コンテンツマーケティングのコンサルティングが成果につながる理由

コンテンツマーケティングのコンサルティングが成果につながる理由
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、コンテンツマーケティングのコンサルティングについて、コンサルティング会社への依頼によって得られるメリット・デメリット、実際に対応してくれること、コンテンツマーケティングに強いコンサルティング会社の選び方についてまとめました。

Web戦略のなかでも、ここ数年注目されているコンテンツマーケティング。集客戦略の一手としてコンテンツマーケティングに取り組む企業は数多くありますが、専門知識やノウハウがないと、自社で内製するのはなかなか難しいものです。

現在、コンサルティング会社への依頼をご検討中の方は、選ぶ際の参考としてお役立てください。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、インターネット利用者にとって価値あるコンテンツ(テキストや画像、動画等の情報全般)を作成し配信することで見込み顧客を作り、購買へ繋げるためのマーケティング活動です。

どの企業も自社の商品(サービス)に興味を持ってもらう目的で、関連する情報をブログ記事にしたり、動画を作ったりなどして集客を図り、最終的には顧客化させ売上増加を目指します。

コンテンツマーケティングの中でも、どの企業も特に注力しているのが、テキストを中心としたブログやコラム記事ですが、自社内で作成し配信しても、SEO順位が上がらない記事を見れくれる人がいない資料請求や問い合わせに繋がらないと困っている企業も少なくありません。

そこで、コンテンツマーケティングのプロでもある「コンサル会社」に依頼するケースが増加しています。また、コンサル会社と一口に言っても様々なタイプがありますが、主に以下のようなものがあります。

  • 大手コンサル会社…SEOやマーケティングの実績・知見が豊富で大企業の案件を手掛ける会社。
  • 中小コンサル会社…大手よりも小回りのきいたサービスを展開し成果に繋がる施策や分析を得意とする会社。
  • 制作会社…Webサイトやオウンドメディア、LP等の情報媒体を制作する会社。
  • 個人事業主…コンサル会社で実績を積んだ個人が独立したフリーランス。

コンテンツマーケティングのコンサルティングを受ける意味

どのタイプのコンサル会社に依頼するにせよ、コンサルティングを受ける意味には何があるのでしょう。それは現在抱えている次のような課題、

  • コンテンツを作っても集客できない
  • 自分たちのPRばかりでユーザーが欲しい情報が何なのか掴めていない
  • そもそも誰をターゲットにして作成・配信しているのかが分からない
  • コンテンツを作る上で重要なキーワードの選定が分からない

を解決するためと言えるでしょう。コンテンツを作ること自体が目的化してしまい、本当のゴールでもある「売上増加」から逆算した戦略的なコンテンツ作りを多くの企業が求めています

コンテンツマーケティングのコンサルティングの必要性

コンテンツマーケティングのコンサルティングの必要性

Googleの方針に則ったコンテンツ制作が必要

コンテンツは作ることがゴールではなく、必要とするユーザーに届け読んでもらい役に立つことが目的です。世界最大の検索エンジン「Google」が検索順位を決めるための重要な指針、

Contents is KING(コンテンツ・イズ・キング)

という言葉があります。直訳すると「コンテンツが王様」。つまり、検索者にとって最も価値あるコンテンツを検索順位の上位に表示するという意味です。

Googleの検索結果画面でコンテンツの順位が上位表示されると、当然ユーザーの流入は高くなります。コンテンツで集客をしたい、自社や自社商品・サービスの認知度を高めたいという目的に対し、コンテンツマーケティング戦略に力を入れることは重要課題とも言えます。

コンテンツは制作だけでなく「運用」こそ重要

コンテンツがユーザーを集客する「磁石」のような存在であっても、配信すればすぐに上位表示されるほど容易ではありません。コンテンツ作成の「軸」となる

  • テーマを決める
  • キーワードを選定する
  • キーワードに沿った構成を考える
  • 構成をテキストに起こすライティングを行う
  • SEO対策を施す 等

