海外市場調査・リサーチ会社おすすめ12社を比較!各社の費用や口コミ評判、調査委事例をまとめて紹介

海外市場調査・リサーチ会社おすすめ12社を比較!各社の費用や口コミ評判、調査委事例をまとめて紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

海外市場調査の基礎知識と実績のある海外市場調査会社の特徴や費用について調査

海外市場に参入したいと考えているものの「現地の市場に関する情報が少ない」「どう調査していいかわからない」といった場合に頼りになるのが、海外市場調査会社です。

こちらのページでは、さまざまな海外視聴調査会社について、それぞれの特徴や調査事例、口コミ、費用などをリサーチして紹介していますので、海外市場に参入したいと考えている企業の担当の方はぜひ参考になさってください。

【PR】依頼企業のニーズに合わせて
カスタマイズできる委託調査なら

海外市場調査会社の比較一覧

ここでは、海外市場リサーチサービスを提供している企業を紹介しています。

調査対象国や調査手法、調査費用などはそれぞれの調査会社によって異なりますので、調査を依頼したいと考えているご担当の方は参考にしてみてください。

下記の早見表をご確認いただき、興味がある海外市場調査会社がある場合には、ぜひ記事下部の詳細紹介部分もご確認ください。

画像をクリックすると、資料ダウンロードページに移動します。

企業名 対応エリア 調査内容 調査手法
海外市場調査会社「株式会社グローバルインフォメーション」のサイトキャプチャ画像株式会社
グローバルインフォメーション【PR】
アジア太平洋
欧州
中南米
中東/アフリカ
北米
医療機器
医薬品
マテリアル
通信/IT
エネルギー
依頼企業のニーズに合わせてカスタマイズできる「委託調査」なら
・公的機関、業界団体、企業が公開するデータ、学術資料、商用データベース等の文献調査
・KOLや業界関係者への対面/電話インタビュー・アンケート調査
※複数調査会社と連携した調査も提案
資料のダウンロードはこちら >>
株式会社
クロス・マーケティング
欧米先進国
BRICs
東南アジア
オセアニア
時事・流行
イベント
消費動向
美容
ファッション
食品・飲料
Webアンケート調査
定性調査
グループインタビュー
GMOリサーチ株式会社 アジア
オセアニア
ヨーロッパ
アフリカ
北米・南米
要問合せ オンラインリサーチに基づく海外市場調査
株式会社LIFE PEPPER 全世界に対応 建築・化学
食品
ウェブサービス
インフラ
ベーシックリサーチ
海外大規模アンケート
セグメントリサーチ
トレンドリサーチ
株式会社マクロミル 韓国
中国
タイ
インドネシア
ベトナム
要問合せ オフライン調査
定量調査
ニューロリサーチ
ユーザビリティ調査
株式会社ネオマーケティング 中国
ベトナム
インド
韓国
アメリカ
要問合せ ネットリサーチ 他
株式会社インテージ 中国
韓国
タイ
フィリピン
ベトナム
自動車・家電
食品・医薬品
外食・旅行 他
デスクリサーチ
消費者パネルデータ
専門家ヒアリング
株式会社ビザスク 中国
香港
イギリス
フランス
アメリカ
製造業
小売・飲食
医療
ヘルスケア
インタビュー
アンケート
株式会社アスマーク イギリス
フランス
南アフリカ
中国
アメリカ
要問合せ ネットリサーチ
定量調査
フェネトル・パートナーズ
株式会社
中国
香港
フランス
アメリカ
産業機械、部品
エネルギー
物流
医薬品 他
マクロ調査
市場調査
取引可能性調査
消費者調査
株式会社
日本リサーチセンター
中国
アメリカ
タイ
香港
台湾
要問合せ 要問合せ
グローバルマーケティングラボ 中国
アメリカ
イギリス
ドイツ
インド
情報通信
AV家電
自動車
エネルギー
環境
農業水産
オープンデータの収集
ヒアリング 他

【PR】依頼企業のニーズに合わせてカスタマイズできる「委託調査」なら

ここでは、30年以上の業界経験を誇る海外市場調査会社「株式会社グローバルインフォメーション」のサービスを紹介しています。自社のリサーチに加え、他の調査会社とのつながりも活かし海外市場に関する多くの情報を集めています。200社以上の調査会社から、自社に合った企業を提案してもらうことが可能です。業界特化型など、クライアントのニーズに合わせた海外リサーチ(委託調査)も可能です。

株式会社グローバルインフォメーション

海外市場調査会社株式会社グローバルインフォメーション公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社グローバルインフォメーション公式サイト(https://www.gii.co.jp)

グローバルインフォメーション
の委託調査に関する
ダウンロード資料はコチラ

株式会社グローバルインフォメーションの特徴

200社以上の調査会社による約15万点以上のレポート保有の海外調査実績を誇る
世界5カ国に拠点を持つグローバルインフォメーションは、200社以上(※)の調査会社とのつながりを活かし、海外の市場情報を精査してお客さまに提供している調査会社です。

いちばんの特長は、依頼企業のニーズに合わせてカスタマイズできる「委託調査」ができること。30年以上の歴史で培われた世界中のリサーチ・コンサルティング会社とのコネクションを最大限活かし、業界やジャンルを絞り込んだ調査が可能です。

依頼企業の目的や課題、納期や予算に合わせて、最適な調査方法や調査会社などを提案してくれます。

海外の市場リサーチといっても、多くの調査会社は現地のエンドユーザーにアンケート調査をするものが多いのですが、業界やカテゴリを絞り込んだ調査は正確性を欠くケースが少なくありません。

その点グローバルインフォメーションであれば、これまで積み重ねてきた実績やコネクションがあるため、専門性の高い分野やクローズドな業界であっても、業界調査や現地の競合調査などができるというわけです。

さらに同社には、国内外15万点以上の市場調査レポートがストックされており、すでにリサーチ済みのレポートを購入することも可能です。

※参照元:株式会社グローバルインフォメーション公式サイト(https://www.gii.co.jp)

こんな企業におすすめ

下記のような目的や要望がある企業は、グローバルインフォメーションに海外市場の調査を依頼してみるとよいでしょう。

  • 参入対象国市場の将来性や市場規模などをくわしく調査してもらいたい

    対象の国における業界調査、現地の競合調査などを強みとしているため、最新の市場規模や将来性の調査には絶対の自信があると言います。対象国のエンドユーザーへのリサーチではない、業界や業種、製品などに特化した調査が可能です。

