オウンドメディアを使ったマーケティングは、今後もウェブマーケティングの手法の一つとして重要視されると考えられるもの。では、オウンドメディアによるコンテンツマーケティングとはどんなものなのでしょうか。

コンテンツマーケティングとは

まず、コンテンツマーケティングの定義について知ることから始めましょう。

コンテンツマーケティングとは、顧客・ユーザーや潜在的な顧客に対して、有益な情報を発信するコンテンツを制作することで、読者を自社・自ブランドのファン化するためのマーケティング施策のことを言います。

顧客の今あるニーズに応えるものを提供するのではなく、潜在的な顧客に自社の存在を知ってもらうことが最初のステップ。コンテンツを購読してもらうことで徐々に顧客を育成し、最終的に購買へ、あるいはリピーター化へ導くことをねらいとしています。

潜在的顧客は「知りたい情報」を求めて検索する

潜在的な顧客にとって、広告や興味のない情報はノイズでしかなく、アクセスを避けようとします。そのため、これまでの広告戦略では十分な効果が得られない可能性があります。

そこで、良質な情報や記事を提供することで、Webサイトへの流入を増やし、潜在的な顧客を引き寄せることが必要なのです。

オウンドメディアとは

こちらも最近のwebマーケティングの常識になりつつある「オウンドメディア」。こちらはどんな手法なのでしょうか?

コンテンツマーケティングと混同されがちですが、オウンドメディアはコンテンツマーケティングの手法のひとつです。

コンテンツマーケティングは、顧客に対して有益な情報を提供し、顧客のファン化を目指すもの。オウンドメディアは、その中でも自社で所有するメディアを使って情報発信するものを指します。

もっとも一般的なのは、ブログ形式で情報発信するwebサイト。webマガジンやメールマガジンもオウンドメディアに含まれます。

オウンドメディアと対になる概念に、アーンドメディアがあります。こちらはSNSや口コミサイトといった自社所有でないメディアを使ったマーケティング。オウンドメディアの記事を拡散したり、顧客とのコミュニケーションが中心になります。

このオウンドメディアとアーンドメディアは、いずれもコンテンツマーケティングに使われる媒体、あるいは手法として位置づけられているのです。

オウンドメディアを露出するためのseoのポイント

オウンドメディアのアクセスを伸ばすためのSEO対策としては、キーワード選定が非常に重要です。上位表示させたいキーワードの検索上位にあるサイトの傾向を分析し、ユーザーの検索意図の傾向を見抜いて、それに合わせたコンテンツを作成することが求められます。

サイトの構造を明確にする

SEO対策のためには、サイト全体を構造化することが必要です。コンテンツをカテゴリごとに整理し、わかりやすい構造に設計することが必要です。一般的には、リンク階層が浅い構造の方が好まれるとされています。

ターゲットをきちんと設定する

オウンドメディアは、ターゲットを絞り込んで、そこにしっかり刺さるコンテンツを作成しなくてはなりません。広く浅いターゲット向けの記事では、コンテンツの価値が低く、ユーザーの離脱が増えて検索エンジンからも評価されなくなります。

snsも活用の仕方次第でオウンドメディアの流入経路に

SNSが浸透したことにより、口コミなどの情報をTwitterやInstagramで検索する層が増えました。相対的に、検索エンジンでの情報検索の機会が減少する傾向にあります。

しかも、検索エンジンでのリスティング広告は競争率が激しく、広告費が高騰しています。そのため、SNSを活用してオウンドメディアの露出を増やすことが必要なのです。

オウンドメディアとSNSは求められるものが違う

オウンドメディアは、専門的な情報、オリジナルな情報の掲載が求められます。そのコンテンツやメディアそのものに読む価値があるからこそ、購読者が増えるのです。

一方で、SNSは興味をひくもの、共感できるものなどが求められる傾向にあります。さらに言えば、Facebook、Twitter、Instagramそれぞれユーザー層が違い、ニーズのある情報も異なります。

ただオウンドメディアの更新情報をSNSでシェアするだけでなく、使い分けが必要です。では、オウンドメディアとSNSを上手に使い分けるには、何が必要なのでしょうか。

SNSで拡散されやすいコンテンツとは?

オウンドメディアの購読者を増やすためには、SNSによる顧客とのコミュニケーションの中で、コンテンツに興味を持ってもらうような工夫が必要です。
拡散されやすいコンテンツには、以下のようなものが挙げられます。

  • タイムリーなニュースに関連したコンテンツ
  • 社外とのコラボレーション
  • アンケート調査などのデータ

これらは、顧客がコメントとともにシェアし、拡散されやすい内容の代表と言えます。

インフルエンサーの活用も効果的

また、オウンドメディアをインフルエンサーを通じて知ってもらうという方法もあります。

インフルエンサーにはフォロワーが多数あり、影響力を持っているので、そこでオウンドメディアが紹介されればアクセス増が望めます。

ただし、商品とインフルエンサーのマッチング、あるいはフォロワーとのマッチングが適切でないと、想定しているような効果は出ません。ただフォロワーが多いインフルエンサーに依頼するだけでは、フォロワーの潜在的なニーズとマッチしていない限り購買にはつながりにくいのです。

インフルエンサーによるコンテンツ作成は有効

インフルエンサーの中には、コンテンツ作成を得意とする方もいます。そういったインフルエンサーが書いたコンテンツを掲載することで、フォロワーとコンテンツの距離を近づけられる可能性があります。

もちろん商品や企業とインフルエンサーの相性は重要ですが、これもオウンドメディアへの流入を増やすための方法の一つです。

オウンドメディアはまだ伸びる?トレンドは?

オウンドメディアは、これからもマーケティング手法の一つとして重要な位置を占めると考えられています。費用が高騰するリスティング広告やSNSに依存せず、ターゲットを絞り込んたアピールができることで、他のマーケティングに比べて相対的に低いコストで高い効果が得られます

またこれからはユーザー、顧客に対するマーケティングのみならず、採用や社内広報、DMなど、幅広い分野での活用も期待されています。特にオウンドメディアを使ったリクルーティングは高い注目を集めているのです。

自社の課題をオウンドメディアで解決

このように、活用の幅が広がり重要性を増すオウンドメディア。自社の課題に対するソリューションとしてオウンドメディアを活用するなら、専門家のサポートを得ることをお勧めします。

2015年ごろに一度オウンドメディアのブームがありましたが、上手な運営ができなかったメディアは効果が上がらず、地道にニーズを捉えるオウンドメディアは着実に効果を上げています。

ターゲットやキーワードの選定、良質なコンテンツ作成など、専門的な知識と技術、人員が必要になるオウンドメディア。構築・運用を得意とする外部業者のサポートがあれば、自社のマーケティングに関する課題の解決策がはっきりと見えてくるはずです。

オウンドメディアを使った集客戦略を詳しく知りたい方はこちら!