おすすめの無人ジムフランチャイズを徹底比較!導入事例や料金・費用、口コミ評判も紹介

おすすめの無人ジムフランチャイズを徹底比較!導入事例や料金・費用、口コミ評判も紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

無人ジムフランチャイズを利用するメリットや各社サービスの特徴を比較!

健康志向が高まる中、ジム需要は増加傾向にあります。しかし、従来のフィットネスジムの経営には、スタジオやマシンの準備の他に、高額な人件費もかかります。そこで近年、人件費を抑えられる施設として注目されているのは無人ジムです。

この記事では、無人ジムのフランチャイズをまとめて紹介しています。各社の特徴や費用、導入事例はもちろん、無人ジムフランチャイズに加盟するメリットやデメリットについても解説します。無人ジムフランチャイズへの加盟を検討する際の参考にしてください。

【PR】人件費に加え、加盟金・
内装工事費用も徹底的に
抑えられる無人ジムFCなら

無人ジムフランチャイズ一覧表

ジム名 サービスの特徴 費用
【PR】GYMGYM(じむじむ) 加盟金・内装工事など、初期コストを徹底的に抑えた無人ジムの運営なら
・ 加盟金と内装工事費用は0円だから始めやすい
・トレーラーBOXだから物件取得が不要で移動も可能
・撮影スタジオやプロモーションイベントなど、無人ジム以外のサービス展開もできる
資料ダウンロードはこちら >>
加盟金:0円
内装工事費:0円
その他の費用は資料でご確認ください
ECOFIT24 次世代型の最新+ハイクオリティーなマシン,ラインナップが魅力 記載なし

ハコジム 無人×低コスト経営でリスクを最小化した安定収益をサポート 初期投資:約650万円
加盟金: 150万円
※税不明
LifeFit 独自の機材仕入れルートとシステムで初期費用は従来ジムの4分の1 記載なし
アシスト24 圧倒的低価格で先進のフィットネス事業をサポート 加盟金:250万円
※税不明
FASTGYM24 創業30年の実績から得た独自経営ノウハウを提供 記載なし
エニタイムフィットネス 店舗数世界トップクラス!アメリカ生まれの新しいフィットネスジム 記載なし
セルフィット 業界未経験でも安心の完全無人状態!最短3ヶ月で黒字化を目指すサポートを提供 加盟金:55万円(税込)
内装工事費:105万円程度
PREFIT24 ロイヤリティ不要の低コスト出店で安定収入を目指すお手伝い 初期費用:100万円〜
EVOLVA スタッフ・人件費完全0円!完全本部運営の独自オペレーション 加盟金:100万円
出店監修費: 20万円
設計・内外装工事費: 800円~
広告費: 170万円
※税不明
ファディ― 加盟契約100点を突破!低投資・講習益の実現を可能に 加盟金:360万円
研修費:60万円(4人分)
その他費用:1,280万円
※税不明
triggerfitness24 FCでありながら店舗独自の特色が出せる!競合他社との差別化ができる! 保証金: 0円
加盟金: 220万円(税込)
システム利用料:165万円(税込)
開業サポート費用:165万円(税込)
マシン費用:550万円(税込)
ハコフィット 利益を追求した無人×低コスト経営!専用アプリで顧客管理もOK 加入金:150万円
初期投資:約300万円〜400万円
※税不明
FIT365 無駄を省いたバジェット型フィットネスで新ビジネス展開! 記載なし
CACHIE 単月黒字までロイヤリティ完全0円!国内No.1を目指すフォローアップを提供 開業資金:約1,530円〜2,680円
物件取得費:平均約450万円(税込)
運転資金:平均約450万円(税込)

【PR】加盟金・内装工事など、初期コストを徹底的に抑えた無人ジムの運営なら

GYMGYM(じむじむ)

無人ジムフランチャイズ GYMGYM(じむじむ)の公式サイト画像
画像引用元:GYMGYM(じむじむ)公式サイト(https://www.gsp-gymgym.com/franchising)

\300店舗以上のFC展開実績!/

GYMGYM(じむじむ)はこんな経営者におすすめ

  • 無人ジムの開業資金をなるべく抑えたい
  • 無人ジム経営ははじめてなのでスタジオ確保ができるか心配
  • ジム以外にもスタジオ利用ができると嬉しい

GYMGYM(じむじむ)を選ぶべき理由

【理由1】加盟金と内装工事費用は0円だから始めやすい

無人ジムは人件費が抑えられる点が利点となっていますが、それでも内装工事やマシンの購入・設置などに膨大な費用がかかります。また、フランチャイズであれば、追加で加盟金もかかってしまいます。ジムを開業するにあたり、資金面に不安を抱いている方も多いのではないでしょうか。

GYMGYMなら、加盟金0円+内装工事費用0円で無人ジムの開業が可能です。ジムとして利用するトレーラーは、運営に必要なプロジェクションマッピングシステムやAI顔認証システム、エアコンが設置済み。目的地に停めておくことだけで運営を始められるので、オープンまでにかかる時間の短縮も可能です。