  • 海外の競合会社についてピンポイントで調査してもらいたい

    サプライヤー調査や主要顧客調査、経営戦略・技術動向調査、競合製品の調査、ベンチマーキング調査により海外の競合に関する調査が可能です。

  • 英文レポートの読解や調査会社との英語のやり取りが難しい

    同社のレポートは英語の市場レポートが多くを占めますが、日本語のレポートもあります。また、グローバルインフォメーションに依頼した調査レポートに限りAI翻訳ツールが使えるので、英語の読解が苦手でも問題ありません。

  • 参入を検討している対象国で提携するパートナー企業を探したい

    対象の国において価格動向調査などを実施、参入対象国でのパートナー探しや市場規模・将来性の調査を行なってくれます。

グローバルインフォメーション
の強みがわかる資料
のダウンロードはコチラ

グローバルインフォメーションを選ぶべき3つの理由

【理由1】業界特化など要望に応じてカスタマイズする「委託調査」が依頼できる

先ほども触れましたが、なんといってもニーズに応じたカスタム調査実施サービス(委託調査)を依頼できる点がグローバルインフォメーションの強みであり、選ぶべき理由です。

調査の目的、ご希望の納期および予算に合わせ、オンリーワンの調査報告書の作成が可能。これまでに同社が培ってきた世界中の調査会社やコンサルティング会社とのつながりを活用し、顧客の要望に合った調査方法や調査会社を提案してくれます。

もちろん、予算を考慮した調査範囲や調査の手法の提案が可能です。

既刊のレポートは調査項目、対象地域、構成まですべてアレンジ不可ですが、委託調査であればすべての要素を依頼企業が決定できます。一般的な市場レポートにない産業分野や情報が少ないテーマについても情報収集が行える点も大きなメリットです。

納期および費用面では既刊レポートよりもかかりますが、調査会社の専門アナリストが依頼企業のためだけにオリジナルのレポートを作成してくれます。費用や期間はテーマや業界、難易度によって異なりますので、くわしい情報が知りたい場合はグローバルインフォメーションの資料をダウンロードしてみてください。

グローバルインフォメーション
の委託調査がわかる
資料をダウンロードする

【理由2】30年以上前から海外市場調査業界をけん引してきたプロ集団

グローバルインフォメーションは、30年以上に渡って海外市場調査レポートの販売を通じ、さまざまな企業の海外展開を支援してきた会社です。

顧客がどのような要望を持つのかを十分に確認した上で、上述した委託調査をはじめ、200社以上の調査会社が発行するおよそ15万点のレポートの中から顧客に合ったレポートを選び出してくれます。

さらに、同社では無料サンプルや試読サービスも用意しているため、レポートを購入する前に内容を確認できる点もメリットです。

【理由3】海外調査会社とのやり取りをすべて代行、日本円決済もOK

海外市場の調査をしたいものの英語に自信がないケースでも、海外調査会社とのやり取りを全て代行し、日本語スタッフが納品後までサポートを実施するため不安なく調査を依頼できます。調査会社との間で英語を使ったやり取りや複数会社への問い合わせを行う必要がありません。

さらに、英文レポートのAI翻訳サービスも用意しているため、英文読解が苦手といった場合でも問題なくレポートを確認できます。料金の支払いは日本円で行われ、後払いにも対応しています。

株式会社グローバルインフォメーションの実績

ここでは、グローバルインフォメーションの実績についてご紹介します(各事例について、守秘義務があることから企業実名は公表されていません)。

米国の細胞診断装置市場におけるユーザーニーズ調査/市場動向調査

国内大手医療機器メーカーからの依頼により、米国の細胞診断装置市場におけるユーザーニーズ・市場動向について調査を行った事例です。

調査では、それぞれの企業における製品別販売価格や利益実態に関する内容、また米国内の細胞診断装置の金額や台数ベースの市場動向調査を実施しています。

そのほか、コアユーザー50名に対するアンケートによる満足度調査や事業モデル、サービス形態調査を行っています。

※参照元:株式会社グローバルインフォメーション公式サイト委託調査について(https://www.gii.co.jp/custom_research/sample.shtml)

大気汚染調査ビジネスにおける実態把握調査

海外学術機関からの依頼により、大気汚染調査ビジネスにおける実態把握のための調査を行っています。

具体的な調査内容は、飛行型(ドローンなど)・屋上設置型・屋内設置型といった検査別方法の市場や、検査請負事業会社・機器メーカープロファイルの調査を実施。さらに国別試乗動向の調査や、各種検査製品分析の調査を実施しています。

※参照元:株式会社グローバルインフォメーション公式サイト委託調査について(https://www.gii.co.jp/custom_research/sample.shtml)

東南アジアの排水処理プラントにおける実態調査

国内大手水処理メーカーからの依頼により、東南アジアの排水処理プラントを対象とした実態調査を行っています。

具体的な調査内容は、特定排水以上の現地プラントのロングリストの作成のほか、国別の排水処理動向や、主な処理方法の調査(方式のほか、課題や要望なども調査)に加えて、プラント責任者への15項目別のQ&Aも実施しました。

※参照元:株式会社グローバルインフォメーション公式サイト委託調査について(https://www.gii.co.jp/custom_research/sample.shtml)

海外市場調査の費用

調査の内容に応じて変わりますが、クライアントの予算に応じて調査範囲や調査手法をカスタマイズで提案しています。

海外市場調査対象国

  • アジア太平洋(中国、台湾、インド、インドネシア、タイ など)
  • 欧州(イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、ロシア、英国)
  • 中南米(ブラジル)
  • 中東/アフリカ(アラブ首長国連邦、オマーン、カタール、サウジアラビア)
  • 北米(カナダ、米国)

市場調査カテゴリ例

  • 医療機器
  • 医薬品
  • マテリアル
  • 通信/IT
  • 産業用機械
  • エネルギー/環境
  • 電子部品/半導体
  • 自動車
  • 航空宇宙/防衛
  • 食料/飲料
  • 一般消費財
  • インフラ
  • 金融/保険

