広告表現チェックツールを徹底比較!各ツールの口コミ評判や料金を紹介

広告表現チェックツールを徹底比較!各ツールの口コミ評判や料金を紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

ルールに則った広告表現を知りたい方必見
2021年8月の薬機法改正によって、違反時には多額の課徴金が課せられることとなり、広告主の責任と管理リスクはさらに高まっています。

  • 自社の商品やサービスの広告を作りたいものの法規制についてよくわからない
  • どのような表現を使ったら良いのかわからない
  • 広告を作ったものの法規制に抵触していないか

といった不安や悩みを抱えている広告担当者の方へ向けて、こちらの記事では、広告表現をチェックするツールを紹介しています。広告表現に関する悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

広告表現チェックツール早見表

ここでは、広告表現チェックツールをご紹介します。自社に合ったツール選びにお役立てください。

会社名 サービスの特徴
広告表現チェックツール「LOGRIZa」のサイトキャプチャ画像【PR】LOGRIZa(ログリザ) ・複数の配信面を同時にチェック可能!アフィリエイターやLPの一括管理におすすめ
・Web広告の表現のリスクを監視・記録・可視化!抵触した場合は「代替案」も提案!
・過去のWeb広告データを13ヶ月保存!広告効果の検証分析もできる
資料ダウンロードはこちら>>
広告表現チェックツール「ネットパトロールPlus」のサイトキャプチャ画像【PR】ネットパトロールPlus ・チェックを丸投げできるので業務時間が短縮する
・基準・ガイドラインに基づいてしっかり広告表現をチェック
・社内認定資格保持者が広告審査を代行
資料ダウンロードはこちら>>
トラスクエタ ・AIによりダブルチェック作業を実施できる
・高いカスタマイズ性により各企業に合ったチェックツールの導入が可能
機械良文 ・薬事法広告研究所監修のAIチェック&リライトツール
・リスク箇所を指摘するとともにリライト案を提案
AD JUDGE(アドジャッジ) ・広告記載文や画像チェックなど幅広く活用できる
・チェック状況を管理画面で確認可能
アドリーガル ・民間放送における経験を活かした広告表現チェック・コンサルティング
・スピーディーな対応が可能
エーエムジェー ・広告表現のチェックやリライト案の提案
・社内研修やセミナーも実施している
イー・ガーディアン ・専門的な知識を持ったスタッフが広告やコンテンツをチェック
・24時間365日の対応が可能
薬事法ドットコム ・熟練の専門家が対応するチェックを提供
・ニーズに応じた3種類のプランを用意

【PR】業界初!広告審査後の表現差し替えリスクまで管理できるので、アフィリエイター広告の運用も安心!

誇大表現や虚偽広告など、広告表現におけるリスクに対応するチェックツール「LOGRIZa(ログリザ)」を紹介します。広告表現の中でも特に規制が厳しい「薬機法」に抵触するか否かをチェック。

薬機法に沿った広告かを全て人の目で確認するのは困難ですが、LOGRIZaを導入することで、広告のリスクを監視・記録・可視化し違反がないかを確認できます。

万が一、違反があった場合でも、修正の「代替案」まで提案してくれるため、広告主は安心して広告展開を行うことができます。

特にエステサプリメントなど、薬機法に注意しなければならない商材を扱う企業におすすめです。

LOGRIZa(ログリザ)

広告表現チェックツールLOGRIZa公式サイト画像
画像引用元:LOGRIZa公式サイト(https://43s.co.jp/logriza/)

LOGRIZaの特徴

広告表現のリスクに対応できるツール

LOGRIZaは、広告掲載の監視・記録・可視化を行い、広告表現のリスクに対応するためのツールです。特に誇大・虚偽のリスクが高い「薬機法」に抵触する表現が含まれていないかなどを自動でチェックする機能を備えています。

LOGRIZaの特徴は、コンテンツ単位での分析ができ、掲載面の監視を自動化できることです。案件ごとやクライアントごとにURLを登録しておくことで、あらゆる広告掲載面を一括で管理することができます。

業態に応じてさまざまな機能を搭載

ツールを導入する企業の業態に合わせた多彩な機能を搭載している点も特徴のひとつです。広告主のほか、代理店やプラットフォーマーといったように、多彩な業種・目的に対応できる機能を搭載しています。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

