フランチャイズ加盟店(FC)は集客・募集方法と広告戦略で決まる!

フランチャイズ加盟店(FC)は集客・募集方法と広告戦略で決まる!
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

フランチャイズ事業を展開する本部にとって「加盟店オーナーをいかに集められるか」が、事業成功のカギを握ります。とはいえ、オーナーを集めるにも、どのような手段を選択すれば良いのでしょう?

この記事では、フランチャイズ加盟店を増やす効果的なWeb集客の方法について解説します。

  • 自社ビジネスの利益率を理解した問い合わせが増え、月1件ずつ加盟契約を獲得できた。
  • 商談3件で1件加盟契約が取れ、主要出店エリアを全て押さえたので全国展開を開始した。

このような成果に繋がった当キャククルの事例を交えながら、どのようなWebマーケティング戦略で実現しているかについても詳しく解説しています。

フランチャイズ加盟店オーナーをWeb(オンライン)で集客する主な方法5選

ここでは、Webでフランチャイズオーナーを集客する5つの方法をご紹介します。

1.自社ホームページ・公式サイト
2.オンライン展示会
3.リスティング広告
4.SNS広告
5.ポータルサイト広告

1.自社ホームページ・公式サイト

フランチャイズ集客自社ホームページ・公式サイト編

自社ホームページはエンドユーザーや取引先、パートナー会社など、さまざまなニーズを持ったユーザーが訪れます。
ここでは主な改修案として、「SEO対策」「ユーザビリティ改善」についてそれぞれ解説します。

SEO対策

自社サイトの情報を加盟店オーナーに見てもらうには、GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位表示されるようにしなければいけません。そのために必要なのが「SEO対策」です。
SEO対策は、特定の検索キーワードで上位表示を狙うだけでなく、加盟店オーナーが調べるであろう複数のキーワードでも上位を狙う必要があります。

例えば、ラーメンのフランチャイズ店を出したい人のために「ラーメン フランチャイズ」と検索して上位に表示される対策をしたとします。
しかし、ラーメン業界で独立したい人が必ずしも「ラーメン フランチャイズ」と検索するとは限らず「ラーメン屋 経営」「ラーメン屋になるには」「ラーメン屋開業」と検索する人もいます。

一部の限られたキーワードだけ上位になっていても集客率が高まるとは限りませんので、類似する複数のキーワードでもアプローチできるSEO対策が必要です。

ユーザビリティ改善

SEOで上位され、ユーザーが公式サイトに訪れた際、ストレスなく欲しい情報が得られるかどうかが重要となります。
仮に公式サイトがエンドユーザーやパートナー企業向けのサイト設計になっていて、ターゲットとなる加盟店オーナーが訪れてもナビゲーションが表示されずに情報が探せない、わからない、という状況になってしまうと、届けたい情報が届かない可能性があります。
また、スマートフォンから見ると操作性やデザイン性が悪かったり、古い情報ばかりで更新性が無かったりといったことも考えられます。

このような状態を回避するためにも、

  • 誰が見ても分かりやすいデザイン構成かどうか
  • 問い合わせしやすい情報設計になっているか
  • スマートフォンでも最適化された表示か

といった、「ユーザビリティ(使いやすさ)」を改善し最適化する必要があります。

LP(ランディングページ)制作

LPは公式サイトと異なる役割があります。
公式サイトは企業全体の広範な視野からの情報提供を目的としているため、フランチャイズ店を活用しているエンドユーザーから取引のある企業、パートナー会社など幅広いユーザーがターゲットとなります。
一方、LPはターゲットに合った情報を提供し、特定の行動(例: 加盟申込み)を引き起こすことが目的となります。

フランチャイズ本部が加盟店オーナーを引きつけ、情報提供や興味喚起を促進するための重要なツールとして、公式サイトとは別にLPは必要不可欠と言えます。
魅力的で分かりやすいデザインとコンテンツにより、事業モデルやサポート体制を伝え、加盟意欲を高めることが期待できます。