株式会社グローバルインフォメーションの口コミ・評判

市場や技術動向の調査や分析を実施

市場調査レポート事業は、特定の調査項目について、調査出版会社のアナリストが市場・技術動向の調査・分析を行い、市場規模・予測、テクノロジーのトレンド、規制風土、競合環境・市場シェア、参入状況等を体系的にまとめたレポートを仕入れし、販売する事業です。

市場規模のトレンド情報、将来予測、参入企業の製品シェア等の定量的なデータに加え、参入企業のSWOT分析情報等の定性的な内容についても記載されており、海外市場や新技術の調査の一環として提供しています。引用元:「グローバルインフォメーション(4171)上場評判とIPO分析」より一部抜粋(https://ipokimu.jp/blog-entry-gii.html)

株式会社グローバルインフォメーション企業概要

会社名 株式会社グローバルインフォメーション
上場市場 東京証券取引所 スタンダード市場 4171
所在地(本社) 神奈川県川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階
設立 1995年1月
資本金 162,497千円
公式サイト https://www.gii.co.jp
事業内容 市場調査レポートの販売
委託調査の受託
年間契約型情報サービスの販売
会議展示会の代理販売

グローバルインフォメーション
の委託調査ができる
資料をダウンロードする

海外市場調査会社「株式会社グローバルインフォメーション」の特徴と口コミ・評判をリサーチ!≫

まだまだある!そのほかの海外市場調査会社

株式会社クロス・マーケティング

海外市場調査会社株式会社クロス・マーケティング公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社クロス・マーケティング公式サイト(https://www.cross-m.co.jp)

株式会社クロス・マーケティングの特徴

クロス・マーケティングは9カ国に自社拠点を展開し、欧米先進国、BRICs、東南アジア、オセアニアを中心とした世界85ヶ国以上での高品質な調査を行っています(複数ヶ国での同時調査も実施可能)。

例えばWebアンケートであれば最短約3週間、定性調査/グループインタビューの場合は最短5週間といったように短期間での納品が可能である点も同社の強みです。さらに急ぎの方向けにセルフ型アンケートツール「Global QiQUMO(グローバルキクモ)」も提供しています。

海外市場調査対象国

  • 欧米先進国
  • BRICs
  • 東南アジア
  • オセアニア など

市場調査レポートカテゴリ

  • 時事・流行・イベント
  • 消費動向
  • 美容・ファッション
  • 海外
  • 食品・飲料・食事
  • 医療・健康
  • IT・家電・自動車 など

海外市場調査の実績

中国食品の新規市場参入における調査

中国市場への参入を検討している企業からの依頼により、狙うべきターゲット像の明確化や現地の視点を盛り込んだ参入プランの作成を支援しています。

具体的には調査の分析や社内・現地の情報整理・分析を行うとともに作成したペルソナの定義に当てはまる方を対象として外食実態や生活スタイルを調査しました。その後調査結果をもとにしてオンラインワークショップを開催し、戦略の策定を行っています。

※参照元:株式会社クロス・マーケティング 導入事例(https://www.cross-m.co.jp/global/)

株式会社クロス・マーケティングの口コミ・評判

スピーディな調査でした

海外調査はとても時間がかかるイメージがあったので、こんなにスピーディーに実施できて驚きました。お陰様で報告書の納期に間に合いました。引用元:株式会社クロス・マーケティング お客様の声(https://www.cross-m.co.jp/global/)

海外市場調査の費用

下記は料金の一例です。

  • Webアンケート調査(アメリカ/アプリに関する調査):1,110,000円(税不明)
  • オフライン定性調査(アメリカ・中国/インタビュー、SUVに関する調査):4,500,000円(税不明) など

株式会社クロス・マーケティング企業概要

会社名 株式会社クロス・マーケティング
会社所在地 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
会社設立 2003年4月1日
事業内容 マーケティング・リサーチ事業
マーケティング・リサーチに関わるコンサルテーション
公式HP https://www.cross-m.co.jp

GMOリサーチ株式会社

 海外市場調査会社GMOリサーチ株式会社公式サイトキャプチャ画像
画像引用元: GMOリサーチ株式会社公式サイト(https://gmo-research.jp)

GMOリサーチ株式会社の特徴

業界最大級のパネルネットワークと技術力を元に、グローバルな市場調査やマーケティングサービスを提供するGMOリサーチでは、世界53の国と地域(※)を対象としたオンラインリサーチに対応しています。

多言語に対応したアンケートシステムの活用によって、さまざまな地域においてワンストップでの調査が可能。日本国内はもちろん各国からの調査依頼に対応しています。

※参照元:GMOリサーチ株式会社公式サイト(https://gmo-research.jp/service/global-online)

海外市場調査対象国

  • アジア・オセアニア(中国、ベトナム、韓国、台湾、インド など)
  • ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデン など)
  • アフリカ(南アフリカ、エジプト、モロッコ)
  • 北米(アメリカ、カナダ、メキシコ)
  • 南米(ブラジル、アルゼンチン、チリ、コロンビア、ベネズエラ など)

市場調査レポートカテゴリ

市場調査レポートカテゴリについては直接お問い合わせください。

海外市場調査の実績

海外旅行に関する意識調査

アメリカ・カナダ・イギリス・ドイツ・フランス・オーストラリアにおける20~69歳の男女 計3,000名を対象として、海外旅行に関する意識調査を実施しています。調査手法はインターネットによる調査が用いられています。

結果として、将来行きたい旅行先としては全体的に近隣の国を選ぶ傾向が見られたものの、中でもアメリカは全方向から人気が高いという点を再認識する結果となりました。

また、日本も北米やヨーロッパからの旅行先候補として上位にランクインしており、本格的なインバウンド回復に向けての取り組みが急務であると考えられる、と結論づけられています。

※参照元:GMOリサーチ株式会社公式サイト(https://gmo-research.jp/pressroom/survey/voluntary-survey-20230126)

GMOリサーチ株式会社の口コミ・評判

インターネット上に口コミなどはありませんでした。

海外市場調査の費用

公式HPに記載がありませんでした。

GMOリサーチ株式会社企業概要

会社名 GMOリサーチ株式会社
会社所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー総合受付11階
会社設立 2002年4月1日
事業内容 インターネットリサーチ事業
公式HP https://gmo-research.jp

株式会社LIFE PEPPER

海外市場調査会社株式会社LIFE PEPPER公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社LIFE PEPPER公式サイト(https://lifepepper.co.jp)

