オウンドメディアの文字数は1記事何文字が最適?

オウンドメディアの文字数は1記事何文字が最適?
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

オウンドメディアの記事を制作する際に「記事はどれくらいの文字数が良いのか」「長いコンテンツでないといけないのか」といった疑問はありませんか?

漠然と「長い記事の方がSEOでも評価されそう」と思われがちですが、一概にはそうは言えません。オウンドメディアの記事は、文字数よりも「ユーザーにとって有益である」ことが重要であり、質の高いコンテンツはSEOでも高く評価されます。

今回はオウンドメディアの文字数について解説しています。記事の最適な文字数やSEOで評価されるポイントについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

また、これからオウンドメディア作って本格的に集客力を高めていきたいとお考えでしたらオウンドメディアを作る上で知っておきたいノウハウをまとめました。8,000サイト以上制作して得た知見をまとめていますのでお気軽にダウンロードください。
オウンドメディアの教科書
をダウンロードする

オウンドメディアの1記事あたりの文字数はどのくらい必要か

owned-media
オウンドメディアの記事を作成するにあたって、文字数に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。結論から言うと、1記事あたりの文字数は1000~3000文字程がベストといわれています。

文字数は多いほうが、必然的に情報量も多くなるため、「価値が高いコンテンツ」と評価される可能性は高くなります。しかし、記事は長ければ良いというわけではなく、オウンドメディアの記事で大切なのは量よりも質です。

記事は文字数よりも質が大切

スマホの普及から、オウンドメディアにおいてもマルチデバイス対応は必須です。スマホの画面では約15文字で改行されるため、あまりにも長すぎる記事はスマホではかなり読みづらくなるという問題もあります。

どれだけたくさんの文字数を書いても、そもそも内容が薄ければユーザーに最後まで読んでもらうことはできません。オウンドメディアの記事は、独自性・専門性・網羅性を意識して、ユーザーにとって役に立つ情報を記事にすることが大切です。

特に、専門性の高い記事はSEOの観点から見ても、質の高いコンテンツとして評価されやすくなります。

オウンドメディアの文字数とSEOの関係性

検索エンジン大手のGoogleも「単語数をカウントする仕組みは検索アルゴリズムに組み込まれていない」いう見解を示しています。しかし、あるキーワードで検索した時に、文字数の多いコンテンツが上位表示されているというのも事実です。

長いコンテンツが上位表示される理由として、「文字数が多い方がユーザーの検索意図を満たしやすい」ということが挙げられます。文字数が多いから上位表示されているのではなく、「ユーザーにとって有益なコンテンツ」であるから検索上位で表示されているのです。

オウンドメディアの記事は、ユーザーの検索意図を組み込み、ある程度の文字量で書くのが良いと言えます。

オウンドメディア運用に必要なその他の文字数

SEO
オウンドメディアでは記事の「本文」の文字数ばかり気にしがちですが、本文以外にも文字数に気をつけなければいけない要素があります。ここからは、文字数に注意したい記事の要素について解説します。

タイトル

記事のタイトルは「このページは何について書かれているのか」をユーザーに知らせるために重要な要素の一つです。タイトルに設定した文言は、Webページや検索エンジンで検索した際にリンクで表示されます。

タイトルは長すぎると検索結果として表示された際にオーバーした分が隠されてしまいます。そのため、タイトルの文字数は28~32文字に収まるように注意が必要です。

文字数以外にも、タイトルを決める時に抑えておきたいポイントは以下の通りとなります。

  • 前半には重要なキーワードを置く
  • 検索キーワードを必ず入れる
  • 具体的な数字を使う
  • 記事の内容を端的に表す

ディスクリプション

ディスクリプションとは、記事の概要をまとめた文章のことです。メタタグで設定すると、検索結果のタイトル下に表示されます。ディスクリプションは、検索順位に直接影響しませんが、ユーザーはディスクリプションの内容を見て記事を読むか判断するため、クリック率には大きく影響します。

そんなディスクリプションの文字数は、パソコンの画面で約120文字、スマホの画面で約50文字が表示されます。どの端末からのアクセスが多いのかを測定して、優先する端末を決めましょう。

ディスクリプションを決める時に抑えておきたいポイントは以下の通りです。

  • ユーザーが本文を読みたくなるようなキャッチーな内容にする
  • キーワードと関連キーワードを入れる
  • 記事の内容を具体的に説明する
  • 記事の内容を端的に表す