2.オンライン展示会・バーチャル展示会

フランチャイズ集客におけるオンライン展示会・バーチャル展示会

オンライン展示会は物理的な制約をクリアにし、リアル展示会と比べてより多くの参加者に情報を提供することができます。
FCに関する国内最大規模の展示会「フランチャイズ・ショー」も、オフラインとオンラインを活用したハイブリッド式で開催されており、新たなビジネスチャンスの場として注目されています。

全国にいる多くのオーナー候補と効率的なコミュニケーションが図れるため、リアルタイムの情報共有や質問応答も容易です。
中でも進んで活用したいのはウェビナーやライブデモ。本部のサポート内容や成功事例をオンラインで直接伝えたり、特別なプロモーションを提供したりすることで参加者を引き寄せることが可能です。
すでに確度の高い見込み客が集まっている状態でアプローチできる点も大きなメリットと言えます。

3.リスティング広告

フランチャイズ集客リスティング広告編

リスティング広告は、加盟店オーナーが検索するであろうキーワードに対して広告を出すことができます。PPC広告の一種で、1クリックあたりで費用が決まるので、予算を決めて広告を出すことが可能です。

また、成果を分析しやすいため、広告戦略の最適化を図りやすいという特徴もあります。広告状況をリアルタイムで確認、分析し、コスト対効果を向上させながら効率的に加盟店オーナーへアプローチできます。地域やデモグラフィックに基づいてターゲットを絞り込むことで、より適切な加盟店オーナー候補にリーチできます。

4.SNS広告

フランチャイズ集客のSNS広告

SNSはコミュニケーションが活発な場であり、未来の加盟店オーナーが直接コメントやシェアを通じて情報を拡散する可能性があります。このSNSの口コミ力によって、フランチャイズ本部の信頼性や知名度を向上させることも可能です。
また、SNSプラットフォームはターゲット広告が細かく設定できるため、特定の地域や興味を持つ加盟店オーナー候補に的確にリーチできます。

以下では、SNS広告の代表例として「TikTok広告」「Instagram広告」それぞれの期待できる効果について紹介します。

TikTok広告

TikTok広告は若年層を中心に急速に人気を博しており、フランチャイズ本部が加盟店オーナーを増やす上で新たな展望が提供できます。
下記ではどのような効果が期待できるかを紹介します。

  • 広範なリーチと影響力

    TikTokは広範で多様なユーザーベースを有しており、特に若年層へのリーチが強力です。クリエイティブで吸引力のある広告が、加盟店オーナー候補の興味を引くことが期待できます。

  • エンゲージメントの促進

    TikTok広告はユーザーとの対話や参加を奨励する形式が多いため、加盟店オーナー候補が直接関与しやすい環境が提供できます。ハッシュタグキャンペーンやチャレンジなど、一方的な情報発信ではない参加型広告が効果的です。

  • クリエイティブなアプローチ

    TikTokは独自の短い動画形式が特徴なため、クリエイティブな表現が求められます。既存加盟店のユニークな特長や魅力を伝えるために、創造的で魅力的な広告で直感的にアプローチすることが可能です。

  • トレンドによる拡散

    TikTokでは様々なトレンドが生まれ、これに参加することで広告がバイラルに拡散される可能性があります。フランチャイズ本部がトレンドに巧みに組み込まれれば、知名度向上が期待できます。

Instagram広告

インスタグラム広告は視覚的な表現とターゲット広告の精度を活かすことで、加盟店オーナーの獲得に効果的な手段となります。

  • 効果的なブランディングアプローチ

    インスタグラムは視覚的なプラットフォームであり、魅力的な写真や動画を通じてフランチャイズブランドを効果的に表現できます。これにより、フランチャイズの魅力や価値をオーナー候補に対して視覚的に伝えることができます。