LOGRIZaを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

LOGRIZaの
資料を無料ダウンロードする

LOGRIZaにできること

広告掲載面のモニタリング

LOGRIZaを導入すると、広告掲載面について薬機法に抵触していないか確認が行えます。中には広告を多数展開しており、ひとつひとつの広告を目視でチェックするのに非常に手間がかかる場合も考えられます。このようなケースでもLOGRIZaでは多数の掲載面を一括管理できるようになっています。

例えば案件ごとやクライアントごとといったようにチェックしたいURLを登録することによって、一定時間ごとに自動でチェックを行います。変化のあった部分(テキスト・画像・リンクなど)について差分をわかりやすく表示するため、どのような変化があったのかといった点も確認できます。

薬機法に抵触する表現を使用していないかチェック

例えば、エステ脱毛サプリメントなどを扱う広告の場合には、特に薬機法に注意する必要があります。広告の数が多くなればなるほど、目視でのチェックには手間がかかり、さらに見落とすリスクなども高くなってきます。

LOGRIZaを導入するメリットとして「薬機法に抵触する表現を使用していないかをツールでチェック可能」といった点が挙げられます。掲載面で薬機法に抵触している表現が使われていないかどうかを確認し、判定結果を一覧表示します。この時に、もし抵触している表現がある場合には代替案も表示されます。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

LOGRIZaを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

LOGRIZaの
資料を無料ダウンロードする

LOGRIZaはこんな企業におすすめ

  • 多数のアフィリエイターを抱えているが、掲載内容が心配
  • LPがたくさんあって、目視で確認するのが面倒
  • チェックはしたけど、修正漏れがないか心配

LOGRIZaを選ぶべき理由

【理由1】広告主のチェック負担が軽減される

薬機法を遵守する必要があるものの、表現方法についてしっかりと理解した上で広告を作成するのは非常に難しいといえます。

しかし万が一、薬機法に抵触してしまった場合にはペナルティが課せられるため、広告表現のチェックは必ず行う必要があります。

このような場合、広告作りの段階、また広告掲載後にその内容を人の目でひとつひとつチェックしていくことは非常に手間や時間を要する作業になりますが、LOGRIZaの導入によりツールを使用して内容のチェックができるため、広告主の負担軽減につながります。

【理由2】薬機法のルールに則り安心してWeb広告が展開できる

LOGRIZaの導入により、掲載する広告に薬機法に抵触している表現がないかどうかを確認した上で、判定結果に加えて代替表現まで一覧での表示が可能となります。

このことから、薬機法の内容に沿った広告づくりをしたい企業や、アフィリエイト広告の展開を考えている企業など、Web広告の展開を依頼したい企業に向いているツールといえます。

エステや脱毛の広告を取り扱う広告主や、サプリメントを扱っている広告主などにもおすすめです。

【理由3】過去のWeb広告データが蓄積でき広告づくりに役立つ

LOGRIZaでは過去のWeb広告データの蓄積が可能であるため、これらのデータを広告づくりに役立てられるといった点も導入するメリットといえます。

過去の差分データを13ヶ月分保存でき、掲載内容を変化させることによってWebサイトに訪問した人がどの程度購入や申し込みなどに至ったのかという点や、広告の費用対効果、ある顧客と取引を開始してから終了するまでどれくらいの利益をもたらしたのかといった点などについて分析できます。

これらのデータを活用し、薬機法に沿ってどのような広告制作をしていけば良いのかといった点を理解できます。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

LOGRIZaを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

LOGRIZaの
資料を無料ダウンロードする

LOGRIZaの導入事例

広告主・広告代理店・ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)・プラットフォーマーなど、多岐にわたる企業が導入しています。

A社の場合
  • 導入目的:主にカード案件・FX案件に絞って審査済記事URLの監視
  • 登録上限URL数:1,200URL
  • 記事内容変動数:月間平均100件程度
  • 導入開始時期:2021年3月~
B社の場合
  • 導入目的:主にコスメ案件に絞って、審査済のAD記事・ランキングサイトの監視
  • 登録上限URL数:300URL
  • 記事内容変動数:月間平均50件程度
  • 導入開始時期:2021年7月~