オルト(altタグ)

オルトは、画像を説明するために設定するタグです。オルトタグに画像の内容を設定しておくことで、通信環境が悪くて画像が表示されない時や音声読み上げ機能で画像を説明する時に役に立ちます。

SEOにおいてもオルトタグは重要な要素の一つです。検索エンジンは画像情報を認識することはできませんが、オルトタグを設定しておくことで検索エンジンが画像の内容を正確に認識しやすくなります。結果として画像検索にもひっかかるようになり、そこからの流入も見込めるようになるのです。

そんなオルトタグを設定する際に抑えておきたいポイントは以下の通りです。

  • 検索キーワードを入れる
  • 文字数が長くなりすぎないように注意する
  • 画像の内容と関係ないキーワードは記述しない
  • キーワードを多用しすぎない

アンカーテキスト

アンカーテキストとは、他のWebページへとぶためのリンクを表示する文字列のことです。ユーザーはアンカーテキストの内容を見て、リンクをクリックするかどうかを判断するため、アンカーテキストの内容は「リンク先のページに何が書かれているか」を簡潔にまとめておく必要があります。

検索エンジンはアンカーテキストの内容からリンク先の情報を認識・評価します。アンカーテキストとリンク先の内容を一致させておくことで、アンカーテキスト内のキーワードを重要なキーワードと認識し、検索で上位表示しやすくなるのです。

貼ったリンクが内部リンクであれば、アンカーテキストは自社のWebサイトのSEOに大きく影響するため、SEOにおいてアンカーテキストは重要な役割を果たします。

そんなアンカーテキストを決める時に抑えておきたいポイントは以下の通りです。

  • リンク先の内容を具体的に記述する
  • 長くなりすぎないように注意する
  • キーワードを入れるようにする
  • 画像リンクの場合はオルトタグを設定する

スマホ対策で必要な文字数

smartphone
ここまで、記事の文字数について解説してきましたが、文字数はパソコン表示だけ注意していれば良いわけではありません。記事の制作自体はパソコンで行うことが多く、つい忘れがちなのがスマホ画面の対策です。

年代問わず、急速にスマホの普及が進む中、情報検索にスマホを利用するユーザーが急増しています。「読んでもらえる」オウンドメディアになるためにはスマホ対応は欠かせません。

スマホ画面の文字数は長くなりすぎないように

パソコン画面と違ってスマホの画面は、「一行が短く、縦に長い」という特徴があります。この特徴を踏まえて、本文やその他の要素の文字数を決定することが重要です。

タイトルの文字数であれば、検索結果に表示された際に30~35字程に抑えることで、どちらの端末でも最後まで切れずに表示できます。

記事の本文については、1000~3000文字に抑えるのがおすすめです。3000文字以上の記事になると、縦長のスマホでは長く感じてしまうため、途中で離脱される可能性が高くなります。

オウンドメディアとは?8,000サイト制作実績から見えた成果の出る作り方

オウンドメディアの文字数についてのまとめ

point
今回はオウンドメディアの文字数について解説しました。オウンドメディアの記事は長ければ長いほど良いというわけではなく、ユーザーの検索意図を組み込んだ専門性の高い内容にすることが重要です。

記事本文以外に、タイトルやディスクリプションなどの要素についても適切な文字数があります。これらの要素も記事の本文と同様に、キーワードを含んでいるかなどSEOを意識して設定することが大切です。

オウンドメディアの文字数について正しい認識を持ち、「読まれる」オウンドメディアを目指しましょう。

コンテンツマーケティング支援なら全研本社へ

marketing
ここまでオウンドメディアの文字数と抑えておくべきポイントについて紹介してきました。今回、ご紹介したようにオウンドメディアではスマホなどデバイスに対応した最適な文字数にする必要があります。
また、オウンドメディアを効果的なものにするためには、ユーザーへのコンテンツ発信によって何を達成したいか、目的を明確にして最適なターゲットユーザーを選定し、そのユーザーに情報が届く戦略を実施することが重要です。

キャククルの運用元である全研本社も、オウンドメディアの構築・運用サービスを提供しています。これまでに120以上にわたる業種、8,000を超えるWebマーケティング実績を上げてまいりました。
貴社にあわせた戦略を提供することも可能ですので、オウンドメディア制作を検討している方は、お気軽にお問合せください。
Web集客の相談はこちら

ページトップへ