【理由2】トレーラーBOXだから物件取得が不要で、移動も可能

GYMGYMは、トレーラーハウスを利用したユニークな無人ジムです。駐車場1台分の空き地があれば設置可能で、物件取得のための敷金や礼金などのコストがかからず、開業資金をさらに抑えられます。

また、トレーラーハウスなので、自由な移転も可能です。立地条件によって集客率が左右される心配がありません。さらに原状回復のコストも不要になるため、急な事業展開の変更の際も安心です。

【理由3】ジム以外のサービス展開にも対応

ジムとして利用するトレーラーハウスのなかには、プロジェクションマッピング技術が搭載されています。ジムならトレーニングプログラムを映し出しますが、それ以外の映像も投影もできます。そのため、撮影スタジオ・ライブ配信・シェアサロンなど、無人ジム以外のサービス展開も可能です。

また、デジタルアートを活用したプロモーションもできるため、商品やサービスの効果的な宣伝も期待できます。柔軟性が高く、必要に応じて活用方法を調整できるという点もGYMGYMの大きな強みの一つです。

\初期費用が徹底的に抑えられる無人ジム!/

GYMGYM(じむじむ)の特徴

300店舗以上のフランチャイズ加盟店をサポートした実績を持つ株式会社GIANT SWING PRODUCTIONSは、トレーラーハウスを利用した新しいスタイルの無人ジムビジネスを提案している会社です。本格的な無人ジムビジネスのスタートはもちろん、副業としての加盟もOK。段階的に事業の拡大が目指せるので、はじめて無人ジムビジネスに参入する方にも安心です。

GYMGYMのトレーラーハウスを利用した無人ジムビジネスでは、減価償却を最短1年で可能。開業してから、迅速な投資回収が期待できます。また、プロジェクションマッピングやデジタルアートを活用することにより、従来の事務や「店舗型」の無人ジムとの差別化も用意に図れます。経済性と効率性を両立させられるだけでなく、競合他社に勝つための競争力を高められるフランチャイズです。

ジムの予約・決済には、同社が提供するオリジナルアプリ「GIN」が利用できます。顔認証システムを盛り込んだアプリのため、セキュリティ管理も万全です。

GYMGYM(じむじむ)の導入事例

導入事例に関する情報は見つかりませんでした。

GYMGYM(じむじむ)の初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

\収益について知りたい方はこちら/

GYMGYM(じむじむ)の会社概要

会社名 株式会社GIANT SWING PRODUCTIONS
会社所在地 東京都港区南青山5-13-1 第42荒井ビル8F
会社設立年 2011年
公式HP https://gspdn.com/

\トレーラーハウスを利用した先進ジムビジネス/

他にもある!無人ジムフランチャイズの情報まとめ

ECOFIT24

無人ジムフランチャイズ ECOFIT24の公式サイト画像)画像引用元: ECOFIT24公式サイト(https://fc.ecofit24.com/)

ECOFIT24の特徴

1日100円!次世代型の最新+ハイクオリティーなマシンラインナップが魅力

ECOFIT24は、顧客が安心して通える非接触型フィットネスクラブです。フランチャイズ加盟店には、初心者から上級者までを対象としたマシンラインナップを用意。専門スタッフによるサポートがあるため、ジム運営が初めての経営者も安心して事業がスタートできます。

トレーニングや食事など顧客の管理を可能にする自社開発システムのTRESULのアプリも利用可能。顧客満足度アップにつながる要素が揃っています。また、安全に完全無人運営で24時間営業を行うため、警備保障による24時間監視や施設内の清掃の外部業者に委託など、オーナーは経営に専念できるよう万全のサポートが期待できます。

リーズナブルな料金設定と顧客単価アップを可能にするオプションが多数用意されているのも嬉しいポイント。投資資金が回収できる仕組みが完成しているフランチャイズといえます。

ECOFIT24の導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

ECOFIT24の初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

ECOFIT24の運営会社概要

企業名 エーイーシー株式会社
設立年 2018年9月
所在地 愛知県名古屋市守山区中志段味下定納 80 GLP名古屋守山WEST2階
URL https://ecoleco-fitness.com/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

ハコジム

無人ジムフランチャイズ ハコジムの公式サイト画像)画像引用元: ハコジム公式サイト(https://hacogym.jp/fc/)

ハコジムの特徴

無人×低コスト経営でリスクを最小化した安定収益をサポート

ハコジムは、24時間運営の完全無人個室ジムです。顧客対応は無用なので、オーナーやスタッフが常駐する必要はありません。開業資金は、一般的なジムの10分の1と低コストを実現。無人ジムの経営がはじめてのオーナーも、本部が集客から運営までフルサポートしてくれるため安心して授業をした後できます。

気になるランニングコストは、パーソナルトレーナーへの指導実施時に発生する受託費と毎月の清掃代のみ。顧客からの問い合わせ対応や店舗展開も本部が代行してくれるため、スムーズな事業拡大が狙える可能性が高まります。