LOGRIZaの料金プラン

  • 固定費(基本料金):1契約単位あたり月額100,000円(税抜)※上限300URL
  • 変動費(従量課金):1通知ごとの単価100円(税抜)

LOGRIZaの運営会社概要

会社名 株式会社フォースリー
設立年 2012年7月2日
会社住所 東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ8F
URL https://43s.co.jp

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

LOGRIZaを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

LOGRIZaの
資料を無料ダウンロードする

【PR】あらゆる広告・商材に対応可能なチェック体制!厳しい試験を突破したスタッフが対応するから安心して任せられる

マーケティングアソシエーションの「ネットパトロールPlus」は、広告のチェック業務からリライトや代替表現の提案まで幅広く対応。さらに希望すれば広告審査基準・ガイドラインの提案・作成も依頼可能です。
広告を作成するだけでチェックは丸投げできるので、業務削減につながるでしょう。

また広告をチェックする審査スタッフに関しても、「社内認定資格」を保持した正社員でのチェック体制を徹底。法律や広告表現といった専門知識豊富なスタッフがチェックにあたるので、高品質なサービス提供が期待できます。
自社に広告表現に詳しい人材がいない、広告チェックにかけるリソースが無いという企業は一度「ネットパトロールPlus」の資料を確認してみてはいかがでしょうか。

ネットパトロールPlus

広告表現チェックツールネットパトロールPlus公式サイト画像
画像引用元:マーケティングアソシエーション公式サイト(https://ma-inc.jp/service/net_patrol_plus/ad-check/)

ネットパトロールPlusの特徴

高品質な広告チェックに強み

ネットパトロールPlusは広告審査業務における負担軽減をサポートする広告表現チェックサービスです。
自社に広告表現に関する専門知識をもった人材がいない、広告のチェックに時間がかかっており、他業務を圧迫しているといった企業の課題を解決に導いてくれます。
厳しい社内試験を突破した正社員がチェックを対応するため、高品質なサービスが期待できます。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

ネットパトロールPlusを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ネットパトロールPlusの
資料を無料ダウンロードする

ネットパトロールPlusにできること

審査対象

ネットパトロールPlusの審査対象は、記事LP、リスティング広告、SNS広告、アフィリエイト広告、バナー広告と多岐にわたります。

対象商材

ネットパトロールPlusの対象商材は、主に化粧品、医薬品・医薬部外品、健康食品、サプリメント、生活雑貨です。

審査基準

ネットパトロールPlusの審査基準は、薬機法、景表法、特商法、業界の慣習や媒体に特有のルールなどです。

対応業務

ネットパトロールPlusの対応業務は、広告表現のチェック、審査基準・ガイドラインの 提案・作成、広告のリライト・代替表現の提案です。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

ネットパトロールPlusを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ネットパトロールPlusの
資料を無料ダウンロードする

ネットパトロールPlusはこんな企業におすすめ

  • 広告を作成するたび出稿前のチェックに時間がかかる
  • 商品の広告を出したいが規制に引っかからないか不安
  • 社内に広告表現に関する知見がある人材がいない

ネットパトロールPlusを選ぶべき理由

【理由1】社内認定資格保持者が審査を代行

薬機法などの広告表現について教育を受けた社内認定資格保持者が審査を代行するので、安心して任せられます。

広告表現に対してせっかく時間と費用をかけて審査を行ったとしても、審査が不十分だと規制に抵触してしまい、再審査や行政処分・罰金が発生してしまう可能性があり、意味がなくなってしまいます。

広告表現の教育をしっかりと受け資格を持っている人に審査を代行してもらえば、表現に問題がなくなりやり直しなどの時間と費用の追加発生を防止することができます。

【理由2】監視ツールと人間の目によるWチェックで漏れを防ぐ

監視ツールによる効率的な確認と人間の目によるきめ細かい確認のWチェックで、確認漏れが起きにくいです。

どんなにしっかりとした人間が審査を行っていても、人間である以上見落としや見間違いなどのミスはやはり発生してしまうもの。

このミスを防止するため、監視ツールを用いて人の目だけに頼らない効率的な確認やさらに人間の目によるきめ細かい確認を施したダブルチェックを行い、ミスを撲滅します。

【理由3】審査基準・ガイドラインの提案や作成から、文章の提案やリライトまで対応可能!