株式会社LIFE PEPPERの特徴

海外進出や訪日外国人をターゲットとしたマーケティングリサーチを手がけているLIFE PEPPERは、これまでに1,000以上(※)の海外マーケティングに取り組んできた実績を持っている「海外調査の専門企業」です。

社員の70%が外国籍及び海外滞在歴10年以上の経験を持つという体制となっており、現地の文化背景や言語を理解したマーケターが調査を担当する点が特徴のひとつ。お客さま企業のペルソナにあたる属性を持っている外国人から調査を実施し、価値ある情報を導き出します。

※参照元:株式会社LIFE PEPPER公式サイト(https://lifepepper.co.jp/strengths/)

海外市場調査対象国

  • 全世界対応

市場調査レポートカテゴリ

  • BtoBメーカー(建築・化学・部品など)
  • BtoC(食品・ウェブサービス・インフラなど)
  • 訪日(自治体、宿泊施設、観光施設、商業施設など) ほか

海外市場調査の実績

海外でのプロモーション方法に関する調査

大手製菓メーカーからの要望により、外国人向けの海外マーケティング強化のため、外国人による商品レビューの座談会を実施しています(対象国は欧米、韓国、中国、台湾、タイ)。

幅広いターゲット層から、商品パッケージやネーミングなどに関するレビューを取得できました。この結果を活かし、海外位向けのマーケティング戦略案につなげていく予定となっています。

※参照元:株式会社LIFE PEPPER公式サイト(https://lifepepper.co.jp/abroad/global-research-service/)

株式会社LIFE PEPPERの口コミ・評判

インターネット上に口コミなどはありませんでした。

海外市場調査の費用

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社LIFE PEPPER企業概要

会社名 株式会社LIFE PEPPER
会社所在地 東京都中央区築地3-1-10 Shinto GINZA EAST 6F
会社設立 2014年 4月 2日
事業内容 海外進出支援事業
海外マーケティング事業
海外ブランディング事業
海外リサーチ事業
外国人向けメディア事業
訪日外国人集客支援事業
国内向けデジタルマーケティング支援事業
公式HP https://lifepepper.co.jp

株式会社マクロミル

海外市場調査会社株式会社マクロミル公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社マクロミル公式サイト(https://www.macromill.com)

株式会社マクロミルの特徴

世界90カ国・1.1億人のパネルネットワーク(※)を用いた海外調査に対応しているマクロミル。1カ国のみの単独調査に加えて複数国の同時調査にも対応しており、お客様の課題やニーズを踏まえた調査の企画・提案を行っています。

さらに、海外調査専門のネイティブスタッフが調査をサポートしている点も同社の特徴のひとつ。現地の事情や習慣を踏まえ、翻訳のサポートや調査票のダブルチェックも実施しています。

※参照元:株式会社マクロミル公式サイト(https://www.macromill.com/service/global_research/)

海外市場調査対象国

  • 韓国
  • 中国
  • タイ
  • インドネシア
  • ベトナム など

市場調査レポートカテゴリ

市場調査レポートのカテゴリについてはお問い合わせください。

海外市場調査の実績

ニューロリサーチを活用したフレーバー嗜好の調査

フレーバー開発を手掛ける企業からの依頼により、ニューロリサーチを活用したニューロ官能調査を実施し、インドネシア市場における女性消費者のフレーバー嗜好の調査を実施しています。

インドネシア女性を被験者とし、フレーバーに対する生理反応の時系列的な変化を計測し、その後アンケートを実施。さらに、依頼企業が実施しているアンケートによるフレーバー評価調査も合わせて実施しました。

※参照元:株式会社マクロミル公式サイト(https://www.macromill.com/case-stories/takasago-singapore.html)

株式会社マクロミルの口コミ・評判

インターネット上に口コミなどはありませんでした。

海外市場調査の費用

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社マクロミル企業概要

会社名 株式会社マクロミル
会社所在地 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
会社設立 2000年1月31日
事業内容 マーケティングリサーチ事業
グローバルリサーチ事業
デジタルマーケティングリサーチ事業
データベース事業
セルフ型リサーチASP事業
データ利活用支援(コンサルティング)事業
マーケティング施策支援事業
ライフサイエンス事業
公式HP https://www.macromill.com

株式会社ネオマーケティング

海外市場調査会社株式会社ネオマーケティング公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社ネオマーケティング公式サイト(https://neo-m.jp)

株式会社ネオマーケティングの特徴

ネオマーケティングの海外リサーチでは、海外パネルと専用配信プラットフォームの活用によって企画設計から分析までトータルで調査を実施しています。海外パネルのみパートナーを活用していますが、その他の調査は社内で内製化を行っているためコストを抑えられる点も特徴のひとつです。

また、同社ではそれぞれのお客さまごとに専任コンサルタントが担当。課題ヒアリングからその内容をもとに提案、プロジェクトの進行に至るまで対応を行っていきます。

海外市場調査対象国

  • 中国
  • ベトナム
  • インド
  • 韓国
  • アメリカ
  • オーストラリア
  • フランス など

市場調査レポートカテゴリ

市場調査レポートのカテゴリについてはお問い合わせください。

海外市場調査の実績

海外市場調査の実績は記載がありませんでした。

株式会社ネオマーケティングの口コミ・評判

インターネット上に口コミなどはありませんでした。

海外市場調査の費用

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社ネオマーケティング企業概要

会社名 株式会社ネオマーケティング
会社所在地 東京都渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル11F
会社設立 2000年10月
事業内容 マーケティング支援事業
公式HP https://neo-m.jp

株式会社インテージ

海外市場調査会社株式会社インテージ公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社インテージ公式サイト(https://www.intage.co.jp)

株式会社インテージの特徴

インテージでは、9カ国・地域に自社の拠点を展開(※)するほか、40カ国以上のリサーチパートナーとともに高い質のリサーチを提供しています。

数多くの国でのプロジェクト実績がありますが、大都市のみではなく内陸部や農村部の調査まで対応可能です。

また、海外ビジネスの展開を検討しているお客さまに対し、現地マーケット状況や生活者の実態の把握、言語の壁といった課題を解決するためのサービスや情報を現地に精通したスタッフが提供します。

※参照元:株式会社インテージ公式サイト(https://www.intage.co.jp/service/platform/globalresearch/)