コンテンツを制作する前から、「誰に」「何を伝え」「どう行動を喚起させるのか」マーケティング戦略に則った対策が必要です。繰り返しになりますが、コンテンツは作ることがゴールではありません。

公開後も「流入数」「滞在時間」「熟読率」等を分析し改修を重ねながら、ユーザーにとってより価値のあるコンテンツ運用が必要で、その結果、より上位の検索結果を獲得することができます。

コンテンツ制作は競合他社の動向チェックも必要

コンテンツマーケティングを同じように展開する競合他社は数多くあります。自社の特徴や市場にいる競合プレイヤーを把握し、専門知識やノウハウを用いてコンテンツをカスタマイズしていかないと、なかなか競り勝つことはできないでしょう。

他社より優れたコンテンツを生み出して育て、安定的にリーチ・集客するためにも、プロにお任せしたほうが効率よく成果に近づけます。

もしも、戦略を持たないままコンテンツを制作・運用しようと考えていたなら、コンサルティング会社への依頼をおすすめします。

コンサルティング会社が対応してくれること

コンサルティング会社が対応してくれること

コンテンツマーケティングをはじめるにあたり、コンサルティング会社が対応できることをまとめました。ただし、コンテンツの設計から制作・運用までをワンストップで対応してくれる会社もあれば、設計や提案だけで、実際の制作や運用には対応していないコンサルティング会社もあります。

その会社が「どこからどこまでやってくれるのか?」をしっかりと把握してから依頼しましょう。

戦略設計

自社が抱える現状の課題から目的を定め、コンテンツの戦略を立てていきます。一口に「集客」と言っても、購買がゴールなのか認知向上なのかで戦略は異なるため、明確な目的を持つ必要があります。

コンサルティング会社はWebマーケティング全般のノウハウを持っているので、自社の状況に合わせて施策の形を決めてくれるでしょう。

キーワードやコンテンツ内容、ページ数、連携させるメディア等、戦略の大部分をこの段階ですり合わせます。

コンテンツの作成

コンテンツのデザインから掲載する記事の作成まで、幅広く代行してくれます。ただし、コンサルティング会社によってはサイトの制作やコンテンツの作成・編集等を全般的にお願いできる場合もあれば、部分的にしかできない場合もあります。

コンテンツを丸ごと一任できるのか、部分的に制作を内製する必要があるかは事前に確認しておきましょう。

SEO対策

キーワードを設定して、そのキーワードでの上位表示を目指してコンテンツを制作していきます。ただし、自社の強みや狙うべき市場、適切なターゲットを決められていないと、SEO対策の効果は正しく得られません。

SEO対策を得意分野としているコンサルティング会社は、戦略設計にも長けている傾向にあります。部分的な依頼ではなく、戦略設計とSEO対策をひとまとめに依頼できるとベターです。

分析・改修

コンテンツの公開後、ユーザーがどのくらい訪れてどれほど集客できたか、設定したキーワードで目標の検索順位を達成できているか等、サイト分析によって効果を可視化し、改善を行う業務に対応してくれます。

サイト分析によって改善点を見つけたら、それに沿ってコンテンツを変更したり新しいページやコンテンツを増やしたりして、検索者やユーザーからの反応が好転するように改修していきます。

サイト分析はGoogleの無料ツール等を使えば誰でもできますが、数値やデータから具体的な改善策を見出すにはある程度の知識や経験が必要です。

プロのコンサルティングに依頼できるのは、一般的な企業にとって大きなメリットと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングのコンサルティング依頼のメリット・デメリット

コンテンツマーケティングのコンサルティング依頼のメリット・デメリット

メリット

プロの視点で戦略設計を立てられる

コンサルティングを依頼すれば、自社の商材やビジネスモデルに合わせた戦略設計を、豊富な経験や実績をもとに行ってくれます。コンテンツマーケティングを成功させるための重要な項目に、サイトテーマやキーワード選定があります。

