採用にコンテンツマーケティングを活用する効果とメリット

採用にコンテンツマーケティングを活用する効果とメリット
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

求職者がなかなか集まらないと感じるなら、新たな対策が必要かもしれません。長期的で効果的な運用を考えているなら、採用コンテンツマーケティングを考慮してみましょう。もしかしたら、今までリーチできていなかった層にも情報が届くかもしれません。

採用コンテンツマーケティングについての基礎情報から、活用するメリットまでを紹介します。学生や社会人への接触を高めたいなら、紹介する情報を参考にしてみてください。

コンテンツマーケティングとは?

様々なウェブサイト
コンテンツマーケティングは、読者にとって価値のあるコンテンツを提供します。また、コンテンツにより見込み客を育成させ、最終的にはファンになってもらうマーケティング手法のことです。

コンテンツの提供は、Googleなど検索エンジンからの流入を目指します。検索エンジンからサイトに訪問してもらうためには、SEO対策が必要です。SEOとは、検索エンジン最適化のことで、価値あるコンテンツを検索上位に表示させるための工夫をしていきます。

このようにコンテンツマーケティングでは、各コンテンツに設定したキーワードごとに流入させることができます。つまり、コンテンツを通してまだファンではない読者を取り込み、コンテンツで接触回数を増やし、コンテンツで共感を得ながらファン化する手法です。

コンテンツマーケティングを採用に活用

ビジネスマン
コンテンツマーケティングを採用に活用とは、簡単にいうと読者に「この会社に入社したい」と思わせるコンテンツ提供をすることです。流れとしては、学生・就職活動中の社会人・転職活動中の人が興味あるコンテンツを発信、育成をしながらファンになってもらいます

入社や転職を考えている人が興味を持つコンテンツは、複数の内容があるでしょう。たとえば、会社理念や他社との違い、会社の雰囲気を伝えるコンテンツなどです。ほかにも、社員の声や社会貢献の内容を公開するのもいいでしょう。

また、すでに入社している従業員に向けて、ファン化するコンテンツも考えられます。従業員が会社のファンになれば、定着率がアップし新たな採用が不要になるためです。社員の良い口コミも広がりやすくなり、幅広い人が入社したい会社へと成長させることができます。

採用コンテンツマーケティングの応募者側のメリット

メリット
採用コンテンツが充実していると、応募者側にも大いにメリットがあります。実際に会社で働いたイメージがつかみやすくなるでしょう。入社前は多くの人が不安を抱えているため、採用コンテンツマーケティングでは応募者が求める情報を盛り込むことが重要です。

たとえば、企業の想いを紹介するコンテンツがあれば、応募者も目指す方向性を理解しやすくなります。他社との差別化のコンテンツでは、会社の強みがわかり、何のために働くのか理解するため役立つでしょう。

応募側で重要となるのは、入社したあとの様子を自分に置き換えて想像しやすいコンテンツ内容です。会社の行事や休憩時間の様子など、仕事以外のシーンも参考になります。誰でも仕事にやりがいを持ちたいもので、社会貢献や環境の配慮など、やる気につながる内容があればコンテンツとして配信がおすすめです。

採用コンテンツマーケティングの企業側のメリット

メリット・注意点
採用コンテンツマーケティングを取り入れる企業が増えている理由は、企業側に大きなメリットがあるためです。人材募集のためだけでないメリットが多数あります。コンテンツ作成は時間も手間もかかりますが、それ以上のメリットが得られれば活用する価値があるでしょう。

潜在層にリーチできる

第一のメリットとしては、潜在層にリーチできる理由があります。潜在層とは、まだ転職や就職活動を考えていない人のことです。就職・転職活動を始める前からコンテンツを通し会社のファンになってもらい、いざ就職活動を始めるときに思い出してもらう目的があります。