「ネットパトロールPlus」では、広告表現のチェック業務だけでなく、
広告審査の基準やガイドラインの提案・作成、文章の代替案の提案・リライトまで対応可能です。

社内に広告表現に詳しい人材がいない、広告チェックに掛けるリソースが無くても、
その準備からサポートしチェックした文章・表現の代替案の提案まで行うので、
自社で広告を作成するだけで、あとのチェック・修正は丸投げすることで業務効率化に繋がるでしょう。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

ネットパトロールPlusを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ネットパトロールPlusの
資料を無料ダウンロードする

ネットパトロールPlusの導入事例

公式サイトに記載がありませんでした。

ネットパトロールPlusの料金プラン

月額:40,000円~
「広告表現のチェックのみお願いしたい」など、ご要望に合わせた柔軟な料金プランのご提案が可能。契約後のプラン変更も可能で、ミニマムから始めて、徐々に依頼範囲を拡大したいなどのご希望もご相談可能です。

ネットパトロールPlusの運営会社概要

会社名 マーケティングアソシエーション株式会社
設立年 2011年7月
会社住所 東京都台東区池之端1丁目1-15 南星上野ビル1・3・4F
支社・センター 東京、名古屋、札幌、大阪、仙台
URL https://ma-inc.jp/

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

ネットパトロールPlusを含む計2社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

ネットパトロールPlusの
資料を無料ダウンロードする

他にもまだある!広告表現チェックツール

トラスクエタ

広告表現チェックツールトラスクエタ公式サイト画像)画像引用元:トラスクエタ公式サイト(https://trusquetta.com/)

トラスクエタの特徴

AIによりダブルチェック作業を実施

トラスクエタは、広告監修やコンサルティングを手がけているアートワークスコンサルティングにより提供されているツールです。AIが実装されており、これまで人の手で行っていたダブルチェックの作業をツールにより行うことが可能となります。

コスメやサプリメント業界に特化した広告表現をチェックする「KONOHA AD」をはじめとし、求人広告のチェックができる「KONOHA JOB」やYoutube動画のチェックができる「KONOHA MOVIE」など多彩な製品がラインナップされています。

カスタマイズ性が高い

トラスクエタは2019年に特許を取得しているサービスである点が特徴。また、それぞれの業界に合わせた法律やルールに合わせたチェックができるようにカスタマイズでき、企業に合わせたチェックツールを導入できるといった点がメリットとなります。

さらにAIを搭載していることから、チェックの精度を高めるためにアノテーション(AIに学習させたいデータに意味付けを行うこと)が必要になりますが、こちらの面についても手厚いサポートを提供しています。

トラスクエタの料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

トラスクエタの会社概要

会社名 株式会社アートワークスコンサルティング
創業年 2010年10月20日
会社住所 東京都渋谷区東3丁目15-9 プライムハウスⅡ 2階
URL https://www.artworksconsulting.com

※広告表現チェックツールの比較表をもう一度チェックする

機械良文

広告表現チェックツール機械良文公式サイト画像)画像引用元:機械良文公式サイト(https://www.kikairyobun.com)

機械良文の特徴

薬事法広告研究所監修のAIチェック&リライトツール

薬事広告に関するコンサルティング業務などを手がけるDCアーキテクト株式会社が提供する機械良文は、同社がこれまでコンサルを行ってきた実績とノウハウをもとに開発。2008年の設立以来、広告表現に関する薬事コンサルティングを手がけてきた薬事法広告研究所が監修しているツールです。

登録を行えば無料での利用が可能となっている点が大きな特徴。また、利用の目的や頻度などに応じて、より高機能な優良版への切り替えもできます。

リスク箇所を指摘するとともにリライト案を提案

AIチェック&リライトツール機械良文は、健康食品や化粧品の広告について、手軽に商品の魅力を伝えられる、という社会を目指して開発されたものです。

ツールの使用によりリスク箇所がわかるだけではなく、複数のリライト案を提案してくれる点も特徴といえます。この時に提案されるリライト案は、薬事法広告研究所がクライアントに提案するレベルの案を教師データとして使用。このことにより、画一的ではない提案が行える点も魅力です。

機械良文の料金プラン

  • 無料(回数制限あり)