自社と競合他社を詳細に分析し、最適な市場を見つけて、自社に適したターゲットに向けたテーマやキーワードでコンテンツを発信しないと、ターゲットの目には留まりません。

どの市場の、どんなターゲットに向けたコンテンツにすべきか、何を伝えるべきかをしっかりと決めておかないと、的外れな戦略となり無駄に終わってしまう可能性のあるのです。

プロのコンサルティング会社への依頼は、このようなリスクを回避するメリットが得られると言えます。

さまざまなWeb対策に強い

Webコンサルティング会社には、コンテンツを設計制作運用するにあたり、それぞれ専門知識に長けたスタッフがいます。コンテンツを充実させるだけでなく、SEOやSNS対策等の戦略に強いのもメリットです。

特に、Webサイトを上位表示させるために重要なのがSEO対策です。定期的にキーワード流入数やユーザー数等を分析し、問題があればキーワードの変更や改修をする必要があります。

SEO対策は専門知識を要する部分が多いため、経験を持つ人がいない会社だとプロの手を借りずに運用するのは難しいでしょう。

これからコンテンツマーケティングに取り組むのであれば、さまざまなWeb対策を一手に担っている会社を探しておきましょう。

高品質なコンテンツを発信できる

プロに質の良いコンテンツを作ってもらえる点も、コンサルティングに依頼するひとつの利点です。高品質なコンテンツはGoogle社からの評価も高まり、キーワードで検索結果画面の上位に表示されやすくなります。

また、コンサルティング会社によって、制作スタッフのほかにもWebディレクターやデザイナー、ライター等、Web制作会社のような専門スタッフを抱えています。これまでの経験や実績を活かしつつ、競合他社のコンテンツメディアと比較しながら品質を追求してくれるでしょう。

リソースやコストを軽減できる

コンテンツマーケティングは、継続的に運用していくことが大切です。運用や管理を社内で内製化しようとすると、その分人手や手間がかかります。

また、経験者の採用や人材育成等、リソースのひっ迫だけでなくコストも要するため、経験豊富なコンサルティングに依頼したほうが、負担が少なくて済む場合もあるでしょう。

特に人手不足やコストに課題を抱えているのであれば、プロのコンサルティングに依頼するのがおすすめです。

デメリット

コストがかかる

コンテンツの設計・制作から施策運用までワンストップで依頼する場合もあれば、記事制作のみといったスポット依頼のケースもあります。また、コンサルティング会社の種類によっても異なりますが、コストは必ずかかるものです。

コンテンツマーケティングを集客という視点で見たとき、広告やプロモーション費用等と相対的に考えます。ブランディング向上が目的の場合も、現在行っているブランディング施策の周辺コストを計算し、利益が最大限になる範囲で依頼するようにしましょう。

ノウハウや知識がたまらない

サイトの戦略設計やデザイン、設定するキーワード、コンテンツ制作、SEO対策、分析・改善といったコンテンツマーケティングの一連の流れをすべてコンサルティング会社に一任してしまうと、コンテンツの設計や制作の知識、運用ノウハウ等が社内に残りません

今後、コンテンツを内製化して、商品・サービス等に応じてサイトを増やしていきたいと考えている場合は注意が必要です。依頼するなら、ノウハウや知識を積極的に教えてくれる会社を選びましょう。

また、コンテンツプランニングは自社で行って制作はプロに任せる等、併走で取り組みながら、少しずつナレッジをためていくという手もあります。

コンテンツマーケティングコンサルティング会社の選び方

コンテンツマーケティングコンサルティング会社の選び方

コンサルティング会社の実績をチェック

会社の実績を知ることは、パートナーとして仕事を進める上で重要です。「大手だから」と知名度のみを判断基準にするのではなく、実際にコンサルティングした企業やそのコンテンツで得られた効果を聞いておきましょう。

初期の打合せ段階やヒアリングで、質問する時間を設けるのがおすすめです。このとき、実績となった数値や過去データ等、資料を使って具体的に示してくれる会社なら信頼できると言えます。