  • ターゲット設定による広告最適化

    インスタグラムの広告プラットフォームは、ターゲットを細かく設定できます。広告を見る対象を特定の地域や興味に基づいて絞り込むことで、確度の高い見込み客となるオーナー候補にリーチできます。また、広告の成果を分析し、キャンペーンを最適化できます。

  • ストーリーズ広告による直感的なアプローチ

    インスタグラムのストーリーズ広告は、一時的なコンテンツを活用してブランドを宣伝する絶好の機会です。迅速で軽快な形式がユーザーの注意を引き、加盟店オーナーに向けて直感的に訴えかけることができます。

  • インフルエンサーマーケティング

    インスタグラム上の人気インフルエンサーを活用することで、広告メッセージをより多くのユーザーに届けることができます。信頼されるインフルエンサーがフランチャイズを紹介することで他のフランチャイズ本部との差別化が可能です。

5.ポータルサイト広告

フランチャイズ集客で使えるポータルサイト広告

メリットは加盟店募集中のフランチャイズ情報の充実度

フランチャイズ加盟店検討者に対して、「オーナー募集」の情報を確実に届けたいなら、検討者が必ずといって良いほどチェックするメディアへ広告を掲載するのが効果的です。その代表的な媒体が「ポータルサイト」です。

フランチャイズ業界でも、フランチャイズ専門のポータルサイトが数多く存在しています。加盟検討者は、各ポータルサイトの「加盟店募集」の広告をチェックし、

  • 商品サービス
  • 経営方針
  • 契約条件

などを比較しながら、「自分にとって、どの企業が最適か」を見極めます。

フランチャイズ本部向けポータルサイトはこちらで詳しく解説しています。
ぜひご参考ください。

フランチャイズ本部が陥るオンライン集客のワナと解決術

フランチャイズ本部が陥るオンライン集客のワナと回避術

フランチャイズ本部がオンラインで加盟店を増やすために集客する場合、ターゲットを特定し、効果的なマーケティング戦略を構築する必要があります。
一方で、広告や公式サイトを活用してもなかなか集客に繋がらない場合は、下記のような原因が考えられます。

1.知名度やブランド力で選ばれがちで競合他社との差別化が難しい

特定の業界や市場が既に多くのフランチャイズで飽和している場合、同様の商品やサービスを提供する多くの企業が競合しています。このような状況において、ブランド力や知名度がない企業は差別化が必要ですが、そもそも同じような商品やサービスが提供されているため、ブランドを際立たせることは至難の業です。

一方で、知名度が高いフランチャイズは、過去に成功を収めた事例や実績が豊富で資本力があります。
事例や実績を見せることで、加盟店オーナーは知名度のある企業の成功例を参考にすることができます。また、資本によって広告やマーケディングに充実した予算を割くことができる点も、知名度やブランド力の高いフランチャイズ本部の強みと言えます。

2.問い合わせは増えても契約に繋がらない

広告掲載することで、資料請求や問い合わせなどのリード(見込み客)の獲得数は増えるものの、未来の加盟店オーナーにとって、あくまでも「比較検討の1社」に過ぎず、他社と何が違うのか、自社の「強み」が伝わり切れずに契約にまで至らない企業も少なくありません。
これを変えるためには、問い合わせの質を向上させ、本当に興味を持っている潜在顧客に焦点を当てる戦略が重要となります。

解決するためには戦略的なマーケティング施策が重要

解決するためには戦略的なマーケティング施策が重要

知名度やブランド力に捉われずに差別化し、成約に繋がるターゲットにアプローチするためには、戦略的にマーケティング施策を導入することが大切です
以下が主なマーケティング施策になります。

  • ターゲットセグメンテーション
    ターゲット市場を細分化し、特定の顧客層に焦点を当てることで要望に合わせた戦略を展開できます。細かなセグメンテーションにより、競合他社との違いを強調しやすくなります。

  • コンテンツマーケティング
    魅力的で有益なコンテンツを提供することで、潜在的な顧客の信頼を築き、専門的な知識や情報提供者としての地位を構築します。コンテンツを通じて価値を提供することで、顧客がブランドに興味を持ち、信頼を寄せやすくなります。