ハコジムの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

ハコジムの料金プラン

初期投資:約650万円
加盟金: 150万円
※税不明

ハコジムの運営会社概要

企業名 株式会社ハコジム
設立年 2017年5月18日
所在地 広島県広島市南区松原町10-22 5F
URL https://hacogym.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

LifeFit

無人ジムフランチャイズ LifeFitの公式サイト画像)画像引用元: LifeFit公式サイト(https://fc.24fitness-assist.com/b-1)

LifeFitの特徴

独自の機材仕入れルートとシステムで初期費用は従来ジムの4分の1

LifeFitは、通いやすさを追求した次世代型フィットネスジムです。月額2980円と通いやすい価格設定専用アプリで手続きが完結する利便性の高さが魅力。これまでジムに興味のなかった顧客や継続できなかった顧客へ訴求が期待できます。

行時にかかる費用を徹底的に見直し、初期費用は従来の24時間型ジムの4分の1を実現。独自の機材仕入れルートとシステムが提供されるため、3年以内の早期黒字も夢ではありません。

IT企業のバックグラウンドがあるからこそできるシステム体制で運営をサポート。フィットネス× ITの先進テクノロジーを駆使した専用アプリで、顧客管理はもちろん、さまざまな業務の効率化ができ、完全無人での運営も可能です。

LifeFitの導入事例(口コミ)

LifeFitを開業して、事業の幅が広がったことを強く感じています。福利厚生にも活用できるため、他業種展開との相性も良いです。また、会員数が増加し、店舗の成長が明確に見えるので、精神的にも安心して運営することができています。何より、フィットネスジムとして反響もすごく、オープン時には行列ができている光景を見ることができて嬉しかったです。2023年には2店舗目を出店予定で、それ以降もさらに店舗数を増やし、LifeFitを広げていきたいと思っています。引用元:LifeFit公式HP (https://fc.lifefit.tech/)

LifeFitの初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

LifeFitの運営会社概要

企業名 株式会社FiT
設立年 2020年12月3日
所在地 京都府京都市中京区河原町通二条下ル一之船入町537番地20 FIS御池ビル405
URL https://fitinc.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

アシスト24

無人ジムフランチャイズ アシスト24の公式サイト画像)画像引用元: アシスト24公式サイト(https://fc.24fitness-assist.com/b-1)

アシスト24の特徴

圧倒的低価格で先進のフィットネス事業をサポート

アシスト24は、九州を中心に全国で47店舗を展開している24時間フィットネスクラブです。圧倒的な低価格とスピード感で、新規事業を探している方や、経営に自信がない方など、さまざまな開業の悩みに寄り添い、先進のフィットネス事業をサポートしています。

一般的には7,000万円の初期投資が必要と言われているフィットネスジムで、1,000万円以内での開業も可能。初期投資は、最短14ヶ月で回収できる見込みを立てています。利便性・価格・接客の3つのポイントで、成功できるノウハウを惜しみなく提供。低コスト開業+高い利回りを実現する実力は業界でもトップクラスといえます。

アシスト24の導入事例(口コミ)

地元、特に近隣の方々に多く会員になって頂き、施設全体に好影響があるように感じております。引用元:アシスト24
公式HP(https://fc.24fitness-assist.com/b-1)

フィットネスクラブと無縁の本業をしていますので、フィットネスクラブ経営のことや、店舗のオープン準備等、何もわからないままですが、FC本部のサポートのもと全てお任せできたので本当に助かりました。オープンして2か月経ちましたが、当初計画の2倍の会員数が集まったので2店舗目も出したいと思っています。引用元:アシスト24
公式HP(https://fc.24fitness-assist.com/b-1)

まだ大在店4か月目ですが、初月、2・3ヶ月目と計画以上の会員様が入会され一言でいうとビックリです。また想像以上に管理がしやすく驚いてます。その中でも1番感じたのは、スタッフと会員様との距離の近さです。これは他の大型店では見られない光景だと感じます。そこの地域柄もあると思いますが、このコミュニケーションという販促が会員増に繋がっていると感じます。引用元:アシスト24公式HP(https://fc.24fitness-assist.com/b-1)

アシスト24の初期費用・月額費用

加盟金:250万円
※税不明

アシスト24の運営会社概要

企業名 株式会社ライフタイムズ
設立年 2015年12月1日
所在地 記載なし
URL https://24fitness-assist.com/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

FASTGYM24

無人ジムフランチャイズ FASTGYM24の公式サイト画像)画像引用元: FASTGYM24公式サイト(https://fastgym24.jp/franchise/)

FASTGYM24の特徴

創業30年の実績から得た独自経営ノウハウを提供

株式会社ティップネスは、2014年に24時間マシンジム特化型のFASTGYM24をオープン。8年間で107店舗の直営店を出店した実績に基づき、経営ノウハウや運営システムを開発し、フランチャイズ展開をスタートしました。