海外市場調査対象国

  • 中国
  • 韓国
  • タイ
  • フィリピン
  • ベトナム
  • インド
  • アメリカ など

市場調査レポートカテゴリ

  • 自動車・家電・日用品・飲料・食品・医薬品
  • 外食・旅行
  • 小売
  • 金融

海外市場調査の実績

海外市場調査の実績は記載がありませんでした。

株式会社インテージの口コミ・評判

インターネット上に口コミなどはありませんでした。

海外市場調査の費用

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社インテージ企業概要

会社名 株式会社インテージ
会社所在地 東京都千代田区神田練塀町3番地 インテージ秋葉原ビル
会社設立 公式HPに記載がありませんでした。
事業内容 マーケティング・リサーチ、データ解析、デジタルマーケティングなどによる
マーケティング活動の支援
公式HP https://www.intage.co.jp

株式会社ビザスク

海外市場調査会社株式会社ビザスク公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社ビザスク公式サイト(https://visasq.co.jp)

株式会社ビザスクの特徴

海外における市場規模や商習慣などに関する情報収集が可能。190ヶ国以上のアドバイザーが登録(※)しており、さまざまな地域や業種などを網羅したデータベースをもとに、お客さまの要望に応える現地のアドバイザーのマッチングが可能です。

さらに同社ではグローバル専門チームが調査をサポートする点も特徴です。アドバイザーのリストアップとともに、インタビューやアンケート調査など豊富なラインナップから調査目的に合ったものを提案し調査の実施を支援。通訳・翻訳の手配にも対応しています。

※参照元:株式会社ビザスク公式サイト(https://visasq.co.jp/service/globalresearch)

海外市場調査対象国

  • アジア・オセアニア・中東(中国、香港、台湾、韓国、シンガポールなど)
  • ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインなど)
  • 北米・南米(アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、ブラジル、パラグアイなど)

市場調査レポートカテゴリ

  • 製造業
  • 小売・飲食・生活
  • 医療・ヘルスケア
  • 業務支援
  • 金融
  • 教育 など

海外市場調査の実績

知見のある方からの情報収集に対応

自動車部品メーカーの依頼により、対象となる領域でビジネスを展開している企業や知見を持つ人からの意見をヒアリングし、情報収集を行っています。

「俯瞰してビジネスを捉えている人の話を聞きたい」というお客さまの要望があったことから、その領域において中国のトップ企業での経験を持つ人とのコンタクトを行っています。

※参照元:株式会社ビザスク 海外調査 活用事例(https://visasq.co.jp/service/globalresearch)

株式会社ビザスクの口コミ・評判

具体的・リアルな意見をもらえました

試作品が完成し、ヒアリングのプロセスまでこぎつけたところで、コロナ禍により海外へのコンタクトの道が途絶えてしまいました。

市場の一般的な情報から、該当技術の採用の可能性、製品・機能に対する感想など、次につながる具体的かつリアルな意見をいただくことができました引用元:株式会社ビザスク 海外調査 活用事例(https://visasq.co.jp/service/globalresearch)

海外市場調査の費用

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社ビザスク企業概要

会社名 株式会社ビザスク
会社所在地 東京都目黒区青葉台4-7-7住友不動産青葉台ヒルズ9F・10F
会社設立 2012年3月(創業)
事業内容 ビジネス分野に特化したナレッジプラットフォームの運営
新規事業創出/組織開発支援
公式HP https://visasq.co.jp

株式会社アスマーク

海外市場調査会社株式会社アスマーク公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社アスマーク公式サイト(https://www.asmarq.co.jp)

株式会社アスマークの特徴

バイリンガルやトリリンガルのスタッフが在籍しているアスマーク。ネットリサーチでは複数のパネル会社とのパートナーシップを活用し、お客様の予算と調査目的に合わせて配信するパネルを設定します。複数の国への同時配信も可能なので、マルチカントリー調査にも対応可能です。

また条件分岐やランダマイズ表示など、高機能なロジック対応を盛り込んだアンケートシステムの利用も可能です。英語や中国語、韓国語、フランス語、タイ語など複数の言語に対応しています。

海外市場調査対象国

  • 欧州(イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシア、ノルウェー など)
  • アフリカ・中東(南アフリカ、UAE、エジプト、サウジアラビアモロッコ など)
  • アジア(中国、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、ベトナム など)
  • 北米・南米(アメリカ、カナダ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ など)

市場調査レポートカテゴリ

市場調査レポートのカテゴリについてはお問い合わせください。

海外市場調査の実績

自動車免許保有の男女を対象としたWebアンケート

フランス・イタリアの20〜60代の自動車運転免許保有者を対象としたソフトウェアWebアンケートを実施しています。人数は各国1,000サンプル(合計2,000サンプル)、回答時間はおよそ10分のアンケートとなっています。

調査票の翻訳から画面作成、データ回収、ローデータ納品の対応を行いました。

※参照元:株式会社アスマーク公式サイト(https://www.asmarq.co.jp/global-research/)

株式会社アスマークの口コミ・評判

きめ細かい対応をしてくださいます

営業担当、実査担当の方ともに、当社の相談に対して丁寧に回答していただき、大変助かりました。特に実査担当の方はきめ細かい対応をして下さり、いつも気持ちよくやり取りさせていただいております。今後とも宜しくお願いいたします。引用元:株式会社アスマーク お客様の声(https://www.asmarq.co.jp/interview-voice/)

海外市場調査の費用

下記は費用の一例となります。

  • Webアンケート(フランス・イタリア、合計2,000サンプル):3,410,000円
  • Webアンケート(日本・中国・アメリカ・インド・ブラジル、合計1,000サンプル):2,640,000円

株式会社アスマーク企業概要

会社名 株式会社アスマーク
会社所在地 東京都渋谷区東1-32-12 渋谷プロパティータワー4F
会社設立 2001年12月
事業内容 市場調査
HR Techサービス
RPA導入・運用支援
労働者派遣事業(許可番号:派13-311841)
公式HP https://www.asmarq.co.jp

フェネトル・パートナーズ株式会社

海外市場調査会社フェネトル・パートナーズ株式会社公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:フェネトル・パートナーズ株式会社公式サイト(https://www.fenetre.co.jp/jpn/)