  • ニッチトップマーケティング
    限られた特定の市場や顧客層に特化した製品やサービスを提供することで、競合他社とは異なる独自性を打ち出すことができます。特定のニッチ市場に焦点を当て、そこでのリーダーシップを確立します。

しかしこうしたマーケティング施策を知ってはいても、どうすれば差別化を実現できるか、問い合わせの質を上げられるかがわからない方も多いのではないでしょうか。
そこで、我々キャククルでは、資料請求数を増やすことをゴールとするのではなく、

「成約」を重視した、自社の「強み」に賛同するターゲットだけを集めるWeb集客施策

を提供しています。導入した企業様より、

  • 自社ビジネスの利益率を理解した問い合わせが増え、月1件ずつ加盟契約を獲得できた。
  • 商談3件で1件加盟契約が取れ、主要出店エリアを全て押さえたので全国展開を開始した。

といった、契約に繋がる効果を実感していただいていますので以下で詳しく紹介します。

選ばれるフランチャイズ本部の集客必勝法

ニッチトップ

当メディア「キャククル」の運営元のZenken株式会社では、ターゲットセグメンテーション、コンテンツマーケティングを活用した「ニッチトップマーケティング」を実現しています。

ニッチトップマーケティングとは

自社の強みがあり、ニッチな市場で他の企業が追随できないシェアを独占していく戦略のこと。

ニッチとはもともと生物学用語。地球上の生物や植物は生息する環境の中でナンバー2やナンバー3になると生き残ることはできず、ナンバー1になる必要があります。
ナンバー1になり生き残るためには、生きる環境(市場)を変えたり、自分が変化したりすることでナンバー1を築く必要があり、この考えを基にしたマーケティング手法がニッチトップマーケティングです。

ニッチトップ生物学

当メディア「キャククル」の運営元のZenken株式会社では、このニッチトップマーケティングを取り入れた「WEBマーケティング支援」で120業種以上の支援実績があります。
「自社でもニッチトップを築けるかな?」とお考えの際は、ぜひ一度ご相談ください。

成約率の高いWeb施策
ニッチトップマーケティング
について問い合わせる

フランチャイズ加盟店を増やす効果的な集客事例3選

フランチャイズ加盟店を増やす効果的な集客事例3選

Zenkenでは、ニッチトップマーケティングを実現するために、フランチャイズ本部の業界別に専門メディアを立ち上げてWeb集客を実現しています。

なぜ専門メディアを立ち上げているの?

Web集客を成功させるためには、ターゲットセグメンテーション、コンテンツマーケティング、ニッチトップマーケティングが重要です。
既存顧客や取引先が見る「公式サイト」や、コンテンツ量が少ない「LP」では実現が難しいため、Zenkenでは「どのフランチャイズ本部がいいか比較検討したいユーザー」だけのための専門メディアにて集客を実現しています。

もっと詳しく話を聞きたい方はぜひ一度お問い合わせください。

成約率の高いWeb施策
ニッチトップマーケティング
について問い合わせる

ここでは、
1.塾のフランチャイズ本部の集客事例
2.カフェのフランチャイズ本部の集客事例
3.レストランのフランチャイズ本部の集客事例
をそれぞれご紹介します。

1.塾のフランチャイズ本部の集客事例

成功する学習塾フランチャイズの選び方ガイド

成功する学習塾フランチャイズの選び方ガイド引用元:成功する学習塾フランチャイズの選び方ガイド https://www.startup-jukufc.com/

学習塾のフランチャイズ本部を比較検討したいターゲットユーザーに特化した集客メディアです。
ターゲットが抱えている課題に対し、各FC本部がどう解決できるかを比較して見せることで、自分に合う1社を見つけることができます。