機械良文の会社概要

会社名 DCアーキテクト株式会社
設立年 2007年2月1日
会社住所 東京都中央区京橋2-7-14 ビュレックス京橋5階
URL https://www.89ji.com

※広告表現チェックツールの比較表をもう一度チェックする

AD JUDGE(アドジャッジ)

広告表現チェックツールAD JUDGE(アドジャッジ)公式サイト画像)画像引用元:AD JUDGE(アドジャッジ)公式サイト(https://lp.ad-judge.com)

AD JUDGE(アドジャッジ)の特徴

広告記載文や画像チェックなど幅広く活用できる

株式会社ADrimにより提供されているAD JUDGEは、広告表現において無意識のうちに法律違反をしてしまうといったケースを根絶したいという思いから開発されたツールです。

自社商品やクライアント商品のランディングページや商品販売ページの記載文チェックやインフルエンサーの投稿チェック、SNS広告の原稿文チェック、制作バナーやメインビジュアルの画像チェックなど、幅広い状況で活用できます。

違反状況をCSVでダウンロード可能

AD JUDGEでは、ログインを行った後「テキストチェック」「URLチェック」「画像チェック」の3つの機能から該当するものを選択してチェックを行うと結果が表示されるといった流れになります。

さらに、違反状況については管理画面にてCSVファイルの形でダウンロードが可能となりますので、クライアントなどに対しても情報共有を行うことができます。

AD JUDGE(アドジャッジ)の料金プラン

  • 月額55,000円(税込)

AD JUDGE(アドジャッジ)の会社概要

会社名 株式会社ADrim
設立年 2016年4月1日
会社住所 東京都千代田区神田錦町二丁目2番地1
URL https://adrim.co.jp/

※広告表現チェックツールの比較表をもう一度チェックする

アドリーガル

広告表現チェックツールアドリーガル公式サイト画像)画像引用元:アドリーガル公式サイト(https://cm-kousa.jp)

アドリーガルの特徴

広告表現チェック・コンサルティングを行う

合同会社アドリーガルでは、広告表現のチェックやコンサルティングを行うサービスを提供しています。対象となる媒体はテレビ・ラジオ・新聞・WEB・チラシといったように幅広く対応。広告法規や各業界や業種の基準に基づき、広告の改稿について提案してくれます。

同社では、民間放送における考査経験を活かしてさまざまな業種の広告をチェックすることが可能。各業種の特性を考慮した確認作業を行っていきます。

スピーディーな原稿チェックが可能

例えば、企業において広告チェックの体制が不十分である、また広告表現がNGとなる根拠を説明するのが難しい、広告制作においてどのような部分が問題となってくるのか知りたいなど、さまざまな相談に対応しています。

原則としてメールでの相談が基本となっており、原稿はA4サイズ1篇が基本。また、発注日を含めて3営業日以内のチェックと見解の回答が基本となっているように、スピーディーな対応が魅力。納期を急ぐ場合にも柔軟な対応が可能となっているため、必要に応じて相談してみるのがおすすめです。

アドリーガルの料金プラン

  • 単発契約コース:篇数×5,500円(税込)
  • アドバイス・コース(年間契約):月額11,000円(税込)※原稿チェックは月3篇まで、件数追加は@3,300円(税込)
  • ベーシック・コース(年間契約):月額55,000円(税込)※原稿チェックは月20篇まで、件数追加は@2,750円(税込)
  • コンサルティング・コース(年間契約):月額110,000円(税込)

アドリーガルの会社概要

会社名 合同会社アドリーガル
創業年 公式HPに記載がありませんでした。
会社住所 福岡県福岡市中央区大手門2丁目4番806号
URL https://cm-kousa.jp

※広告表現チェックツールの比較表をもう一度チェックする

エーエムジェー

広告表現チェックツールエーエムジェー公式サイト画像)画像引用元:エーエムジェー公式サイト(https://aksk-marketing.jp)

エーエムジェーの特徴

広告表現のチェックやリライト案の提案

エーエムジェー株式会社では、広告表現に関するサポートを提供しています。薬機法・景表法・健康増進法の3つの分野に対応しており、広告を制作する上でのさまざまな悩みを解決していきます。