初期費用を抑えた顧客満足度の高いシステムを導入。利益構造が安定しているストック型のビジネスモデルは、短期的な投資回収を可能にする一方で、将来的にも安定性を持続させられる経営につながるようサポートしてくれます。

開業後は、専門スタッフによる店舗運営のアドバイスやサポートを実施。定期巡回や運営状況のチェックなど、店舗の品質を向上できるよう導いてくれます。また、1ヵ月に1度の定期会議も開催されるので、FC本部とオーナーとの良好な関係性の構築も期待できます。

FASTGYM24の導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

FASTGYM24の初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

FASTGYM24の運営会社概要

企業名 株式会社ティップネス
設立年 1986年10月
所在地 東京都千代田区四番町5番地6 日テレ四番町ビル1号館3階
URL https://www.tipness.co.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

エニタイムフィットネス

無人ジムフランチャイズ エニタイムフィットネスの公式サイト画像)画像引用元: エニタイムフィットネス公式サイト(https://www.anytimefitness.co.jp/franchise/)

エニタイムフィットネスの特徴

店舗数世界トップクラス!アメリカ生まれの新しいフィットネスジム

エニタイムフィットネスは、2002年アメリカ・ミネアポリスに誕生した新しいスタイルを持ったフィットネスクラブです。独自開発の入館管理システム・セキュリティシステムにより夜間の無人化営業を導入。運営コストを大幅に削減するだけでなく、万が一のトラブルにも備えた万全の体制を構築し、顧客が安全に使える環境づくりを提供してくれます。

世界トップブランドから厳選した高品質のトレーニングマシンを採用。プールやスタジオを持たない代わりに、固定費・突発修繕・クレームトラブルをなくし、ストレスフリーな運営を実現しました。

開業を検討しているオーナーには、個別の事業説明会でエニタイムフィットネスのビジネスモデルや事業計画などを解説。開業までの手順も丁寧に説明してもらえるため、初心者のオーナーも安心です。

エニタイムフィットネスの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

エニタイムフィットネスの初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

エニタイムフィットネスの運営会社概要

企業名 株式会社Fast Fitness Japan
設立年 2010年5月21日
所在地 東京都新宿区西新宿6-12-1 パークウエスト 6F
URL https://fastfitnessjapan.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

セルフィット

無人ジムフランチャイズ セルフィットの公式サイト画像)画像引用元: セルフィット公式サイト(https://selfit-gymsharing.com/fc/)

セルフィットの特徴

業界未経験でも安心の完全無人状態!最短3ヶ月で黒字化を目指すサポートを提供

セルフィットは、ストック型の安定収益モデルで、最短3ヶ月で黒字化・ 2年の早期投資回収を目指すビジネスモデルを提案しているフランチャイズです。

登録トレーナー制度を採用しており、完全無人業態なのにパーソナルトレーニングが受けられる完全個室の24時間ジムを展開しており、遠隔施錠システムの導入により、24時間365日利用できるジム空間の提供が可能。顧客のニーズに合わせられるため、安定した顧客継続率を誇っています。

プログラムはウェイトトレーニングだけでなく、ランニングマシン・スミスマシン・バイクなど有酸素マシンも充実。さらにWi-FiやBluetoothスピーカーも完備したプライベート空間が提供できるので、高い顧客満足度が期待できます。

セルフィットの導入事例(口コミ)

色んなフランチャイズを見てらっしゃる方も多いと思うんですが、個室ジムは比較的少額の投資でできるというところが一番良いですし、ストック型のビジネスですのでお客様が一度ついてしまえばそんなに売上が上下することもないので比較的安定したビジネスなのでおすすめです!引用元:セルフィット公式HP(https://selfit-gymsharing.com/fc/)

セルフィットの初期費用・月額費用

加盟金:50万円
内装工事費:105万円程度
事務機材:300万円程度 など
※全て税別価格です
※価格は一例です

セルフィットの運営会社概要

企業名 株式会社セルフィット
設立年 記載なし
所在地 東京都品川区東五反田5-28-11 クレール五反田 508号室
URL https://selfit-gymsharing.com/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

PREFIT24

無人ジムフランチャイズ PREFIT24の公式サイト画像)画像引用元: PREFIT24公式サイト(https://prefit-24.jp/owner/)

PREFIT24の特徴

ロイヤリティ不要の低コスト出店で安定収入を目指すお手伝い

PREFIT24は、スポーツジム経営の経験を活かしたノウハウを持ち、オーナーのニーズに沿ったビジネスプランを提案してくれます。フランチャイズ契約に多く見られるロイヤリティを受け取っておらず、低コストでの出店が可能。早期に安定収入を目指したいオーナーには心強いサポーターといえます。

スタジオの広さは限定しないので、さまざまな出店形態でスタートができるのも嬉しいポイント。完全無人ジム向けの狭いスペースから、スタッフが常駐する広いスタジオまで幅広くサポートしてくれます。