フェネトル・パートナーズ株式会社の特徴

海外市場の調査を行い、お客さま企業の製品へのニーズが高く成長性の高い市場を特定することに加え、参入戦略の提案サービスまで提供しています。

同社の市場調査では、各種テストマーケティングとの組み合わせにより、ユーザー候補やディストリビューター候補による「生の声」を集められるため、より実践的なアウトプットの報告が可能です。

海外市場調査対象国

  • アジア(中国、香港、台湾、インド、韓国、シンガポール など)
  • 中東(イスラエル、アラブ首長国連邦、オマーン、カタール、ヨルダン)
  • オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)
  • ヨーロッパ(フランス、ドイツ、イギリス、スペイン、オーストリア、イタリア など)
  • 北米(アメリカ、カナダ、メキシコ)
  • 南米(ブラジル、チリ、アルゼンチン、ペルー、エルサルバドル)
  • アフリカ(南アフリカ、コンゴ、タンザニア、マダガスカル など)

市場調査レポートカテゴリ

  • 産業機械
  • 部品
  • エネルギー
  • 物流
  • 医薬品
  • ソフトウェア
  • フードサービス 他

海外市場調査の実績

フィリピンにおける中古市場調査

不用品取引業の企業からの意依頼により、フィリピンにおける中古市場に関する調査を実施しています。

現地の取引先候補企業はWebサイトを持っていないローカル企業が多かったこともあり、ターゲット企業の特定は難しかったものの、最終的に現地のパートナーとして30社近い企業のリストアップを行っています。

※参照元:フェネトル・パートナーズ株式会社 事例紹介(https://www.fenetre.co.jp/jpn/2016/09/post-124.html)

フェネトル・パートナーズ株式会社の口コミ・評判

インターネット上に口コミなどはありませんでした。

海外市場調査の費用

  • マクロ調査(グローバル):220,000円〜
  • マクロ調査(ローカル):1ヶ国110,000円~
  • 市場調査(ローカル):1ヶ国220,000円〜
  • 取引可能性調査(ローカル):1ヶ国550,000円~
  • 消費者調査(ローカル):1ヶ国770,000円~

フェネトル・パートナーズ株式会社企業概要

会社名 フェネトル・パートナーズ株式会社
会社所在地 東京都港区六本木5丁目18番23号 INACビル4 階
会社設立 2008年6月
事業内容 日本企業向け海外進出支援サービス
自治体向け貿易・投資プロモーション支援サービス
海外企業向け日本市場参入支援サービス
公式HP https://www.fenetre.co.jp/jpn/

株式会社 日本リサーチセンター

海外市場調査会社株式会社 日本リサーチセンター公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社 日本リサーチセンター公式サイト(https://www.nrc.co.jp/)

株式会社 日本リサーチセンターの特徴

日本リサーチセンターは、これまでに蓄積してきたナレッジと独立系調査会社の強みを活かした海外調査を行っている企業です。数多くの調査の中では、4カ国を超えるマルチカントリー調査の経験も多くあります。

調査にあたっては、海外調査に精通したスタッフが現地調査会社の得意分野を見極めた上で、プロジェクトにあったパートナーを選択。さらに、どの国の調査でもお客様が求める品質となるように、情報収集と品質管理に取り組んでいる点も特徴です。

海外市場調査対象国

  • 中国
  • アメリカ
  • タイ
  • 香港
  • 台湾
  • インドネシア
  • シンガポール

市場調査レポートカテゴリ

市場調査レポートのカテゴリについてはお問い合わせください。

海外市場調査の実績

需要動向/市場実態把握調査など

日本リサーチセンターでは、海外調査として「マルチカントリーヘルスケア製品使用実態調査」や「中国浄水器市場調査及び関連法規調査」「特定ボディタイプ車に関するニーズ調査」などさまざまな調査を実施しています。

調査の詳細は公式ホームページに記載がありませんでしたので、直接お問合せください。

※参照元:株式会社日本リサーチセンター 主な実績(https://www.nrc.co.jp/about/achievements/index.html)

株式会社 日本リサーチセンターの口コミ・評判

インターネット上に口コミなどはありませんでした。

海外市場調査の費用

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社 日本リサーチセンター企業概要

会社名 株式会社 日本リサーチセンター
会社所在地 東京都墨田区江東橋4-26-5東京トラフィック錦糸町ビル
会社設立 1960年12月24日
事業内容 内外の市場および世論などに関する調査・研究とその受託
内外の経済・社会・地域などに関する調査・研究とその受託
マーケティングに関する総合的企画などの立案・実施とその受託
マーケティングコンサルティングの立案・実施とその受託
ピーアールに関する企画立案・実施とその受託
上記に関連する通信情報システムおよびコンピュータソフトウェアの開発、製造および販売
上記に関連する出版物および制作物の制作・監修
公式HP https://www.nrc.co.jp/

株式会社工場市場研究所 グローバルマーケティングラボ

海外市場調査会社グローバルマーケティングラボ公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:グローバルマーケティングラボ公式サイト(https://www.global-marketing-labo.jp)

株式会社工場市場研究所 グローバルマーケティングラボの特徴

世界各国と強力なネットワークを構築することにより、これまでに40カ国以上(※)の国で調査を行ってきた実績を持っている会社です。同社は基本的な姿勢は「足で稼ぐ生きた情報の収集」としており、現場主義を大切にした調査を行っています。

また海外進出を検討している企業に向けた、海外進出サポートも実施しています。情報収集支援や事業戦略や販売戦略の立案支援など幅広いサービスを提供している点も同社の特徴です。

※参照元:グローバルマーケティングラボ公式サイト(https://www.global-marketing-labo.jp/performance/)

海外市場調査対象国

  • 中国
  • アメリカ
  • イギリス
  • ドイツ
  • インド
  • インドネシア
  • タイ
  • ベトナム

市場調査レポートカテゴリ

  • 情報通信・AV家電・エレクトロニクス
  • 自動車
  • インダストリアルマテリアル
  • エネルギー・環境・リサイクル
  • メディカルライフサイエンス
  • 農業水産
  • 装置・機械
  • 住宅・不動産 ほか

海外市場調査の実績

特定モーター市場に関する調査

韓国、インド、ドイツ、スイス、アメリカを対象として、グローバル市場における特定モータに関する調査を実施。用途別・地域別の市場規模について把握し、市場に進出する際に活用できる基礎資料の作成を目的とした調査となっています。

主要モーターメーカーと代理店などに対するヒアリングとオープンデータの収集といった手法を用いて調査が行われました。

※参照元:株式会社工場市場研究所 グローバルマーケティングラボ 海外市場調査実績(https://www.global-marketing-labo.jp/performance/)

株式会社工場市場研究所 グローバルマーケティングラボの口コミ・評判

インターネット上に口コミなどはありませんでした。

海外市場調査の費用

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社工場市場研究所 グローバルマーケティングラボ企業概要

会社名 株式会社工業市場研究所
会社所在地 東京都港区西新橋3-6-10 マストライフ西新橋ビル
会社設立 1967年8月1日
事業内容 産業全般にわたるマーケティングリサーチ、コンサルティング
調査レポート、調査資料の出版、各種情報サービス
公式HP https://www.global-marketing-labo.jp/

海外市場調査とは?

