにレンタルジム事業のスタートをサポートしています。

九州を中心に全国で47店舗を展開しており、たった1人の従業員でも運営可能なストック型ビジネスモデルを提案。教育体制、フォロー体制も万全に整えているため、未経験者や異業種からの参入も安心です。

一般的に開業には、7,000万円が必要と言われているレンタルジムで、初期投資1,000万円以内を実現。最短14ヶ月で回収できる見込みを立てています。利便性・価格・接客の3つのポイントで、成功できるノウハウを惜しみなく提供。低コスト開業+高い利回りを実現する実力は業界でもトップクラスといえます。

アシスト24の導入事例(口コミ)

フランチャイズ本部の手厚いサポートのおかげで、スムーズにオープンできました。オープン後も順調に集客できており、フランチャイズをやって良かったと思っています。引用元:アシスト24
公式HP 大分賀来店(https://fc.24fitness-assist.com/b-1)

フィットネスクラブと無縁の本業をしていますので、フィットネスクラブ経営のことや、店舗のオープン準備等、何もわからないままですが、FC本部のサポートのもと全てお任せできたので本当に助かりました。オープンして2か月経ちましたが、当初計画の2倍の会員数が集まったので2店舗目も出したいと思っています。引用元:アシスト24
公式HP 諫早店(https://fc.24fitness-assist.com/b-1)

まだ大在店4か月目ですが、初月、2・3ヶ月目と計画以上の会員様が入会され一言でいうとビックリです。また想像以上に管理がしやすく驚いてます。その中でも1番感じたのは、スタッフと会員様との距離の近さです。これは他の大型店では見られない光景だと感じます。そこの地域柄もあると思いますが、このコミュニケーションという販促が会員増に繋がっていると感じます。引用元:アシスト24公式HP 大在店(https://fc.24fitness-assist.com/b-1)

アシスト24の初期費用・月額費用

加盟金:250万円
※税不明

アシスト24の運営会社概要

企業名 株式会社ライフタイムズ
設立年 2015年12月1日
所在地 記載なし
URL https://24fitness-assist.com/

※レンタルジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

レンタルジムフランチャイズとは?

レンタルジムとは、スタジオを個人で貸切利用するサービスです。顧客は、本来のジムオーナーが施設を使用していない時間に限り、空間・設備を丸ごと間借りします。レンタルジムは、明確な定義があるわけではないので、商業可能なマンションの1室だったり、事務所だったりするケースも少なくありません。

レンタルジムは、本業はもちろん副業としても利益が期待できる事業ですが、競合他社が多く存在するのも事実です。個人経営では、集客スキルが乏しく、スタジオの立地条件によっては、全く収益が上がらないといった心配もあります。

そこで利用したいのがレンタルジムフランチャイズです。多くのフランチャイズ本部は、フィットネスジムやスポーツジムの経営を行っており、経験に基づいた経営ノウハウを持っています。フランチャイズ契約をすれば、本部のネームバリューの利用が可能となり、さらには本格的なマシンなどの使用も許可されるので、短期間で事業を軌道に載せられる可能性が高まります。

レンタルジムのフランチャイズに加盟するメリット

ここではレンタルジムフランチャイズサービスを利用すると、どのようなメリットがあるのかについて紹介します。

未経験・異業種の参加を可能にする

レンタルジムフランチャイズに加盟すれば、本部が培った経営ノウハウを引き継ぎ、事業がスタートできます。未経験者や異業種からの参入も可能となり、最短で思い通りのビジネス展開が期待できます。

また、本部によっては、オーナーやスタッフ、トレーナー向けの研修制度が備わっている場合もあります。研修やセミナーに出席すれば、開業前に必要なスキルや知識を効果的に身に付けられるだけでなく、他店舗との交流も期待できるかもしれません。

フランチャイズのネームバリューで集客できる

個人でレンタルジムを立ち上げる際、顧客が集まるかどうかを懸念するオーナーが多いのではないでしょうか。新規参入でネームバリューがない個人経営の場合、思うように会員数が伸びず、事業展開が立ち行かなくなるケースも少なくありません。

フランチャイズに加盟すると、本部のネームバリューが利用できるのはもちろん、効果的な集客スキルも提供されます。より効果的に会員数が伸ばせるのは、フランチャイズ加盟の大きなメリットです。

面倒な顧客管理や事務作業から解放される

初めてのレンタルジム運営では、顧客からの問い合わせやクレーム対応などが難しいと感じる方も多いはずです。フランチャイズ本部によっては、事務作業や顧客の管理業務を効率的に行えるシステムを提供してくれたり、面倒な業務一才を代行してくれたりと、加盟店の負担を軽減できるサポートを提供しているところも多数見受けられます。

さらに、フランチャイズ本部によるバックオフィス業務を代行があれば、オーナーはコア業務に専念できる上に、人件費の削減につながるかもしれません。

経験豊富な本部の出店戦略が利用できる

高品質なマシンや豪華な内装を施しても、立地条件によっては顧客が集まりづらいといったケースがあるため、しっかりとした出店戦略を立てるのは難しいものです。特に、個人経営では、顧客ターゲットの選定や地域特性の情報収集に時間や手間がかかり、出店計画が滞る場合も考えられます。

一方、フランチャイズ本部は多くの土地での出店経験を持ち、成功するための立地条件や戦略を熟知しています。フランチャイズ加盟店になると、出店戦略を本部にまかせられるので、オーナーは指示通りに行動するのみです。また、特定の商業施設への出店交渉も、フランチャイズ本部の知名度があればスムーズに進められる可能性が高まります。