また、どなたでも安心して事業をスタートできる体制が整っているため、店舗ビジネスの経験の有無は問いません。本部スタッフがオーナーと協力しながら、手厚くサポートしてくれる点が魅力です。

PREFIT24の導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

PREFIT24の初期費用・月額費用

初期費用:100万円〜
※税不明

PREFIT24の運営会社概要

企業名 株式会社サップス
設立年 2002年9月
所在地 兵庫県西宮市甲子園高潮町3-30 ホテルヒューイット甲子園5F
URL https://sa-ps.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

EVOLVA

無人ジムフランチャイズ EVOLVAの公式サイト画像)画像引用元: EVOLVA公式サイト(https://selfit-gymsharing.com/fc/)

EVOLVAの特徴

スタッフ・人件費完全0円!完全本部運営の独自オペレーション

EVOLVAは、顧客の内見案内やその他の対応は、本部コンシェルジュセンターが行います。接客が苦手なオーナーや、本業に専念したいオーナーにとってはありがたいシステムといえます。スタッフ・人件費は完全無料・運営も完全本部対応が可能な独自オペレーションを構築。出店後の広告戦略も本部独自の集客マーケティングメソッドによる全力サポートが期待できます。

また、全国の有名トレーナーとのつながりを持つ独自ネットワークもあるため、パーソナルトレーナーの採用も本部でサポートが可能です。さらに、トレーナー研修・育成研修メニューも用意されているので、トレーナーの技術が停滞してしまうといった心配もありません。

施設使用は、非接触・完全個室貸切型を提案。24時間365日全ルーム利用可能で、最新鋭のオールインダックマシン・グルートマシンなどマシン設備も充実しているため、顧客への訴求も、満足のいくものが得られるはずです。

EVOLVAの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

EVOLVAの初期費用・月額費用

加盟金: 1,000,000円、
出店監修費: 20万円、
設計・内外装工事費: 800円から
広告費: 1,700,000円から
※税不明。
※価格は一例です

EVOLVAの運営会社概要

企業名 総合通信サービス株式会社
設立年 1990年
所在地 富山市黒瀬北町1丁目4-5
URL https://evolva-gym.com/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

ファディ―

無人ジムフランチャイズ ファディ―の公式サイト画像)画像引用元: ファディ―公式サイト(https://furdi.jp/)

ファディ―の特徴

加盟契約100点を突破!低投資・講習益の実現を可能に

ファディ―は、AI技術搭載のマシンを配置した女性専用フィットネススタジオです。トレーナーに依存しない次世代型フィットネス事業として注目を集めています。コロナ禍以降、感染対策が求められる現況に対応し、完全無人経営を採用。月額通い放題や初心者からプロまで幅広いレベルに対応したプログラムが提供できるため、顧客への十分なアプローチ素材が揃っていると感じるオーナーも多いはずです。

低投資・高収益が期待できるビジネスモデルが提案されるため、異業種からの参入も安心。長期的なストック型収益が期待でき、顧客生涯価値が高く、年間2,000万円以上の収益も夢ではありません。加盟後は、開業前後の研修や集客、人材教育などサポートも充実。日本では、既に53店舗オープンしており、さらに47店舗が出店を予定しています。

ファディ―の導入事例(口コミ)

度重なる緊急事態宣言の中でも会員の皆様が笑顔でご来店頂いていたので、ファディーの可能性を確信していました。販売促進費もしっかりかけることで、多くの皆様に体験に来ていただくことができました。2021年10月時点で240名だった会員数も、順調に増え、2023年3月には470名を超えています。7月には500名を目指して取り組んでいます。引用元:ファディ―
公式HP(https://www.a-t-company.jp/excellent/furdi/)

2021年12月にOPENした葛西店は、2022年5月時点で会員様は260名を超えています。特に22年3月から体験に来て下さった方が88人連続でご入会いただきました。女性専用で、パーソナルで通いたい放題。ファディーのスタイルが皆様に喜ばれていると実感しています。年内には400名を超える予定です。引用元:ファディ―
公式HP(https://www.a-t-company.jp/excellent/furdi/)

2022年5月26日にOPENしました。2週間で100名を超える皆様にご入会いただき、順調なスタートができました。地域の女性の皆様の健康のお役に立ちたいとの思いで始めたファディーですが、来たくださる皆様からお喜びの声を頂き、加盟して良かったと実感しています。引用元:ファディ―
公式HP(https://www.a-t-company.jp/excellent/furdi/)

ファディ―の初期費用・月額費用

加盟金:360万円
研修費:60万円(4人分)
その他費用:1,280万円
※税不明
※価格は一例です

ファディ―の運営会社概要

企業名 ATカンパニー株式会社
設立年 2009年3月19日
所在地 東京都千代田区外神田1-18-19 新秋葉原ビル 9階
URL https://www.a-t-company.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

triggerfitness24

無人ジムフランチャイズ triggerfitness24の公式サイト画像)画像引用元: triggerfitness24公式サイト(https://triggerfitness24.com/franchise.html)

triggerfitness24の特徴

FCでありながら店舗独自の特色が出せる!競合他社との差別化ができる!

