新聞広告は効果がない?理由と今の広告トレンドを解説!

新聞広告は効果がない?理由と今の広告トレンドを解説!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

本記事では新聞広告の集客効果や広告トレンドについて紹介。
また、集客効果でお悩みの方に向けて成約率の高い集客を実現するWebマーケティング施策「ポジショニングメディア」施策も紹介しています。

新聞広告は効果がないとを感じる理由

business新聞
新聞広告は他の集客施策と比べると効果がないと感じやすいです。広告を見せる人を絞れないことが、その大きな理由です。

新聞広告では商品の購入につながらない人も含めて、不特定多数の人に広告を見てもらうしかありません。たとえば女性向けの化粧品の広告を男性に見せても効果は薄いですが、広告は新聞を読んだ人すべてに向けて出すことになります。

たくさんの人に見てもらうために広告費は高額となりがちな一方で、見込み客ではない人も多く含まれているため、効率が悪いのです。そのため「多額の広告費をかけたのに売上が伸びない」といったことがよく起こります。

広告のトレンドはWebに移行

ネットショッピング
現在の広告の中心は、Webへと移行しています。新聞やテレビといった従来型のメディアをメインに情報を得る人が減っており、Webで情報収集をする人が増えているからです。そうした流れにともない、Web広告に力を入れる企業が増えています。

特に若年層では新聞を読まない人が増えており、若者への新聞広告の効果はほとんど期待できないでしょう。若者をターゲットにした広告を出すのであれば、Web広告が最適です。

Web広告のメリット

Web広告には、従来の広告にはない様々なメリットがあります。Web広告を使いこなすためには、新聞広告やテレビCMなどとの違いを理解しておくことが大切です。

ターゲットを絞って広告が出せる

Web広告では、広告を見て欲しい人だけに見せることが可能です。Web上に蓄積された個人情報を利用して、広告を出す人を絞り込めるからです。

たとえばスポーツシューズの商品ページをたくさん見ている人は、スポーツシューズの購入を検討しているのではないかと推測できます。そうした人だけに向けてスポーツシューズの広告を出すことで、少ない費用で大きな効果が期待できるのです。

収集データより効果測定と改善ができる

Web広告なら広告の効果を正確に把握したうえで、広告の改善を進められます。広告がクリックされた回数や商品の購入につながった割合など、様々なデータをいつでも確認できるからです。

たとえば、広告が画面に表示されてもほとんどクリックされていないのであれば、広告の画像やキャッチコピーを見直す必要があるでしょう。一方で広告はよくクリックされるのに、クリック後に表示される商品ページからの購入が少ないのであれば、商品ページの改善に力を入れるのが効果的です。

このようにデータを活かして効率よく広告を改善できるのが、Web広告の大きなメリットです。

少ない費用から始められる

Web広告なら、テレビCMのように高額な費用は必要ありません。「まずは少ない費用で広告を出してみて、効果がありそうならもっと多くの費用をかける」という使い方ができます。

少ない費用でもデータは集められるので、広告の改善を繰り返せます。広告の質を高めた後で多額の費用をかければ、大きな広告効果が見込めるでしょう。

自社の強みを伝えられる

Web広告には自社の強みを伝えやすいというメリットもあります。Webには紙面の広さや動画再生時間などに制限がないため、表現の自由度が高いからです。

広告を1回クリックしてもらえさえすれば、長いストーリーを文字で読んでもらったり、長編のドラマ仕立ての動画を見てもらったりできます。その中で自社の強みや世界観を、効果的に伝えられるのです。

Web広告の種類

パソコンやタブレットで検索
Web広告には様々な種類があります。それぞれの特徴を理解して、自社に最適な広告を選びましょう。

リスティング広告

リスティング広告とは、Googleなどでユーザーが検索したキーワードに合わせて関連した商品や情報の広告を表示させる手法のことです。たとえば「お歳暮 ハム」というキーワードで検索した結果に、お歳暮用のハムの広告を出せば、購入につながりやすいでしょう。

このように購入意欲が高い人に広告を見てもらえるため、売上アップが期待できます。ただし購入につながりやすいキーワードほど、広告費用は高くなりがちなので、留意しておきましょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやブログの広告枠に表示される広告で、潜在層にも広くアプローチできる特徴があります。テキストの広告の他に、画像広告や動画広告も掲載できるため、自社の商品やサービスをまだ知らない人にも、画像や動画で効果的にアピールできます。

また、「商品ページを訪れたのに購入に至らなかった人に広告を出す」など、ターゲットを限定することも可能です。ディスプレイ広告をより多くの人にクリックしてもらうために、表示する画像や動画は改善を繰り返しましょう。

SNS広告

SNS広告は、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSに出す広告です。SNS上での閲覧履歴などのデータを利用するため、狙った特徴の人だけに広告を見せる精度が高いです。

広告は知り合いの投稿の合間に表示されるため、自然に目に留まりやすいです。広告が拡散されることで、想定以上の効果を得られることもあります

動画広告

YouTubeなどに表示する動画広告は、強力な集客手段です。動画なら文字や画像よりも多くの情報を短時間で伝えられて、視聴者にインパクトを残せます。

ただし、動画広告は最後まで見てもらうことが難しいという点に注意しましょう。最初の数秒間で、視聴者の注意を引きつける必要があります。

自社の強みをユーザーに伝えるWeb施策

オンラインマーケティング
新聞広告でもWeb広告でも、広告にお金をかけるのをやめると、集客が止まってしまう点は同じです。そのため、広告以外にも自社の強みを見込み客に伝えて集客する手段を持っておくべきです。自社の強みを伝える効果的なWeb施策を2つ紹介します。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、自社の立場や強みを明確にしたメディアのことです。情報発信を通じて、自社と相性の良い見込み客を集められます。

ポジショニングメディアを使うことで、本来自社商材を導入すべきであるユーザーへ認知度を上げ、自社商材への導入意欲を上げた状態で集客をすることができます。
反対に自社商材と親和性の低い顧客を集客しないため、効率の良い営業活動を実現することができます。

もし、成約になる見込み顧客を狙ったマーケティング戦略を展開したいのであればマッチしています。
具体的な成果としては、

  • 年間100件以上の会員登録が増え、そこから大体月2棟が契約
  • 自社コンセプトにマッチした見込み顧客が増え、契約単価が1000万円向上した
  • 商材の強みや特徴を理解した上で反響に至るため、価格競争から脱却し受注単価が2.5倍になった

という実績があります。
詳しくはこちらからご覧ください。
ポジショニングメディア
について詳しく

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で運営・管理しているメディアのことで、ブログや公式サイトなどがこれにあたります。自社と関連する分野について幅広く発信することで、自社の商品やブランドを多くの人に知ってもらえます

たとえば洋服のメーカーなら、季節ごとの着こなしを紹介するメディアを運営すると相性が良いでしょう。いろいろな会社の洋服を紹介する中で自社商品も取り上げれば、自然な形で自社商品の認知を広げられます。

Webを取り入れて効果的な集客を

電球・アイディア
新聞広告にまったく効果がないわけではありませんが、広告の中心がWebに移行している現在では、Web広告を取り入れることが効率的な集客のポイントとなります。Web広告には新聞広告にはない様々なメリットがあるため、積極的に活用していきましょう。

キャククル運営元の全研本社では120業種以上のWebマーケティング支援実績があります。
もし、自社商材に合った顧客をピンポイントに狙い、成約率の高いWebマーケティングを実施したいというお考えがあれば、お気軽にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