担当者の経験値を確認する

コンサルティング会社だけでなく、自社を担当する人の経験値や実績、コミュニケーション力も大切です。

自社が抱えている課題や悩みをくみ取ってもらうコミュニケーション能力がないと、目的からズレたコンテンツに仕上がってしまうおそれもあります。

コンテンツに携わった案件数を確認して、経験が豊富かどうかを確認しましょう。

コンテンツの制作体制を知る

コンサルティング会社によって、コンテンツの制作方法は異なります。

自社や競合他社の分析やSEO施策をもとにコンテンツを制作してくれるところもあれば、取材だけ、記事のライティングだけの場合もあるので、依頼したいコンサルティング会社の制作体制を確認しておきましょう。

また、ライターや編集者のレベル等、コンテンツの質に関わるところにも差があります。コンテンツの内部はどのように制作するか、何を基準に選んでいるかも聞いておくと良いでしょう。

公開後のフォロー体制を確認

コンサルティングへ依頼するときに注意したいのが、「効果が出ないとき」の対応策です。納品・公開するだけで運用改善やアフターフォローをしてくれない会社だと、せっかくのコンテンツが無駄になってしまいます。

公開後もこまめにチェックを行い、流入数やユーザーの反応を分析して、効果を出すために真摯に対応してくれる会社を選びましょう。

コンテンツマーケティング事例(キャククルの場合)

コンテンツマーケティング事例(キャククルの場合)

この集客メディア「キャククル」もコンテンツマーケティング事例の一つです。「集客と言えばキャククル」と第一想起されるメディアを目指して2019年にリリース。当然、初めは見てくれる訪問者は殆どおりませんでした。

そこで、まずはメディアに集客させることを第一目的に「コンテンツ制作」に着手。本記事でお伝えしたように、キャククルでも

  • 読者ターゲットの設定
  • 施策キーワードの選定
  • 施策キーワードに基づくコンテンツ構成の設計
  • コンテンツ構成をベースにライティング
  • 上位表示させるSEO対策
  • 公開
  • 公開後の「検索順位」「流入数」等のチェック
  • より上位を狙うための運用(改修)
  • 資料請求・問い合わせに繋げる対策

等を実行してきました。その結果、セッション数とリード数がリリース時の2019年と比べ僅か1年で3倍に増えました。このようにコンテンツ公開後も流入状況を絶えずチェックし、競合コンテンツも再調査しながら、独自コンテンツを加える等の改修を繰り返してブラッシュアップしたことが功を奏しました。

もちろん、貴社のコンテンツでも同様の成果をもたらすことができます。しかし、成果を出すにはやはり丁寧な「運用」が必要です。

コンテンツを作成しているが集客できずに困っている方へ

コンテンツ作成しているが集客できずに困っている方へ

コンテンツマーケティングやSEO対策は、Web担当者にとって最も重要な施策の一つです。どのように実施すれば良いのか、ネット上にはあらゆる情報で溢れています。

しかし、内製で時間と労力をかけてコンテンツを制作しているものの、「順位が上がらない」「流入が増えない」と困っている担当者も少なくありません。

せっかく時間をかけて一生懸命作ったコンテンツですから、相応の結果が欲しいと思うのも当然です。しかし、時間をかけたからと言って必ず上位表示されるとは限りません

  • 自社サイトの順位や流入を増やしたい
  • 自社に合う見込み客が獲得できるコンテンツマーケティングを運用・外注したい
  • SEOノウハウを学び、将来はコンテンツマーケティングの内製化を目指したい

といった要望がございましたら、全研本社にお問い合わせください。120業種及び7,600件以上のWebコンサルティング実績と知見をベースに、ペルソナ設定から、検索キーワード選定、検索意図を組み込んだコンテンツ設計・制作等、SEO対策から貴社サイトへの流入を増やす戦略的なコンテンツをご提案します。詳しくは下記より資料がダウンロードできます。

ページトップへ