この集客メディアを導入した結果、クライアントとなるA社の問い合わせ数が約10倍増加し成約につながっている事例です。

2.カフェのフランチャイズ本部の集客事例

カフェFCの教科書

カフェFCの教科書引用元:カフェFCの教科書 https://www.fc-cafe-textbook.com/

「低リスクで長期安定経営を目指す人」をターゲティングし、このターゲットユーザーに向けたフランチャイズ本部の選び方を伝えているメディアです。
どのような基準で比較検討していいかわからないユーザーに対し、成功のカギは「ブランドの信頼性」×「本部のサポート力」と啓蒙。
ターゲットユーザーが優先したい経営がどれか、選びやすい設計で集客メディアが作られています。

この集客メディアを導入した結果、クライアントとなるB社の問い合わせ数が約2倍増加し、競合他社からの転換が図れている事例です。

3.レストランのフランチャイズ本部の集客事例

レストランフランチャイズ専門サイト -愛されストラン-

レストランフランチャイズ専門サイト -愛されストラン-引用元:レストランフランチャイズ専門サイト -愛されストラン- https://www.ninkitaurant-fc.com/

冒頭で、レストランのフランチャイズ開業がなぜ魅力的なのか、レストラン業界の市場動向データを基に解説。
そのうえで、成長を続けているフランチャイズ本部を紹介しています。
ターゲットユーザーが自分事化できるように、各社の成功実績を比較してわかりやすく伝えています。

この集客メディアは立ち上げ後間もないのですが、クライアントのC社からはお喜びの声をいただいている事例です。

他社との違いを明確にしてニッチトップを築きませんか?

当メディア「キャククル」の運営元のZenken株式会社では、このニッチトップマーケティングを取り入れた「WEBマーケティング支援」で120業種以上の支援実績があります。
「自社でもニッチトップを築けるかな?」とお考えの際は、ぜひ一度ご相談ください。

成約率の高いWeb施策
ニッチトップマーケティング
について問い合わせる

フランチャイズのニッチトップマーケティング導入体験談

問い合わせの段階で当社の強みを理解する検討者が増えました。

飲食系A社(店舗数30店舗以下 従業員数:非公開)
当社の強みは「商品原価率の低さ」なのですが、ポータルサイトでは競合と差別化できずに強みが表現できていませんでした。しかし、ニッチトップマーケティングを導入したことで、競合他社との違いを分かりやすく伝えることができ、問い合わせの時点で、すでに強みを理解し当社に興味を持っているので、商談もスムーズに進み契約に繋げることができ事業成長に着実につながっています。

商談からの契約率の高さに驚いています。

飲食系B社(店舗数200店舗以下 従業員数:600名以下)
自社サイトで集客していましたが、問い合わせも殆どなく対策に困っていました。導入後、月平均5件ほど資料請求が来るようになり、ほとんどが商談に繋がっています。商談になれば、3件に1件は契約に至るので、契約率の高さに驚いています。今では狙っていた主要都市への出店計画をクリアし、積極的に全国展開するフェーズに移れています。

当社とマッチする検討者が増えて助かっています。

清掃系C社(店舗数50店舗以下 従業員数:50名以下)
毎月電話だけで10件ほど問い合わせが来ており、契約を安定的に獲得しています。以前はポータルサイトで集客し説明会を開いていましたが、当社の事業に本気で取り組みたいというよりは、何となく話を聞きに来ている方が殆どでした。

ニッチトップマーケティングを導入したことで、当社の強みでもある、経営サポート力に魅力を感じてたオーナーが集まるようになり、説明会を開いても以前とは違う本気度の強さが感じられます。当社とマッチする検討者が増えて助かっています。

自社にマッチした検討者を集めて、契約に繋げたいなら、ニッチトップを確立させ、自社の「強み」をターゲットユーザーに理解してもらう伝え方が必要です。「ウチでもできるのかな…?」とお悩みのご担当者様は、ぜひお気軽にお問い合せください。