海外市場調査とは?

海外市場調査は、外国の市場状況やそのトレンドを調べることです。ビジネスにおいては、外国における事業の展開に先立って行われることが多く、進出した際のリスクを抑えるために役に立ちます。海外市場のリサーチすることで、自社製品・サービスの仕様や価格をどのようの調整すればいいのか、マーケティングをどのように行えばいいのかなど、機会損失を防ぐヒントが得られます。

海外市場調査の目的

現地マーケットの把握

海外進出を検討している場合、現地市場を知ることで自社が入り込めそうなのかを判断できます。市場リサーチによって状況を把握することで、海外進出における費用やコスト、労力などに関するリスクを下げることにつながります。

需要の把握

日本で売れた製品が海外で売れるとは限りません。そのため、自社の製品やサービスが現地で必要とされているのか、またどのような製品開発が必要なのかといった点が調査により確認できます。

競合の分析

競合について知ることで、自社が現地の市場に参入できる見込みがあるかどうかが把握できます。さらに市場で優位な会社を調査すると、現地で効果的と考えられるマーケティング方法の検討にも役立ちます。

現地の法律や規制に関する調査

販売しようとしている製品に含まれる原材料や成分が、現地の法律などに則しているかを確認する必要があります。特に化粧品や食品を販売する際には事前リサーチが必要です。

海外進出にあたってのパートナー企業の調査

現地で営業を行う上では、信頼できるパートナー企業を探すことも大切です。例えば現地の法律などに精通した弁護士や生産・流通に詳しいパートナーなどが挙げられます。

国際的に事業を展開しようとする場合には、自社製品に合ったパートナー企業を把握しておくといった点も必要となってきます。

海外市場の調査方法

インターネットでの調査

デスクリサーチとも呼ばれる方法です。

インターネットのみで調査を行うため、低コスト・短期間での情報収集が可能であるものの調査データが正確かどうか確実ではないことから、他の調査方法と組み合わせる必要があります。

アンケートによる調査

現地の対象企業・消費者などにアンケートに回答してもらう方法です。アンケート調査には街頭調査や訪問調査、電話調査、FAX調査、郵送調査、インターネット調査といった種類があります。

インターネットによるアンケート調査であれば、比較的短期間・低コストでの調査が可能です。

店頭での調査

現地の調査員により、対象者が足を運ぶ現地のお店にて販売されている商品の価格や競合となる商品などを調査する、という方法です。現地での価格を把握できるため、価格設定の際の重要な情報を手に入れられます。

体験モニターによる調査

一定の期間自社製品・サービスを使用してもらい、期間終了後にアンケートを回収する方法です。実際に使用した人の声が聞けるというメリットがあります。

インタビューによる調査

対象者に直接インタビューを行う方法です。1体1でインタビューする方法のほか、グループインタビューを行う方法や、チャットを使用してインタビューする方法などがあります。また、専門家へのインタビューを行う場合もあります。

海外市場調査会社のメリットと効果

国内で手に入れることが難しい情報が手に入る

海外市場調査会社にリサーチを依頼する場合、国内では把握が難しい情報を手に入れられるメリットがあります。

対象となる地域ならではの風習のほか、どのようなものが販売されているのかといった点など実際に現地でしか分からない情報を手に入れられます。

競合に関する情報を把握できる

調査会社に依頼することで、これからビジネスを行おうとしている国に競合となる会社があるのか、またある場合にはどのような会社なのかといった点を把握できます。

このような競合情報は新しいビジネスを始める場合にはもちろん、提携などを検討する場合にも役立つ情報となります。

海外市場リサーチの進め方

調査手法を選択する

海外市場調査にはさまざまな方法がありますので、調査目的に応じた手法の選択が大切です。

この部分については、現地の事情を踏まえた計画が大切となってきますので、現地事情に精通した調査会社を選ぶことがポイントです。

調査票の内容を検討する

例えば性別の尋ね方や収入は月収・年収のいずれで答えてもらうかなど、調査票の内容を確認することは大切なポイントとなってきます。

また商品について尋ねる場合にも、その国や地域で一般的なものなのかそうでないのかといった点などによって聞き方が変わってくるため、現地事情に配慮した設問設定が必要です。

対象者の条件などの設定を行う

海外調査を行う場合、その地域の特性や経済的な地位が調査結果に影響してくる場合があります。そのため、どのような人を対象としてリサーチを行うのか、またどういった軸で比較を行うのかを決めていきます。

翻訳者・チェック担当者の確認

海外調査では翻訳作業が必要です。調査内容がしっかりしていても翻訳の品質が低いと、利用価値のない調査結果になってしまう可能性もあります。そのため、翻訳するのは誰なのか誰がチェックするのかといった部分への注意が必要です。

無理のないスケジュールを設定する

海外市場調査を行う場合には、スケジュールには余裕を持つことが大切です。これは、現地確認や翻訳作業など海外の調査ならではの作業が発生してくるためです。

また、調査を行う国の祝日や休日事情も考慮しながらスケジュールを立てていきます。

海外市場調査の費用感

海外市場リサーチの費用は各社で異なりますが、一例として外部データによる市場分析、消費者調査による消費者と競合の分析を行った場合には、1つの国あたりの費用目安は400万円〜、という例もあります。このことから、複数の国での調査が必要な場合にはかなり高額の費用となります。