具体的には、薬機法・景表法・健康増進法において、それぞれの法令に基づいて対象となる広告を添削します。もし違反表現があった場合にはその部分の指摘に加えて、代替案の提示を行います。

社内研修やセミナーも実施している

上記のように、広告の添削やリライト案のアドバイスに加えて、社内研修やセミナーも手がけている点が同社の特徴です。事例などを通じ、社内における法規制と広告表現の作成力向上を目指すことも可能です。

そのほか、また、広告表現や表示、広告訴求、商品開発などに関するコンサルティングも行っているため、自社の商品企画や商品開発についてもサポートしてほしい、という要望にも応えています。

エーエムジェーの料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

エーエムジェーの会社概要

会社名 エーエムジェー株式会社
創業年 公式HPに記載がありませんでした。
会社住所 東京都江戸川区中葛西3-37-3 志美津ビル8階
URL https://aksk-marketing.jp

※広告表現チェックツールの比較表をもう一度チェックする

イー・ガーディアン

広告表現チェックツールイー・ガーディアン公式サイト画像)画像引用元:イー・ガーディアン公式サイト(https://www.e-guardian.co.jp)

イー・ガーディアンの特徴

広告審査代行サービスを提供

イー・ガーディアンでは、薬機法や景表法などに関する専門知識を持ったスタッフがコンテンツのチェックを行う「広告審査代行サービス」を提供しています。こちらのサービスでは、LPやバナー、アフィリエイトといった広告に加え、記事コンテンツや動画コンテンツまで幅広く対応しています。

薬事法管理者などの資格保有者による専門チームを組み、お客さまの広告運用をサポート。課題抽出を行うコンサルティングから運用設計、レポーティングまで対応します。

24時間365日の対応が可能

さまざまな広告やWebメディアのコンテンツにおいて、薬機法や景表法などに沿ったチェック業務を実施することに加えて詳細なレポートの提供により、サイトの価値向上にも寄与していきます。

さらに、同社のサービスでは24時間365日の対応が可能となっています。国内にいくつか拠点を構えて対応を行っていることから、スピーディーに依頼に対応できます。

イー・ガーディアンの料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

イー・ガーディアンの会社概要

会社名 イー・ガーディアン株式会社
設立年 1998年5月
会社住所 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
URL https://www.e-guardian.co.jp

※広告表現チェックツールの比較表をもう一度チェックする

薬事法ドットコム

広告表現チェックツール薬事法ドットコム公式サイト画像)画像引用元:薬事法ドットコム公式サイト(https://www.yakujihou.com)

薬事法ドットコムの特徴

熟練の専門家が対応する薬事チェックサービスを提供

株式会社薬事法ドットコムでは、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器その他、健康食品の広告表現が薬事法や景表法の法令に抵触していないかを確認する「薬事チェックサービス」を提供しています。

こちらのサービスでは、熟練の専門家がチェックを担当することによって前後の文脈や媒体などの傾向を考慮した代替表現の提案が可能。さらに、同社の法務委員会でのチェックも行う2段階のチェック体制を整えている点も特徴のひとつです。

3種類のプランを用意している

薬事チェックサービスでは、3種類のプランを用意しています。都度依頼をする、継続的に依頼をしたいなどそれぞれの企業のニーズに応じて選択可能となっています。

また、添削を行った場合、全体的な作り替えが必要な場合に対しても、同社で新たに広告文を作成するといった対応も可能(別途料金での対応となります)。希望する場合には相談してみることがおすすめです。

薬事法ドットコムの料金プラン

下記は薬事チェックサービスの料金です。

  • 非会員(単発契約):基本料金22,000円(税不明)/回+5,500円(税不明)〜×依頼原稿枚数(A4用紙換算)
  • ダイヤモンド会員(半年間契約):330,000円(税不明) ※対応範囲:A4用紙120枚/半年間
  • ゴールド会員(月契約):66,000円(税不明)/月 ※対応範囲:A4用紙20枚/月、最低3ヶ月契約

薬事法ドットコムの会社概要

会社名 株式会社薬事法ドットコム
設立年 2009年8月
会社住所 東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST5階
URL https://www.yakujihou.com