コンテンツを通して、ユーザーが問題解決できるようなサイトが望ましいです。有益な情報があるサイトだと認識してもらえれば、繰り返しコンテンツを見てくれる可能性があります。コンテンツの閲覧時に就職の可能性がなくても、会社の存在には気がついてくれるはずです。

潜在層へのリーチは、ユーザーが検索するキーワード分析が必要です。調べる可能性のあるキーワードを調査し、コンテンツを充実させることで、潜在層から見込み層へと成長させることができます。

ファンを増やしやすい

採用コンテンツの提供は、純粋に自社のファンになってもらう狙いもあります。ファン化を促す理由は、SNSの普及により多くの情報が得られるようになったためです。情報量が多く選択肢が複数ある現代では、他社との差別化を図るためにブランディングがより重要なポイントとなっています。

ブランディングでは、商品やサービスのブランドストーリーを提供しましょう。開発段階の苦労話や工夫したことがあれば、積極的に提供してください。

人が共感するのは、商品の良さではなくストーリーです。商品の開発秘話をストーリーとして公開すれば、ファン化につながりやすくなります。一度ファンになったユーザーは離れにくくなり、いずれ応募者になる可能性が高まります。

コンテンツを無限に増やせる(中長期的採用戦略)

コンテンツマーケティングでは、コンテンツに制限はありません。無限にコンテンツを提供できるため、幅広い層とのコミュニケーションも可能となります。

コンテンツは増えれば増えるほど、サイトの評価も高まっていきます。数記事しかコンテンツがないときより、記事が数十や数百など増えればサイトの評価は高まります。評価が得られるのは、検索エンジンとユーザーの両方からです。

また、コンテンツに制限がなければ、ユーザーに伝えたい内容を自由に盛り込むことができます。即時公開も可能で、必要なときにユーザーと接点が持てるようになります。

有用な記事を継続的に投下できるということは、ミニマムのコストで中長期的な採用活動ができることにもなります。

今まで接点のなかったタイプの求職者に出会える

コンテンツマーケティングでは、設定したキーワードで流入が期待できます。一般的には会社やサービス名だけの流入ですが、コンテンツマーケティングなら幅広いキーワードからユーザーがサイトを訪問するようになります。

幅広いキーワードからの流入は、新しいユーザー獲得に役立ちます。たとえば、今までは新卒者のみにアピールするだけだったのが、キーワードを変えて転職者向けコンテンツを充実させれば、中途採用のリクルーティングにも役立つといった具合です。

コンテンツマーケティングなら、自社が採用したい求職者にターゲットにーザーを絞ることも、幅広いユーザーを獲得するためにキーワードを増やすことも可能です。

コンテンツマーケティングを採用戦略に取り入れるメリットには、このように採用戦略をアレンジできることも含まれます。

SEOが施策が強化されコスト削減になる

コンテンツマーケティングは、一般の広告と比べると即効性に欠けるというデメリットがあるのは確かです。最初は効果が見えず時間や費用を費やすため、心配になるかもしれません。しかし、単発的な広告と比較すると中長期で求職者が集められるため、最終的にはコストダウンにつながります。

長期的にコンテンツを提供していくことによってホームページや採用オウンドがGoogleから評価を受け、さまざまなキーワードで上位表示されるようになります。また、記事数が増えれば増えるほどターゲットとの接触回数が増えていきます。

コンテンツマーケティングは初期費用が大きいと感じるかもしれませんが、採用イベントや合同説明会など限られた期間で行われる採用活動と異なり、いつでも求職者との接点を維持できる「ローコスト戦略」なのです。

コンテンツマーケティングのイニシャルコストと人材1名につきかかる採用コストをグロスで比較してみれば、どちらがコストダウンにつながるかがわかるはずです。

ニーズの把握ができる

サイトにアクセス解析を入れることで、ニーズの把握に役立ちます。どんな年齢層がサイトを訪問しているのか、どの記事が人気なのかが把握しやすくなります。会社のどの部分にユーザーは興味があるか把握できれば、企業の強みを伝えやすくなるでしょう

