リスティング広告を効果的に利用することが可能です。
他の広告と比べてターゲットによりピンポイントな訴求が可能となるリスティング広告は、運用方法次第では大きな効果が見込めるだけに、是非とも覚えておきたい所です。

リスティング集客のメリット

リスティングにはどのようなメリットがあるのかを把握しておくことで自分たちがどのように活用すべきなのかも見えてくるはずです。

費用が明白

リスティングの最大のメリットとも言えるのが費用面です。
かつて広告・宣伝の費用ともなれば莫大な資金のみならず、代理店への伝手も必要でした。
集客のための広告・宣伝でありながら、まるで広告・宣伝が目的かのようなプロジェクトを組まざるを得ず、集客のためとはいえ、広告・宣伝こそが本来の目的になっているかのような予算が求められました。
しかしリスティングの場合、必要な予算が明白なので予算管理が行いやすいです。
この点はリスティング集客の最大のメリットです。

期間設定が容易な点

かつての広告はどれくらいの期間広告を出すのか予め契約を結ばなければなりませんでした。
そのために事前に準備を行うだけではなく、広告出稿期間に合わせて態勢を整えていた企業も多いことでしょう。
しかしリスティングの場合、いわば「出したい時に出せる」ものなので、わざわざ代理店を通して説明を聞いて契約書を…といった煩わしいこともなく、ましてや「今日だけ」「明日だけ」といった手法も可能です。
一日限定、時間限定セールのためにわざわざ何週間もの契約を結ぶ必要もなく、セールの日時に合わせたリスティングも可能なのでより効率の良い集客が見込めます。

データを把握できる

従来のというよりも、アナログな広告の場合、広告を出した際の効果の把握が難しいものでした。
広告を出してお客が増えたとしても、算出されたデータはあくまでも「予測」です。
しかしリスティングの場合、どれだけアクセスがあって何件売れたのかなど、「実測値」を把握できます。
広告効果の有無を、「数字」という具体的なデータで把握できる点もリスティングの強みです。

リスティング集客のデメリット

一方でデメリットもいくつかあるのでそちらも併せて覚えておきましょう。

あくまでも「その場」のもの

リスティング集客は効果的な宣伝が可能ではありますが、あくまでも「その場限り」のものであって、継続的なお客になってくれるかと言えば、実は効果が定かではありません。
リスティングでアクセスしてくれるお客は会社のイメージ云々ではなく、「リスティングが目に入った」からです。
そのため、目当ての商品を購入するだけで関係が終わるケースも珍しくありません。
もちろんリピーターとなってくれるかは自社のサービス次第ではありますが、リスティングのみでは自社のサービスを深く知ってもらうことが難しいのも事実です。

費用が想定外にかかるケースも

リスティングは自分たちで設定した費用分の広告出稿が可能ではありますが、キーワード次第では当初の予想以上に費用がかかるケースも珍しくありません。
競合次第では入札金額が高まり、思っていた費用では何もできないケースや、あるいは想定する集客のためには想定した以上の費用が必要になるケースもあります。

便利だからこその競争原理も

リスティングはとても便利です。
ターゲットを絞りやすいのも事実ですが、便利だからこそどの企業もリスティングに注目しています。
そのため、リスティング集客もまた、市場原理の名の下に競争が繰り広げられています。
かつてであればリスティングを出すだけで大きな効果が見込めたものの、競争が激しくなっていることで「どのような広告を出すのか」「どの時間に出すのか」など、アイディアが求められるようになりました。
結果、手軽なはずのリスティング集客でもそれなりのリソースが求められつつあります。

リスティングの設定方法や活用事例

実際にリスティング集客を行う場合、どのように設定すれば良いのかもチェックしておきましょう。

キーワード、入札を調整

リスティングは検索エンジンで言葉を入力したユーザーに向けての宣伝です。
そのため、まずはどのようなキーワードを入力した際に表示させるのか、キーワードを選定しなければなりません。
自社のアクセスアップ、売り上げアップに繋がるキーワードの選定です。
そして入札の調整です。
キーワードは一つだけではなく、いくつか候補を出しますのでアクセスの多いキーワードと低いキーワードを管理し、入札をどうするのかを考えます。

Google、Yahoo!で確認できる

リスティングの出稿先となるYahoo!やGoogleではステータスにてリスティング状況を確認できます。
予算、クリック数等を把握できますので、これらをチェックしながらどれだけアクセスがあるのかや、アクセスの多い時間・少ない時間を把握できるのでこれらをチェックしながら戦略を練ると良いでしょう。

リスティングだけに頼らない集客

リスティングは効率の良い集客ではありますが、長い目で見た時、リスティングだけに頼らない集客方法を確立することも大切です。

リスティングは会社ではなく「サービス」の宣伝

リスティングは効果的ではありますが、端的に言えば会社の宣伝ではなくサービスの宣伝です。
そのため、訪問者にとっては会社云々ではないので長い付き合いになるかは未知数です。
リピートしてもらうためにはサービスだけではなく、自社の存在そのものを知ってもらう必要があります。

リスティングだけに頼らないために

リスティングは有効ですが、いわば「飛び道具」として位置付けておくと良いでしょう。
日常的なブランディングはオウンドメディア等を持ち、サービスのみならず、自社がどのような会社なのかのアピールが大切です。
そのためにも自社独自の情報発信を行えるメディアを持った方が他社との差別化を図れます。