triggerfitness24は、法人・個人に関わらず支持されるビジネスモデルを提案している24時間フィットネスジムです。オーナーのニーズに寄り添い、有人・無人それぞれの店舗を展開。地域性も考慮した営業形態の提案も可能です。

独自のトレーニングマシンやエステマシンの搬入ルートを持ち、他社とは異なるビジネスモデルを活用。差別化を図りつつ事業をスタートできるので、店舗展開が成功する可能性が高まります。

集客に関するサポート体制も充実しており、店内ポップや広告も本部から提供が可能。フランチャイズ契約をしながら店舗独自の特色が出せるのも嬉しいポイントです。また、開業前・開業後のフォローも手厚く、会場スケジュールの設定・店舗設計、人材育成・集客までフルサポートが期待できます。

triggerfitness24の導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

triggerfitness24の初期費用・月額費用

保証金: 0円
加盟金: 220万円
システム利用料:165万円
開業サポート費用:165万円
マシン費用:550万円
※すべて税込価格です

triggerfitness24の運営会社概要

公式サイトに企業情報の記載がありませんでした。

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

ハコフィット

無人ジムフランチャイズ ハコフィットの公式サイト画像)画像引用元: ハコフィット公式サイト(https://www.box-fit.space/fc.html)

ハコフィットの特徴

利益を追求した無人×低コスト経営!専用アプリで顧客管理もOK

ハコフィットは、顧客の入会から予約・支払い・施錠まですべて自動管理できる専用アプリを採用し、完全無人運営を提案しているフィットネスクラブです。「個人」「セルフ」「365日運営」「パーソナルトレーナー」のキーワードをコンセプトに、顧客の運動意識を高めるお手伝いをしています。

スタジオは、9坪前後あればOK。2階以上でも開業できるため、賃貸ワンルームマンションの使用も可能です。集客は本部が支援してくれるので、立地条件によって会員獲得数が減るといった心配もありません。

初期投資は一般的なジムの10分の1程度。フランチャイズ加盟金も小額に抑え、毎月の人件費は0円と、ランニングコストの徹底削減を実現しています。また、複数店舗展開を希望するオーナーも積極的にサポート。ビジネスチャンスを成功に導くためのハコフィットならではのビジネスモデルが用意されています。

ハコフィットの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

ハコフィットの初期費用・月額費用

加入金:150万円、
初期投資:約300万円〜400万円
※税不明

ハコフィットの運営会社概要

企業名 株式会社Sawa
設立年 記載なし
所在地 鹿児島市下荒田2丁目25-1-1F
URL https://www.box-fit.space/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

FIT365

無人ジムフランチャイズ FIT365の公式サイト画像)画像引用元: FIT365公式サイト(https://fit365.jp/fit365_fclp/)

FIT365の特徴

無駄を省いたバジェット型フィットネスで新ビジネス展開!

FIT365は、香川県を中心に、日本全国に店舗数を伸ばしているフィットネスクラブです。日本全国に100店舗以上あるJOYFITで培った経営ノウハウをもとに、新しい形のフィットネスクラブビジネスを提案してくれます。

マシンのグレードラインナップに強いこだわりを持っており、世界的にもトップクラスのメーカーから先進技術を搭載した機種を導入。スタジオバーチャルやパーソナルトレーニングなどのサービスも充実しているため、顧客への訴求力も満足できるはずです。

フランチャイズ加盟店オープンまでは事業説明から物件調査、綿密な事業計画の打ち合わせまで徹底サポート。内装工事や開店準備のフォローアップもあるため、フィットネス事業に初めて参入するオーナーも安心です。

FIT365の導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

FIT365の初期費用・月額費用

公式サイトに料金プランの掲載はありませんでした。

FIT365の運営会社概要

企業名 株式会社 ヤマウチ
設立年 1950年5月
所在地 香川県高松市田村町397番地
URL https://fit365.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

CACHIE

無人ジムフランチャイズ CACHIEの公式サイト画像)画像引用元: CACHIE公式サイト(https://cachie.jp/franchise/)

CACHIEの特徴

単月黒字までロイヤリティ完全0円!国内No.1を目指すフォローアップを提供

CACHIEは、フランチャイズ加盟店のリスクを最小限にするため、単月黒字化までロイヤルティを0円に設定。ストック型のサブスクモデル・無人化営業・プール&スタジオ不要のマシンジムに特化したビジネスモデルで、3年以内の投資回収目標を達成できるよう徹底したサポートを提供してくれます。

1ヵ月の出店数は1店舗のみ。複数店舗でオープン月が重なり、本部リソースの分散を避けるよう心がけています。また、加盟契約は11社のみに制限しているため、1部の店舗にサポートが集中するといった心配もありません。

女性専用マシンや高品質、アメニティー、洗練された内装を低価格で提供しているフィットネスです。女性に特化した最適なジム空間が作り出せるので、健康と美を追求する幅広い年齢層の女性に訴求できる点が魅力です。

CACHIEの導入事例(口コミ)

公式サイトに導入事例の掲載はありませんでした。

CACHIEの初期費用・月額費用

開業資金:約1,530円〜2,680円
物件取得費:平均約450万円
運転資金:平均約450万円
※すべて税別価格です
※面積約80から90坪の場合の価格です

CACHIEの運営会社概要

企業名 株式会社フィンド
設立年 2018年10月24日
所在地 東京都中央区日本橋兜町17-2 兜町第6葉山ビル4F
URL https://cachie.jp/

※無人ジムフランチャイズの比較表をもう一度チェックする

無人ジムフランチャイズとは?

