富裕層・高所得者に特化したターゲティング施策の広告やユーザーを知る

富裕層・高所得者に特化したターゲティング施策の広告やユーザーを知る
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

富裕層および高所得者の特徴とは

富裕層および高所得者の特徴について理解・把握しておくことは、富裕層・高所得者に向けたターゲティング施策の効率的な取り入れにつながります。

ここでは、富裕層および高所得者にまつわる具体的な特徴について解説していきます。

経営者・企業役員・ビジネスオーナー

富裕層および高所得者に該当する職業のひとつに、「経営者・企業役員・ビジネスオーナー」などがあげられます。経営者やビジネスオーナーは、企業または団体のトップとして位置付けられる職業となるため、それ相応の収入額を確保している人が多い傾向にあります。

また、役員報酬を受け取れる企業役員に関しても、富裕層・高所得者として分類できる職業だといえます。

企業の経営層に分類される人々は、資産管理に対して大きな関心を持っているうえ、周囲の人からの見られ方を常に気にしている人が多い傾向にあります。そのため、投資商材や高級商品・アイテムなどを取り扱う企業としては、積極的に狙っていきたいターゲット層といえるでしょう。

投資家・フリーランス

投資家と一概にいっても、「投資物件の家賃収入にて生計を立てている人」や「FX・株式投資などで収益を上げている人」「仮想通貨や金投資にて安定した収入を確保している人」など、投資のジャンルや分野は多岐にわたります。

また、フリーランスとして一般的な平均年収よりも高い収入を確保している人に関しても、富裕層および高所得者に分類できるでしょう。

投資家およびフリーランスは、収益額が増加するほど、節税のために自分の事業を法人化する割合も上がる傾向にあります。そのため、投資家やフリーランスは、前述の項にて述べた経営者・ビジネスオーナーに近しい存在といえます。

医師・士業

医師や会計士、弁護士などの世間一般的に高収入とされている専門職に関しても、富裕層および高所得者に分類できる職業となります。また、個人にて病院・クリニックや各種士業にまつわる事務所を開業している人については、とくに高い収入額を確保しているユーザー層といえるでしょう。

なおかつ、個人にて病院・クリニックや事務所を開業している人は、企業経営層と同様に資産管理について高い関心を持っている人が多い傾向にあります。そのため、不動産投資や株式投資などを扱う投資コンサルタント会社にとっては、是非とも確保しておきたいターゲットユーザー層といえます。

大手企業社員の管理職以上

富裕層および高所得者に分類される人々のなかには、「大手企業社員の管理職以上」といった職業も含まれます。とくに、日系企業の社員として管理職を務めている人に関しては、高い給料や充実した保障・手当などを受けている傾向にあります。

また、大手企業社員の管理職以上に分類される人々は、給与所得から自動的に税金が引かれていることもあり、節税の意識や資産管理への関心が比較的低いといえます。

とはいえ、管理職を務めている人のなかには、各種投資案件に興味を持ったうえで、すでにスタートしている人も多くいます。

そのため、投資商材を取り扱っている企業(投資コンサルタント会社など)は、まず、経営者や投資家、医師・士業に対して積極的にアプローチを行ったうえで、次の候補として「大手企業社員の管理職以上」に分類される人々をターゲット層に見据えておくとよいでしょう。

富裕層にターゲティングしていく上で知っておきたい3つのポイント

富裕層マーケティングにて知っておきたい3つのポイント
富裕層および高所得者にターゲットを絞ったうえで集客を行う場合、まずは、富裕層・高所得者の特性や重要ポイントなどについて理解を深めておくことが大切です。

ここでは、富裕層向けにマーケティングする上で知っておきたい3つのポイントについて解説していきます。

富裕層は基本的に「営業されたくない」と思っている

富裕層や高所得者の多くは、基本的に「営業されたくない」と思っている傾向にあります。富裕層および高所得者は、周囲の人からの勧めにより各種サービスや商品を購入するのではなく、自身が有している知識や経験に基づいたうえで、各種サービス・商品の購入を検討するケースが多いといえます。

つまり、サービス・商品の概要や特徴についてじっくりと自分自身でリサーチしたうえで、「これらサービス・商品は、果たして自分に必要なものなのか?」といった点について入念に検討する傾向にあるのです。

富裕層は信頼できる人に決断を委ねる

前述の項にて述べたとおり、富裕層や高所得者は、自分自身が心の底から納得した商品・サービスを購入します。しかし、各種サービス・商品の購入検討段階においては、あらかじめ信頼できる人に相談する傾向にあります。

つまり、富裕層・高所得者との間に強い信頼関係を構築することで「○○さんのおすすめだから購入する」といったように、スピーディーな成約につながる可能性を引き上げることが可能となるのです。

富裕層・高所得者からの信頼を獲得するためには、各種ユーザーが抱える課題を解決へと導くだけでなく、親切かつ丁寧なコミュニケーションを意識することが大切です。

「魅力的なサービスまたは商品を提案してくれる人」ではなく、「親切かつ丁寧な対応をしてくれる人」や「好印象に思える人」を目指しましょう。

富裕層は同様の価値観を持っている人を好む

富裕層や高所得者は、同様の価値観を持っている人を好む傾向にあります。たとえば、「会員制クラブを利用する」や「価値観の合う人とホームパーティーを行う」など、富裕層同士のつながりを大切にしている人が多いです。

