投資家向けの広告には的確なターゲティング施策が必須

投資家向けの広告には的確なターゲティング施策が必須
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

投資家初心者たちが増えている

近年、投資をはじめる人が増えています。いわゆる「投資家初心者」ですが、特に若年層に投資参入が目立つ傾向にあります。なぜ投資家初心者が増えているのかと言うと、一番大きな理由は「コロナ禍」です。コロナによって生活防衛式が高まったことで、2020年から一気に新規の投資家が増えました。

投資というと難しいイメージがあり“初心者が簡単にはじめられるものではない”というレッテルが貼られていましたが、実際投資をはじめた人たちいわく、投資前の「素人には難しい」「不安や心配」は投資後に軽減しています。その代わり「資産形成に役立てられる」「銀行に預けるよりも得する」などのメリットも大幅に増えました。

また、現段階ではコロナは継続する可能性があります。それを考えるとこのタイミングで投資をはじめるのは、賢明かつ定着すると言っても良いでしょう。

信頼と情報量を集客に生かす

信頼と情報量を集客に生かす
投資家初心者が増える一方で、投資関連企業はマーケティングにおいて集客が難しくなっています。なぜならその多くは知識やノウハウが求められるからです。

投資において集客を増やすためにはいくつかの方法があります。そのなかで特に重視したいのが「信頼」と「情報量」です。ひと口に情報量といっても種類はさまざまですが、いかに多くの情報を発信できるかで集客に大きく影響してくるでしょう。

もちろん同時に信頼性も強みになります。インターネットが普及している昨今、どの情報が正しくて、誰の情報を信じたら良いのか錯乱しています。せっかく十分な情報を発信できてもそこに信頼性がなければ意味がないため、投資関連企業が自社の商品やサービスで集客を増やすためには、情報量と信頼性が大きなカギになってくるでしょう。

投資家を集客する5つの広告・マーケティング戦略

投資家を集客するためにはむやみやたらに広告出稿をするのではなく、ピンポイントな広告戦略を展開することが必要です。

自社SEO

インターネットが普及しているからこそSEO対策は欠かせません。いかに自社のSEOを十分なものにするかで、集客への効果が大きく変わってきます。ひと口に自社SEOと言ってもさまざまですが、代表的な方法は「ホームページ」「検索エンジンの上位順位」などが挙げられます。これらを活用してユーザーからの指示を得ることで、集客につなげることができるようになります。

ホームページを制作するうえでのポイントは、“競合他社との差別化”“検索エンジンの上位順位”です。ただホームページを開設するだけでは残念ながら集客は増えません。

いかに競合他社と差別化を図るか、作ったホームページが検索エンジンで上位順位になるからポイントになります。これがいわゆる「SEO対策」というものです。

もちろん、検索エンジンの上位順位ばかり意識してコンテンツ内容が疎かになるのは要注意。ユーザーに寄り添うコンテンツ作りを意識し、「悩み解決の記事」や「投資家のためのノウハウや情報」などを豊富に盛り込むと好印象になるでしょう。

リスティング広告の活用

さらにリスティング広告も活用しましょう。リスティング広告とは検索キーワードに連動し掲載される広告のことで、自然と自社サイトに興味を持ってもらえるようになります。自然検索とは違い必然的に上位検索されるので、ユーザーの目に入りやすいのがメリットです。

そもそもリスティング広告にはこんなメリットがあります。

  • データから広告改善ができる
  • 臨機応変に対応できる
  • 情報収集を行っているユーザーに広告表示させられる
  • クリエイティブ費用が不要

インターネットを用いてマーケティングを行ううえで、リスティング広告は欠かせません。投資家の集客にも役立ちますからぜひ取り入れてみてください。

SNSの活用

今の時代、SNSは欠かせません。むしろほとんどの人がSNSを用いて情報収集します。それくらいマーケティングにおいてSNSはとても効果的だということです。SNSの良いところは「ホームページより簡単」「ユーザーと直接やり取りができる」などが挙げられます。またアカウント作成も簡単ですから、誰でもはじめやすいのもメリットでしょう。

もちろん、SNSで集客を増やすためには隅から隅までしっかり使いこなす必要があります。情報を投稿しても拡散してもらわなければ意味がありません。いかにユーザーに反応してもらえるか、拡散してもらえるかを重視してSNSを活用するようにしましょう。

ひと口にSNSと言っても、ツイッターやインスタグラムをはじめさまざまな種類があります。“どのSNSを使うか”も大きなポイントになってきます。
toB向けなら比較的実名が出ているFacebook広告を活用すると狙った投資家にピンポイントでアプローチすることができるでしょう。

オウンドメディアでの集客

オウンドメディアは、自社の商品やサービスを知ってもらったり好きになってもらうように使います。投資家向けのマーケティング広告でも非常に役に立ち、商品やサービスの情報を充実させ認知してもらい、好きになってもらえれば継続的な集客が見込めるようになるでしょう。

集客は「優良顧客(リピーター)」を増やすことも大切ですから、初回接触から継続して利用してもらえるユーザーを狙うようにすることが大切です。
全研本社の
オウンドメディア制作について

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアを活用することで自社が欲しい投資家を狙って集客をすることができます。
投資家を狙うと一口に言っても、自社が受注しやすい顧客像を反映した広告施策を展開することはなかなか難しいことです。

ポジショニングメディアでは、徹底的な分析をもとに自社が展開すべき市場にメディア展開し、自社の強みや特徴を投資家に向けて情報発信。

そこで自社がいいと思ってもらえる親和性の高いユーザーだけを集客することで、効率的に成約までつなぐことができます。

ポジショニングメディアとは?

投資家向けのメディア・広告

ここでは投資家におすすめのメディア・広告を紹介します。

TVer(ティーバー)

在京民放5社が連携し、各局の番組を好きなときに自由に楽しめる公式テレビポータルです。すべて無料で視聴でき、PCやスマホ以外にもタブレットやテレビなどでも見ることができます。視聴期間は約7日間。広告事業は2020年11月からスタートしています。

モビリティメディア【タクシーサイネージ 】

都内の経営者や富裕層のためのタクシー動画広告です。東京都最大規模1万2500台のタクシーにて広告情報を提供しています。

ゴルフのクチコミサイト『my caddie』

ゴルフが好きな高収入層向けにアプローチしたスポーツマーケティングです。口コミや新製品情報など利用者のQ&Aも充実しています。また、店舗では試打会やフィッティングなども紹介しており、直接体験もできます。

シニア向けWEBメディア【日刊ゲンダイDIGITAL】

シニア・高年齢層の利用者が月間で600万人。ミドルファネルマーケティングに適しています。おすすめ商材ジャンルはシニア向け・ヘルスケア・ビジネスマン・ギャンブルなど。

都内高級マンションサイネージ

都内にあるタワーマンションや高級分譲・賃貸マンションに設置されており、マンションのお知らせや広告を配信しています。富裕層にPRしたい広告主様にもおすすめです。コロナ禍で在宅率が高まっているからこそ、近年注目を集めているマーケティングになります。

投資家向けのマーケティング広告を探している方へ

投資家向けのメディア・広告
市場分析やマーケティング手法のノウハウを活用し、求めているユーザーに十分な情報を提供できる方法を紹介しました。

投資家初心者が増えている今だからこそ、賢くマーケティング広告を取り入れて多くの集客を成功させましょう。

キャククル運営元の全研本社では富裕層を狙ったWebマーケティングをしたいというお声をはじめ120業種以上のWebマーケティング支援実績があります。

もし、現状の広告施策をはじめ、マーケティング戦略から見直したいというご要望があればお気軽にご相談ください。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