無人ジムフランチャイズは、スタッフを常駐せずに運営できるジムを経営したいと考えているオーナーのために、物件選定から内装工事・マシンの導入・開業費用の資金繰りなど、手厚いサポートを提供するシステムをいいます。

無人ジムは、顧客が施設内のトレーニング器具や設備を自由に利用できますが、利用には自己責任が伴います。そのため、無人ジムを経営する際は、トラブルが起きないようにセキュリティシステムを万全にする必要があります。また、無人ジムは24時間365日利用できるところが多く、遠隔管理システムの導入も必須です。

しかし、個人では設備の導入や競合他社に勝つための経営ノウハウを得るのは難しく、フランチャイズ本部のサポートが必要となるケースが多いと考えられます。集客方法やスタジオの活用方法もフランチャイズの力を借りれば、短期間で有効な手段が見つかるかもしれません。

月々のロイヤリティに見合ったサポートが受けられる無人ジムフランチャイズに出会えれば、順調な事業のスタートも期待できるはずです。

無人ジムのフランチャイズに加盟するメリット

ここでは無人ジムフランチャイズサービスを利用すると、どのようなメリットがあるのかについて紹介します。

未経験・異業種でも参入できる

無人ジムのフランチャイズに加盟すれば、本部が培ってきた経営ノウハウの提供が得られるため、未経験者や異業種の参入も可能になります。本部は、既に展開中の店舗運営から取得したさまざまな経営に関する知識があり、経験の少ない店舗がそのまま知識を利用できるのは大きなメリットです。

また、オーナーはもちろんスタッフやトレーナーに対する研修制度を設けている本部もあるので、開業前に必要な知識やスキルの習得ができ、スムーズな事業のスタートが期待できます。

知名度を利用した集客が期待できる

個人で無人ジムを開業する場合、オーナーの頭を悩ませるのが集客です。日本国内には多くのフィットネスジムが存在しており、新規参入をするのは簡単ではありません。しかし、フランチャイズのブランド力を借りれば、開業と同時に多くの会員を集められる可能性が高くなります。

また、フランチャイズ本部がテレビや新聞、Web媒体で広告を定期的に展開すれば、さらに効果的に顧客獲得が実現できるはずです。

事務作業や管理業務の負担が軽減できる

顧客からの問い合わせやクレーム対応等、はじめての無人ジム運営では難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。フランチャイズ本部の中には、経営に必要な事務作業や管理業務を効率的に行えるシステムを導入していたり、業務を代行してくれたりと加盟店の負担を軽減できるサポートを提供してくれる場合があります。

また、フランチャイズ本部による会員情報管理や広告宣伝業務等のバックオフィス業務の代行が期待できれば、人件費の削減にもつながると考えられます。

出店戦略をまかせられる

無人ジムを出店する際、立地条件によって顧客獲得数が左右されるケースも少なくありません。個人で経営する場合、顧客ターゲットの選定や地域の特性などの情報を集めるには時間や手間がかかり、出店計画が進まない場合も考えられます。

フランチャイズ本部は、さまざまな土地での出店経験を持っています。どのような立地に出店すれば、満足のいく事業が展開できるかをよく理解しているため、出店戦略を任せられる点が魅力です。また、顧客ターゲットによっては商業施設への出店交渉も可能になるのは、フランチャイズ加盟店と個人経営との大きな違いといえます。

無人ジムのフランチャイズに加盟するデメリット

メリットが目立つフランチャイズですが、実はデメリットも存在します。ここでは、フランチャイズ加盟に関するデメリットについて紹介します。

加盟金やロイヤリティが発生する

フランチャイズ本部の多くは、まとまった金額の加盟金が必要です。加盟金の額によっては、開業資金が大きく変動するため、慎重に比較・検討する必要があります。

また、フランチャイズ本部が持つ経営ノウハウや集客スキルを利用する代わりに、月々のロイヤリティを支払う義務が発生します。ロイヤリティの金額は、フランチャイズ本部によって異なるため、サポート内容と見合っているかどうかを確認しなければなりません。