また、データは客観的な視点の把握にも役立ち、コンテンツの見直しができるでしょう。コンテンツは作成して終わりではなく、改善することで良くなっていきます。

データの良いところは、具体的な数値で表すことができる点です。ユーザーが興味のある内容がわかれば、社内でのイベントにも役立てられるでしょう。オフラインでの交流の際にもデータの活用がおすすめです。

採用コンテンツマーケティングで意識すべきポイント

ポイント
コンテンツ提供で重視すべきポイントは、目的を明確にすることです。何のためにコンテンツ提供をするのか考えておくと、一貫したコンテンツ内容になります。ブレのないコンテンツは迷いがなく、求職者にダイレクトに伝わる文章が書きやすくなります。

価値あるコンテンツが人をひきつける

コンテンツマーケティングにおける価値は、3点です。ユーザーが知りたい情報の提供、多くの人に人気が出る情報、応募につながるコンテンツです。それぞれが持つ価値を確認しておきましょう。

求職者が知りたい有益な情報

求職者の多くが知りたい情報にもいろいろありますが、「この会社で働くとどうなるのか」がイメージしやすいコンテンツはなくてはならないものです。

休暇や福利厚生に関する情報も大事ですが、キャリアプランや新人の研修制度、中途採用で活躍している社員の声、社内イベントや日頃の業務に関する社員へのインタビューなどは、会社を選ぶ際にだれもが参考にしたい内容です。

最近では社会貢献に対する思想や多様性を重んじる社風といった、CSRを重要視する住職者も増えてきています。

求職者に評価される会社になれるようなコンテンツでアピールすることができれば、採用活動がグッと楽になるはずです。

SNSで効率よく情報を拡散

直接採用につなげるSNS就活も増えてきていますが、大手に集中しがちな優秀な人材にまず自社の存在を知ってもらいたい、という場合はSNSによる情報拡散が非常に効果的です。

SNSでバズると多くのユーザーがそのアカウントを見ることになります。下手な情報発信は炎上リスクもあるので注意が必要ですが、認知度や会社の規模でかなわなくても、SNS上であれば同等に戦えます。

拡散されやすい情報は、今話題のニュースなどです。たとえば、多くの人が疑問を抱える声を代弁してくれると、シェアが期待できます。また社会貢献の思想なども支持者を集められる可能性があります。

また拡散されやすい情報は、多くの人が抱えるお悩みを解決したり、解決につながる提案をしたりする情報です。共感される内容を工夫すれば、同じ悩みを持つ人が拡散してくれる可能性があります。

コンテンツ作成では、ユーザーが持つ悩みをつねにリサーチして、「〇〇〇についてこのような情報が提供できる会社で働きたい」というユーザーも獲得できるようになっていきます。

応募の意向を高める情報

最後に重要となるコンテンツが、応募の意向を高める情報です。採用コンテンツマーケティングを活用する目的は、求職者に応募してもらうことだからです。最終的に応募したくなるコンテンツの作成が必要になってきます。

バズる記事は話題性があります。しかし、会社に興味を持ってもらわなければ、採用コンテンツマーケティングは成功したとはいえません

応募のきっかけになるコンテンツは、ユーザーが行動を起こせることが大切です。応募したいと思わせるよう、会社の特徴を含めながら感情を刺激するようにしましょう。

どのような場合に人は会社を好きになるのか、働きたいと思うのか考えなければなりません。

採用向けのコンテンツマーケティングは応募へつながるか?を重視

採用コンテンツマーケティングでは、応募につながる度合いで作成するようにしましょう。多くの企業はバズる記事を目指しがちですが、会社を知っただけでは応募につながりません。応募につなげるためにはどの対策が必要なのか、3つの視点で紹介します。

ペルソナ・ターゲット設定

コンテンツマーケティングを成功させるため、ペルソナを細かく設定してください。ペルソナとは、サイトに訪れて欲しいユーザーのことです。応募して欲しいと考えるユーザーを細かく設定していきましょう。ペルソナを決めるときは、性別・年齢・趣味・生活習慣まで細かく設定します

