記事リライトでSEO効果を向上させる方法とリライトする際の注意点

記事リライトでSEO効果を向上させる方法とリライトする際の注意点
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

コンテンツマーケティングを実装している企業なら、SEOで上位表示させるための記事リライトに、悶々とした経験があるのではないでしょうか。

SEOの知識が多少あっても、狙いを定めたキーワードで上位表示を達成するのは至難の業です。かと言ってなにもしないのでは、話になりません。

そこで、記事をリライトするにはどうすればいいか、記事リライト時に注意すべきポイントとともに解説していきます。

また記事のリライトができる社員やライターさんが確保できない場合は、弊社でもサポートが可能です。「コンテンツマーケティング支援」概要を先にダウンロードしてお読みいただくと、記事の理解にも役立つはずです。

「コンテンツマーケティング」
支援概要をダウンロード

SEOにおける記事のリライトとは?

記事のリライトとは、特定のキーワードで上位表示を目指すSEO施策の一環で、一度書いたコンテンツを書き直したり加筆したりすることを指します。

ただし、SEOのメインの対象となっているGoogleが検索順位を決定するアルゴリズムが公開されていないため、明確な基準を把握することはできません。

つまりリライトとはSEOの効果が出ていないと思われる記事について、上がらない原因を推測し改善することにより、検索上位に表示される可能性を高める作業といえます。

もちろんあくまで推測のため、リライトによって検索順位が向上する保証はありません。しかしリライト後の検索順位の推移を検証することで、適切なSEO施策を講じることにつながります。

見てもらえない記事は役に立たない?

検索結果の上位に表示されていないと、そもそもその記事が人の目に触れるチャンスが激減します。人に見てもらえない記事は、マーケティングへの貢献度が下がってしまいます。

例えばある検索ワードの検索上位には、直近で更新された記事が多く上がっていたとします。該当のキーワードにおいては、情報鮮度が重要な評価指標であると推測されます。

最新データが評価において重要であると推測できれば、最新の情報を追加してリライトすることで、検索順位が向上する可能性は高まるはずです。

このように検索順位をSEOのヒントとして捉えて改善を繰り返すことで、SEO効果を高めキーワードごとの評価のポイントを捉えることがリライトの大きな目的のひとつです。

もちろん、ユーザーが欲している役立つ情報、質の高いコンテンツであることは大前提です。

記事をリライトする方法

記事をリライトする方法
では実際に記事をどのようにリライトするのかを解説します。

リライトは以下のような手順で進めます。社内で対応できる場合と、外注する場合では手順も作業も異なるため、ここでは社内で記事をリライトする前提で説明していきます。

  1. リライトする記事を選定する
  2. リライト記事の構成案を作成する
  3. 構成案に基づいて記事をリライトする
  4. リライトした記事の効果測定をする

リライトする記事を選定する

はじめにリライトする記事を選定します。

リライトはすべての記事を対象にする必要はありません。リライトの対象とするのは検索順位の伸び悩んでいる記事、具体的には11位~50位くらいの記事を対象とすると良いでしょう。

10位圏内には入っているものの、もっと上位に上げたいという高い目標設定の場合も、リライト候補になります。

なぜ11位~50位くらいの記事が対象になるか、もう少しくわしく説明しておきます。

50位以下の記事は、SEO上も大きな問題点を抱えており、リライトによる検索順位の向上は短期的に結果が出にくい状態です。

11位~50位の記事は、基本的な記事内容には大きな問題はないものの、上位記事に比べるとあとひと押し足りないという状況です。

こういった状態の記事は、リライトによって短期的に検索順位の向上が見込めるため、まずはリライトの対象とすることをおすすめします。

リライト記事の構成案を作成する

リライト対象の記事を決めたら、リライト記事の構成案を作成します。

構成を作成する前には、まず上位表示されている記事について詳細を確認し、その調査結果を元にリライトする記事を分析します。

記事を分析する際には以下のポイントに留意して分析すると良いでしょう。

  • 検索者の検索意図や課題を解決できているか
  • 記事内容はオリジナルのものか
  • タイトルは魅力的になっているか
  • SEOの対策に問題はないか

これらの分析に基づいて、検索キーワードの検索意図を網羅した構成を設計しましょう。

検索者の検索意図や課題を解決できているか

検索者の検索意図や課題を解決する記事となっているかどうかは、記事の評価において最も重要な指標になります。Googleは「限りなく人間の頭の中に近づける」ことを目標にしているので、だれが見ても役立つページであれば上位表示も夢ではありません。

SEO上で高い評価を受けるには、検索されるキーワードに含まれる検索意図を正しく読み取り、検索意図や検索した人が抱える課題をしっかりと解決できる記事である必要があります。

