コンテンツマーケティングを広告代理店に依頼するメリットとは

コンテンツマーケティングを広告代理店に依頼するメリットとは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

コンテンツマーケティングは代理店に依頼すべき?

これまでのアウトバウンドマーケティングからインバウンドマーケティングへとビジネススタイルが移り変わり、コンテンツマーケティングにおいてもっとも重要な「コンテンツの質」が求められるようになってきました。

SEO対策やブランディングを行う上で、コンテンツはまさに「命」といっても過言ではなく、その質によって集客の成果は大きく変わってきます。

特にSEO対策では、コンテンツの質が検索結果の表示順位に影響するため、低品質のコンテンツをいくら継ぎ足しても、検索順位を上げるのは非常に難しいでしょう。

そこでノウハウを持ったプロである、広告代理店やマーケティング会社へのコンテンツマーケティングの発注を検討されると思います。

この記事ではコンテンツマーケティングを代理店に依頼する際のメリットやデメリット、また将来的には自社で内製化するためのポイントなどをご紹介していきます。

コンテンツマーケティングの外注を依頼できる先は?

コンテンツマーケティングの外注を依頼できる先は?

コンテンツマーケティングは、自社で内製化できていればそれに越したことはありません。

しかしコンテンツマーケティングは、まだ比較的新しいビジネス手法であるため、自社内で整備が整っていなかったり、ノウハウや知識がなかったりする企業が多いことも確かです。

自社で内製化されていない場合は、外注することで制作工程を大幅に削減することができ、結果が出るまでの道のりを短縮できます。

こちらではコンテンツマーケティングを外注するときには、どのような会社に依頼すれば良いのか、またそれぞれの会社に依頼する場合のメリットやデメリットなどをまとめました。