ロイヤリティは、フランチャイズに加盟している限り払い続けなければならないので、安易に決定するのは避けるべきです。

同チェーンの他加盟店の不祥事リスクがある

多数の加盟店を抱えているフランチャイズ本部では、加盟店による不祥事や事故が起きると、同チェーンである以上何らかのリスクが発生します。最悪の場合、フランチャイズ本部自身が不祥事を起こすケースもゼロではありません。

事件や事故をマスコミが報道したり、SNSで拡散されたりすると顧客からの印象が悪くなり、店舗の評価が下がる可能性が考えられます。ブランド力があればあるほど、リスクは大きくなるため、信頼できるフランチャイズ本部を選ぶ必要があります。

無人ジムのフランチャイズ加盟時に発生する費用

フランチャイズに加盟して、無人ジムを経営する場合、具体的にはどのような費用がかかるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。ここではフランチャイズでジムを開業・運営するための費用について詳しく解説します。

加盟金

ほとんどのフランチャイズ本部は、加盟する際に加盟金が必要です。中には無料のところもありますが、その数はそれほど多くはありません。また運良くキャンペーンなどが実施されていて、無料または格安な加盟金で済む場合もあります。

加盟金は、フランチャイズチェーンの知名度やジムの規模などにより100万円〜200万円までと金額に差があります。フランチャイズ本部を選ぶ際は、加盟金の比較・検討が必要です。

開業資金

開業資金の中には、店舗として利用する物件の取得費や内装工事費、設備費などがあります。無人ジム開設時に最も多くの金額が必要となる部分で、内容にこだわればこだわるほど金額は大きくなります。

特に、ジムの開業には、トレーニング機器など専用設備を導入する必要があり、そのほとんどが高額です。音質設備やシャワールーム、更衣室などを備えれば、ジムとしての利便性は高くなりますが、予算の変更を強いられるかもしれません。その他にも、セキュリティシステムや顧客管理のためのアプリ導入などもあり、開業後の事業プランを踏まえて検討する必要があります。

ロイヤリティや運転資金

フランチャイズに加盟すると、ほとんどの場合、ロイヤリティの支払いが発生します。ロイヤリティの支払いは月々の売り上げの10〜15%に設定されていますが、フランチャイズ本部によって料率や条件、支払い時期などは異なります。

また、ジム開設後は、家賃や水道、光熱費、トレーニング機器のメンテナンス費用も必要です。シャワーや音響設備など、ジムの設計に応じて必要経費が発生するため、特に事業が軌道に乗るまでは預貯金があれば安心です。

無人ジムフランチャイズ導入に関するよくある質問

Q1.無人ジムフランチャイズの費用相場は?

無人ジムフランチャイズに加盟する際、加盟金や研修費等が必要です。加盟金は100万円から200万円が相場ですが、高額な場合は400万円もの費用がかかる場合もあります。ロイヤリティは月5万円から30万円が相場で、フランチャイズ本部によっては250万円の自己資金があれば加盟を受け付けているところもあります。その他にも研修費用が必要なケースもあるので、資金には余裕を持って準備しておくと安心です。

Q2.無人ジムフランチャイズを選ぶときの注意点は?

無人ジムフランチャイズを選ぶ際は、サポート内容の充実度を確認する必要があります。サポート内容はフランチャイズブランドにより異なり、本部選びの大きなポイントです。早期に利益を得るためには、集客面のサポートが重要で、テレビCMやSNSの有効活用など積極的に取り組むフランチャイズ本部であれば、それだけ顧客獲得が有利になります。

経営上の悩みや店舗の問題を一緒に解決してくれる良き相談相手になってくれるフランチャイズ本部も理想です。特に、経験が浅いオーナーの場合、相談体制が充実しているフランチャイズ本部を選んでおけば、心強さや安心感が得られるはずです。

また、新システムの導入や経営ノウハウのほか、店舗でのオペレーションについても研修制度の充実しているフランチャイズ本部であれば、仕様に困る心配がありません。未経験者でも事業を拡大できるような研修制度があればスキルアップはもちろん、実店舗でのオペレーションについても再確認ができ、最新のトレンドを取り入れたり、セキュリティー面の強化ができたりとビジネスの進化が期待できます。

無人ジムフランチャイズの導入を考えている方は、本ページに掲載している「無人ジムフランチャイズの早見表」をご覧ください。

無人ジムフランチャイズのまとめ

無人ジムフランチャイズに加盟すると、個人経営ではなかなか得られない経営ノウハウや集客スキルが提供されます。大手フランチャイズであれば、ネームバリューを利用して、早期に顧客獲得が期待できるはずです。スタジオの立地条件や地域性に合ったターゲット選択も、長年のジム運営の経験に基づいて行えるため、スムーズな事業スタートが実現できるかもしれません。

しかし、フランチャイズ加盟には、加盟金やロイヤリティなどの費用がかかるため、検討が必要です。サポート内容に見合う金額が設定されているかどうか、数社を比較してみてはいかがでしょうか。オーナーのニーズにぴったり合ったフランチャイズ本部を見つけて、理想の無人ジム運営を叶えてください。

【免責事項】
本記事は、2023年11月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