レンタルジムのフランチャイズに加盟するデメリット

フランチャイズ加盟には多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。以下では、フランチャイズ加盟に伴うデメリットについて紹介します。

加盟金やロイヤリティが必要

多くのフランチャイズ本部は、加盟金が発生します。加盟金の金額は大きい場合があり、事業スタートから挫折を感じる方も少なくありません。加盟後も、月々の売上の中からロイヤリティを支払わなければならず、負担に感じオーナーも多いはずです。

ロイヤリティの金額は本部ごとに異なり、提供されるサポート内容とのバランスを見極める必要があります。ロイヤリティはフランチャイズに加盟している限り支払い続けなければならないため、慎重な判断が必要です。

同チェーンの他加盟店のリスク

フランチャイズ本部が多くの加盟店を抱えている場合、他の加盟店で不祥事や事故が起きると、同チェーン全体にリスクが及ぶ場合があります。近年では、不祥事はすぐにマスメディアやSNSで拡散され、ブランドイメージが損なわれる可能性があります。

また、本部自身が不祥事を起こすケースもあり、ブランド力があるほどその影響は大きくなるので、信頼性のあるフランチャイズ本部を選ぶことが重要です。

レンタルジムのフランチャイズ加盟時に発生する費用

フランチャイズ加盟に際して、レンタルジムを経営するための具体的な費用について知りたいと思う方も多いかもしれません。ここでは、レンタルジムをフランチャイズで開業・運営する際に発生する費用について詳しく解説します。

加盟金

ほとんどのフランチャイズ本部は、加盟時に一定の金額の加盟金を請求します。加盟金はフランチャイズ本部の規模や知名度によって異なり、一般的に100万円から200万円の範囲内で設定されています。

ただし、一部のフランチャイズでは、無料または格安で加盟金額を設定しているところがあります。加盟金の額の違いは本部ごとに異なるので、金額に見合ったネームバリューがあるかどうか、慎重な比較・検討が必要です。

開業資金

レンタルジムの開業には、物件の取得費や内装工事費、トレーニングマシンの導入費などが必要です。トレーニングマシンは、先進であればあるほど高額になり、予算が大きく狂う原因にもなりかねません。また、女性専用のレンタルジムでは、女性らしい内装にした方が人気が集まると考えられます。

シャワールームや音響設備などの追加設備を導入する際も、予算を考慮する必要があります。セキュリティシステムや顧客管理アプリなど、優先順位を決めて取り入れるようにしてみてはいかがでしょうか。

ロイヤリティと運転資金

フランチャイズ加盟後は、売り上げの一部をロイヤリティとして本部に支払う必要があります。ロイヤリティ率は、本部によって異なりますが、一般的に10%から15%の範囲内で設定されています。

ジム運営には、家賃や水道光熱費、トレーニング機器のメンテナンス費用なども必要です。特に事業が立ち上がるまでの期間は、適切な資金計画を立てなければなりません。

レンタルジムフランチャイズに関するよくある質問

レンタルジムフランチャイズ導入に関するよくある質問

Q1.レンタルジムフランチャイズの費用相場は?

レンタルジムフランチャイズに加盟する際は、加盟金や研修費などの支出が必要です。加盟金は100万円から200万円が一般的な相場ですが、高額な場合には400万円に達する場合もあります。

月々のロイヤリティは、5万円から30万円が目安で、中には250万円の自己資金があれば加盟できるフランチャイズもあります。加えて、研修費が必要な場合もあるため、十分な資金準備をしておく必要があると考えられます。

Q2.レンタルジムフランチャイズを選ぶときの注意点は?

フランチャイズを選ぶ際、本部が提供するサポートの充実度は成功に直結する要素です。フランチャイズブランドごとに異なるサポート内容ですが、特に顧客獲得のためのサポートが極めて重要です。本部が積極的にテレビCMやSNSなどで集客を行う姿勢が、加盟店の売り上げ拡大に大いに寄与すると考えられます。

運営上の課題や店舗運営でのトラブルなど、日々の課題を共に解決してくれるフランチャイズ本部は、オーナーにとって心強い存在です。特に、経験が浅いオーナーにとっては、相談できるパートナーがいれば、ビジネスを安心して展開できるのではないでしょうか。

さらに、本部の研修制度が充実していることも重要です。新システムの導入や経営ノウハウだけでなく、実際の店舗運営に役立つスキルや最新トレンドやセキュリティに関する情報も欲しいところです。

また、システムのアップグレードに注力しているフランチャイズ本部であれば、常に最新の状態を維持できます。日々進化するビジネスに対応できる研修内容であれば、加盟店は確実な成長を遂げる可能性が高まるはずです。

レンタルジムフランチャイズの導入を考えている方は、本ページに掲載している「レンタルジムフランチャイズの早見表」をご覧ください。

レンタルジムフランチャイズのまとめ

レンタルジムのフランチャイズに加盟すると、個人経営では得られない経営ノウハウや集客スキルが手に入ります。特に、大手フランチャイズの場合は、ネームバリューを利用して、早期に顧客の獲得が期待できるかもしれません。また、スタジオの立地条件や地域性に合わせた顧客ターゲットの選定も、長年のジム経営経験に基づいた助言を受けられます。これにより、事業の立ち上げが円滑に進む可能性が高まるといえます。

ただし、レンタル事務のフランチャイズ加盟には、加盟金やロイヤリティなどの経費がかかるため、検討が不可欠です。理想のレンタルジムを運営するために、提供されるサポート内容と費用のバランスを比較し、オーナーのニーズに合ったフランチャイズ本部を探してみてください。

【免責事項】
本記事は、2023年11月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