コンテンツマーケティングを請け負う会社

  • 広告代理店
  • コンテンツマーケティング会社
  • コンテンツ制作会社
  • デザイン制作会社

これらについて順番に紹介していきます。

広告代理店

マス広告なども対応できる総合広告代理店であれば、Webでの広告の他、紙媒体や看板、テレビやラジオのCMなどが行えます。

広告代理店のメリット

広告代理店に依頼する場合のメリットとしては以下が挙げられます。

  • 様々な広告手法を提案してくれる
  • 幅広い業界ネットワークがある
  • すでに別の施策をお願いしている場合は連動できる
様々な広告手法を提案してくれる

広告代理店はインバウンドマーケティングの手法のみならず、アウトバウンドマーケティングにおいても豊富なノウハウや知識、知見を有しています。

テレビやラジオのCM、紙媒体の広告や交通広告、街看板、展示会などあらゆる広告媒体を駆使し、さまざまな角度から集客を行うことが可能です。

幅広い業界ネットワークがある

広告代理店はアウトバウンドマーケティングにおけるあらゆる広告媒体を取り扱っていることが多いです。

そのため放送業界や官公庁、有名大手企業などとも横のつながりがあることも多く、幅広い業界ネットワークを持っている広告代理店も少なくありません。

この業界ネットワークの恩恵をうけられるのも、広告代理店を利用するメリットのひとつといえます。

すでに広告施策をお願いしている場合は連動できる

いますでに別の広告施策やマーケティング施策をお願いしている場合は、連動した戦略を展開してくれる可能性もあります。

マーケティングや広告で伝えたい軸がブレないため、統一感のあるコンテンツをつくれるでしょう。

広告代理店のデメリット

広告代理店に依頼する場合のメリットとしては以下が挙げられます。

  • 費用が高額になる傾向
  • 自社にノウハウが蓄積しにくい(完全にお任せになってしまう)
費用が高額になる傾向

上述したように、ノウハウやネットワーク、扱う媒体数といった、メリットが多いことによって費用が高額になりがちです。

自社が求める露出量と、提案される広告媒体・手法が妥当かといった点や、かかるコストとのバランスが取れているかが注意しておく必要があるでしょう。

自社にノウハウが蓄積しにくい

広告代理店に一任すれば、自社は何もせず費用を支払うだけで成果が表れてくるかも知れません。

ですが完全にお任せになってしまうと、集客するための広告テクニックやノウハウは自社に蓄積せず、成果が出るかどうかを広告代理店に依存する形になります。

そういったリスクを避けるためにも、自社にノウハウが蓄積できるようにし、広告やマーケティング施策の有効性などの判断を社内でもできるようにしておくとよいでしょう。

コンテンツマーケティング会社

コンテンツマーケティング会社

インバウンドマーケティングを行う場合は、通常こちらのコンテンツマーケティング会社へ依頼するのが一般的です。

企画から納品までワンストップという会社も多く、すべて依頼できることもあります。

コンテンツマーケティング会社メリット

コンテンツマーケティング会社に依頼する場合のメリットとしては以下が挙げられます。

  • マーケティング戦略面から考えてくれる
  • その戦略に則したコンテンツマーケティングを実施してくれる
マーケティング戦略面から考えてくれる

コンテンツマーケティングのみならず、マーケティング全般における最重要事項は「戦略」です。

質が高いコンテンツをどれだけそろえようが、軸となる戦略の立案ができていなければ、臨むような成果はあらわれにくいでしょう。

いわば戦略はそのマーケティングにおける「方向性」であり、方向性が定まっていなければ的確なコンテンツも投入のしようがありません。

コンテンツマーケティング会社では、最重要事項である「戦略の立案」から行ってくれる会社が多数あります。

その戦略に則したコンテンツマーケティングを実施してくれる

念入りに戦略を立案したあとに、ようやくコンテンツを導入したコンテンツマーケティングを行うことができるようになります。

コンテンツマーケティング会社では、自らが立案した戦略を元にしてその後のコンテンツマーケティングを実施・運用してくれます。

マーケティング会社ならではのSEO施策とコンテンツの質の高さで、想定しているターゲットに向けて的確なマーケティングが可能です。

コンテンツマーケティング会社デメリット

コンテンツマーケティング会社に依頼する場合のデメリットとしては以下が挙げられます。

  • お願いする業務範囲によっては費用が高額になる
  • ニッチな分野や専門性が高い業界の場合は効果が出にくい場合もある
お願いする業務範囲によっては費用が高額になる

外注する場合、業務を依頼する範囲によっては、費用が高額になる場合もあります。

コンテンツマーケティング会社は作業範囲や作成ボリュームによって細かく料金を設定しています。

そのため戦略・企画の立案からサイト構成の設計、ツールの導入や運用に至るまで、料金は全て分けられています。

これら全てを一任すると高額になってしまう傾向がありますが、コンテンツマーケティングのノウハウや知見が全くない企業である場合は、一からすべて自社で行うよりは、一任してしまった方が安く済む場合もあります。

ニッチな分野では効果が出にくい場合もある

いくらコンテンツマーケティングのプロ集団でも、ニッチな分野や専門性が高い業界でのマーケティング施策は効果を出しにくかったり、成果につながるまでに時間がかかる場合があります。

ユーザーニーズの分析や、どのようなキーワードで検索しているかといった情報は、マーケティング戦略を考える上で重要です。

ニッチな分野や専門性が高い業界の場合は、こういった情報を調べて整理し、戦略を練り上げる難易度も高くなります。

ユーザーや市場についての情報提供をすることで、マーケティング会社も実情に沿った戦略が立てられますので、連携して成果を出すことを意識するとよいでしょう。

コンテンツ制作会社

コンテンツ制作会社は、マーケティングの戦略や企画の立案には関わらず、依頼されたコンテンツの制作のみを請け負います。

コンテンツ制作会社メリット

コンテンツ制作会社に依頼する場合のメリットとしては以下が挙げられます。

  • SEOなどのノウハウがあり対策されたコンテンツができる
  • 比較的費用は少額で済む
SEOなどのノウハウがあり対策されたコンテンツができる

コンテンツ制作会社はコンテンツのみの制作になりますが、SEOに対するノウハウや知見があり、コンテンツ一つひとつにSEO対策を施すことができます。

しっかりと自社が伝えたい強みや特徴を示し、マーケティングの方向性を伝えれば、SEOにとても有効なコンテンツを制作してもらえます。

比較的費用は少額で済む

コンテンツのみの制作になりますので比較的費用は少額で済むことがほとんどです。

必要なコンテンツを必要な分だけ発注すればよいので、コスト削減にも融通を利かせられます。

コンテンツ制作会社デメリット

コンテンツ制作会社に依頼する場合のデメリットとしては以下が挙げられます。

  • コンテンツマーケティングの戦略、どんなコンテンツにするかという内容などは自社で決める必要がある
コンテンツマーケティングの戦略・内容は自社で決める

コンテンツ制作のみを依頼するため、そもそもどういったマーケティング戦略にするか、コンテンツの内容をどうするかといった点は、自社で決める必要があります。

自社にある程度のコンテンツマーケティングについてのノウハウや知見が必要となります。

デザイン制作会社

デザイン制作会社はWEBサイトのデザインだけを請け負います。

おしゃれなホームページが必須な化粧品関係やアパレル関係の会社、装飾品関連の会社などは、とてもデザインセンス溢れるサイトを提供してもらえるでしょう。

デザイン制作会社のメリット

デザイン制作会社に依頼する場合のメリットとしては以下が挙げられます。

  • こったデザイン・おしゃれなデザインになる
  • イメージや第一印象でのブランディングがしやすい
こったデザイン・おしゃれなデザインになる

デザインを専門に扱う会社だけに、プロフェッショナルが多数在籍している企業がほとんどです。
こったデザインやおしゃれなデザインのWebサイトが欲しい場合には、デザイン制作会社に依頼します。