検索者の疑問が適切に解決されず、別の記事を再検索しなければならないようでは、上位表示は望めません。

また検索意図の答えが記事の冒頭に書かれているかどうかも、重要な要素です。検索者は記事を読みたいのではなく、疑問を解決したいはずです。

にもかかわらず自分の知りたいこと以外のことが冒頭にかかれていると、そこで記事を離脱してしまう人が増えてしまいます。

滞在率の低下は評価が悪くなってしまうため、十分に注意する必要があります。

上位表示されている記事を「自分の記事に不足している内容はないか」「構成に矛盾はないか」といった視点で分析し、不足している部分を加筆したり、リライトしたりするようにしましょう。

記事内容にオリジナルのものか

記事内容がオリジナルのものになっているかも確認しましょう。

記事評価のアルゴリズムでは、記事のオリジナリティも評価対象です。上位表示記事と内容が全く同じではなく、自分ならではの要素を入れた記事を執筆することが重要です。

とはいえすべての記事で全く新しいことを執筆するというのは難しいでしょう。

例えば自社の成功事例を例として掲載したり、表や図を掲載して読者が理解しやすいように工夫したりするなどもオリジナリティの一種です。

タイトルが魅力的になっているか

記事評価には思わず読みたくなるような魅力的なタイトルも重要です。タイトルが魅力的であれば、それだけ検索結果に表示された際のクリック率が上昇し、高評価を受けやすくなります。

この場合の魅力的なタイトルとは、検索者が自身の検索意図の回答が載っていると感じられるようなタイトルのことを指します。

そのためにはタイトルやディスクリプションには検索キーワードを織り込み、検索意図を意識したタイトル付けを行うと良いでしょう。

SEOの対策に問題はないか

3つめは基本的なSEO対策に問題がないかの確認です。

  • タイトルや見出しにキーワードが入っているか
  • タグ付けに問題がないか
  • 重複したコンテンツがないか
  • 記事の表示速度は適切か

これらに問題がある場合は、修正することで大きく検索順位を改善できる可能性もあるため、まず確認してみると良いでしょう。

構成案に基づいて記事をリライトする

構成案に基づいて記事をリライトする
構成が決まったらいよいよリライトです。

リライトの際に意識することは「中学生でも理解できる内容になっているか」です。

例えば専門用語が多く含まれていたり、一文が長く多くの意図が含まれていたりすると、読者にとっては理解しづらく、離脱や再検索を招きます。

できる限り一文は短くする、専門用語は丁寧な解説をする、検索意図に関する情報を網羅的に掲載するなど、読者ファーストな文章を心がけると良いでしょう。

またリライトの際には元の文章を大幅に削除せず、加筆修正を基本としましょう。

記事内容を大幅に削除するなど記事内容自体を変更してしまうと、これまで評価されていた内容まで削除してしまい、逆に順位低下を招く可能性もあります。

あくまで不足部分の加筆などにとどめておくことで、リライト後の検証もスムーズになるため、注意するようにしてください。

リライトした記事の効果測定をする

最後はリライトした記事の効果測定です。

特にリライト後の記事を公開した直後はしっかりと順位をチェックし、急激な順位低下が起こっていないかを確認してください。

公開直後の大幅な順位低下は、リライトによって記事評価を下げてしまった可能性があるため、リライト前の状態に記事を戻し、様子を見ましょう。

記事が元の順位に戻るようであれば、リライトによる評価低下の可能性があるため、リライト内容を再度検討したほうが良いでしょう。

逆に順位が変動しない場合や上昇が見られた場合は、当面様子を見ておきましょう。順位変動は数か月後に順位が上昇することも少なくないからです。

ほかの記事にも書いたのですが、SEOはまさに生き物、日々変動が生じます。したがってリライトしたのち一定期間の観察を経て、改修前と改修後を比較しないと、正しい効果検証ができません。

記事をリライトするときの注意点

記事をリライトするときの注意点
では次に記事をリライトするときの注意点について、詳しく解説します。

リライト記事を選定するタイミング

リライト記事を選定するタイミングには注意しておきましょう。

リライト記事を選定するタイミングは、記事公開から3か月~6か月後が適切です。これは新たに公開された記事がGoogleに評価され、検索順位が適切な状態になるまでにかかる時間に起因します。

あまりに早いタイミングで改修してしまうと、適切な評価をまだ受けていない記事をリライト対象としてしまう可能性があります。

適切な評価を受けていない状態でリライトしてしまうことで、本来評価されるはずの記事内容を改変してしまい、評価の悪化を招く可能性もあります。

記事公開から3か月~6か月ほど経過し、それでもなお検索順位が11位以下にあるものをリライト対象として選定していくようにしましょう。

Googleガイドラインの違反

Googleガイドラインの違反
Googleガイドラインに違反した内容になっていないかも注意しておきましょう。

Googleガイドラインに違反した内容となっているWebサイトは、記事評価が大きく低下し、最悪の場合「インデックス削除」の措置を取られます。

インデックス削除とは簡単に言うと、検索順位に表示されなくなるということです。

特に検索順位の大幅な低下を招く違反には以下のようなものがあります。どれもいわゆる「ブッラクハットSEO」と呼ばれる抜け道的なSEO対策です。

いまではスパムと認定されるリスクが高いため、このような手法を実施しているSEO会社は少なくなりましたが、マイナス評価を受ける施策として理解してください。

  • キーワードを不自然に乱用する
  • 内容のない被リンクや相互リンク
  • コピペのみでオリジナリティの無いサイト

参照元:Google検索セントラル「ウェブマスター向けガイドライン」(https://developers.google.com/search/docs/advanced/guidelines/webmaster-guidelines?hl=ja)

