「経営者通信」の広告掲載方法・料金を調査!経営者に特化したメディアの特徴まとめ

「経営者通信」の広告掲載方法・料金を調査!経営者に特化したメディアの特徴まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では経営者向けメディア「経営者通信」の広告掲載方法・料金などについてリサーチした結果をまとめています。外部サイトでの広告を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

キャククルでは、120を超える業界での集客実績をもとにマーケティング・集客についてのノウハウ共有を行っています。

  • 競合と差別化ができ、接触から契約までかかる時間が3分の1に短縮した
  • 問い合わせをする顧客は自社商材の理解度が高く、8割が商談まで進んだ
  • 商材と集客したユーザーがマッチしていて、受注単価が2.5倍にアップした

といった成果を残してきたメディア施策も紹介しておりますので、関連ページもご覧ください。

経営者通信の特徴

経営者通信公式HPキャプチャ画像
引用元:経営者通信公式サイト(https://k-tsushin.jp/)

「右手にそろばん、左手に論語を」という経営者向けのフレーズがあります。
このフレーズは、経営者は現場で実践し変化を感じることと歴史書や哲学書などを学び経営原則を確立する必要があることを意味しています。

経営者通信は各分野の優れた経営者に20年以上取材し、経営のヒントとなるインタビューを紹介している媒体です。専門ライターは伝えたいことを適切に伝えられる記事制作力を誇り、その結果として多くの経営者に支持されています。

長年取材し記事を書き続けてきた経験から、日本の経営者に精通していることも特徴のひとつ。経営者に特化したBtoBマーケティングのことなら、多くの経営者支持されている経営者通信を活用することで、貴社の成長を助ける答えが見えてくるでしょう。

経営者通信の広告掲載料金

広告掲載料金は2種類あります。

  • 会社案内製作費:初期費用18万円(税込)
  • Webメディア掲載:月額2万6500円(税込)

例えば、会社案内制作と2年間のメディア掲載で81万6000円です。
2年目以降も継続する場合は月額2万円で掲載ができ、その場合はメディア掲載というかたちになりますので初期費用を抑えることも可能です。

経営者通信の口コミ・評判

営業・商談時のツールとして利用しています。
いわゆる「会社案内パンフレット」と異なり、より営業に即したツールになります。また経営者のビジョン・姿勢を全面に出すことによって、親近感と信頼性を持たせることが出来ました。引用元:経営者通信公式サイト(https://k-tsushin.jp/guidance/)

第三者目線の取材形式には真実味があります。
会社のパンフレットでは出せない、第三者目線で取材された内容に真実味があり、自社のパンフレットとは異なる角度から会社を表現することが出来た点が普通の会社パンフと比べてより効果を出している理由だと思います。引用元:経営者通信公式サイト(https://k-tsushin.jp/guidance/)

経営者通信に広告掲載するメリット

初めての商談の時、取引先に自社のことや商品・サービスについて十分に伝えられていますか?

初めての商談では取引先との信頼関係も築けていないため、自社のことや商品・サービスを十分に伝えることは難しいでしょう。例えば第三者の紹介があると信頼関係は築くことが容易になります。

客観的な視点で自社紹介ができる

経営者通信は第三者の視点で貴社のインタビュー記事を制作し紹介してくれるので、貴社の信頼性を高めブランド力を強めることに一役買ってくれます。
経営者通信に広告掲載するメリットは、第一に、企業の信頼性やブランドの向上です。

経営者通信の専門ライターは多くの経営者を取材し紹介してきた経験があり、貴社をどのように紹介することがよいかに精通しています。

紙面・媒体と連動した企業紹介

第二に、経営者に精通している専門ライターによる会社案内の作成、「ニッポンの社長」をはじめWebや雑誌との連動による企業の信用度の向上です。
経営者通信には有名企業の社長をはじめ、多くの日本の社長にインタビューしている「ニッポンの社長」という掲載欄があり、中小・ベンチャー企業において圧倒的な知名度を誇っています。

自社が自社自身のことを紹介することには限界がありますが、経営者通信による第三者視点で書かれた「ニッポンの社長」への掲載と、インタビュー記事を会社案内やサービス紹介にすることで、抜群の信頼感を得られるでしょう。

広告費の初期費用を抑えられる

第三に、メディア掲載料というかたちで月々のお支払いになりますので、初期費用を抑えることも可能です。

多くの経営者を紹介してきた経営者通信に広告を掲載するメリットは、貴社の企業価値を最大限に引き上げることになるのです。

経営者通信の広告掲載までの流れ

経営者通信の広告掲載までの流れは至ってシンプルです。

  1. 申込書に記入して送付する
  2. 専門ライター同席の取材前ミーティングを行い、記事の打ち出し方や大まかなビジョンを確認する
  3. インタビューに答え、写真撮影を行う

このとき、依頼する企業側からの具体的な指示の必要はありません。経営者通信は長年の企業の取材と紹介により、どのように企業を紹介すればよいかを熟知しているからです。

掲載までにどのくらいの期間かかるかというと、お申し込みから会社案内・パンフレットの納品までの日数は最短で30日になっています。企業の経営者は時間がないものと経営者通信は熟知していますので、取材から広告掲載まで無駄のない流れとなっているのです。

Webマーケティングでの集客施策は複数実施が効果的

経営者通信への掲載は取引先への信頼度を上げるためには有効な手段です。ただし、一つのメディアへの広告掲載で集客ニーズが満たされない企業も多いでしょう。

見込み客が情報検索している際の心理を考えると、本当に貴社と取引することがいいのかを検証し、同業他社の方がいいのではないかと考えて比較をするのが一般的でしょう。BtoBビジネスは受注単価が高い反面、比較検討フェーズが長いのが特徴です。広告を通じて自社を一度認知しただけではすぐ取引に繋がらず、複数回の認知で興味を持つケースがほとんどです。

広告や集客施策に費用をかけている以上、もっとも重要なのは取引に繋がりやすい施策を打ち出すことです。成約・受注への最短ルートは、もとから自社と親和性が高い顧客、つまり自社の商品を選んで一番得する顧客へのアプローチです。

下記の記事では、経営者を集客するための戦略や方法についてまとめたものです。

  • 検討がほぼ完了している顧客からの問い合わせで契約までかかる時間が3分の1に短縮した
  • 接触した顧客の8割が商談まで進んだ
  • 自社と親和性の高いユーザーが集客できて受注単価が2.5倍にアップした

の成果を上げた施策も紹介していますので、マーケティング活動の費用対効果を上げたいと考えている方は参考にしてください。

経営者を集客するには?
戦略・手法の総まとめ

ページトップへ