※広告表現チェックツールの比較表をもう一度チェックする

広告に関連する法律について

広告は企業が自社そのものや製品・サービスをアピールするために用いるものですが、どのようなことを記載してもいいというものではありません。実は広告に関する法律もあり、行き過ぎた表現を使ってしまった場合には法律違反となってしまう可能性もあります。

広告に関する法律とは

広告に関係する法律としてはさまざまなものがありますが、中でも「不当景品類及び不当表示防止法(景表法)」「医薬品、医療機器などの品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」の2つが重要であるといえます。

まず1つ目の「景表法」は、商品やサービスの広告・景品などに対する規制を目的とした法律です。嘘の広告や大げさな広告など、誤解を与えてしまうような表現をしている広告から消費者を守るため、「不当な表示の禁止」「過大な景品提供の禁止」といった点が定められています。

また、2つ目の「薬機法」は、医薬品や化粧品、医療機器などに関連してくる法律です。健康に関する商品の品質や安全性などを確保することを目的として定められています。

景表法とは

過大な広告により消費者の誤認を防ぐための法律

「景表法」とは、「不当景品類及び不当表示防止法」という正式名称を持つ法律であり、「景品表示法」とも呼ばれています。景表法では、商品や容器、包装への表示をはじめ、ポスターやインターネット、チラシ、新聞や広告、実演など現在行われている表示・広告が対象となります。

この法律の目的は、企業が商品やサービスの販売を行う際に過大に広告を行い、消費者を誤認させることを防ぐ目的を持っています。景表法には「不当な広告表示を禁止する内容」「過剰な景品の提供を禁止する内容」といったように、大きく分けて2種類の規制があります。

不当な広告表示を禁止する内容

景表法では、「うそ」や「大げさな表示」などによって消費者を誤認させるような不当な広告や表示をすることについて禁止しています。その禁止内容としては下記の3つが定められています。

  • 優良誤認表示の禁止
  • 有利誤認表示の禁止
  • その他誤認させる恐れがある表示の禁止

過剰な景品の提供を禁止する内容

景表法では過大な景品類の提供を禁止しています。ここでいう「景品類」とは、顧客を誘引する手段として取引に付随して提供される物品や金銭といった、経済上の利益を指しています。その制限内容としては、下記の3つが定められています。

  • 一般懸賞による景品類の提供制限(最高額・総額)
  • 共同懸賞による景品類の提供制限(最高額・総額)
  • 総付景品の提供制限(最高額)

違反行為に対する罰則

景表法に違反している行為が行われている、といった疑いがある場合には、まず消費者庁では関連資料の収集や事業者への事情聴取などの調査を行います。

調査の結果違反行為が認められた場合には、事業者に弁明機会を付与した上、必要に応じ措置命令が行われます。措置命令の例としては、「違反について一般消費者への周知徹底」「再発防止策を講ずる」「違反行為を将来繰り返さない」といったものが挙げられます。

また、違反行為の中でも「課徴金対象行為」を行った事業者には、弁明の機会を付与した上で課徴金納付命令が行われます。課徴金対象行為には、商品やサービスの取引において優良誤認表示または有利誤認表示をする行為が該当します。

薬機法とは

医薬品等の製造や販売などに関するルールを定めた法律

「薬機法」とは、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」のことであり、「医薬品医療機器等法」とも呼ばれます。この法律は、人の体に直接作用する医薬品等について製造・販売の規制を設け、保健衛生上のリスクを防ぐことを目的としています。

以前は「薬事法」という名称の法律でしたが、2014年に「薬事法等の一部を改正する法律」が施行されたことに伴い、改正が行われています。この改正に伴って、医療機器のIT化に伴う新しい規制の導入や再生医療等製品の新定義・規制導入などが行われました。

薬機法では、下記に関する製造・販売に関して規制が定められています。これらを総称して「医薬品等」として定義しています。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品
  • 医療機器
  • 再生医療等製品

薬機法における主なルール

薬機法においては、「各種事業者の許可制・登録制」「医薬品等の広告規制」「医薬品等の取り扱いルール」におけるルールが定められています。それぞれ細かいルールが定められていますが、ここでは「医薬品等の広告規制」についてご紹介します。

「医薬品等の広告規制」については、一般消費者を誤認させるような広告表現を排除するといった目的により、虚偽または誇大広告に関する規制を設けています。ここでいう「広告」とは、Web広告や雑誌・新聞など幅広いものが該当するため、広告を展開する場合には注意が必要です。