イメージや第一印象でのブランディングがしやすい

企業のイメージや第一印象をよくしたい、ブランディングして自社のリピーターをつくりたい、などの目的でWebサイトを他の会社とは差別化したい場合なども、デザイン制作会社へ依頼は効果的でしょう。

デザイン制作会社デメリット

デザイン制作会社に依頼する場合のデメリットとしては以下が挙げられます。

  • 比較的高額
  • SEOやマーケティング観点では有効ではない可能性がある
比較的高額

デザインに試行錯誤している分、サイト制作費用は比較的高額になる場合もあります。

SEO対策でコストが増加していると、更に拍車をかけ一気に費用が膨れ上がることもあります。

SEOやマーケティング的に有効なものにならない可能性がある

デザイン制作会社がデザインするWebサイトは、基本的にデザイン面での希望をかなえたものとなります。

そのため場合によってはSEO施策や、ユーザーが問い合わせ・購入にいたるための導線設計が不十分なことも起こり得ます。

せっかく良いデザインのWebサイトやコンテンツができても、見てもらわなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

自社でコンテンツマーケティングを行う場合

自社でコンテンツマーケティングを行う場合

コスト面などを懸念して、外注せずに自社でコンテンツマーケティングを行う場合もあると思います。

もちろんコンテンツマーケティング全ての工程を内製化できれば、それに越したことはありません。

しかしながらその場合も、メリットとデメリットは存在します。以下では、自社でコンテンツマーケティングを行う際のメリットとデメリットを紹介いたします。

自社でコンテンツマーケティングを行う場合のメリット

自社でコンテンツマーケティングを行う場合のメリットは以下が挙げられます。

  • 自由にコンテンツがつくれる

自由にコンテンツがつくれる

自社でコンテンツマーケティングを行うメリットとしては、自由に、そして自社流にコンテンツをつくれることです。

オウンドメディアを自社の思うようにつくりあげることで、一つのブランドとして確立できます。

他社に依頼する必要がないため、コンテンツや内容の方向性に食い違いが発生することもなく、場合によってはスピーディーな対応が可能です。

自社でコンテンツマーケティングを行う場合のデメリット

自社でコンテンツマーケティングを行う場合のデメリットは以下が挙げられます。

  • コストはかからないがノウハウがない場合、育成や採用に時間がかかる
  • 見込んだ成果が出ない場合がある

育成や採用に時間がかかる

目立ったコストはかかりませんが、ノウハウが自社に蓄積されていない場合は、まずノウハウを自社で蓄える必要があります。またそのノウハウを使いこなせるだけの人材の育成にも時間がかかります。

ノウハウを使いこなせる人材を採用した場合でも、マーケティングを行うにあたって必要な環境や情報が整っていないと、順調な運用を進められない場合もあります。

見込んだ成果が出ない場合がある

ノウハウがある程度蓄えられ、それを実践したとしても、思うような成果が出ないこともあります。

コンテンツマーケティングは競合他社の存在も加味しなくてはならず、SEO対策をはじめ、必ず上位を取れるわけではないことに留意する必要があります。

今後Webマーケティングは集客や広告、ブランディングで必須に

自社でコンテンツマーケティングを行う場合

自社でできるようになった方がよいコンテンツマーケティングですが、最初からノウハウを持たないまま自社だけでやろうとすると時間がかかったり、効果が出なかったりする場合もあります。

自社でもノウハウを学べるように、連携して動いてくれる代理店やマーケティング会社と組めるとベストでしょう。

また、実施していることをブラックボックス化しないで共有・説明してくれる代理店であるかどうかも、チェックしてみてください。

コンテンツマーケティングのパートナーをお探しなら

全研本社では、クライアント独自の強み・価値であるバリュープロポジションを軸としたマーケティング戦略をご提案しています。

現在までに120業種を超えるクライアント企業の、Web集客・マーケティングを支援してまいりました。

そのノウハウを活かしたコンテンツマーケティングを得意としており、市場分析・マーケティング戦略提案・Webメディアの制作運用・レポートと改善などすべてワンストップで対応可能です。

またクライアント側でノウハウが蓄積できるように、弊社のコンサルタントが一緒に並走しながらマーケティング戦略を実施していくようなプランもございます。

コンテンツマーケティングの戦略や、コンテンツ制作・改善などでお悩みなら、ぜひお気軽にご相談ください。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら
成約率重視のマーケティング施策
ポジショニングメディア戦略とは

ページトップへ