以上から、あらかじめ調査の予算を伝えておき、その中で調査を行ってもらえるプランを検討してもらうといった方法もあります。

海外市場調査会社選びの注意点

海外市場会社の種類

海外市場調査会社は、リサーチ方法などによりいくつかの種類に分けられます

  • 海外の調査会社が調査してまとめたデータを販売する会社
  • 海外に保有しているパネルを用いて調査を行う会社
  • 現地のマーケターに調査を依頼する会社

海外市場調査会社を選択する場合には、検討している調査会社がどのタイプに当てはまるのかといった点も確認することも大切です。

調査実績は豊富か

その会社がどれだけ海外市場調査の実績があるか、という点は非常に重要なポイントとなります。やはり豊富な経験を持つ調査会社であれば、その国や地域特有の事情などにも詳しいと考えられますので、その国・知識に合ったリサーチが行えます。

どこの地域の調査に対応しているか

調査会社により対応している国や地域が異なります。自社でリサーチしたい内容が満たせるように、「どこの地域の調査に対応しているか」という点の確認も大切なポイントです。多くの国でビジネス展開したい場合には、できるだけ多くの国に対応している調査会社を選ぶのがおすすめです。

パネル登録者に偏りがないか

オンライン調査におけるパネル登録者に偏りがあると、調査結果にも偏りが出てくる可能性があります。そのため、登録者に偏りがないか、という点を確認することも大切です。

海外市場調査に関するよくある質問

ここからは、海外市場調査に関する「よくある質問」を紹介していきます。レポート購入などに関する疑問や不安を感じている方は、以下のQ&Aを参考にしてみてください。

Q1.自社のニーズに合わせた独自調査をしてもらえますか?

各調査会社では、それぞれのお客さまの要望などを十分にヒアリングした上で調査内容や手法を決定していきます。

リサーチにかけられる予算が決められているといったケースにおいても、予算内で対応できる調査について提案してくれます。一度自社の要望をまとめた上で、調査会社に相談してみることがおすすめです。

会社が海外のパネルを活用して受注してからリサーチするパターンと、すでに業界や市場を絞り込んで調査したレポートを購入するパターンなど、手法にもちがいがありますので、この点も事前に確認するようにしてください。

        

Q2. 日本語でレポートを受け取ることは可能でしょうか?

納品の際に英文レポートとなるか、また日本語でのレポートとなるかは調査会社によって異なるため、あらかじめ納品形式を確認しておきます。

また英文レポートでの納品を基本としている場合でも、翻訳サービスを用意している調査会社もありますので、翻訳が可能かどうかといった点も確認しておくと良いでしょう。

海外の調査会社と英文でやり取りする必要があるかないかも、事前に確認しておきたいポイントのひとつです。

         

Q3.調査結果が届くまではどのくらいかかりますか?

調査結果のレポートが届くまでの納期は、各社により異なります。新規でリサーチをするとなれば、一定の調査機関がかかります。

すでにリサーチ済みでレポート製品になっている場合は、決済後にすぐに入手できる場合もあります。

同じ海外市場調査会社でも調査手法やリサーチの規模などによって納期が変わってくると考えられますので、複数の調査を依頼する場合などにはそれぞれの調査についての納期を確認しておくことが大切です。

できれば複数のレポートを比較して選択できたり、レポートの精査を調査会社がサポートしてくれたりする会社が理想的です。

        

海外市場調査会社社まとめ

海外市場調査会社社まとめ
代表的な海外市場調査会社について特徴や事例、口コミなどを紹介するとともに、「海外市場調査とは」といった点や会社選びの注意点、よくある質問などについても解説しました。

これから海外に向けてビジネスを展開しようとする場合、現地の市場調査は非常に重要になってきますので、自社のニーズに合った海外市場調査会社を選ぶようにしてください。

もう一度、各社の特徴を確認してみたいという方は、下記表の比較表各社をクリックしてください(該当企業に直接移動できます)。

企業名 対応エリア 調査内容 調査手法
株式会社
グローバルインフォメーション【PR】

サービスの詳細資料はコチラ>>
アジア太平洋
欧州
中南米
中東/アフリカ
北米
医療機器
医薬品
マテリアル
通信/IT
エネルギー
公的機関、業界団体、企業が公開するデータ、学術資料、商用データベース等の文献調査
KOLや業界関係者への対面/電話インタビュー・アンケート調査

※複数調査会社と連携した調査も提案
サービスの詳細資料はコチラ>>
株式会社
クロス・マーケティング
欧米先進国
BRICs
東南アジア
オセアニア
時事・流行
イベント
消費動向
美容
ファッション
食品・飲料
Webアンケート調査
定性調査
グループインタビュー
GMOリサーチ株式会社 アジア
オセアニア
ヨーロッパ
アフリカ
北米・南米
要問合せ オンラインリサーチ
株式会社LIFE PEPPER 全世界に対応 建築・化学
食品
ウェブサービス
インフラ
ベーシックリサーチ
海外大規模アンケート
セグメントリサーチ
トレンドリサーチ
株式会社マクロミル 韓国
中国
タイ
インドネシア
ベトナム
要問合せ オフライン調査
定量調査
ニューロリサーチ
ユーザビリティ調査
株式会社ネオマーケティング 中国
ベトナム
インド
韓国
アメリカ
要問合せ ネットリサーチ 他
株式会社インテージ 中国
韓国
タイ
フィリピン
ベトナム
自動車・家電
食品・医薬品
外食・旅行 他
デスクリサーチ
消費者パネルデータ
専門家ヒアリング
株式会社ビザスク 中国
香港
イギリス
フランス
アメリカ
製造業
小売・飲食
医療
ヘルスケア
インタビュー
アンケート
株式会社アスマーク イギリス
フランス
南アフリカ
中国
アメリカ
要問合せ ネットリサーチ
定量調査
フェネトル・パートナーズ
株式会社
中国
香港
フランス
アメリカ
産業機械、部品
エネルギー
物流
医薬品 他
マクロ調査
市場調査
取引可能性調査
消費者調査
株式会社
日本リサーチセンター
中国
アメリカ
タイ
香港
台湾
要問合せ 要問合せ
グローバルマーケティングラボ 中国
アメリカ
イギリス
ドイツ
インド
情報通信
AV家電
自動車
エネルギー
環境
農業水産
オープンデータの収集
ヒアリング 他
ページトップへ