また、薬機法で禁止されている広告表現については下記のものが挙げられます。

  • 虚偽または誇大な広告
  • 特定疾病用の医薬品に関する一般向け広告
  • 未承認医薬品等に関する広告

違反行為に対する罰則

もし薬機法に違反した場合には、「各種の行政処分」「課徴金納付命令」に加えて「刑事罰」を受ける可能性があります。

例えば、該当する医薬品等の廃棄・回収命令や業務停止命令を受けたり、医薬品等の製造や販売に関する許可・登録が取り消される可能性などがありますし、広告規制に違反した場合には、課徴金納付命令を受ける可能性もあります。

また、場合によっては刑事罰が課されることもあります。

広告表現チェックツールとは?

広告チェックツールとは

「広告チェックツール」とは、その名の通り広告内容をチェックするツールですが、上記でご紹介した「景表法」や「薬事法」などの法律に加えて、さまざまな審査機構などが定めている規則に沿った表現が行われているかどうかを確認できるものです。

商品やサービスの紹介を行う場合に誇大広告やうその広告はもってのほかですが、魅力を伝えたり消費者の興味を引くための表現についても、定められたルールの中での表現を行う必要があります。

しかし、薬機法や景表法は解釈が難しく法改正が多いことから、人の目でチェックするのは非常に難しいといった面があります。このような悩みを解決してくれるのが広告チェックツールです。対象となる広告が法律などに沿って正しい表現が行われているのか、という点をチェックできます。

広告チェックツールを導入するメリット

ルールに違反した表現がないかチェックできる

ツールを使っていない場合には、その広告が法律などに沿った表現が行われているかを目視でチェックすることになります。人の目で確認を行った場合には、どうしても見落としが発生しますし、法律の改正や規制の変更に対応する必要があるため、対応は非常に難しくなります。

しかしツールの導入によって改正や変更などにも速やかに対応できますし、何よりツールによってチェックができるため、業務効率向上の面でもメリットが得られるといえます。

商品やサービスの良さが伝わる表現が行える

広告を行う上では法律や規則を守ることは前提としてあるものの、違反をしないために規則を過大解釈しすぎると、消費者に対して自社の商品やサービスの良さが伝わりにくくなる、という問題も出てきます。

広告チェックツールは、専門的な観点から広告表現をチェックできます。そのため、規制の範囲内における正しい表現を使い、消費者に対してその魅力を伝える広告を作れるといった点も導入によるメリットといえます。

広告チェックツール導入でよくある質問

広告に関連する法律について教えてください

広告表現には「景表法」「薬機法」の2つの法律が大きく関わってきます。

景表法は、過大な広告によって消費者の誤認を防ぎ、消費者がより良い商品やサービスを自主的・合理的に選べる環境を守る、という点を目的とした法律となっています。こちらの法律に違反した場合には、違反行為の差し止めなどの措置命令のほか、課徴金納付命令が行われる可能性があります。

また、薬機法は医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、再生医療等製品といった医薬品等について製造・販売の規制を設け、保健衛生上のリスクを防ぐことを目的とした法律です。違反した場合には「各種の行政処分」「課徴金納付命令」に加えて「刑事罰」を受ける可能性があります。

広告チェックツールを利用するとどんなメリットがありますか?

広告チェックツールとは、「景表法」や「薬事法」に加えて、各審査機構などが定めた規則に沿った表現が行われているか、という点を確認できるツールです。

ツールの導入により、法改正や規制の変更などに素早く対応したチェックが行えるほか、法律や規則の範囲内で自社の商品やサービスが持つ魅力を伝えられる広告を作成できるといったメリットがあります。

現在、さまざまな広告チェックツールが各社から提供されています。どのようなサービスがあるのか気になる、導入を検討しているといった方は、詳しくは「広告チェックツール早見表」をご覧ください。

広告表現チェックツールのまとめ

広告表現チェックツールについて紹介してきました。法律や規制の範囲内において自社商品やサービスの魅力を伝えるのは難しいことです。

しかし、広告チェックツールの使用により、正しい表現を使用した広告を作成し、商品やサービスについて消費者へ情報を伝えられるといったメリットがありますので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