なお、富裕層同士のつながりを大切にする理由としては、「資産の構築・運用に役立つ有益情報を交換する」といった目的が含まれます。

また、富裕層の周辺には富裕層が集まりやすいものの、だからといって「無理に他の富裕層を紹介してもらう」や「富裕層が集まる場所へ強引に押しかける」といった営業行為は、富裕層からの信頼を失う危険性につながりかねません。

そのため、営業担当者から紹介を求めるのではなく、「この人になら、私の友達を紹介したい!」と思ってもらえるような営業スタイルを心がけることが大切です。

富裕層にターゲティングした広告戦略

富裕層にターゲティングした広告戦略
富裕層にターゲットを絞った集客の取り入れを検討している企業のなかには、「富裕層にターゲティングした広告戦略とは、具体的にどのような施策や戦略のことを指すのか?」といったポイントについて頭を抱えている経営者様も多いのではないでしょうか。

ここでは、富裕層にターゲティングした広告戦略の具体例について解説します。

富裕層向けのメディアを構築する

富裕層にターゲティングした広告戦略の具体例として、「富裕層向けのメディアを構築する」といったポイントがあげられます。また、富裕層向けメディアを構築・運用する際は、富裕層および高所得者にとって有益となる情報・コンテンツを定期的に投稿することが重要になってきます。

富裕層・高所得者へのターゲティングを明確にした情報・コンテンツを投稿することで、富裕層の多くに「自身のニーズにマッチしたメディア」だと認識してもらえます。

また、富裕層および高所得者にとって有益な情報・コンテンツを提供することは、メディアへの信頼性を高めることにもつながるでしょう。

なおかつ、富裕層向けメディアにて自社の利益につながるコンテンツを掲載することで、富裕層からの問い合わせ件数を向上させることが可能となります。

品質の高い富裕層向けメディアを構築・運用したうえで、効率的かつ効果的な富裕層ターゲティング戦略の実現を目指しましょう。

キャククル運営元の全研本社が実施したポジショニングメディア施策

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

ポジショニングメディアとは、自社サービスカテゴリーに興味のあるユーザーに向けて自社の特徴や強みを認知させ、親和性の高いユーザーを集中的に獲得していく施策です。
ただ広告露出をするのではなく、なぜこのサービスがよいのか納得した上での反響につながるので、成約率が高いのが特徴です。

ポジショニングメディアを導入した結果、

  • 10億円の高級住宅を受注できた
  • 安定的に投資家から証券口座の開設に関する反響が取れるようになった

このような成果を提供できております。
詳しくは下記ページよりご覧ください。
ポジショニングメディアとは?

綿密なデータ分析を心がける

「綿密なデータ分析を心がける」といったポイントも、富裕層にターゲティングした広告戦略のひとつです。

マーケティング戦略を取り入れる場合、富裕層や高所得者とひとくくりにせず、性別、年齢、収入、家族構成、居住地、ライフスタイルなど、細かな条件や理想的なユーザー像を基に自社商品・サービスへのニーズが高いターゲットユーザーを割り出すことが重要です。

たとえば、同水準の富裕層であっても、「資産形成を重要視したいのか」や「商品を使うことに対して喜びを見出したいのか」など、人それぞれ考え方や各種商品に求めるポイントなどが大きく異なります。

そのため、富裕層向けマーケティング戦略の導入を進める際は、あらかじめ富裕層・高所得者に関する綿密なデータ分析を実施したうえで、自社商品のニーズにもっともマッチしたターゲットユーザーを絞り込んでおきましょう。

富裕層に強いWebマーケティング業者にサポート依頼をする

「富裕層に強いマーケティング業者にサポート依頼をする」といったポイントも、富裕層にターゲティングした広告戦略のひとつとなります。日本国内には、マーケティング戦略の考案や運用などをサポートしてくれるコンサルタント会社が数多く存在します。

また、Webマーケティング戦略専門のコンサルタント会社に対してサポート依頼を行うことで、高い成果を期待できるマーケティング戦略の導入が実現可能となります。

そのため、富裕層および高所得者をターゲットに見据えた集客を検討する場合は、あらかじめ富裕層・高所得者向けのマーケティング戦略に特化したコンサルタント会社へのサポート依頼を検討しておきましょう。

富裕層および高所得者に特化したターゲティング施策の概要や特徴まとめ

富裕層および高所得者に特化したターゲティング施策の概要や特徴まとめ

富裕層および高所得者に特化したターゲティング施策を取り入れる場合は富裕層・高所得者の考え方や悩み、情報収集方法などについて理解を深めていきましょう。
富裕層が自社商品を使うシーンやその前後の背景がイメージできるようになることで、行うべきターゲティング実施が選定できるようになります。

キャククル運営元の全研本社では、富裕層・高所得者向けターゲティング施策をはじめ120業種以上のWebマーケティングの支援実績がございます。

もし「自社商品の購入率が高い富裕層・高所得者を集中的に集客したい」とお考えの経営者様や担当者様は、全研本社までお気軽にご相談ください。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