成約率の高いWeb施策
ニッチトップマーケティング
について問い合わせる

オンライン集客と同時に着手したいオフライン集客の種類

加盟店オーナーをオフライン(Web以外)で集客する方法には、折り込みチラシ、店先広告、電車の中吊り、看板広告などさまざまな方法があります。オフラインは、Web集客とは違って「エリア属性」を加味した集客・宣伝ができるメリットがあります。

折り込みチラシ

フランチャイズ加盟店の集客の折り込みチラシを配るときには、地域を絞って配ると効果的です。大規模にフランチャイズ加盟店を集客しているのであれば、広範囲に折り込みチラシ配布すると良いでしょう。

特定のエリアに絞って集客したい場合は、そのエリアだけに配布することで募集者が集めやすく費用も安くて済みます。また、ユーザーが知りたがっている情報を記載することでユーザーの目を引くことができます。

たとえば、フランチャイズ店舗を運営する上での費用や手順などの情報を記載することが重要です。チラシの作成費用などがかかってしまいますが、ユーザーにフランチャイズ加盟店の魅力を伝えることができます。

看板広告

オフラインの集客には看板広告もあります。看板広告であれば、その地域の多くの人の目に留まり、加盟店の運営に興味を持つユーザーが現れる可能性もあります。

また、Web上で広告した場合にはWebをあまり利用しない人には宣伝効果がありませんが、看板広告なら、Webを利用しない人でも宣伝効果が見込めます。看板の配置場所を工夫することで集客率を高めることもできます。

たとえば、多く集客したければ、人通りの多い大通りに配置するとより効果的です。

中吊り広告

フランチャイズ加盟店の集客には中吊り広告も効果的です。中吊り広告は、電車の中吊りにある広告ですが、ここに配置することで自然と目に入る位置で宣伝することができます。

電車などに設置しているので、大量に広告を準備する必要がありませんし、多数の人の目に入ります。このことからも、中吊り広告は、低コストのわりに効率よく集客することができるというメリットがあります。

店先広告

加盟店の集客には店先広告も効果的です。店先での広告は他の広告と違い、実際の店舗内で行う宣伝になります。そのため、店舗を利用した人が見ることになるので、ユーザーへの宣伝効果も高まります。

また、店舗についてのPRや良さなどを紹介することで、興味を持っていただける可能性があります。このように、店先広告はユーザーが知りたい情報を掲載しつつ、店舗の良さをユーザーに伝えることができる募集方法です。

フランチャイズ展示会への出店

フランチャイズ加盟店の集客にはフランチャイズ展示会への出店という手段があります。フランチャイズ展示会では、実際の店舗を模したブースがあったり、実際にサービスを提供している様子を見ることができる催しを行うことも可能です。

他の広告のように文章で魅力を伝えるのではなく、実際にブースを見たり、担当者の方に詳しい話を聞くことで魅力を伝えることができる集客方法です。

ユーザーが担当者に疑問に思ったことを質問することもできるので、ユーザーの知りたい情報を提供することができる集客方法といえます。

自社にマッチしたオーナー検討者が増えるWeb集客まとめ

「こんな加盟店オーナーが欲しかった」と言えるフランチャイズWeb集客をしたい方へ

自社のフランチャイズ事業に賛同しオーナーになって頂ける方を集めたいなら、競合他社と何が違うのかを明らかにし、自社の「強み」を打ち出したWeb集客戦略が必要です。

これまでに、様々なオンライン広告を試したものの、

  • 何の反響もなく次の打開策が見えない
  • 問い合わせがあっても他社と比べられるばかり
  • 単発的な広告掲載ではなく長期的な戦略が立てられるパートナーからの提案が欲しい

とお悩みの際は、ぜひ一度Zenkenにご相談ください。Zenkenではフランチャイズ業をはじめ、これまで120業種以上のWeb集客実績がございます。

貴社の「強み」を打ち出し、強みを必要とするユーザーを集める戦略を長期的な視点でご提案いたします。

オーナー検討者から選ばれる
Web集客の相談をする

ページトップへ