キーワードを不自然に乱用する

以前はキーワードの記事中の出現率が大きく検索順位に影響していました。そのため不自然でもとにかくキーワードを詰め込み、検索順位を上げるというSEO対策が横行していました。

現在でも、白背景に白文字でキーワードを詰め込んだりグローバルメニューにキーワードを詰め込んだりする事例もありますが、これらはGoogleに違反と取られる可能性があります。

キーワードは文脈に沿った形で適切に使用してください。

内容のない被リンクや相互リンク

被リンクや相互リンク数は評価を向上させる基準ですが、質が悪ければ逆にペナルティの原因にもなり得ます。

例えば「被リンクや相互リンクするためだけのサイトやページ」などが最たる例でしょう。

そもそも被リンクや相互リンクが評価の対象となっているのは、読者が検索意図の解決に必要な情報が被リンクや相互リンクによって、探しやすくなっているからです。

また被リンクが多いということは、それだけ検索意図の解決に役立つものであると評価されているからでもあります。

これらの意図からすると、数稼ぎのためだけに設置されたと考えられる被リンクは評価の対象とならないのは理解できるでしょう。

コピペのみでオリジナリティのないサイト

コピペやリライトのみのオリジナリティの無いサイトもペナルティの対象となる可能性があります。

自動生成された記事ばかりのサイトや記事内容が他のサイトのコピペで詳細の説明がない場合、コピペサイトと判断され、ペナルティの対象となる可能性があります。

ユーザーの検索意図

ユーザーの検索意図を意識してリライトすることは、検索順位を向上させるうえで最重要ポイントです。

リライトの方法でも解説したとおり、記事評価においては検索キーワードに含まれる検索意図に対して網羅的に回答が掲載されていることが非常に重要です。

ただし検索キーワードに含まれる検索意図は、時間の経過とともに変化している可能性があるため、リライト時点で検索意図が想定されたものとあっているかを確認しておく必要があるでしょう。

上位表示されている記事の内容と自社の記事の内容を比較検証し、検索意図に漏れがないか、ズレていないかを確認し、リライトの対象となるポイントを事前に整理しておきましょう。

パーマリンクの設定

パーマリンクの設定にも注意しましょう。

パーマリンクとはhttpsで始まる記事URL全体のことを指します。パーマリンクはいわば記事の住所のようなもので、Googleが記事を見つけるときにもこのパーマリンクを参照しています。

Googleではこのパーマリンクについて、できるだけシンプルなものであることを求めています。つまり、複雑だったり長過ぎたりするパーマリンク設定は記事評価の低下を招く可能性があるということです。

この際、少し注意しておくべきなのが「日本語でのパーマリンク設定」です。日本語でパーマリンクを設定すると文字化けなどによりパーマリンクが長文になる可能性があるので注意しましょう。

EATや独自性・網羅性

EATや独自性・網羅性を意識することも重要です。

EATとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの概念を表しています。

つまり、記事内容の専門家や実績などがサイト評価に影響を与えるということです。

独自性や網羅性とは、サイトのオリジナリティや検索意図に対する情報が網羅されているかを指しています。これらは全て、読者の利便性を高めることからSEO上非常に重要なポイントになっています。

専門的で正確な情報を掲載することで、記事評価の向上が見込めるため、意識しておきましょう。

記事リライトで評価を高めよう

記事リライトで評価を高めよう
この記事ではリライトの必要性やリライト方法、リライト時の注意点について詳しく解説しました。

リライトは記事評価の改善に向けて非常に重要な作業です。一方でGoogleの記事評価はガイドラインが示されているものの、自社の記事のどの部分が評価されているのか、どこに問題があるのかを明確に知るすべはありません。

リライトにより順位変動の検証を繰り返していくことで知見を深め、検索順位を向上していく必要があるため、経験やノウハウがない場合はなかなか思うような成果が上げられないケースもあるでしょう。

キャククル運営元である全研本社では、これまでに120業種・7600サイト以上の実績を重ねてきました。SEOに関してもコンサルから施策の実施まで行っています。

記事リライトによる反響重視のWebマーケティングにご興味があれば、一度ご相談ください。

下記フォームよりお申込みいただければ、折り返しご連絡を差し上げます。

記事制作・ライティング
について全研本社に相談する

ページトップへ