ここで注意したいのは、ペルソナとターゲットは異なる点です。ペルソナはたった1人なのに対し、ターゲットは幅広い人を示します。たとえば、40代男性のターゲット内に、サーフィンが趣味で既婚男性のペルソナ1人がいるイメージです。

ペルソナを決める理由は、コンテンツで共感してもらうためです。対象者が明確になるほど、相手の考えやライフスタイルに近いコンテンツを盛り込みやすくなります。コンテンツで自分ごとになるほど、ユーザーは共感してくれるからです。

独自性の高いコンテンツにする

独自性の高いコンテンツとは、そのサイトにしかない情報のことです。他サイトにない情報は真似されにくく、ユーザーにとって有益な情報になります。独自性の高いコンテンツ作成でできる工夫は、独自に調査したデータを採用することです。

ここで注意したいのは、自社の立ち位置をどこに決めるのかです。他社の立ち位置とはかぶらないように設定することで、真似できない独自性が出るでしょう。市場内でオンリーワンになれば、自然と価値を感じてもらえます。誰も手をつけていない隙間は、戦わずして勝つことができるでしょう。

この立ち位置を考えたメディア戦略とは、ポジショニングメディアの制作です。たとえば、「安さ」のような誰でも考え付くポジションではなく、ニッチな分野のユーザー向けコンテンツを配信しましょう。

発信を続けることが価値に

コンテンツの提供は、長期的な視点を持つことが大切です。継続して有益な情報が公開されているほど、ユーザーはサイトに価値を感じやすいためです。

長期的にコンテンツを更新して、「特定の情報ならあのサイト」と言われるようになりましょう。すると、一度の接点だけでなく、繰り返し訪問してくれる可能性があります。ファン化につながれば、採用向けのコンテンツに触れる機会も自然と増えていきます。

コンテンツマーケティングはアウトソーシングできる?

疑問
コンテンツマーケティングは、アウトソーシングが可能です。ただし、外注企業を探す際には、総合的な支援ができるかチェックするようにしてください。

支援会社といっても、さまざまなタイプがあります。

  • Webサイト作成専門会社
  • コンサルをメインとする会社
  • 運営代行の会社

ゼロベースから依頼するならWeb制作の専門会社、サイトがすでにある場合はコンテンツマーケティングを得意とする会社を選ぶとよいでしょう。

採用マーケティングを見直したい場合は、採用に強いコンサル会社にマーケティング戦略を提案してもらい、広告運用やメディアの活用、採用オウンドの運用代行など依頼したい内容と優先順位を整理したうえで、採用広告にかけるバジェットの範囲で依頼していきます。

外部専門会社に依頼する場合、そのコンサル会社や制作会社が「納品して終わり」なのか、ランニングコストを支払い毎月改善のPDCAを回し運用まで見てくれるのか、はっきり確認しておくこと。先方の作業範囲をできるだけ詳細に把握しておきましょう。

大きな費用を投下したにもかかわらず期待したような効果が出ない場合、問題を解決して改善していかなければ広告費用が水泡と化します。これだけは気を付けたいところです。

コンテンツマーケティングは全研本社へ

疑問・閃き
採用コンテンツマーケティングに取り組みたいなら、全研本社へご相談ください。全研本社は10年以上前からコンテンツマーケティングに注力、これまでに1200業種以上の中小企業へのマーケティング支援を行ってまいりました。

求職者を集めるためのコンテンツ作成の提案や採用オウンドメディアの制作・運用、コンテンツマーケティング施策導入のためのライター手配などがワンストップでご提供できます。

求職者を効率的に集めるマーケティング戦略のご提案も可能ですので、何から始めていいのかわからないとお悩みの場合はぜひ弊社までお問い合わせください。

採用コンテンツマーケティング
のご相談はこちら

ページトップへ